このブログは、tommyの主観入りまくりの観劇・お茶会その他諸々趣味をひとり言として綴っておりますので、違ったお考えや意見などおありかと思いますが、その辺りは心を広くして読んで頂けるとかなり助かります。


先日、『New Wave~雪』観劇後のお礼状が届きました。縣千くんから……!!
嬉しいなあ…と思って書いてます。
それだけですか、と言うわけではないんですけどね。
宝塚は私設ファンクラブが生徒さんを支えている事はよく知られていますよね。
tommyは長らく宝塚を観劇していますが、そのファンクラブについてはそんなに詳しくはありませんでした。
むかーし、まだ東京宝塚劇場が今のビルではなかった頃、一路さんのお披露目公演を観に行って初めて入り待ちギャラリーをした時に、ガードと言うものを見ました。
ご存知の方は、以前の楽屋口前に通路があったのを覚えていらっしゃるかと思います。tommyのおぼろげな記憶ではその通路を生徒さんが通る時、お披露目だったのでファンが多すぎたのか、ガードの方が座るのではなく、ズラッと立って壁になってました。
座るものと思っていたtommyは生徒さんが見えなくてちょっとがっかりしたのを覚えていますが、今はそこまで狭いこともないし、ギャラリーが飛び出したりもないだろうし、ガードの方々は生徒さんが通る際は座ってますね。

そんなこんなでよく知らなったのですが、ある時に、とあるジェンヌさんに一目ぼれをしてお茶会に行きたい!となってしまい…。
知り合いの知り合いに頼んでファンクラブに入る事になり…いや、お茶会に行きたいんだけども…と話していたはずが、いきなりファンクラブに入る事になったのですよ、でも勢いって大切…で、ガードも少しは経験いたしました。
ガードの話と言うよりも、ファンクラブって、凄いなー、と思うお話です、本当のところ。
ガードを含めた諸々の身の回りのお世話に始まって、会員の方々の管理やらお茶会開催とか、お礼状の発送もその一つですよね。

ファンクラブに入っていた頃、全国ツアー別箱公演含め、公演が終わると必ず『お礼状』が届きました。
公演中のお写真にサイン、次回の出演予定とか、生徒さんによっては一言メッセージがあったりとか。
しっかりもう会が出来ていて運営されている生徒さんだとスタッフさんのお仕事に感謝、と思うわけですが、今回、お礼状を頂いた縣千くんはまだファンクラブはないように記憶しています。
もちろん、下級生でファンクラブがまだ出来ていない生徒さんの多くも、お礼状を発送しているのだろうと推測されますが、その場合、身近な親族の方や将来のファンクラブスタッフさんがお礼状の制作、発送などをされているのかしら、と思いまして。
ありがたいなあと思うわけです。
だって、会費を払ってないのに頂けるんですもの。
ファンクラブに入っていた時は、会費からそういう発送物を頂く事は特典のように思っていたので、観劇してお手紙書いただけでお礼状頂くなんて初めてでした。

縣くんに関しては、雪組に配属になった時、あら、綺麗な男役さん音譜と思って見ていて、『るろうに剣心』の新人公演を偶然観れる事になり、れいこちゃんのお役をやっている姿を観て、うっわー!これで研2!?と驚いたものです。
だって、配役時と大劇場公演の時って研1ですよね??
中学卒業で音楽学校入学された方は新人公演出演が少し後になるのを差し引いても、かなりびっくりしました。
もっと大抜擢された生徒さんも多いとは思いますが、その中でtommyが一発で落ちてしまったのが縣千くんでした。
いやー…、こんなにも下級生のファンになるなんて夢にも思った事がないから、ファンになったもののどうしたら良いのか全く分からないのでとりあえずお手紙書きました。
そしたら『るろうに剣心』終わってからお礼状が来て…。
二度びっくり。
その後は観劇後やお礼状を頂いたお礼とかでお手紙書いてますが、コンスタントにお礼状やらサマーカードやら年賀状やら頂けてとても感謝感謝です。
ファンを増やすため、ファンでいてもらうため、と言う先行投資でファンクラブがなくてもお礼状を送る事もあると思いますが、届くと本当に嬉しいし、何より観に行って良かった、お手紙書いて良かったーと思います。
『New Wave~雪』に関しては、当日大雪警報の中、日帰りで観劇して、帰りの新幹線の中でお手紙書いて、都内に着いて即投函、と言う事をしていたので、大変だったのもありお礼状に写る縣くんの美しさに涙が出そう…。
お礼状のお礼にまたお手紙書こうかなっと思ってしまいます。
次の新人公演はだいもんのお役ですからね。
観たいなー。
観れたらいいなーと思います。


お礼状から話は変わりまして、次回、tommyは花組の全国ツアーを神奈川で観る予定です。
次の花組と言えば、娘役トップさんが新しくなって初の公演ですね。
tommyはゆきちゃん大好きなので楽しみで仕方ないです。
花乃まりあちゃんが嫌いだったわけではないんです。
でも好きでもなかった。
単に容姿実力の好みの問題もあるし、みりおくんとの並びの好みもあったし、96期と言うのも含め、嫌いじゃないけど好きでもなかったんです。
96期の問題はその当時はあまり知らなくて、かのちゃんが花組に組替え、次の娘役トップ?となった時に話題になってよくよく調べました。
当時は雪組の組ファンでもあったtommyは戦犯と言われる生徒さんが在籍していた事もあって、かなり色々考えたものです。
でも事件当時を知らなかったので、快く思わないファンの事も、舞台をしっかり務めればいいじゃない、と言うファンの事も理解できるかなと思います。
雪組の現娘役トップのゆうみちゃんも96期なので最初はなんとなく全面的には受け入れられなかった記憶もあるし。

かのちゃんの事を悪く言うつもりではなく、何だろう…みりおくんと組むって事は、とても難しいんだな、と思いました。みりおくん本人が実力的にあまり穴のない人な上に小顔で綺麗。
1人で完結出来るような感じなので、誰が相手役でも納得、とならないような気がするんです。
演技力や歌唱力、ダンスの技術、みりおくんより上の人はたくさんいますよ、反論を恐れずに言えば。
でもみりおくんはその実力のバランスの良さと抜群の容姿があるため、じゃあそれを超える娘役がいいのか、と言うとみりおくんを食ってしまうような事があったら元も子もないし、全部がみりおくん以下だと合ってない、とみなされてしまう。
個人的にはかのちゃんは最初のうちは後者だったかなと思います。
『カリスタ~』はかのちゃんに合っていたお役なので良かったと思いますけど、例えば『新源氏物語』とかになると…容姿が追い付かない。
『ミーマイ』に至っては、宝塚においてのコメディーが好きではないtommyには苦痛でしかなかったんですよねー…。
『ミーマイ』のかのちゃんを褒めているブログをよく拝見しました。
良くなった、とか似合っていた、とか。
かのちゃんだけでなく、みりかのコンビをとても褒めていた方が多かった中、tommyは途中で苦虫を噛み潰したような顔で舞台を観ていた事を書くと反感を持たれるかもしれませんが、あくまで主観的感想です。
かのちゃんの下品なところをまとめました、て感じで、みりおくんのガサツな言動も気になってつらい。
tommyのイメージなので仕方ないと思ってくださると助かります。

でも、『金色の砂漠』、あれはすごく良かった…!
友人曰く、かのちゃんのお役に感情移入出来ないし、理解出来ないから難しい、との事。
でも何と言うか、あの王女たるプライドの中でどうにもならない気持ちを抱えて周りを振り回し続けている姿を観て、かのちゃん、難しいけどとてもやりがいのあるお役をもらって、頑張って頑張ってやり遂げた中で卒業できるんだなぁ…とtommyは感じました。
だって、ものすごくエネルギーが必要な役だし、精神的に疲れますよ、あの役。
それを日に2回とかやってたりしたんだから精神破綻しそう。

tommy的には、トップになるのにカネコネ言われてもトップとして卒業するまでにどれだけ成長した物が観られるかで判断したいなーと思っているので、かのちゃんは最後やり遂げた、と拍手しますを送りたいです。
でも過去にあの罪にかかわっていたなら、キツイ言い方ですが、死ぬまで忘れず反省しないといけないと思うけど。
イジメって、無関係だった人間と加害者が思うほど軽い罪じゃないとtommyは思ってます。
特にtommy本人が被害者だった事はないけれど、もう過去の事、と思っていいものではないです。

と、その事はこれくらいにして。
ゆきちゃんはみりおくんとの並びに不安がなくはないんですよね。
ゆきちゃんをよく知らない友人に、次の娘役トップはみりおくんより顔小さい?可愛い?と聞かれて…うーん、みりおくんが誰より小顔だよ、としか言えなかった。
だって、柚香れーちゃんとみりおくんとキキちゃんのスリーショットで一番顔が小さいのがみりおくんだったし。
スタイルのバランスもいいんですよね、みりおくんは。
ゆきちゃんは実力は申し分ないと思います。
ダンスもこの前の公演はラインダンスでクルクルそしてしなやかに踊っていたのを観たし、お歌も上手いし、特に演技力は高いと思います。
花組の中からトップ娘役が選ばれたのも良かったし。
どなたかが、3人目の相手役をまた違う組から連れてきて一からやるのはみりおくんにとっては相当気力体力に負担が掛かるだろうから、みりおくんの意向もあったのでは、と書かれていまして、それはtommyも同感でした。
組替えの負担を背負った新しい娘役より、みりおくんが少しくらい頼っても疲れてもついてきてくれる、支えてくれる相手役の方がこの先は良いのかもしれません。
実力が伴えば尚良し、と言うところでゆきちゃんに白羽の矢が立ったのかもしれませんが、今までの努力が実ったのだと、tommyは思うようにしてます。

ゆきちゃん、頑張ってください。

新しい娘役トップと言えば、雪組も新トップコンビが発表されてますよね。
予想通り、だいもんときいちゃん。
きいちゃんは星組で観た時、お写真より凄く可愛くて、写真写りが悪いのかしらと目をこすりたくなりました。
一部では可愛くない、と叩く方もいらっしゃるようですが、tommy的にはだいもんとの並びも良いと思います。
ただ、くらっちやちるちるみちるちゃんではダメだったのかーとか、雪娘からトップを出して欲しかった気持ちはあります。
くらっちとだいもんだと二人とも悪役が似合うトップになってしまうからかしら。
みちるちゃんだと身長のバランスとお歌の問題かしら。
組んでみないとわからないのがコンビ。
ゆうみちゃんもえりたん退団公演から入って次トップ。
きいちゃんも同じ。
もう少し前から組替えしてきて、組に馴染んでからでもいいのに、と思います。
かのちゃんもそうだったなあ。
コンビ落下傘ではないし、きいちゃんは元花組、だいもんの意向もあったのかな。

本当は生粋の組子からのトップコンビが一番好きなのですが、作品を観てから好みは語ろうと思います。


今回はお礼状に始まり、ファンクラブの話やら娘役トップに関しての話やら、雑多な事ばかりを書いたように思います。
最近思ってた事を書こうか、となったらこんな事になってしまいました。
いつもながら長くて読みにくくてすみません。
良かったら懲りずにのぞきに来てくださると嬉しいです。

次は、花組の全国ツアーです。



↓参加してます↓

にほんブログ村