喧嘩別れしたロレンスは、寂しさを紛らわせようとアマーティと一緒にいたホロを目撃した。自分以外の男と一緒に居る事実にショックを受けながらホテルに戻ると、店主から2枚の書類を渡された。1枚はホロが聞き出したアマーティの全財産。もう1枚は両人の名前が記された結婚の契約状。もし勝負に負けてトレニー銀貨1000枚アマーティが用意する事になれば、負けたロレンスはもうホロと旅は出来なくなってしまう。時間が無いとばかりに全財産を握り締め祭で賑わうクメルスンの街へ飛び出した。



 探し回った末ようやく酒場でアマーティに出会ったロレンスは、ある商売の申し出を行った。それは黄鉄鉱の売買取引だった。当然黄鉄鉱で儲けているアマーティにとってロレンスの申し出は馬鹿馬鹿しいの一言。とても信じられる内容ではなかった。しかしロレンスは普通とは異なる先物買いで用いる信用買いという方法を提案した。この取り引きだと先にアマーティが、トレニー銀貨500枚を差し出つ。そして翌日の夕方までにロレンスが、現時点での黄鉄鉱の価値で換算した500枚分の黄鉄鉱を差し出す。もし高騰したままならアマーティの勝ちとなるので、勝負にならず話に乗ってこない。



 しかしここで暴落して大損する事になれば、莫大な損害を与える好機となる。しかも婚約の契約を破るとまで言い出したロレンスの術中にはまりアマーティも勝負を受けてたった。これで後は暴落させて黄鉄鉱を揃えるだけのロレンス。早速クメルスンへ麦を買い付けに来ている商人達の目を向けさせる為マルクに噂を流すよう頼んだ。報酬は高かったが、答えはNO。商人は店を持ち家族を持ち信頼を集めている。リスクの高いことをして全てを台無しにするわけにはいかないというのが理由だった。約束では翌日の夕方までに集めなければならないロレンス。錬金術師なら黄鉄鉱を持っていると聞き、わずかな希望をそこに掛ける決意をした。


(本編は放送終了後)