♪ピンチはチャンス(^-^)

現在スタートし始めた20周年記念アルバムの制作で、当初の予定が変更になる事案が出てきました。
一瞬どうしようかなぁ…
と困惑しましたが、
これは神様がくださったチャンスだと思って今あることを果敢にトライ中です。
まだ詳しくはお話できませんが、
もし、実現出来ればとても素晴らしいことです(^-^)
一緒に祈っていてください。
良い結果になることを。

ガーベラの花言葉:希望



♪間もなく”交通安全の願い”を歌った曲をレコーディング

 

以前、ステージやレコーディングでご縁のあった方から、

”交通安全の願い”がこめられている曲を

綾乃さんに歌って欲しいとの依頼を受け、

今週末、レコーディングさせていただくこととなりました。

コロナ禍で、この3年ばかり換気が課題でもある

スタジオでの作業は難しかったのですが、

久しぶりの歌入れに、ワクワクしています。

レコーディング当日の模様は、

後日またアップしますね(^-^)

🎶ファイブフォックス🦊のサイトで曲が流れます

歴史を歌った歴史歌謡のお仕事でご一緒させていただいたコムサデモードほか多数のブランドを有するファイブフォックスのホームページで、
本日から私の歌っている
「HITOと言うもの」という曲が水彩画バックに、歌詞と共に流れます。

よろしければ覗いて見てください(^-^)/

https://online.fivefoxes.co.jp/brand/onigiri


onigiri

🎶咲いた咲いた 桜が咲いた

先週の催花雨を得て
都内の桜が咲き始めました。

都内の桜中継のひとつとして
すっかりおなじみになった
事務所近くの目黒川。
昨日の東京の「開花宣言」を受けて
様子を見に行きました。

夕暮れ時は、まだ肌寒く
桜も枝にもよりますが
全体的には1-2分咲きな感じ。

川沿いの桜は老朽化が進み始めました。
昨年より気になりました。

通りを挟んだ国道6号線の山手通りには
河津桜のような桜並木が、
何年か先になると綺麗に
見頃を迎える成長が楽しみとばかりに植えられていました。

川沿いの桜は、
来週初め頃が、満開で見頃かもしれません(^-^)









あけましておめでとうございます。

コロナ禍のこの2年がまるでなかったかのように

あっという間に過ぎていった気がする年の初めです。

あなたはお元気でいらっしゃいますか。

あなたにとって今年が幸多き年となりますよう

心からお祈り致しています。

 

今年は夏に、アルバムのレコーディングを予定しています。

コロナ禍で音楽活動が思うようにできない日々が続いていますが

負けずにこんな時だからこそ

できることを地道にひたむきに頑張りたく思いますので、

引き続き応援くださいますよう

お願いいたします(^-^)

 

今年もよろしくお願いいたします(^-^)

 

綾乃緒ひびき




♪秋の夜長を鳴きどおす



雨上がりの夜。
耳をすませば、虫の鳴き声(^-^)
都会の喧騒を一時忘れる
秋の音色を
あなたと共に(^-^)/

注)画面は、真っ暗です。

♪お疲れ様でした(^-^)

 

色々たくさんあった

TOKYO2020が今しがた閉会しました。

 

私の親友の一人も

オリンピックの企業ボランティアをしていました。

2年以上にわたりコロナ禍の中

沢山の尽力や工夫が求められたこと

はたから見ていてもご苦労であったことと思います。

 

今回の開催にあたり、

沢山の皆さんや企業、組織の努力と協力のたまもの

であると思います。

とりわけボランティアの皆様には、

感謝と御礼を申し上げる次第です。

 

とにかく無事に大会が終わったこと、

3年後のパリ大会へバトンを渡せたこと

素晴らしいと思います。

 

ARIGATOU

お疲れ様でした。

 

追伸:パラリンピックの閉会式でやっと大会マスコットの

ミライトワとソメイティが登場して良かったです(^-^)

1人のアニメ風の画像のようです

 

♪オリンピックを観て思い出した幼いころの叶わなかった夢

 

17日間のオリンピックも

何とか終わりましたね。

さて、そんな中、日本選手ほかの様子を見ていてふと思ったことがありました。

それは、柔道の阿部兄妹や

兄妹のような卓球混合ダブルスの水谷&伊藤ペアに感じたこと。

兄と妹という関係、やっぱりいまだにあこがれるなぁ…と。

 

幼いころ、3人きょうだいだった私は、

学校の同級生で兄がいる友人たちが羨ましくてたまりませんでした。

もちろん私の目には「その兄の存在は」頼りになるかっこいいお兄ちゃん!という存在に映り、

いいなぁ・・・と思っていました。

(真実はよくわかりませんが・・・)

 

ある日母に、真剣なまなざしで

「ねぇ、お兄さん生んで!!!!!」と頼んだことがありました。

が、即答で、「無理です!!!!!」と答えが返ってきました(笑)

まぁ、当然ですよね(^-^)

 

しかし、大人になった今でも

頼れる人間的にかっこいい兄がいたら

よかったのになぁ・・・と思うことが一番上の長女としては、

真剣に思ってしまう私です。

あなたは、そんな兄ですか。

それとも、そんな兄をお持ちですか(^-^)

(追記)2021.7.27

先の投稿した本文中において、オリジナル応援歌「キミは羽ばたく」の特別無料公開を当初オリンピック開会式から3日間と記載しましたが、熟慮の上、閉会式までとすることにしました。

本来、シングルCDとして発売中の楽曲であるので、制作チームのメンバーからは、CDを購入していただけなくなりますねと懸念されましたが、開会式からわずか数日間の日本選手団メンバーの頑張りを目の当たりにするにつけ、この楽曲に込めた「頑張って来たキミに羽ばたいてほしい!」というメッセージをこの時に届けなくしていつ届けるのだと思ってしまいました(^-^)

楽曲を聞いて、一緒に応援してくださる人が広がり、

選手の目には見えない満員の観客席の応援の代わりとして

何某かのパワーにつながってくれたら本望です。

CDは、そのうち気に入ってくださった誰かが購入してくださると信じています(^-^)

応援の旗はゆれている

さあ、コロナ禍に負けずに

自分を信じて

キミを信じて

晴れの日の舞台を戦い抜いてください(^-^)

キミは孤独なんかじゃない

夢が叶うよう・・・

キミよ羽ばたけ!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

♪開会式直前~初志貫徹の決断

 

8年前の夏の終わり、

インストアライブを控え前乗りしていた平塚のビジネスホテルで、早朝、

「TOKYO2020」の文字を目にしたときに、心に強く誓ったこと。

TOKYOオリンピックで、自分も音楽で何か応援することを実現しよう!と。。。

 

そして、当初の予定通り昨年2020年7月5日にリリースした

マキシシングルに、オリンピックを応援するためのオリジナル曲

「キミは羽ばたく」を収録して世に放ちました。

 

しかし、ご存じのように昨年春先からのコロナ禍でオリンピックは延期になり先行きも見えず、

新曲のプロモーションはできず、

「キミは羽ばたく」とタイアップしたラジオ番組も一時は1年延期で予定されていたものの、先週、正式に番組は中止ということになりました。

オリンピックの大手スポンサーの一社から

依頼を受けていたとあるイベントもなくなり、

心は正直惑うばかりでした。(😣)

この曲は聞いていただくチャンスがもうないのだろうか。。。

 

世間では、オリンピック開催反対派と賛成派が見事に二分し、

オリンピックに対して、応援したり賛成すること自体に

ある種の勇気が必要な状況にある昨今、

自分の胸に手を当てて静かに考えてみました。

 

そして、出した結果は、

たとえ開催やその他沢山のことに関して

賛否はあれども、

純粋にオリンピックに参加するすべての国や選手たちを

音楽で応援したいという気持ちに変わりはないということでした。

 

無観客開催という中、

奇しくもオリジナル応援歌の歌詞には、

~♪ 聞こえる観客のざわめきが

  満員のスタジアム   

というものが登場します。

 

選手の皆さんには、目には見えていないかもしれませんが

沢山の世界中の声援が心に届くこと祈って

オリジナル応援歌「キミは羽ばたく」を

特別に今から、開会式を含む7月25日深夜12時(日本時間)まで

無料で聞けるようにしたいと思います。

 

もし、賛同してくださるあなたには、是非お聞きいただきたいと思いますし、

よろしければアマゾンのCDサイトもご覧になっていただけたら

本当にうれしく思います(^-^)

 

開会が宣言されてコロナ禍のオリンピックではありますが

開催されるのであれば、

閉会のその時まで、一人でも多くの選手が

ベストを尽くせるよう

心から、心から祈っています。

 

♪「キミは羽ばたく」 作詞:綾乃緒ひびき 作曲:渡辺雅二

(限定公開終了しました)

 

☆AmazonのCD情報

https://www.amazon.co.jp/%E3.../dp/B085RSFMFT/ref=sr_1_1...

 

♪邪険にされる彼らの渾身のミュージカル(笑)

 

ジメジメしてくる梅雨の時期、

飼い犬や猫に寄生したら困る代表格に

ノミとマダニがいます。

 

昨夜のこと、

いや正確には今朝がたのこと

実に愉快爽快?な夢を見た私です。

 

物語は、公園で捨てられていた猫を拾ってくる場面からスタートし、

自宅に連れ帰ったその猫をきれいに洗って、

ノミやマダニ駆除の薬を飲ませようとしていたところ、

猫の体の毛の間から、体長50cmほどに巨大化した

「ノミ」さんと、「マダニ」さんが

アラジンと魔法のランプのお話のように飛び出てきたのです。

 

そして、彼らがそれぞれに私の目の前で、

華麗なタップのステップを踏みながら、

ミュージカルのごとく

切々と、そして必死に

いかに自分たちが無用な生き物でないかを説く歌を

歌い踊るのです(絶句)

 

あとは想像にお任せします(笑)

時々変な夢を見る私です。