誰が見るの?

空き家片付けをしてて、

最近よく聞く話。

祖父母が亡くなって、

空き家になり、

息子娘が相続したけど、

孫達から、

『残してくれるな』

と言われる。。

家が資産の時代は終わったかな。


同じことが言える世界遺産とか文化財。


そのものは素晴らしいもので、

後世に残す価値があるものを、

有志の方々が頑張って、

守ってはる。

向こう10年間の観光資源。

20年後、守らなきゃいけなくなったものを受け継ぐ人たちは。。

人口が減り、税収が減っていく中で。


未来の子供達のために、

残すことも大事だけど、

壊す、捨てる目線もいるんではないかと。


捨てることが出来ない方々へ。。

1週間、うちへバイトに来たら、

『もったいない』の概念が変わりますよ。

捨てなきゃバイト代出さないからね(笑)

でも、捨てるのは、過去を否定するわけでも、消すためでもない。

残された家族が前へ進むため、

次の世代へその場所を渡すため。。

ペイフォワード

物だけでなく、執着や未練や思い出も、

次へ・・・