心の宇宙に還る旅

心の宇宙に還る旅

パステルアートや日常のことなどを綴っていきます

NEW !
テーマ:

こんにちは 太陽

 

 

 

 

ご訪問ありがとうございます m(_ _)m

 
 
 
 
新・トルコ旅行記
 
 
 
このお話の中の会話は
 
ピンクの文字がトルコ語
青い文字が日本語
グリーンの文字が英語
 
でお届けしています。
 
 
 
 
 
朝、朝食前に、近所を散歩しつつ、写真撮り歩いていました。
 
 
 
{4148ABE3-07DA-4D1B-9C6F-30540D335FB7}

 
朝食と言っても、昨晩はかなり遅く帰ってきたため、皆で遅くまで朝寝したので、お日様は大分高い所。
 
 
 
ご近所(斜め前の家)のメフメット・アムジャ(メフメットおじさん)の家の前を通る時。
 
 
 
テラスで、もう一人の男性と座っておしゃべりしているメフメット・アムジャにおはようの挨拶をしたら、二人から、どうぞどうぞと呼ばれました。
 
 
 
 
どうしよう。。
 
ただ挨拶したかっただけなんだけど・・・
 
 
 

 

推定70代のメフメット・アムジャは、どことなく、だいぶ前に亡くなった祖父を彷彿とさせ(祖父の方が背が高いですけれど お爺さん)、また、独特な雰囲気、話し方が完全に私のツボで、出会ったその時から私の興味の対象でした。
 
 
 
 
 
朝から人の家に上がり込むのってどうなのかなと思いましたが。
 
 
 
行くしかないでしょう!
 
 
 
だってメフメット・アムジャからのお誘いは断れないですから キュン*m
 
 
それに、ギュルハン家ではまだ朝食になりそうにありません。
 
 
 
 
ちょっとだけ挨拶して、様子を見ておいとましよう。
 
長居すると家の人が心配するかもしれないし。
 
 
 
 
テラスに置いてあるのは長方形のテーブル。
 
 
自分たちは立って、配置を替えようとしていました。
 
 
 
 
いいんです いいんです、すぐに帰りますので!
 
それにメフメット・アムジャの隣に座りたいので、そのままで動かないで下さい。
 
 
 
なんて言えるはずもなく。
 
 
 
 
メフメット : 座って。
 
 
と言って、私を一番奥に座らせてくれました。
 
 
すぐ失礼するし、入口の一番近くで良いのですが・・・
 
 
 
私:: ありがとうございます。
 
 
メフメット・アムジャは、私から対角線上の位置に座ってしまいました。
 
 
ちょっと残念。。
 
 
メフメット・アムジャはの隣には、一緒にお喋りしていた男性。
 
 
 
自分の自己紹介などをしていると、メフメット・アムジャが男性を、私の息子だよと紹介しました。
 
 
息子さんか~。
 
 
ですよね、家にいるものね。
 
 
 
メフメット・アムジャが、家の中に入り、何やら声をかけています。
 
 
すると、メフメット・アムジャの奥様が出てきました。
 
 
初めましてと頬にキスの挨拶を交わします。
 
 
 
 
奥さんは、テーブルにクロスをかけました。
 
お客様が来た時のおもてなしかな。
 
 
 
 
今度は、家の中からわらわらと人が出てきました。
 
 
 
息子さん : 僕の妻と娘たちだよ。
 
 
奥さんと、中学生くらいの女の子と、小学生くらいの女の子。
 
 
・・・美少女たち ハート
 
 
息子さんの奥さんは、スリムで小麦色に焼けた肌、美しく知的な感じの印象です。
 
 
トルコって本当に美しい女性が多いのです *星
 
 
 
 
 
メフメット・アムジャの奥さんと、息子さんの家族に、また最初から自己紹介をしました。
 
 
息子嫁 : 私たちはドイツに住んでいるのよ。
 
息子 : バイラムの連休でトルコに帰ってきてるんだ。
 
 
 
なるほど!
 
 
一昨日、お母さんが、メフメット・アムジャの家にドイツからお客さんと言っていたのは、この息子さん家族だったのでした。
 
 
ドイツに住んでいるトルコ人って本当に多いなと思います。
 
 
 
お姉ちゃん : 私は学校で英語も習っているから話せるの。
 
息子嫁 : あなたのご主人はトルコ人なの?
 
私 : 私は独身です。
 
息子嫁 : まあ! トルコ語を話せるから、トルコ人と結婚しているのかと思った!
 
私 : 私はトルコが大好きなので、日本でトルコ人の先生にトルコ語を習っています。
 
 
 
 
私が答えるのを、全員興味津々で見つめてきます。
 
 
特に、娘さんたちの私への熱い興味の視線が突き刺さってきます。
 
 
 
 
これは・・・
 
長くなるやつかもしれない。。
 
 
 
このままだと何か飲み物とか食べ物を出して下さりそうな気配。
 
 
 
そうなったら帰れなくなるので、ここでおいとますることに。
 
 
 
 
私 : そろそろ戻ります 汗
 
奥さん : まあ! まだいいじゃないの、もっとゆっくりしていって。
 
私 : これから朝食なので・・
 
奥さん : そう? じゃあ、また来てね?
 
私 : はい
 
奥さん : 絶対よ?
 
私 : 分かりました。
 
 
テラスを降り、ありがとうとお礼を言いました。
 
 
奥さん : 本当にまた来てね!
 
 
 
斜め前のギュルハン家に向かって歩く背中に、メフメット・アムジャの家族が見ている(見守っている)のを感じました。
 
 
 
 
気軽に立ち寄ってホントすみません・・・ お邪魔しました。
 
 
でもメフメット・アムジャと知り合いになれたので、私にとって大きな収穫です ハート
 
 
 
 
 
{FEE5291B-7D7D-473C-BEBC-1BA5198DD435}
この先 ビーチです。
 
 
 
 
 
家の中に入ると、ギュルハン、お母さん、ギュンヌルが、ニヤニヤ笑顔。
 
 
 
よしえ、よくやったね~ 笑う
 
 
 
みたいな感じで。
 
 
 
 
 
 
何しろ斜め前の家。
 
 
会話は筒抜けだったと思われます。
 
 
私がご近所さんの家に上がり込み、トルコ語でたくさん質問され、トルコ語で簡単にでも答えられていたのを聞いていたのかもしれません。
 
 
 
 
さて。
 
 
なぜいつまでも朝食にならないのかなと思っていたのですが・・・
 
 
どうやら、食器洗浄機で大量の食器を洗ったらしく、洗いあがりを待っていたよう。
 
 
その洗浄機、やっと仕事が終わったらしく、ブザーが鳴っていました。
 
 
 
お母さん : さあ、朝食にするわよ
 
ギュンヌル・ギュルハン : お腹空いた~~~ 苦笑
 
 
 
二人とも小さい子みたいで可愛らしい。
 
 
 
なにしろ、前日、イブラヒムくんの家で、早めの夕食を頂いたきりです。
 
私もかなりお腹が空いたので、待ち望んだ朝食でした。
 
 
 
 
いつものように、朝食の準備をしにテラスに出ました。
 
 
 
 
続く おすましペガサス
 
 
 
 
 
 
 
 

テーマ:

こんにちは 晴れ

 
 
 
ご訪問ありがとうございます m(_ _)m
 
 
 
 
 

 

新・トルコ旅行記の続きです (*^^*)

 

 

このお話の中の会話は

 

ピンクの文字がトルコ語

青い文字が日本語

グリーンの文字が英語

 

でお届けしています。

 
 

 
 
前日は、お墓参りに行った後、寄り道に寄り道を重ねて、真夜中に帰宅。
 
 
爆睡でした。
 
 
 
 
ここに来てから、いつも早朝に目が覚めます 太陽
 
 
この日も一番に目覚めました。
 
 
でも家の中がシーンとしていて、誰かが起きだしてくるまで、私もゴロゴロして朝寝を楽しみました。
 
 
 
{382A9CB1-D330-46A7-B201-7EFB818D5832}
朝、お部屋(2階)から見た家の前の風景。
 
 
 
 
 
{449335CE-81BE-463D-B9DF-374EB63DEE4F}
朝は、まだ少し涼しくて、空気が爽やか 風
 
 
 
 
下のキッチンで、カチャカチャ食器の音がしたり、静かに歩く音がします。
 
お母さんが起きて朝の支度をし始めたら、私も身支度を整えて下に降りていきます。
 
 
 
お母さん : おはよう 笑・
 
 
 
 
 
 
昨夜は遅かったので、みんな起きてくるのが遅い。
 
 
起きても、みんなゆったりしていて、しばらくは朝食も時始まらなさそうです。
 
 
長距離の移動は疲れるよねぇ。
 
 
きっと今日は家でゆっくりできるね。
 
 
 
 
 
他のお家はもっと早いのか、この家の皆がまだ起きてこないうちから、テラスで会話が聞こえます。
 
 
他は他、うちはうち、という感じで、皆さん自分たちのペースで好きに過ごしています。
 
 
 
 
 
 
1階のテラスに出ると
 
 
 
 
メフメット・アムジャ発見!
 
 
{D909F659-325F-4CAB-B448-898A8B35AE2C}
アムジャとは、トルコ語で「おじさん」という意味です。
 
要するに、メフメットおじさんです。
 
トヨタ車を持っているのが自慢です 車
 
この家の皆がメフメット・アムジャと呼ぶので、私もそう呼んでいます。
 
 
 
 
彼は、この家の斜め前の家にいるご近所さんで、私が3日前に、ここに初めて来た日に出会いました。
 
 
 
推定70代。
 
 
やせ型で小柄、話し方や声が独特で面白く、知性が感じられ、陽気な方。
 
でもどこか上品さがあり。
 
 
 
 
あのやせ体型は、ずっと前に亡くなった祖父を思い出させます。
 
これで、もし喘息持ちだったならば、もろ被りです。
 
 
 
 
実は私、おじいさんが好きで・・・

 
要するに、メフメット・アムジャは、私のツボ なのでした。
 
彼は、私にとっての「カワイイ あひる 」なのです。
 
 
 
私の熱い視線には全く気付かず
メフメット・アムジャは、そのうち家の中に入ってしまいました。
 
 
あ~あ。。 残念。。。
 
 
 
 
 
まだ朝食が始まりそうになく、皆テレビを見ています。
 
 
私はやることが無くてヒマだったので、外に写真を撮りに行くことにしました。
 
 
 
 
サンダルを履いて、まずは海と反対方向へ、道を登っていきました。
 
 
近所の家や、果物の生っている木やお花など、自分にとって珍しい風景を写しながら、ゆっくりと散歩をしました。
 
 
 
 
幸せすぎる。。。 kirakira*
 
 
 
ゆったりとした、静かでのどかで満ち足りた時間を心から味わいました。
 
 
 
 
そういえば、この日からクルバン・バイラムなのに、とっても静か。
 
 
 
もっと朝から賑々しいのかと思っていましたが、この辺りはヨーロッパも近いせいか、イスラムの宗教的儀式には、そこまで熱心ではないのでしょうか?
 
 
 
それとも、まだ始まったばかりなので、盛り上がるのはこれから??
 
 
 
 
 
道は一本ではなく、あちこちに横道があるのですが、そんな横道に入ったら、別の似たような通りがあり、見分けがつかず迷子になると思って、家がある通りだけを歩きました。
 
 
 
 
次は、来た道を戻り、海の方向へ歩き出しました。
 
 
家の前まで戻って、斜め前のメフメット・アムジャの家が見えるころ、バルコニーで話し声。
 
 
 
バルコニーにメフメット・アムジャがいるようです。
 
ご家族とお話ししている様子。
 
 
 
メフメット・アムジャの家の前を歩きつつ、ちらりと見ると、メフメット・アムジャと目が合いました。
 
すぐそばに50代前半くらい(もしかしたらもう少しお若いのかも)の男性も一緒に座っていました。
 
 
 
私 : おはようございます ハート
 
メフメット : どうぞ どうぞ
 
男性 : どうぞ、いらっしゃい
 
 
 
 
なんということでしょう。
 
 
メフメット・アムジャから呼ばれてしまいました サザエさん キュン*m
 
 
 
 
 
続く おすましペガサス
 
 
 
 

テーマ:

こんにちは 晴れ

 

 

 

 

 

ご訪問ありがとうございます m(_ _)m

 

 

 

 

 

新・トルコ旅行記の続きです (*^^*)

 

 

このお話の中の会話は

 

ピンクの文字がトルコ語

青い文字が日本語

グリーンの文字が英語

 

でお届けしています。

 

 

 

 

この日はお墓参りに行き、農家に寄り道し、更にモスクに寄り道。




更に更にトイレ休憩で山の中腹にある村を探検し、カフェでゆっくりとチャイを飲み…



長い寄り道を経て、やっと家に向けて帰ります。

 

 

 

 

 

 

その車中の会話です くるま。B

 

 

 

 

山の中を走りながら、まず、トルコの経済についての話が始まりました。

 

 

私がトルコに来る数日前に、トルコリラが大暴落したのです。

 

 

 

 

旅行者にとっては、安くお買い物ができますが、その国に住む国民にとっては大打撃。

 

 

深刻な話です。

 

 

 

 

今までも定期的?にトルコリラの価値が下がることはあったようですが、今回のは久々に、かなり大きいようでした(というのを前にも書いたかも ^_^ )

 

 

 

 

 

私 : トルコリラがすごく下がったの、日本のニュースで見た。

 

 

ギュルハンとギュンヌルが、最近の経済政策について語っていました。





この頃には、ゆっくり、簡単に、短く区切ったり工夫し、外国人の私に伝わるように話してくれるようになりました。


 

 

 



 

次は政治の話題へ。

 

 

ギュルハン : アタテュルク大統領が好き?

 

私 : 好き

 

 

 

 

 

このブログでも時々登場する、トルコ建国の父と言われるトルコ共和国の初代大統領

 

 

アタテュルク大統領(ムスタファ・ケマル・アタテュルク)

 

 

 

イケメンです (^^)

 

 

 

 

4年前にイズミルに来た時に洗脳?されました。

 

 

イズミルはアタテュルク大統領推しの街で、あちこちにアタテュルク大統領の何か(像やフラッグやポスターなど)があって、アタテュルクを目にしないで1日を過ごすことは不可能な街です。

 

 

 

電車の走る線路沿いに、こんな巨大なアタテュルク像を作っちゃうほど大好きなのです。

(電車の窓から見上げた大統領の鼻)

 

 

 

 

 

ギュンヌル : アタテュルクのことはどうして知ってるの?

 

私 : 前にイズミルに来た時にアタテュルクミュージアムに行った。


ギュンヌル : ネシェ・アンネと?





ネシェ・アンネとは、4年前に初めてイズミルを訪れた時にホームステイさせてもらったお家のお母さんのことです。



「アンネ」がトルコ語で「お母さん」の意味、ネシェさんという名前でした。


私のトルコ語の先生(日本在住)の親戚のおばさんです。




私 : そう。 あと、本で読んだ。

 

ギュンヌル : 彼は日本で有名?

 

私 : 残念ですが、あまり有名ではない。

 

ギュルハン : 他に彼について知ってることは?

 

私 : うーん。。。 彼は、日本の天皇が好きだった。

 

 

 

「尊敬していた」、と言いたかったのですが、尊敬するというトルコ語を知りませんでした。

 

 

 

アタテュルク大統領は、明治天皇を崇拝していた。

 

 

確か、これも本で読んだと思いますが、ギュルハンもギュンヌルも知らなかったようでした。

 

 

 

 

 

ギュルハン : じゃあ、エ〇ドア〇は?

 

 

 

う ・・・ 苦笑

 

 

現大統領のことです。

 

 

 

トルコに来る前、政治の話が出たら、会話に加わらずにその場からそっと離れるように言われていました。

 

 

 

どこで誰が聞いているか分からないからと。

 

 

 

 

でもここは個人の車の中。

 

 

過激な発言じゃなければ大丈夫でしょう、多分。

 

 

 

 

私 : べつに・・・ 特に好き(という訳)ではない。

 

 

ふんわり言ってみました。

 

 

 

 

それを聞いて、後部座席のお母さんが喜んでいました。

 

 

お母さん : 彼のことは誰も好きじゃないのよ! あっはっは 爆笑

 

 

後にこの件が度々登場することになるのでした。

 

 

 

 

 

 

途中ガソリンスタンドでトイレを借りたり、コーヒーを買ってもらったりして休憩を挟みつつ走り、時刻は午前0時。

 

 


 

ちょっと眠かったけれど、運転している人に気を遣って起きていました。

 

 

 

{346DEEE1-2F97-4D9B-908C-25E45AEA08C2}

 

 

 

 

ギュルハン : よしえ、もっとリラックスしてて良いんだよ。 ボクの運転は安全だから。 事故を起こさないからね。

 

ギュンヌル・お母さん : 「今までは」って言いなさい

 

 

私 : 笑 笑 笑 笑 笑 笑 笑 笑 笑 笑 笑

 

 

二人から一斉にツッコミが入りました。

 

 

 

 

お言葉に甘えて目を閉じると、すぐに話しかけてきます。

 

 

 

ギュルハン : 日本にはプライムミニスタ-はいるの?

 

 

あ~、首相のことね。。

 

 

ギュルハン : 彼は良い首相?

 

 

など、その他諸々。。

 

 

 

 

トルコの人って本当に政治の話が大好きです。

 

 

 

トルコというより、他の国の人々も政治の話をすることが多々あるので、日本が政治の話をあまりしない人々のように思います。

 

 

 

 

 

・・・というか、疲れて眠くて頭が朦朧としている時に、トルコ語で政治の話は付いていけません。

 

 

 

 

ギュルハン : 日本の王様は?

 

 

・・・ 天皇陛下のことね。。。

 

 

ギュルハン : 彼は良い天皇?

 

私 : そう思います。 でも、彼は、来年・・・

 

 

 



ああ!

 


「退位」という言葉が分からない!

 

 

一体なんて説明すれば・・・???

 

 

 

 

3人とも、私の言葉を待っています。

 

 

 

あー、うー言いながら絞り出した言葉。





 

私 : 彼は来年、卒業します。

 




 

 

ちゃんと説明ができず、大変申し訳ございません m(_ _)m

 

 

・・・言葉を知らないって悲しい・・・泣き1

 

 

 

 

でも言いたいことは分かってくれた様子。

 

 

 

ギュンヌル : 息子ね? 息子に譲るんでしょう?

 

私 : そう。

 

 




 

 

途中、日本の歌は無いかと聞かれ、日本のPOPSのバラードっぽいものをYouTubeで流してみました。

 



ゆったりした曲は、反応がイマイチでした。



 

返って眠気を誘っちゃったかな?

 

 

 



 

今度は、演歌にしてみました。

 

 

 

安定の、津軽海峡冬景色や甘城越え、夜桜お七が、トルコの道路を走る車の中で鳴り響きます。

 

 

 

 

声がステキ、歌が素晴らしいと、演歌はウケました。

 

 

 

 

 

{C3B58351-72CE-4C6A-83C2-7D7ED3B04B30}

段々、見覚えのある風景になってきました。

 

家までもう少しです。

 

 

 

 

 

 

 

演歌が終わると、トルコ語や英語の歌を聴いたり、そんなことをやっているうちに、家に到着。

 

 

 

時刻は午前1時を過ぎていました。

 

 

 

 

 

私 : 運転手お疲れ様。 どうもありがとう。

 

ギュルハン : どういたしまして。

 

 

 

 

私たちはただ乗っていただけだけど、この人は1日中運転していたんだ。

 

 

 

そりゃあ疲れただろうね。。

 

 ホントありがとう…



 

 

{41E7FF84-B5F7-4127-9297-A10EBD99638A}

 

 

 

イブラヒムくんの家で買った大量の野菜をキッチンの扉の中にしまって。

 

 

 

 

お母さん : ゆっくり寝なさい。

 

 

お母さんもね。。

 

 

 

 

 

お水を飲んで、皆でおやすみの挨拶をして、2階の部屋に上がります。

 

 

 

 

長い1日が、やっと終わります。

 




 

トルコ語、ダメダメだったけど、頑張ったとは思います。



脳が疲れました。。。

 

 

 

 

因みに、トルコに着いて、まだ3日目の話です。

 

3日目だけで何話使った?

 

 

 

とにかく、お疲れさまでした。

 

 

 

 

 

 

ありがとうございます おすましペガサス

 

 

 

 


テーマ:

こんにちは 晴れ

 

 

 

ご訪問ありがとうございます m(_ _)m

 

 

 



 

 

最近、ものすご ―――――― く 寝ます ぐっすり

 

 

 



 

ちょっと前に、気圧の関係で不調になっていた時がありましたが、それを脱してからのこと。

 

 


こんなに寝て良いのか!

というくらい、寝ます。

 

 


 

やっと秋らしく涼しくなってきて、寝やすくなってきたからかもしれませんが、本当に寝まくってます。

 

 

 

 

 

以前のブログ記事に、体が硬くて肩などに不調が出たので治療にも行っているという記事を書いたことがありました。





そこの先生にも



全身が硬すぎて、どこから手を付けたら良いのか分からない



と困惑されたほどの硬さ。







さらに




今年に入ってすぐ、二回目(数年ぶり)の 一義流気功の小池先生 の施術を受けて、よく休むようにというメッセージを頂いてから、より一層意識するようになりました。




とにかく今年は特に、緩めるのがテーマだったワタクシ。

 




 


 

 

 

心と体は繋がっていますので、心だけではダメ。

体がガッチガチの状態では良いものは受け取れない。





それは勿体無さすぎる・・・



 



 

言われてみて初めて、体に力を入れて生きてきたと知ったのですが、それまでは力が入っていたという自覚すら無かったので、言われても、え?みたいな感じでした。





ということで、緩むことに関して、思いつく限り、色々なことを試してみました。

 

 

 



 

今も緩める為に、あることを継続中・・・

(プラス、LOVABLEの合わせ技)

 



それが自分に合っていたのか、そして今まで様々なことを試したものの積み重ねもあると思いますが

 




 

 


とにかく

 


眠い。

 

 

 

 

 

仕事から帰ってきて、夕食の前にひと眠りせずにはいられないほど眠い。




ので、抵抗せずに、とりあえず寝ます。




べつに、仕事でクタクタになって帰ってきた、という訳でもありません。




そして普通に夜も眠くなるので、寝ます。

 

 


最初は




睡眠時無呼吸症候群 だったらどうしよう!



でしたが…





むしろ仕事が捗っているし、そのような症状も今のところ無さそうなので、違うと思います。





 

この年にして育ちざかりか?というくらい眠い。



秋は気候が良いので寝やすくはなるけれど



ここ数年、こんなに眠れてはいなかったことに思い至りました。



しかも今は、結構深く眠れているよう。。




前は、たくさん眠りたくても眠れなかったというのに・・・

 





何か大きな気づきがあったとか、劇的な出来事によって、などではなく、いつの間にか下記のような事になっていました。




これは体が緩みはじめたという効果なのかと考えました。




・眠くない時は体が元気(不調だから寝てるわけではないので)



・心もフラットに落ち着いて過ごせる時間が増えた



・パフォーマンスが上がっている


 

・解決が早くなった



・苦手なものを克服できた






昨日は、外に出る予定を何も入れなかったのですが




早朝~午前中にかけて 三度寝 した挙句、起きた後は、掃除、洗濯3回、衣替え、プチ断捨離、トルコ語の勉強、ブログの更新など、家の中にいながらもかなり動けていました。

 



 

特に、ブログは(私にとってはですが)エネルギーを使う作業なので、心では記事を書きたくても、その日一日をどう過ごしたかによって、結構体力が残っている時でないと、できない場合があります。

 



 

休日、以前は二度寝したら、起きるタイミングによっては、心と体がその日一日のペースに乗り遅れたような感じになってダラダラしてしまい、結局、何もやる気が起きなくなってしまうこともありました。

 




それでも、やらなきゃいけないことは無理にやってたんですけど。。

 





仕事を含め、自分にとって面倒くさいと思っていたことも…



その時にやることに対して、気持ちが、目を背けずに、正視できているような、向き合えている感じとでも言うか。

 


ちゃんと集中して取り組めるので、気が散ったりしない



むしろ、どのように攻略していこうか、ちょっとした楽しみですらあったり。







昨日の衣替えのついでのプチ断捨離

(衣替えのついでにいつもプチ断捨離をします)

 




衣替えと言っても、服はクローゼットの前後を入れ替えるだけです (・∀・)

 




それでも、クローゼットの中に入っているものの中で、今回は、ふと見直してみようというエリアがあり、それは、ずっと前から

 

 


あって(持っていて)当たり前のもの



 

たちでした。

 

 

 

 

 

でも、今回はそれらを見て

 


 

よく今まで取っておこうと思ったな・・・




 

と思うものを次々発見したので、

 

これまで私の近くにいてくれたことに感謝してから

 

処分することに。

 



*断捨離の度に同じこと言ってる気がします (^^)

    でも、確実に精度が上がっています。





 

 

暮らしていれば、知らず知らず、物が増えたり、たまっていったりします。

 



それは、思考のようなものだと思います。

 

 

 

 

以前は、それが必要だと思っていたから、当然それを取っておいた(もしくは握りしめていた)。




 

でも、生きていれば、観念も変わるし、自分にとって、今、何が必要で、何が不要か、その都度変わります。

 




変わるのは、当たり前のことです。

 



心と体が両方緩むと、自分に対してもフラットに見ることができるので、それまで握っていた、今は不要になったものが分かるようになるのかなと思います。




そして、今までにないくらい、その判断が早くできるようになりました。


 



物にしろ、思考にしろ、その「不要なもの」というのは、決して悪なのではなく、今までの自分に必要だったのであって、また、「自分を守っていてくれたもの」でもあります。


 



昨日の断捨離でも、たった半年前には必要だと思って、当たり前のように長年とっておいたものを、あっさり処分することができました。



 

感謝とともに、です。

 

 

また少し身軽になることができました (^^♪

 




 

断捨離は、物質面、精神面、両方に効果が表れて身軽になれる、手っ取り早い手段だなと思います。



(何でもかんでも処分してしまう訳ではなく、自分にとって、その時に何が必要で何が必要でないかがフラットな目線で判断できるようになります)

 




 

あと最近、何か問題があっても解決が早くなりました。

 



自分で何とかしようと躍起にならなくても、解決がむこうからやってくるというか。



なんとかなる、と信じられるようになり力が抜けているので、ジタバタしない。


すると、いつの間にか本当に解決してしまうのです (^。^)


 

これが、心・体、両面で、

力が入っていない=緩んでいる=受け取れている

ということの効果の一部なのかな〜と思います。

 



 

 

 

そして最後の


「苦手なものを克服できた」


というのは…


これは、緩んでいっている相乗効果なのか。

 




今まで怖くて行けなかったけれど、2ヵ月前から、必要に迫られてやむなく通っている歯医者さんでも、効果を発揮しています。

 




因みに、私にとっては歯医者さんに行くという事が半端なく苦手で怖いことであり、たとえやむなくでも治療に行くようになったのは、ものすごい進歩なのです。

 

 

 

で、ついこの間までは、治療を受けている間も体に力が入っていたのに、数日前の治療では、私にとって苦手な歯医者さんで、治療中もリラックスしていたこと。

 


 

今通っている歯医者さんの治療で、一番大掛かりな治療だったにもかかわらず




むしろ

 

 

次は何をされるのかしら~~~ 音符

 

 

というくらいに、本来持っているドMな部分すら出てきて、むしろワクワクしてしまい、心も体も良い具合に力が抜けていました。

 

 

お陰様でちょっとした大変な治療も楽に乗り越えることができました。

(勿論、先生の技術のお陰でもあります!)



 

 

いつからこんなに体がガチガチになっていたのか、もう思い出せないくらいの長い付き合いでしたが

 




様々なアプローチから、やっと緩ませることに許可を出せるようになったのかもしれません。




 

緩むことが、こんなに生きやすいものとは。。

 



 

人間なので、仕事中に怒ったりすることは勿論あります。




怒ることが必要な場合もありますし (^^)





でも、怒っても、ガッカリしたとしても、早く元の状態に戻って来られるようになりました。





以前よりも、目の前に見えている点の部分だけでなく、もっと離れて大きな部分を見られるようになった気がします。





どこまで緩んで軽くなることができるのか、その頃にはどんな事が起こっているのか。

可能な限り、緩んでみたいと思います。




 

その時には、また見える風景が変わっているのかもしれませんね  天使

 


 

{59819653-294B-4994-B09D-1320E64D77B1}

うちのランプの灯り

この写真を見てるだけでもう眠くなってきました…


 

 

 

ありがとうございます おすましペガサス

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:
こんにちは 晴れ
 
 
ご訪問ありがとうございます m(_ _)m
 
 
 
 
最近、やること(やりたいこと含む)がたくさんあり、ブログの更新が空いてしまいますが、ブログを書くのも楽しみの一つなので、時間を見つけてコツコツ更新していきたいと思います (*^^*)
 
 
 
 
 
トルコネタがまだ途中ではありますが、これはまだまだ続くので、たまってきた通常の記事も時々入れていきます。
 
 
 
 
 
 
曼荼羅アートの体験レッスンから。
 
 
 
比較的お近くからお越しになられた様 *星
(ご紹介が遅くなってしまい申し訳ありません)
 
 
 
 
曼荼羅アートは、中心(内側)から外側に向かって展開していくアートです。
 
 
 
ご自身の軸となる、内側を見つめて、自分と対話していくような時間となります。
 
 
 
{7CF60A97-E5BA-449E-960A-5C1C1B69840E}
使う色を自分で選んで頂くところから、もう自分との対話が始まっています。
 
 
自分の使いたい色のパステルでぬりぬり・・・
 
・・・ いつしか無言になっていく ・・・
 
 

レッスンでは、練習と本番の2枚を描いて頂きます。
 
 
 
 
 
まずは、T様の練習の曼荼羅
 
{FF25801C-FAFE-4603-8604-86E65C6754D9}
実は濃い色のパステルを使われたのですが、とても爽やかな仕上がりとなりました。
 
 
 
 
 
次は、本番の曼荼羅
 
{1B5B949D-E916-4E07-9241-74D8F8FD8A91}
練習よりも色遣いがはっきりし、形もたくさん。
冒険心が現れました。
ハートを入れられたのが可愛らしいですね ♡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私も一緒に描きます。
 
 
 
練習の曼荼羅
 
{852CF15D-8A72-4E03-9962-8E272F7D0593}
 
 
 
 
 
本番の曼荼羅
 
{1188FA21-60DB-45EC-B118-C9B8859C6883}
 
 
楽しくお喋りしながら描いていても、いつの間にか・・・
 
知らず知らず(意識していなくとも♪)
 
自分自身と対話しながら描いているので、描きあがった後は、心がスッキリしています kirakira*
 
 
 
 
右脳と左脳の両方使い。
 
心の状態が絵に現れ、しかも終わった後はも気分もスッキリ キラキラ
 
とても気持ちの良いアートです。
 
 
 
T様
お越し頂きありがとうございました バラ
 
 
 
 
 
 
気軽な体験レッスンからお仕事にできるインストラクター講座まで
Atelier Nana 講座メニュー

 和(なごみ)アート

 れー夢式曼荼羅アート

 天使画レッスン

 水彩風・油彩風パステルアート養成講座天使画コース

 パステルで描く宇宙画

✳︎全ての講座はリクエスト開催です。
ご希望の講座、お日にちをお知らせ下さい チューリップ。


幸福のための人間力を取り戻す
〜解放・統合・創造〜

LOVABLEセッション


教室最寄り駅 : 草加駅(埼玉県)
東京都足立区の北千住駅から東武スカイツリーラインに乗って10分です。

詳細は、お申し込みの方にお知らせします。


お申込み、お問合せはこちらからお願い致します
★★★

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス