東京に来て2ヶ月経っちゃいました。

1ヶ月目は、
シェアハウスも仕事も家事も
全てが新しい挑戦で、
毎日「がんばろがんばろ」って気を張って
体に湿疹ができたり、胃が痛くなったり、心と身体が上手くついてこなかったこともありました

でも、周りの人に支えてもらったおかげで
心が楽になってきて
2ヶ月目からは自分の心が思うままに動けるようになりました!

要するに気を抜くところは抜けるようになったんだと思います。
料理は作りたい気分の時に作るし、ブログも書きたい時に書く。
土日は、友だちと遊んだり、買い物したり、1日家でのんびりしたり、自分のために時間を使えるようになりましたピンクハート

この2ヶ月が風のように過ぎちゃって
成長できてるのかなって疑問ですが、、、

やっぱり、インターンで経験してることが自分の成長に1番大きく関わっているように感じます。


学生だし、休学してるんだから、
もっと遊んだり今しかできないことしたらいいのに…って思う人もいるかもしれないけど、私はずっとインバウンド関連の仕事を経験してみたいってずっと思ってたので、毎日仕事できることがすごく幸せです。

前にも書きましたが、
私はJapan_Infoという会社で
インターンを受け入れてもらっています。

私がこの会社でインターンをしたいと思ったきっかけは、色々とありますが主には以下の3つです。
1. 観光というキーワードで日本の情報を世界に発信していること
2. 半数以上が外国人で公用語が英語であること
3. 社長さんの人柄が素敵で、私の考えや意見を受け入れてくださったこと

もともと観光分野に興味があり、
特にインバウンドに関心があったことと、
より多くの外国人の方々に日本へ訪れてもらうためには情報発信が必要不可欠であると考えたことから、Web発信を行っている会社でインターンしたいと思っていました。

また、「将来的に海外で働いてみたい」という気持ちと日本の企業だとしても「外国人の方と一緒に働きたい」と考えていたこと、さらに学んでいる英語を生かしたいと思っていたことが一致したこともJapan Infoでインターンしたいと思ったきっかけです。

慶應、早稲田、明大、とかならまだしも
名もない広島の大学生を受け入れるのは
ビジネスの効率などを考えるとリスクが伴い、相当覚悟のいることだと思います。

でも、社長さんは縁を大切にしてくださって、学歴や肩書きではなく、私の本質を理解してくださったため、この社長さんの下で働いたら私は必ず成長できると感じました。

実際、この会社で働いてみて
日々成長できていることが
目に見えて分かるので毎日おもしろいです。

社長さんとの距離が近く、
私達の意見に耳を傾けてくださり、
目標に向けて一緒に進んでくださる点も
他の企業と異なる点だと思いますし、
信頼を築く上で大事なことを学ばせていただけている気がします。

私たちが発信する記事を世界中の人が見てると思ったら、毎回責任感とプレッシャーが重くのしかかりますが、その分仕事に本気で取り組めることにやりがいを感じます。

最初は、同じ作業を繰り返すことが多かったですが、最近は新しいタスクを任されることが増えて、色んなことに挑戦させてもらえることが本当に幸せです。

「日本の正しい情報を世界に発信したい」
という気持ちを一人一人が持っていて
自分のやっている仕事に誇りを感じることができているので、この経験は一生忘れられないものになると思います。

この3ヶ月のインターンでは、
2.3日のインターンでは理解できない、
自分が本当にやりたいことが見えてくる良いチャンスです。

正直、広島から東京に来るときは
不安がいっぱいあって何回泣いたか分かりませんが、行動してみると得られるものが想像以上に大きいことに気がつき、何もやらない自分を想像したら恐ろしいです。

だから、
迷ってる人がいたら
心配や不安を焦点に当てるんじゃなくて
自分が本当にしたいのは何なのか
考えてもらいたいです。

ちゃんと目的と強い意識があると
心が折れそうになったときに
またすぐに立ち直れると思います。

また長々と書いちゃいましたが、
少しでも誰かの背中を押せる存在になれたら嬉しいです。

また今度は、話せる限りの会社のルーティーンを書きたいと思います。

Thank you for reading!!!
AD