共働きに疲れて、動けなくなっている方へ。 40歳ワーママから、自分主導でワクワクする生き方を実現する!リスタート・コーチング
<子どものこころのコーチング講座初級
第5期@表参道>


9月開催予定

全3回 時間 9時半~12時 場所 表参道駅周辺

金額 17,000円(税・テキスト代込)


ご希望の方はメッセージ下さい






  • 13Jul
    • 不登校じゃない

      こんにちは。40歳ワーママが自分主導でワクワクした生き方を実現する!リスタート・コーチング コーチの田中梓です。長男が学校をお休みして、はや2週間。プールが嫌だという理由であったので、プールじゃない日は行かれそう、とのことでしたが、プールなくてもやっぱり行かなかった!というか、朝起きない。眠くて起きられないというのもあるけれど、起きないぞ、という意志が感じられる。病院へ行こうと話したときに、それは嫌だから学校へ行く、そう言っていたのに。明日は学校へ行くよ、俺は不登校じゃないよ、ただサボっているだけなんだから。そう言って、ゲームしながら明るく笑う長男に、勝手に期待してしまうだけなのだけれど、がっかりして、ふと悲しくなる。最近食べたご馳走に癒されたなぁいつも通り、お弁当だけ作って家を出た。学校には、もう夏休みまで登校できるか、わかりませんのでお休みにしてください。そう伝えて学校に電話しないことにした。今朝電話しなくていいんだ、と思ったとき、ホッとした自分がいた。気がつかなかったけれど、小さなストレスになっていたんだね。今日で登校しなかったら、次の段階へ進んでみようと決めていたので、取りかかろう。これは、たぶん、立派な不登校ですな。今日も読んでくれてありがとう。🍀田中梓 プロフィール🍀東京都港区在住。1974年生まれ。夫と息子3人の5人家族。 ・大学卒業後、経営コンサル会社に就職。苦手な数字を扱う経理に配属。3年で辞めるつもりが、いまだ在籍。・2004年に長男出産。本社では約20年ぶりという産育休を取得。その3年後に二男出産。・2010年に社内初の時短勤務となるが、昇給・賞与がなくなる。・これを機に働き方について考え、コーチングを受け始める。・2011年に三男出産。復帰後、会社員だけではない様々な働き方を知り、『自分がどんな生き方をしたいのか?』を追求。・会社員のかたわら、コーチング・インストラクターとして活動を始め、全4回の講座は連日満席に。・2018年春、40歳になったからこそ、自分がワクワクする生き方を実現して欲しい!という思いを持って、ワーママ向けの「自分革新!リスタート講座」を開講中。◆保有資格・経験 ・小児病棟にて遊びと学習ボランティア(10年)リーダーを務める・保育士取得(1997年)・ヒューマンギルド アドラー心理学子育て講座SMILE受講(2010年)・HeartySmaile教育プログラム受講(2014年)・子どものこころのコーチング協会インストラクター取得(2016年)・アイアイアソシエイツ アイアイファースト・アイアイファーストキッズ講座リーダー取得(2018年)

      64
      テーマ:
  • 10Jul
    • 学校へ行かない理由

      こんにちは。40歳ワーママが自分主導でワクワクした生き方を実現する!リスタート・コーチング コーチの田中梓です。長男が学校へ行かなくなってから一週間。体調も良くなったとかで、学校へ行かれそうだ、と言ってきた。 思わず、喜ぶ私。しかし、プールが嫌なんだよなー、プールさえなければなーとつぶやく。先週月曜日行かなかったのは、 体調がいまいちだったこともあるけれど、 プールがある、ということで、頑張って学校へ行こうという気持ちになれなかったとのこと。 週の前半がプールだったので、そのままズルズルと休んだという感じがあったので、今週もそうなるかもしれないな・・・という不安がよぎる。 先週、学校の先生とはプールが嫌だという理由もあります、と話して、 見学や保健室にいる、ことでプールをやらなくていい、となったことを言うと、それはサボりであるから、嫌だ、という。診断書を書いてももらおうか?といえば、それも嫌だ、という。 同じく、プールが大嫌いだった、私からしたら、やった~♪な方法ではないか! ではどうしたらいいか?となると、 学校を休む、という結論になってしまう。ということで、昨日も朝は寝て起きない(意図的に起きない)ので、お休み。きっと今朝もだろうな。 子どもには勉強のことも心配だし、一日ベッドの上でゴロゴロしているのを見ると心配だし、やはり学校には行ってほしいと思う。でも、自分の不安な気持ちと向き合い、ひとまず横に置いてみると、 羨ましい!という気持ち が出てくる。プールやりたくない、学校へ行きたくない、そんな風に言えるなんていいなーって。そして実行できるなんてすごいなーって。 私なんて、何度、体調が悪くなったらと願ったことだろう。そうしたら学校休めるのにって。 プール見学できるのにって。でも健康な身体だったので、ちっとも悪くなんてならなかったのだけれど(笑) だぶんね、学校へ行かない長男を認められないオットットもきっと同じなのだと思う。 自分は嫌ことを我慢してやってきたのにーって思っているのだ。 そしてそれに気が付いていないのだ、 羨ましいと思っている子どものときの自分の気持ちに。 早く気が付いてくれるといいな。今日も読んでくれてありがとう♡🍀田中梓 プロフィール🍀東京都港区在住。1974年生まれ。夫と息子3人の5人家族。 ・大学卒業後、経営コンサル会社に就職。苦手な数字を扱う経理に配属。3年で辞めるつもりが、いまだ在籍。・2004年に長男出産。本社では約20年ぶりという産育休を取得。その3年後に二男出産。・2010年に社内初の時短勤務となるが、昇給・賞与がなくなる。・これを機に働き方について考え、コーチングを受け始める。・2011年に三男出産。復帰後、会社員だけではない様々な働き方を知り、『自分がどんな生き方をしたいのか?』を追求。・会社員のかたわら、コーチング・インストラクターとして活動を始め、全4回の講座は連日満席に。・2018年春、40歳になったからこそ、自分がワクワクする生き方を実現して欲しい!という思いを持って、ワーママ向けの「自分革新!リスタート講座」を開講中。◆保有資格・経験 ・小児病棟にて遊びと学習ボランティア(10年)リーダーを務める・保育士取得(1997年)・ヒューマンギルド アドラー心理学子育て講座SMILE受講(2010年)・HeartySmaile教育プログラム受講(2014年)・子どものこころのコーチング協会インストラクター取得(2016年)・アイアイアソシエイツ アイアイファースト・アイアイファーストキッズ講座リーダー取得(2018年)

      29
      テーマ:
  • 05Jul
    • 二度目はございません

      ^_^子どものトラブルは突然に。の続き。二男が学校で友達にちょっかいを出し、相手の子が転倒し大量の鼻血を出した。と夕方に担任の先生から連絡あり。前日に起こったことなので、なるべく早く先方に連絡しようと思ったものの、外出先なのでまずはメールを送った。しばらくすると、返信が届いた。 緊張しながらメールを開くと、 鼻血を出したことない子どもが出して帰宅したのでびっくりして先生に電話したこと。二男が完全に自分が悪いと認めたこと。背面から二男が押したために、顔から落ちたが、鼻血だけで済んだので安心している。そう書いてあるのを読みほっとしたいたら、、その次の文章に、氷のように固まった。二度目はございませんので、二男に諭しておいてと。二度目はございません…って?え?メールを何度も読んでしまった。読めば読むほど、言葉に隠れている相手の本音が伝わってくる。確かに悪いのは二男なのだけれど、このモヤモヤはなんだろう。味わってわかったのは、二度目はございませんという言葉には、先方には、二男がまたやる可能性があるかもと不安に思っている。その可能性をなるべくなくしたい。そう心配する気持ちがあるんだろうなぁと思った。でも対論を述べるならば、子どもを信頼していないんだなぁと。そして二男がそう思われていることが私は悲しいんだと。翌日何度かかけて、ようやく繋がった電話でも、伝わってくる雰囲気は同じ。私は何度かこれからも仲良くしてほしい、そう伝えたけれど、それには応えてもらえなかった。でもお互いに嫌な思いをしないよう、気をつけましょうと言ってくれたことにはほっとした。しかし、ここでも二度目はございません、を二度も言われたけれどね…二男がそのお友達が好きで、自分にないところを持っていて、尊敬しているからこそ、ちょっかいを出したとわかったので、すごく切なくなった。二度目を起こさないよう、二男には先方の気持ちを伝え、絶対に手を出してはいけない、相手が嫌と言わないからちょっかい出していいということではない、ことを言わなくちゃいけなかった。子ども同士謝って解決したと思っていた、二男は予想以上の結果に、固まっていた。あと半年、卒業まで問題起こしたくないから、先生にも今回の報告がてら、二人の席を離して欲しいとお願いした。あとは学校でお会いしたときに、直接謝るだけ。どうか気持ちが伝わってほしい。そう願うのみ。今日も読んでくれてありがとう♡🍀田中梓 プロフィール🍀東京都港区在住。1974年生まれ。夫と息子3人の5人家族。 ・大学卒業後、経営コンサル会社に就職。苦手な数字を扱う経理に配属。3年で辞めるつもりが、いまだ在籍。・2004年に長男出産。本社では約20年ぶりという産育休を取得。その3年後に二男出産。・2010年に社内初の時短勤務となるが、昇給・賞与がなくなる。・これを機に働き方について考え、コーチングを受け始める。・2011年に三男出産。復帰後、会社員だけではない様々な働き方を知り、『自分がどんな生き方をしたいのか?』を追求。・会社員のかたわら、コーチング・インストラクターとして活動を始め、全4回の講座は連日満席に。・2018年春、40歳になったからこそ、自分がワクワクする生き方を実現して欲しい!という思いを持って、ワーママ向けの「自分革新!リスタート講座」を開講中。◆保有資格・経験 ・小児病棟にて遊びと学習ボランティア(10年)リーダーを務める・保育士取得(1997年)・ヒューマンギルド アドラー心理学子育て講座SMILE受講(2010年)・HeartySmaile教育プログラム受講(2014年)・子どものこころのコーチング協会インストラクター取得(2016年)・アイアイアソシエイツ アイアイファースト・アイアイファーストキッズ講座リーダー取得(2018年)

      46
      テーマ:
  • 27Jun
    • 子どものトラブルは突然に。

      こんにちは。 40歳ワーママが自分主導でワクワクした生き方を実現する!リスタート・コーチング コーチの田中梓です。先日、二男の担任から電話があったと伝言。担任からの電話といえば、我が家はよく休む長男に、様子伺いなどでかかってくる。でも今回は二男。これは嫌な予感。恐る恐る先生に電話をかけると、どうやら顔から落ちて大量の鼻血を出した、と。もちろん、相手の子が! よくよく話を聞けば、二男がちょっかいを出して、背中からその子に覆いかぶさり、よろけて顔から落ち鼻血が出たと。事情を聞き、二男が100%自分が悪いと認めたこと。相手の子には謝っていること。またこのことはその子のお母さんにも言いました、とのこと。鼻血だけで他に問題はなかった、そう聞いて、ほっとした。でも、その子は今まで鼻血を出したことがなかったそうで、お母さんはびっくりされたようですよ。と言う先生の言葉に、うん?と思った私。我が家なんて日常茶飯事な鼻血を、はじめて出した、なんてわざわざ言うということは、それはもしかして、大事に育てている我が子が!と言いたいのかもしれない。。。そうなると、お互い様だから、なんて話にならないかもなぁ。先生にも先方に私からお詫びの電話入れることを伝え、とりあえず切る。同じクラスでも話したことがないママだったので、どんな方なのか聞いてみよう。そう思い、そのあと予定されていたママ友達との集まりへ出かける。ママ友達に、事情を話して、そのママってどんな方?と聞いたら、 えー、そうねぇ、と難しい顔。。。外出先だし、まずはそのママからメールアドレスを教えてもらい、とりあえずメール。その返信メールの、強烈な一言に私は、、、やられました。続く。今日も読んでくれてありがとう♡🍀田中梓 プロフィール🍀東京都港区在住。1974年生まれ。夫と息子3人の5人家族。 ・大学卒業後、経営コンサル会社に就職。苦手な数字を扱う経理に配属。3年で辞めるつもりが、いまだ在籍。・2004年に長男出産。本社では約20年ぶりという産育休を取得。その3年後に二男出産。・2010年に社内初の時短勤務となるが、昇給・賞与がなくなる。・これを機に働き方について考え、コーチングを受け始める。・2011年に三男出産。復帰後、会社員だけではない様々な働き方を知り、『自分がどんな生き方をしたいのか?』を追求。・会社員のかたわら、コーチング・インストラクターとして活動を始め、全4回の講座は連日満席に。・2018年春、40歳になったからこそ、自分がワクワクする生き方を実現して欲しい!という思いを持って、ワーママ向けの「自分革新!リスタート講座」を開講中。◆保有資格・経験 ・小児病棟にて遊びと学習ボランティア(10年)リーダーを務める・保育士取得(1997年)・ヒューマンギルド アドラー心理学子育て講座SMILE受講(2010年)・HeartySmaile教育プログラム受講(2014年)・子どものこころのコーチング協会インストラクター取得(2016年)・アイアイアソシエイツ アイアイファースト・アイアイファーストキッズ講座リーダー取得(2018年)

      67
      テーマ:
  • 13Jun
    • 働くお母さんは今日もギリギリで 頑張っている

      こんにちは。40歳ワーママが自分主導でワクワクした生き方を実現する!リスタート・コーチング コーチの田中梓です。先日は子どもたちと美容院へ。新人のスタッフさんが私の座る席に置いてくれた雑誌は「VERY」。その雑誌の特集に目が釘付け!「働くお母さんは今日もギリギリで頑張っている」だった(笑)ほんと。その通りだよ。数年前よく美容院で読んでいたときは、確か幼稚園ママ向けだったのに、今月だけかもしれないけれど、洋服の特集も働くママ向けになっていたのは、時代の流れかな。 「夫は世間一般には協力してくれる方、でもいわゆる名前のつかない家事&育児は全て私」というアンケートのコメントに共感しまくり!学校からのお手紙や提出書類の記入、宿題の確認や準備品の調達、保育園のノートとか持ち物の準備とか…オットット(夫)は、たまにはやってくれたけれど、基本は私。同じように情報受け取ってても、やるのは母親じゃない?学校の役員だって、基本は母親だものねー。父親でやってくれる方もいるけれど、やっぱり母親のようには動けない。母親は仕事を選ぶときだって、家事や育児と両立できるか?という視点があるからだろうなぁ。子どもたちが大きくなったって、食事作りがあるからねぇ。。。我が家は、少しずつ、子どもたちだけで食事を用意し、済ませて、寝られるようになってもらおうと思っている。男の子だって、これからは家事はひと通り出来なくちゃね!さぁ、頑張っているお母さんたち、堂々と手抜きしてラクしましょうー。今日も読んでくれてありがとう♡髪の毛切ったよ〜

      82
      テーマ:
  • 06Jun
    • 突然ママ友からLINEがきた

      こんにちは。 🍀40歳ワーママが自分主導でワクワクした生き方を実現する!リスタート・コーチング 🍀コーチの田中梓です。先日、ふとLINEをチェックしていると、いつもLINEではやりとりしないママ友からメッセージ。なんだろうって読んでみると、どうやら二男が同級生の女の子にいたずらしたみたい。あっという間に最高学年。本人に聞いてみると、「ちゃんと謝ったよ」とあまりたいしたことではないのに、どうしてそんなこと聞くの?な感じ。そうだよね、そのLINEの内容はよくある、椅子引き(本人が気づかないように椅子を引き、尻餅させる)が、実は危険だから、気をつけて欲しい、ということだったの。⬇︎この記事が話題になってたみたい。読んでみてね。椅子を引く、よくあるイタズラで、国体を目指していた僕は寝たきりになった。そして...基本は子ども同士のことだから、出ないようにしているけれど、お互いに悲しいことにならないようにと、知ってもらいたいと連絡くれた、ママ友の気持ちと勇気に私は感謝した。私だったら、わざわざ言うかなぁって。悪く思ったら、とか考えちゃうよなぁって。だから、私も二男にきちんと伝えようと思った。やったことを責めているわけでもなく、二男や友達がやらないように、危険性をわかってもらいたくてLINEがきたことを。だからまず、二男にあなたを責めているわけではないよ。そう伝えたら、怒られると思っていたらしい二男はホッとしたみたい。そこでその記事を読み上げていたら二男の表情が変わってきた。危険性を理解したんだなぁと思った。「お母さんもね、こんなに危険なことだって知らなかったよ。もし、友達がやっていたら、注意してね。」うん、ってしっかりうなづいていた。後日、同級生の女の子にも、謝り、ママ友にも、教えてくれてありがとう〜そう言って、「私たちのときはそんな危険だなんて知らなかったよね」って話した。これからも、こんな風にやり取りできるママたちと共に子育てしていきたいな。今日も読んでくれてありがとう♡

      43
      テーマ:
  • 30May
    • 父、反抗期の長男を蹴ってしまった④

      父、反抗期の長男を蹴ってしまった①父、反抗期の長男を蹴ってしまった②父、反抗期の長男を殴ってしまった③の続きです。みなさん、こんにちは。40歳ワーママが自分主導でワクワクした生き方を実現する!リスタート・コーチング コーチの田中梓です。さて、あれからしばらく経ちましたが、今は平常モードにほぼなっています。 やはりほっとします。しかし、オットットにとって、子どもたちに関心を持とうとすると、 どうしてもイライラする場面が増え、怒ってしまうので、 あまり接しないようにしているらしい。それは平和でもあるけれど、不便でもあり。今まで三男を決まった時間に 送り出してくれていたのが、オットットがやらなくなったため、 毎日ギリギリ。三男は予想以上にマイペース。今、何時だから何するか、ということも あまりわかっていないから 出なくちゃいけない時間が来ても慌てない(笑)同じ時間に支度している長男も慌てない(笑) 慌てているのは私だけ。 今までは、オットットに「間に合わないぞ!早くしろ!」と言われて、三男は急いで朝食を食べて、支度していたから、今まで比較的スムーズに行ってたんだなぁ。そんなことに改めて気がつき、 オットットへの感謝の気持ちが自然と湧いてきたのです!もともと自分の感情に向き合うのが苦手な私。特に相手や自分のネガティブな感情を受け止めるのも、苦手。 さらっと流して、ポジティヴに考えていくことがいいことだと思ってきた。でも、実は反対で、しっかりネガティヴな感情を受け止めたほうが、 回復も早いし、嫌な思いを残さずに流せることに気が付いたのだ。今回も、オットットのやったこと、言ったことで、私が感じたこと、子どもが言ってくれたこと、をそう思ったんだねー、と受け止めてみた。 すると、オットットの気持ちもわかってきた。この先、長男は大丈夫なのか?きっとオットットが不安なのだろう。ダラダラした中学校生活を送ってこなかった自分と比べているのかもしれない。自分の息子が学校も休むし、部活も入らず、勉強もしないなんて夢にも思わなかっただろう。実際、長男は小学校の中学年までは オットットの思う通りだったから。  それに、オットットは学校は休んでいいのは熱があるとき 部活は積極的に参加するもの 勉強は前向きに取り組むべきそう思って、頑張ってきたんだもの。ガラガラと崩れる、理想的な息子像を目の前にして、これからどうなるか、不安で仕方がないんだと思う。なぜなら、息子を愛しているからだ。宝物で、自慢の息子なのだから。それが今は本人には伝わらないのだけれどね。 愛されたいと願うゆえに反発する長男と 愛しているから心配するオットットのすれ違い。私はその間でそれぞれの思いを聴いて、必要なら伝えるだけ。 反抗期を終え、長男が大人になった時、わかってくれたらいいな。長くなりましたが、このシリーズ終わります♪今日も読んでくれてありがとう♡ 🍀田中梓 プロフィール🍀東京都港区在住。1974年生まれ。夫と息子3人の5人家族。 ・大学卒業後、経営コンサル会社に就職。苦手な数字を扱う経理に配属。3年で辞めるつもりが、いまだ在籍。・2004年に長男出産。本社では約20年ぶりという産育休を取得。その3年後に二男出産。・2010年に社内初の時短勤務となるが、昇給・賞与がなくなる。・これを機に働き方について考え、コーチングを受け始める。・2011年に三男出産。復帰後、会社員だけではない様々な働き方を知り、『自分がどんな生き方をしたいのか?』を追求。・会社員のかたわら、コーチング・インストラクターとして活動を始め、全4回の講座は連日満席に。・2018年春、40歳になったからこそ、自分がワクワクする生き方を実現して欲しい!という思いを持って、ワーママ向けの「自分革新!リスタート講座」を開講中。◆保有資格・経験 ・小児病棟にて遊びと学習ボランティア(10年)リーダーを務める・保育士取得(1997年)・ヒューマンギルド アドラー心理学子育て講座SMILE受講(2010年)・HeartySmaile教育プログラム受講(2014年)・子どものこころのコーチング協会インストラクター取得(2016年)・アイアイアソシエイツ アイアイファースト・アイアイファーストキッズ講座リーダー取得(2018年)

      52
      テーマ:
  • 23May
    • 父、反抗期の長男を蹴ってしまった③

      父、反抗期の長男を蹴ってしまった①父、反抗期の長男を蹴ってしまった②の続き。さて、オットットは普段から言いたいことは直接言わず、メール。 連休明け、長男とひと騒動して出勤後に届いたメールは、GWが私の計画性のなさのせいでつまらなかったと、愚痴。 長男とごたごたしたイライラもあるのかもしれないけれど、私は大満足だったと思っている。挙句の果てに、今回の件で、子育て失敗しましたね、と言ってきた。私は失敗と思っていないから、カチン!と来てしまった。でも気持ちは違う。私のオットットへの怒りの根底にはたいてい悲しみがある。おそらくオットットもそうかもしれない。そんなこと、言われて悲しいよって、伝えたらいいんだけれど、気が付くのがいつも冷静になってから。すでに、こっちこそ言わせてもらおうじゃないか!のノリになり、「暴力振るわないで!」「一緒にいるのが耐えられなくなりそう」「長男もオットットも学校や会社へ行きたくない」って同じこと言ってない?などなど。私が本当に言いたかったのは、「感情的に怒らないでほしい(蹴ったりぶったりしないで、も言いたいが)」だけだったのに。ま、私も溜まっていたんでしょうね。連休中訪れた井の頭公園互いに過去のネタを蒸し返したり、攻撃的やりとりをしたあと、 オットットはトーンダウン。「俺は父親としての適性や能力がない」そして「俺に構わなくていい、こんな俺はもう駄目だ。」と自己肯定感をぐんと下げてきた。そして逃げようとする。 そこを逃さない私。だって逃げてたらまたいつものパターンだよ?って思うから。それは自分にも言えることだし、このやり方がいいとは思わないけれど、言いたいことは言わせてもらう。 オットットは、逃げられない、と思うからか、今度は攻撃。困るだろう内容?で、脅してきます(笑) 子どもの面倒を見る資格もない。やる気もないので給料も下がるだろう。  あー、痛いとこ、ついているつもりだな。確かに痛いが、覚悟してるものー! でも、さすがに私もこれ以上はストップ。キリがないので、やりとり終了。それ以来、オットットとは必要な会話のみ。なので、文句や嫌味を言われない。あぁ、文句や嫌味を言われないことってなんて快適なの!会話がないことで、気がついたのでした。まだ、続くよ。今日も読んでくれてありがとう。

      54
      テーマ:
  • 21May
    • いつまでもやれると思うな

      40歳ワーママが自分主導でワクワクした生き方を実現する!リスタート・コーチング コーチの田中梓です。こんにちは。今日強く思ったのです。やっぱりやりたい。 このままじゃ後悔する。 おカネも必要だから、仕事がつまらないから、だから他に何かしたいと思っていた。子どもと一緒にいる時間も欲しいし、 ゆっくり過ごす時間もあったほうがいい。だからのんびりのスピードでもいいと思っていた。でもいつか、はやってこない。時間があるとき、はやってこない。急に動けなくなったら、今の私は私に満足すると思う?いや、きっとできなかったことを悔やむだろう。私は私のやりたいことを、時間を優先していくことに決めた。 それを決意させてくれてありがとう、栗城史多さん。私もあきらめない。 No,Limited.合掌。

      30
      テーマ:
  • 16May
    • 父、反抗期の長男を蹴ってしまった②

      父、反抗期の長男を蹴ってしまった①の続きです。「本当に蹴られるのが怖くて嫌なんだ」そうつぶやく長男に、「大丈夫。私が守るから。お父さんにも伝えておくよ」そう言ったら、 ぽつぽつと話し始めた。 「心にね、いくつか、感情の島があるんだよ。怒られると、その一つの島から動けなくなるんだ。頭でわかっていても体が動かなくなるんだよ。」 「悪いのはお父さんじゃなくて、出来ない僕なんだ」そうなのか、わかっているんだね。でも暴力はいけないよね、そう言った。で、長男はどうしたいの?そう聞くと、「今日はゆっくり考えたい。考えるときは、うまく言えないんだけれど、社会と関わりたくない。だから学校とか行きたくないんだ。」私は長男が、自分の気持ちを客観的に見ていることに感心していた。 そんな風に出来るなら大丈夫だって思えた。それってすごいことだよ。そう長男に伝えて私は家を出た。きっと、長男は考えると言いつつ、寝てしまうだろう。さてオットットに言わなくては。言ったらどうなるかもわかっていても、言おうと思った。また長くなるので次回に書きますね。今日も読んでくれてありがとう♡🍀田中梓 プロフィール🍀東京都港区在住。1974年生まれ。夫と息子3人の5人家族。 ・大学卒業後、経営コンサル会社に就職。苦手な数字を扱う経理に配属。3年で辞めるつもりが、いまだ在籍。・2004年に長男出産。本社では約20年ぶりという産育休を取得。その3年後に二男出産。・2010年に社内初の時短勤務となるが、昇給・賞与がなくなる。・これを機に働き方について考え、コーチングを受け始める。・2011年に三男出産。復帰後、会社員だけではない様々な働き方を知り、『自分がどんな生き方をしたいのか?』を追求。・会社員のかたわら、コーチング・インストラクターとして活動を始め、全4回の講座は連日満席に。・2018年春、40歳になったからこそ、自分がワクワクする生き方を実現して欲しい!という思いを持って、ワーママ向けの「自分革新!リスタート講座」を開講中。◆保有資格・経験 ・小児病棟にて遊びと学習ボランティア(10年)リーダーを務める・保育士取得(1997年)・ヒューマンギルド アドラー心理学子育て講座SMILE受講(2010年)・HeartySmaile教育プログラム受講(2014年)・子どものこころのコーチング協会インストラクター取得(2016年)・アイアイアソシエイツ アイアイファースト・アイアイファーストキッズ講座リーダー取得(2018年)

      58
      テーマ:
  • 15May
    • 父、反抗期の長男を蹴ってしまった①

      こんにちは。40歳ワーママが自分主導で ワクワクした生き方を実現する!リスタート・コーチング コーチの田中梓です。先日の長男がいわゆるズル休みしたときの続きです。 5月の連休明けて、翌日が中間考査という日。あんなにたっぷり休んで、ゲームもして勉強もろくにせず、元気になったはずなのに? 長男がなかなか起きてこない。 何度か声をかけるけれど、眠いのか、反応するものの、起きない。他の家族は朝食も終えているのに。 とうとうオットットがイライラして長男の寝ているところに行った。あー。これはまずい展開。。。 オットットはすでに怒っている。「おい、起きろ!起きないのか?」 ここで、「はい、すみません。今、起きます!」と長男は起きるタイプではない。 オットットの大声に萎縮してしてますます動けなくなるのだ。返事もしないで布団にくるまっている長男にさらにイライラしていくのがわかる。「早く返事でもすればいいのに」と私は思うけれど、無言が続く長男。  「今日は学校行くのか?行かないのか?どっちなんだ!?」オットットは大声で布団を引っ張りながら叫ぶものの、布団を引っ張り返しながら無言で反抗する長男。 「わかった!学校行かないんだな!絶対に行くなよ!」  そう言ってオットットは怒鳴り、長男の布団にくるまっている腰のあたりを蹴っ飛ばした。  長男は泣きべそをかいている。うーっとか唸っている。 「行かないって俺が学校に連絡しておくからな!」 そう言って、鼻息荒く、電話番号の書いた紙を探し出し、学校へかけたものの、留守番電話だった(笑) プンプンしたまま、三男と出ていった。長男のところに行って、どうするの?と聞くも、 「蹴られたから学校は行かない」「だって学校行ったらまた蹴られる」 そう言い張って、うずくまっている。泣きそうな、怒っているような顔をしていた。 長くなるので、続きはまた。今日も読んでくれてありがとう♡🍀田中梓 プロフィール🍀東京都港区在住。1974年生まれ。夫と息子3人の5人家族。 ・大学卒業後、経営コンサル会社に就職。苦手な数字を扱う経理に配属。3年で辞めるつもりが、いまだ在籍。・2004年に長男出産。本社では約20年ぶりという産育休を取得。その3年後に二男出産。・2010年に社内初の時短勤務となるが、昇給・賞与がなくなる。・これを機に働き方について考え、コーチングを受け始める。・2011年に三男出産。復帰後、会社員だけではない様々な働き方を知り、『自分がどんな生き方をしたいのか?』を追求。・会社員のかたわら、コーチング・インストラクターとして活動を始め、全4回の講座は連日満席に。・2018年春、40歳になったからこそ、自分がワクワクする生き方を実現して欲しい!という思いを持って、ワーママ向けの「自分革新!リスタート講座」を開講中。◆保有資格・経験 ・小児病棟にて遊びと学習ボランティア(10年)リーダーを務める・保育士取得(1997年)・ヒューマンギルド アドラー心理学子育て講座SMILE受講(2010年)・HeartySmaile教育プログラム受講(2014年)・子どものこころのコーチング協会インストラクター取得(2016年)・アイアイアソシエイツ アイアイファースト・アイアイファーストキッズ講座リーダー取得(2018年)

      19
      2
      テーマ:
  • 09May
    • 子育てって甘くてもいいよ

      こんにちは。40歳ワーママが自分主導でワクワクした生き方を実現する!リスタート・コーチング コーチの田中梓です。ゴールデンウイーク、終わりましたね。みなさんはどうでしたか? 私は、子どもたちと出かけたのは勿論、久しぶりな友達に沢山会えたり、大人だけでお出かけしたり、両親と遠出もしまして、毎日楽しく過ごせました。  そんな中、連休の合間の平日、長男が、学校を休みました。 長男は中2。部活もいわゆる幽霊部員で、帰宅部ってやつです。彼の楽しみは友達とスプラトゥーンで対戦することと、読書。 友達は好きだけれど学校はつまらなくて、しょっちゅうお腹が痛くて、休んだり早退したりしがち。最近は寝てばかりで、朝もなかなか起きられません。連休明けは中間テストなのに、取り組んでいる様子があまり見られない。そんな相変わらずな長男に不安を感じていたら、、、連休の合間の平日。だるそうに登校して行った長男は早退して帰宅。やはり予感は的中かー。明日ももしかして??で、翌日。昨日は行くと言っていたのに、当日朝になったら行く気配がない。 起こしてもぼーっとしていて、でも遅刻していくからという言葉を信じて出かけると・・・学校から電話が。「まだ学校に来ていませんが」時刻は12時は過ぎているそ 慌てて、長男に電話すると、今起きた様子。水曜日だから学校が終わる時間も早い。で、長男は、今から行っても・・・とお休みしました。もう1学期は休まない、そう先月長男は言ったのに~でも電話でいくら行くように言っても遠隔で行かせるわざは私にはありません。そんな私を両親は、甘い!というわけ。 いままで甘かったからこうなったんだとか、とかもう長男は仕方ないわねー(諦め)とか、一緒に住んでいなければ気にならないからいいのだけれど、母親は仕事でいないからねえとか、やんわり?と私を責める。仕事で私がいない間にかかってくる学校からの電話や、学校に行かない長男を見てイライラしたり、心配したり、迷惑はかけているので、私、ただただ聞くだけ。 そして、同じようにオットットにも言われるわけ。「お前が甘いからだ。その結果があーなった」そうかな?それって失敗だということ??でも私、そう思ってないよ。甘いのかな?これが甘いと言われるのなら、甘くていいんじゃない?勉強するかどうかの最終ジャッジは本人しかできないよね。だって、勉強わからなくて困っていたり、宿題出せなくて怒られたりするって、長男はわかっているのに、やらない。親が声かけても、やらない。そしたらそれって、本人の問題だよね。両親もオットットも、不安なんだよね。孫が、子どもが、このまま不登校になるんじゃないか。勉強についていけなくなるんじゃないか。不安の矛先が私になっているんだな~私はけっして甘くしているわけではなくて、長男と話し合って、本人がどうしたいか?聞いて決めているだけ。 だから、口数多い子じゃないけれど、たまにだけれど、自分の思っていることはきちんと話してくれる。 それにね、私は学校を休むなんていう発想もなかったから(中高生のとき、無遅刻無早退無欠席なのだ♪)休みたいって休めるっていいなって思ってしまう。 以前は休んではいけないって思っていたし、今でも出来たら学校には行ってほしいと思っている。 でも無理矢理行かせることはもう出来ないから、本人に自分の意志で行ってもらうしかない。で、そこを揺るがす出来事が、連休明けの月曜日の朝、起きたのでした。 それは次回☆ 今日も読んでくれてありがとう♡🍀田中梓 プロフィール🍀東京都港区在住。1974年生まれ。夫と息子3人の5人家族。 ・大学卒業後、経営コンサル会社に就職。苦手な数字を扱う経理に配属。3年で辞めるつもりが、いまだ在籍。・2004年に長男出産。本社では約20年ぶりという産育休を取得。その3年後に二男出産。・2010年に社内初の時短勤務となるが、昇給・賞与がなくなる。・これを機に働き方について考え、コーチングを受け始める。・2011年に三男出産。復帰後、会社員だけではない様々な働き方を知り、『自分がどんな生き方をしたいのか?』を追求。・会社員のかたわら、コーチング・インストラクターとして活動を始め、全4回の講座は連日満席に。・2018年春、40歳になったからこそ、自分がワクワクする生き方を実現して欲しい!という思いを持って、ワーママ向けの「自分革新!リスタート講座」を開講中。◆保有資格・経験 ・小児病棟にて遊びと学習ボランティア(10年)リーダーを務める・保育士取得(1997年)・ヒューマンギルド アドラー心理学子育て講座SMILE受講(2010年)・HeartySmaile教育プログラム受講(2014年)・子どものこころのコーチング協会インストラクター取得(2016年)・アイアイアソシエイツ アイアイファースト・アイアイファーストキッズ講座リーダー取得(2018年)は

      56
      テーマ:
  • 18Apr
    • 子どもが熱を出したとき~共働きの我が家の場合~

      こんにちは。40歳ワーママが自分主導でワクワクした生き方を実現する!リスタート・コーチング コーチの田中梓です。新学期もスタートしましたね。  幼稚園や保育園だと今は慣れてきたものの、疲れが出るころですね。 お仕事復帰されたという方も多い時期ですね。 復帰されて子どもが熱を出して、困ったな~なんて方もいらっしゃるのでは?  私が覚えているのは、二男が10か月のときに復帰したとき。1週間後、二男はなんと、インフルエンザに!1週間休むことになった時の絶体絶命な気持ちは今でも覚えています・・・ 今となっては、復帰したばかりなのだから、逆に休んでもなんとかなったかもと思えます、が、当時は引き継ぎしたばかり。でもこのときの経験があったからこそ、そのあとの体制が整ったのかなと。 長男のときは、休んでも数日で済み、急な熱に対応できればなんとか乗り越えられました。もちろん、両方の母や病後児保育にお願いすることもありました。 でもいずれも、お願いしても、可能かどうかわかりません。 とにかく予兆を察しして、早めに連絡を入れておく、仕事を片づけておく、ということを心掛けていました。しかし、二男は復帰したときのインフルエンザの件から、今までの体制を立て直すことに。  インフルエンザのときも熱が下がった~と思いきや、中耳炎になっていてまた熱が出てしまう・・・それに兄弟がいればどちらかがなればどちらかがもらうもの。 とにかく1週間はだれかが面倒を見られるようにしました。   このころは夫も転職してお休みを取れるようになり、また定期的にシッターさんをお願いしていたこともあり、私、夫、実母、義母、シッターさん、病後児保育、と増やしました。  しかし、子どもたちの扱いに慣れた母たちでも、一日中見ていると子どもの風邪をもらって、たいてい体調を壊してしまうのでした。 そこで、朝早くから対応できる義母に午前中を、午前中予定が入りやすく、帰りが遅くても大丈夫な母に午後をお願いし、半日の交代制にしたのです。 これはとてもうまくいき、母たちにも喜ばれました(笑)沖縄で見たサンセット三男が生まれた時は、もう長男二男は休むこともほぼなくなっていたので、三男だけ。私、夫、病後児保育、父母(私の両親と同居になったので)で対応。 私も夫も休みやすくなって、困った~ということもだいぶなくなりました。ただ、保育園児までは病後児保育、で対応できるけれど、小学校低学年の場合ってまた対応が違ってきます。予想外だったのが、学校で体調崩した場合、お迎えに行かなくちゃいけないこと、でした。  しかも保育園だったらお昼寝後の電話が多かったけれど、学校は午前中の場合が多くて、あまり待ってくれません。。。(午前中かかってくるときは、預ける段階でだいたいわかります(笑)) そして、休むときも病後児保育というわけにもいかず、かといってお留守番させておくのも不安、で休まざるを得ないことがある、そこは盲点でした。 幸い、両親がいるときはお願いできましたが、不在のときは急に早退とか、休まなくてはいけないことが、まだまだあるんだな~と。我が家はもう三男も一年生。まだ低学年ですが、兄たちがいるので、お留守番も頼めるし、だいぶ助かります。 先日学校を休んだときは、長男が面倒見てくれました。チームを組んで病気のときを乗り越える、みたいなことはぶん、入院でもしない限り、もうないかと思うと、ラクになったな~と思います。 子どもが病気なることは、大変だけれども、急に休むことがあるんだと学んだ私。(私自身は丈夫なので、病欠したことは一度しかありません) 仕事はオープンに、電話でも説明しやすいように、なるべく早めに仕事を進めておくことを心掛けるようにしました。 今は急にお休みすることは減ったので、ちょっとそのあたり、だらけていますが・・・そして、この時期は子どもが小さくても大きくても、みんがが疲れる時期だと思います。どうかママたちも、パパたちも、たまには自分のケア、してくださいねー!今日も読んでくれてありがとう♡🍀田中梓 プロフィール🍀東京都港区在住。1974年生まれ。夫と息子3人の5人家族。 ・大学卒業後、経営コンサル会社に就職。苦手な数字を扱う経理に配属。3年で辞めるつもりが、いまだ在籍。・2004年に長男出産。本社では約20年ぶりという産育休を取得。その3年後に二男出産。・2010年に社内初の時短勤務となるが、昇給・賞与がなくなる。・これを機に働き方について考え、コーチングを受け始める。・2011年に三男出産。復帰後、会社員だけではない様々な働き方を知り、『自分がどんな生き方をしたいのか?』を追求。・会社員のかたわら、コーチング・インストラクターとして活動を始め、全4回の講座は連日満席に。・2018年春、40歳になったからこそ、自分がワクワクする生き方を実現して欲しい!という思いを持って、ワーママ向けの「自分革新!リスタート講座」を開講中。◆保有資格・経験 ・小児病棟にて遊びと学習ボランティア(10年)リーダーを務める・保育士取得(1997年)・ヒューマンギルド アドラー心理学子育て講座SMILE受講(2010年)・HeartySmaile教育プログラム受講(2014年)・子どものこころのコーチング協会インストラクター取得(2016年)・アイアイアソシエイツ アイアイファースト・アイアイファーストキッズ講座リーダー取得(2018年)

      94
      テーマ:
  • 20Mar
    • 結局これを求めていたのかもしれない。

      こんにちは。 40歳ワーママが自分主導でワクワクした生き方を実現する!リスタート・コーチング コーチの田中梓です。先日は「子どものこころのコーチング講座初級4期@表参道」の最終回でした。最終回は叱り方や褒め方について学びます。叱ることと怒ることの違いは?褒めることと承認ってどう違うの?自分で考えて、落とし込んでいきます。私は承認の中でも「存在承認」をやるたびに、胸がきゅーっとなることがあります。 自分の子どもたちにやれていないなぁと思うことが沢山あるのです。存在承認って、ありのままの姿、ありのままのあなたをそのまま受け止めること。ただあなたがいるだけでいいよと思うこと。具体的には、相手に対して、挨拶するとか、毎朝学校へ行くとか、髪形の変化に気がつくとか、そんな当たり前のこと、見たままのことだったりします。私がやれていないなぁと思うのは、最後まで話を聴く、とか話したことを覚えている、とかかな。ドタバタ、うっかり母さんの私には、忙しいとき、ついやってしまいがち。ハイハイって適当な返事しちゃったり、「お母さん、この前話したのに!」と言われ、つい「私は聞いてないよ〜」なんて返事して、押し問答になったり。でもね、こんな私でもやれていることはあるから。お母さんなら普段から自然とお子さんを承認していることって、た〜くさんあるから安心してねー。最後のワークは頑張っているお母さんを承認するワーク。これ、本当にいいワークでカラダはユルユル、ココロはフワフワになります。参加者さんのお一人が振り返りでおっしゃっていたのが、⬇︎「色々と学んで良かったことはありましたが、最後のワークにぜーんぶ持って行かれました。とても良かった。私が求めていたのは、これだったんだぁと思いました。本当は母親にやってもらいたかった。あとはやってくれる人なんていないなぁと思ったけれど、ダンナがいました!」なるほど!そうですよね〜他の参加者さんからも、「とても良かったから、子どもや夫にやってあげようと思いました。私も夫にやってもらいたい!」ホント、私もそう思いました〜パートナーがそんな風に承認してくれたら悩みなんてなくなるんだろうなぁ。講義終了後はランチしました!お野菜が美味しいお店で、いつもより贅沢なランチをいただきながらおしゃべり。じっくりお話し出来て楽しかったぁ。また会いましょうね、なんて言いながらお別れしました。次回は5月からスタートしますので今週お知らせします。興味ある方は是非メッセージください!今日も読んでくれてありがとう♡🍀田中梓 プロフィール🍀東京都港区在住。1974年生まれ。夫と息子3人の5人家族。 ・大学卒業後、経営コンサル会社に就職。苦手な数字を扱う経理に配属。3年で辞めるつもりが、いまだ在籍。・2004年に長男出産。本社では約20年ぶりという産育休を取得。その3年後に二男出産。・2010年に社内初の時短勤務となるが、昇給・賞与がなくなる。・これを機に働き方について考え、コーチングを受け始める。・2011年に三男出産。復帰後、会社員だけではない様々な働き方を知り、『自分がどんな生き方をしたいのか?』を追求。・会社員のかたわら、コーチング・インストラクターとして活動を始め、全◯回の講座は連日満席に。・2018年春、40歳になったからこそ、自分がワクワクする生き方を実現して欲しい!という思いを持って、ワーママ向けの「自分革新!リスタート講座」を開講中。◆保有資格・経験 ・小児病棟にて遊びと学習ボランティア(10年)リーダーを務める・保育士取得(1997年)・ヒューマンギルド アドラー心理学子育て講座SMILE受講(2010年)・HeartySmaile教育プログラム受講(2014年)・子どものこころのコーチング協会インストラクター取得(2016年)・アイアイアソシエイツ アイアイファースト・アイアイファーストキッズ講座リーダー取得(2018年)

  • 19Mar
    • 【子どもを信じて待つこと】

      こんにちは。40歳ワーママが自分主導でワクワクした生き方を実現する!リスタート・コーチング コーチの田中梓です。東京では桜の開花がもうすぐのようですね!さて、「子どものこころのコーチング協会」のメルマガを先日書かせていただきました。以下、読んでもらえたら嬉しいです(^^)先日、中1の長男の学年末テストが終わりました。頑張りたいと言っていた数学がイマイチだったようですが、テストの結果より大きな成果がありました。今回のテストで、長男が自分でやる気を出して、勉強をしたのです。遊ばないように、スイッチ(任天堂のゲーム)を封印し、iPodtouchを私に預けて。計画を立てて行動することが苦手で、すぐ先送りしてしまう性格の長男が、ここまでやれるようになるまで、約一年かかりました。…………☆★☆……………やる気が出るまで待ってみる…………☆★☆……………中学受験で希望校に落ちた長男。受験後は、読書やゲーム三昧。まったくと言っていいほど勉強しなくなってしまいました。小学校ではそれなりに点数が取れていた長男でも、中学校では回を重ねるごとにテストの点数は落ちていきました。私も最初のころは、問題集を買って渡したり、高校受験の話しをしてみたり、こうやって勉強するといいよとアドバイスしたりしてみたものの、まったくやらないので、なかばあきらめて?本人のやる気が出るまで 待つことに決めました。とはいえ、このままやらないのかな。ふと私が不安になると、勉強しなくていいの?つい言ってしまうことは多々ありました。…………☆★☆……………本当は、かまって欲しかった…………☆★☆……………そんなある日、長男が「英語がよくわからない」と言い出しました。これは長男からのSOSなんだろうなと思ったので、長男と話し合いました。「勉強はやらなくてはいけないとわかっている。でも高校受験と言われてもピンとこないんだ。」と。そして私には「一緒に勉強を見てもらいたい。」「勉強しなくていいの?」と声をかけてもらいたい、と言われてびっくりしました。なぜなら、私はもう中学生だから自分でやりたいだろう、言われたくないだろう、そう思っていたからです。それからは「一緒に勉強をやろう」と声をかけたり、「高校はどんなところがいいの?そのためにはどうしたらいいかな?」と、今と将来がつながるような話をしたりしました。そしてなるべく自主的に勉強してもらうには?と考えた末、タブレット学習を導入しました。計画も立ててくれるし、紙の問題集より楽しそうかなと。これが長男にはぴったり合ったようでした。長男は、勉強をやりたくないわけではなく、どうやればいいのか分からなかっただけ、だったのですね。つい子どもが出来るか、出来ないかにこだわってしまいがちですが、子どもそれぞれに出来ないときは理由があること、そして一方的に言うだけでなく、自分でどうしたら出来るようになっていくのかという過程やこちらからの働きかけも大事なんだーと改めて気づかされました。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 🍀田中梓 プロフィール🍀東京都港区在住。1974年生まれ。夫と息子3人の5人家族。 ・大学卒業後、経営コンサル会社に就職。苦手な数字を扱う経理に配属。3年で辞めるつもりが、いまだ在籍。・2004年に長男出産。本社では約20年ぶりという産育休を取得。その3年後に二男出産。・2010年に社内初の時短勤務となるが、昇給・賞与がなくなる。・これを機に働き方について考え、コーチングを受け始める。・2011年に三男出産。復帰後、会社員だけではない様々な働き方を知り、『自分がどんな生き方をしたいのか?』を追求。・会社員のかたわら、コーチング・インストラクターとして活動を始め、全◯回の講座は連日満席に。・2018年春、40歳になったからこそ、自分がワクワクする生き方を実現して欲しい!という思いを持って、ワーママ向けの「自分革新!リスタート講座」を開講中。◆保有資格・経験 ・小児病棟にて遊びと学習ボランティア(10年)リーダーを務める・保育士取得(1997年)・ヒューマンギルド アドラー心理学子育て講座SMILE受講(2010年)・HeartySmaile教育プログラム受講(2014年)・子どものこころのコーチング協会インストラクター取得(2016年)・アイアイアソシエイツ アイアイファースト・アイアイファーストキッズ講座リーダー取得(2018年)

      20
      テーマ:
  • 26Feb
    • モヤモヤ、怒りは本音を知るチャンス!

      こんにちは。40歳ワーママが自分主導でワクワクした生き方を実現する!リスタート・コーチング コーチの田中梓です。先週土曜日は「子どものこころのコーチング講座初級」4期@表参道の第2回目でした。お一人休みで2人だったので、しっかりとワークでのシェアをしつつも、サクサクと講座が進みました!2日目は怒りをテーマに、その怒りの根っこをみていきます。怒りの根っこには①期待 〜してほしい②マイルール 〜ねばならない、〜すべき③本音 不安 焦り ねたみ 恐れなどがあるんです。怒っている人は困っている人、とある本に書いてありましたが、どうしたらいいの、私は⁈っていう、自分が困っていることを、怒りという手段で伝えていたりします。そこに気がつくと、怒りが噴火しちゃう回数が減っていきます。こんな感じで、怒りを分解していくと、私ってこんなこと思っていたからなんだー、ってわかります。参加者さんから「モヤモヤ、怒りは自分の本音を知るチャンスという言葉に勇気づけられました。」という感想をいただきましたが、そんなんです、怒りはチャンスなんです!だから、あー怒っちゃったなぁなんて自分を責めないでね。せっかく自分と向き合うんだったら、私、どうして怒ったのかな?どんなこと思っていたのかな?って考えてみてね。自分を客観的に見てみたら、自分の本音が見えてきますよー。1人じゃ無理ーって方は是非講座へいらしてくださいね。噴火ばかりだった私がお待ちしています(^^)今日も読んでくれてありがとう♡

      132
      テーマ:
  • 20Feb
    • いつの間にかの変化が起こる講座なんです

      こんにちは。40歳ワーママが自分主導でワクワクした生き方を実現する! リスタート・コーチング コーチの田中梓です。日曜日は、子どものこころのコーチング講座初級3期@新橋クラスの最終回でした。このクラスの参加者さんたちは、みんなすごく芯がしっかりしてて、宿題もきちんとメモを取ってきたり。さすが、出来るママたち!だなぁと。(自分のことはさておき) その分?、〜べき、〜ねばならないが強かったから少し緩めてみました。そしたらね、びっくりする変化が!レトルトを子どもに食べさせることに抵抗があったママが、レトルトでもいいよね〜と緩めてみたら、逆にレトルトを使う回数が減ったとか‼︎それも自然にね、ノンストレス!「レトルトであっても手を少し加えたり出来るようにもなったんです!どうしてかわからないけれど」って。 双子ちゃん育てていて、大変なはずなのに、こんな素晴らしいことになって、みんなですごいーって喜んじゃいました!他の方もみんな今まで気がつかなかった、気づきを得てくれているみたい。この講座は漢方薬と同じですって私は言ってます。劇的な変化はないかもしれない、でもゆっくり効いてきて、気がついたら怒る回数が減っている。その方がきっとリバウンドも少ないんじゃないかな?無理なく出来るときに出来ることをやっていきましょうね。またみんなで会いましょう!そのときまた素敵な変化があるだろうな♪今日も読んでくれてありがとう♡

  • 19Feb
  • 09Feb
  • 08Feb
    • ナリ心理学のナリさんに教えてもらったこと

      やっぱり、ナリ心理学、好きだわ❤️答えは全部自分の中にあって、どうしたいか、どうするかを、決めるのも自分なんだよなぁってつくづく思う。まだイライラしちゃうけれど、これから少しずつ変わっていくはず、私も子どもたちも。今日も読んでくれてありがとう♡

      11
      テーマ:

プロフィール

田中 梓

性別:
女性
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
はじめまして。 中学生、小学生と保育園児の男の子を持つ、働く3児の母です。 仕事も子育ても夫とも...

続きを見る >

読者になる

ブックマーク



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス