arcier サットヴァに向かうために

arcier サットヴァに向かうために

アーユルヴェーダ・セラピストのarcier(アーシャ)です。やっぱり、目指すのは内面から輝くこと。日々を楽しみつつ、ゆっくりですがサットヴァを得ていきます♪
2019年10月からHPアドレスが変わりました。新HP https://ayurvedarcier.com
よろしくお願いします。

12回の基礎講座では、アーユルヴェーダ全般、ドーシャ理論、食について、病について、生き方についてが学べます。

お問い合わせ・お申し込みはhttps//ayurvedarcier.com
からご連絡ください。

舞の道観音舞のわかちあい会は現在、立川クラス水曜日(毎週)14時(14時半の日もあります)~
金沢クラスは月に2回金曜と日曜の午後
首里クラスは不定期開催しています。


10年前「もっと早く活動を始めるべきだった」という思いをしたのです。

20年前、あなたは伝える人になりますとジョーティシに言われたとき

いや、私はそんなことできません

と頑なに「できない、やりたくない」
と言い続けて10年

東北の震災で
直接被害を受けてない方々の動揺を見て

生命について・生きることについて
もっと早く伝えておけば
動揺している人が少なかったのかも

と、とても後悔したのです。

もうその思いをしたくないので

アーユルヴェーダ講座を始め
観音舞の伝え手になりました。

アーユルヴェーダも観音舞も
呼吸を整え、宇宙と寄り添う手法だと
思っています。

どちらも呼吸が整うことにより
自律神経が整い
体と心に軸ができて
ストレスに強くなるので

生きることが楽になります。

微々たる広がりでも
アーユルヴェーダを学ばれている方々
舞をしているみんなが
この世で落ち着いて過ごしていること

結果が出てきていると確信しています。

みんなが落ち着いて幸せでありますように。

写真は先日の舞の道観音舞立川クラスわかちあい会で光の道を説明したもの。
私が「Cなのよ!Cなのよ!」と言っていたのが、これでわかったと。
マニアック揃いで、本やアプリを「買おう!」って言ってました😅


3月末より直接会って話すことが制限となり

オンラインでの講座だったり、ミーティングだったり、飲み会だったり

 

そして徐々に直接会って話すことが叶うようになって

わかったこと。

 

 

私たちは、確実に言葉を超えたところでのコミュニケーションをとっていた

 

 

ということ。

 

直接会って話してみて

 

あたかも同じ映像をスクリーンで観ていて、それについて言葉を使って会話ができている人と

 

同じ言葉を使って話しているのに

お互いに違う映像を観て話している人とのギャップ

 

一緒に居るのに分かり合えないというのは

こういうことなのですね。

 

逆に言葉が無くても、会っていなくても

同じ映像を観ることができていれば

時も場も超えることができる

 

コミュニケーションをとるためには

お互いが同じ映像をみるようにすれば良いということになります。

 

 

先日の測定で

蝶形骨あたり、左心房、膵臓がだいぶ弱ってて

これは急にどうしたものかと

ビデオチャットでみてもらったら

なんと

今まで苦手だった事に急に対応できる力がついたため
体が過剰に反応しているんだ

と。


うーん、確実に波に乗っている感じがします。

意識改革だけでなく、体の改革も必要な時期なのね。