こんにちは!
やっぱり占いが好き
後藤晏佳里です。

やっぱり
カラーコーディネートが好き
宣言をして
好きなものは
時を経ても変わらないのね
と思いました。

そのうち
チャネリングも好きと言えるように
なるのだろうか???


それはさておきw





占いをしてもらうこと
より
占いの研究をすること
が好きなので


占いの分類や成り立ち
にうるさいです、あたくし。


師匠の堀木先生より
占いとは
という授業を受けて
日本には
教育や議会は西洋式
精神やDNAは東洋式
という認識がインプットされました。


日本は
ミックス文化。
だから
占いもなにかとなにかを掛け合わせたり
アレンジして進化させたり
別のものに言い換えたりすることが多く

根底にあるものは
西洋は数秘術が基本
東洋は陰陽五行思想が基本
となっております。

もっと根っこを辿ると
ヒマラヤあたりだといわれており
スタートは数の概念
のようです。


西洋の数秘術は
天体の動きを観るホロスコープに繋がり
タロットカードに繋がり
タロットは中世以降トランプになり
近年では
エンジェルカードやオラクルカードに発展しています。

なので
カードリーディングやホロスコープを
お仕事にしたい方はぜひ数秘術を学ばれること
おススメします。
数字おさえておくと軸ができます。



東洋式での最高峰は
四柱推命と言われていますが
基本は陰陽五行思想。
世界の成り立ちを
陰かか陽
五つの元素の運動により
世界が成り立つという五行思想
ここからいろんな学問
九星気学(風水はここ)
易経(漢の時代の官僚の教科書、ちなみに論語はブログ)
四柱推命
算命学
紫微斗数
動物占い(算命学と行動心理学の融合。主に生まれた日の日干支から鑑定)
六占星術(生まれた日の日干支からみる。それぞれの名称に惑星の名前をつけたので木星人や天王星人という表現になっている)
などなど生まれています。


さて
もうひとつの流れとして
マヤ暦がありますが
古代大和暦と共通点もあるので
農耕民族と仮定すれば
個人的には東洋系の範疇。
マヤ暦は生態系のリズムと宇宙のリズムを
融合させた暦です。


ということで
占いをお仕事にしたいかたは
ぜひ基礎講座を
おさえておきましょう。