10/3は大阪日仏協会による例会デジュネ・ダミでコンサートをさせて頂きました。

日仏友好の会として毎年開催されており、これまでにもジャン=マルク・ルイサダ氏をはじめ著名なフランス人ピア二ストも演奏されているのでお招き頂き光栄です。リーガロイヤル・ホテルのダイヤモンドルームは自然光か降り注ぐ美しい空間でした。



フランス総領事もお越しくださいましたのでフランス国歌(山口編曲)「ラ・マルセイエーズ」でコンサート開始♪フランスの作曲家を中心としたプログラムでトークを交え演奏しました。




コンサート後は、美味しいフレンチのコースを堪能しながら、ご出席された皆さまと素敵な時を過ごさせて頂きました。音楽好きな方が多く興味深いお話を楽しませて頂きました。モスクワのリヒテルのお宅に行かれたという方も!

嬉しいお言葉も沢山くださり感謝申し上げます。ありがとうございました。

記念写真は、大阪日仏協会会長で稲畑産業社長の稲畑勝太郎氏と、さおり氏ご夫妻、副会長の鶴田信夫氏、フランス総領事のジャン・マチュー・ボネル氏と。






10/29は名古屋の日響楽器池下店さんで、カシオMusic Batonのレクチャー&コンサートを行わせて頂きました。
お越しくださいました皆さまの反応の良さに感激しながら務めさせて頂きました。盛り上げてくださいまして、どうもありがとうございました!

意識の高い先生方にもお集まりくださり、終演後はご質問を頂きながら交流でき嬉しい出会いも芽生えました♪ 

CELVIANO Grand Hybridを沢山の方々が試弾されている光景も嬉しかったです。グランドピアノのような弾き心地の良さを体感頂けたと思います。



お尋ねありました、私たちの連弾編曲の楽譜は「火祭りの踊り」と「星条旗よ永遠なれ」がCD付き楽譜集「Piano Styleプレミアムセレクション(リットーミュージック出版)」に収録されています。下記のリンクよりお求め頂けます。

「火祭りの踊り」収録号 
http://amzn.asia/itzJXmN

「星条旗よ永遠なれ」収録号
https://www.rittor-music.co.jp/product/detail/3117217128/ 


私たちが弾いているのより、少し弾き易くしながらも、見た目の楽しさを盛り込んでいますので是非、演奏されてくださいね!



名古屋は、山口が小学校の時に3年ほど住んだ懐かしの地です!
先週に続いて本日28日(日) も18時より音楽評論家の林田直樹さんのネットラジオ番組「カフェ・フィガロ」に出演させて頂きます!


先週は、私たちの新譜「ショスタコーヴィチ」についてお話ししましたが、今週は、私たちの他のCDをお聴き頂きながら、進化系デュオと呼んで頂けるようになった結成10年の歩み、敬愛するホロヴィッツについて(収録日の10/1はこの大巨匠のお誕生日でした!)さらに、連弾恋話などなど、林田さんとの対談に花咲いています。

PCもしくはスマートフォンでお聴き頂けます。

放送後1週間の期間は無料で視聴でき、その後もメルマガ会員無料登録で3カ月間聴くことができますので、先週21日(日)放送分と合わせてお楽しみ頂けましたら嬉しいです!

iPhone、iPad、スマホからご視聴の場合は、下記より無料の専用アプリをダウンロードが必要です。http://www.blue-radio.com/iPhone/index.aspx




先日収録してきました、音楽ジャーナリスト・評論家の林田直樹さんのネットラジオ番組「カフェ・フィガロ」が、本日10/21(日)と28日(日) に18:00~放送されます。

PCもしくはスマートフォンでお聴き頂けます。

ただ今放送中ですが、放送後から1週間の期間も無料で視聴できます。その後も無料登録で3カ月間聴くことが出来ますのでお好きな時間にお聴き頂けましたら嬉しいです。 



番組内容は、林田さんとの対談形式で、21日放送分は世界初録音を行いました新譜CD「ショスタコーヴィチ 交響曲第11番 1905年(作曲者によるピアノ連弾版 )」について、28日はこれまでにリリースした2枚のCDを聴きながら、ピアノ連弾の魅力、連弾面白エピソード、音楽にまつわる様々なお話をしています。少々マニアックな方面にも!

iPhone、iPad、スマホからご視聴の場合は、下記より無料の専用アプリをダウンロードが必要です。http://www.blue-radio.com/iPhone/index.aspx

【視聴方法】
・番組ページより 《この回の放送を聴く》 をクリックでプレイヤーが立ち上り番組が再生されます。
・途中で他番組のCMが入りますが、プレイヤーの ▶ をクリックでスキップする事ができます。
・再生されない、プレイヤーが立ち上がらない場合は、PCの《ポップアップのブロックを解除》の設定を行って下さい。

今日から3日間 10月19日(金) 20日(土) 21日(日)東京ビッグサイトで開催される「2018楽器フェア」で、カシオのCELVIANO Grand Hybridを使用したミニコンサートが行われます。

私たちは20日(土)にカシオブースにて3ステージに出演し、トークを交えながら楽器の魅力をお伝えいたします。(開演時間10:30〜、14:40〜、16:00〜)。

19日は近藤嘉宏さんが、21日はジャズピアニストの松永貴志さんがご出演されます。

スケジュール詳細はこちらをご覧ください。
●CASIO楽器フェアサイト

カシオブースではCELVIANO Grand Hybridをはじめ出展さらる楽器の試弾も出来ますので、是非、観て触れて聴いてお楽しみください!ご来場をお待ちしております!

●2018楽器フェア公式ページ

●カシオデジタルピアノ CELVIANO Grand Hybridスペシャルサイト 






今日10/9はサン=サーンス183歳の誕生日。

それを祝って「死の舞踏」をご紹介させて頂きます🎶

真夜中0時から始まる骸骨たちの大円舞踏会です。

この曲を得意としたホロヴィッツの演奏からインスピレーションを受け連弾編曲しました。原曲はアンリ・カザリスの詩を歌曲したもの。後年、オーケストラによる交響詩としても作曲されました。

ホロヴィッツは、リストのピアノ編曲を元にさらに華麗に編曲し演奏しています。4手による骸骨の踊りをどうぞご観覧ください!





先日パリのモンパルナス墓地でサン=サーンスのお墓参りをした時は、今にも作曲家が出てきそうなお墓にドキドキしました。今頃は、自身の曲で踊っているかもしれませんね。







9/22は『Marunouchi Street Music Day』ミニコンサートに出演しました。

お天気が心配され、屋外ではなく三菱ビル内での開催となりましたが、とっても可愛いアートピアノで、お客さんに囲まれながら楽しく演奏させて頂きました。



ご来場者との一本指連弾では男の子が見事に共演してくれました。

今年のピティナピアノコンペティションデュオ部門で、優秀な成績をおさめられた2組の小学生デュオにも出演してもらい、心のこもった素敵な演奏を披露してくれました。







インタビューにもばっちり答えてくれましたよ!今後の活躍も楽しみです。記念写真はピティナ専務理事の福田成康さん、山崎巧人さん&幹太さんデュオ、橋口葉さん&山本大誠さんデュオ、先生方やお母さまと!

追記です↓

『Marunouchi Street Music Day』での演奏の模様を、ピティナ特級公式ツイッターでご紹介くださいました。演奏動画をご覧頂けます。手を高々と上げ、この曲を世界に広めたルービンシュタイン への敬愛を込めた編曲で、4手で踊るフラメンコです💃🕺 。


9月22日(土)に東京・丸の内中通りで開催される音楽イベント『Marunouchi Street Music Day』に出演します。

私たちは12:15~12:45(30分)に進化系連弾を披露します。来場者との飛び入り共演や、子供達の出演コーナーでは、今年のピティナコンペティションで入賞された2組の小学生デュオの演奏もあります♪

私たちの出演以降もコンサートが行われ、小さなピアニストと室内楽との共演や、人気のエロイカ木管五重奏団の演奏もご堪能頂けます。

中通りの隣、丸ビル一階マルキューブでは、ビジネスイベント「ビジネス酒場」も開催されていますので、聴いて!呑んで!食べて!大人も子どもも楽しめます。週末は是非、丸の内へお越しください!



こんな可愛いピアノで演奏します🎹

コンサート以外の自由時間で皆さんも是非お弾きください!

8/3(金)に東京文化会館小ホールで開催される「アレクセイ・スルタノフ記念コンサート」に出演させて頂きます。

私たちは、スルタノフが最も敬愛した作曲家、モーツァルトのピアノ協奏曲第23番 K.488 と、ホロヴィッツの親友でもあったチェイシンズの2台ピアノ編曲による「カルメン幻想曲」を演奏します。大変ヴィルトゥオーゾな編曲です。
(※ 連弾でのモーツァルト「私にキスして」は、ピアノ協奏曲第23番 全楽章に変更となりました。)

アレクセイの弟セルゲイさんと入江一雄さんによるラフマニノフの組曲第2番をはじめ、室内楽もあり大変豪華なコンサートとなります。

日本でも驚異的な人気を呼んだ、天才ピアニスト、スルタノフへの敬愛に満ちた響きを、是非ご堪能ください。よろしくお願いいたします。

チケットのお求めとお問い合わせ:
アレクセイ・スルタノフ コンサート実行委員会(鳴海) Tel.04-7133-7191
Email:minghai_kzp@ybb.ne.jp

上野文化会館コンサート情報:




月刊「ショパン」最新号に、私たちが出演したラフォルジュルネ・カシオ・セルヴィアーノGHコンサートについて大きく掲載頂けています! 熱狂の日ならではのコンサートとなりましたが、その模様をお読み頂けましたら嬉しいです!




さらに、私たちの新譜の紹介記事が掲載されています。嬉しい偶然で、コンサート記事の写真で着用している鍵盤柄ボウタイ″HOROWITZ 1977″を販売されているホロ爺ボウタイショップさんの新商品紹介と並びで!

読者プレゼントとして1名様のお手元に届きますので、ショパン誌を購入され是非ご応募下さいね!私はこれまでに2度当選したことがあります✌️