皮膚科医 山本綾子 の アトピー撲滅プロジェクト

皮膚科医 山本綾子 の アトピー撲滅プロジェクト

アトピー撲滅がライフワークの現役皮膚科医、山本綾子のブログ。
”アトピーは治らない”から”治って当たり前”としたいと日々努力。
現在、患者さんとともにステロイドでほぼきれいになった後の「湿疹の湧いてこない身体作り」を展開しています。

現役皮膚科専門医 山本綾子のブログです。




現在、患者さんと共に、ステロイドでほぼきれいになった後の、


「アトピー発症機序理論」を用いた、「湿疹の湧いてこない健康な身体作り」を
展開しています。


"アトピーは治らない"から"治って当たり前"としてみせます。




このブログには、アトピー卒業のために必要な知識を日々UPしています。


現在「アトピー発症機序理論」勉強会、ご参加受付中です


⇒ 詳しくは、こちらから


テーマ:

こんにちは、

目黒区東が丘 「山本ファミリア皮膚科 駒沢公園」

院長の 山本綾子です。

 

***<2019年3月13日最新版>***

現在、スタジオプログラムを改変中のため、

新規のスタジオセッション(小学生以上)の受付を

一時中止しています。

 

乳児~幼児のアトピーの場合は、

スタジオセッションはなく、診察室内となります。

土曜日は非常に待ち時間が長くなりますので、

平日の受診を強くお勧めしています。

*******************

 

今日は、

私が患者さんによく言っていることを、

上手く書いてくださった、このブログ記事をリブログします。

 

本当にそう!

いいことをおっしゃっています。

 

アトピーが順調に治っていく人がいる一方で、

なかなか順調に治らない人がいるのも、事実です。

 

そして、そんな方によくあるのが、

「私なんて、どうせ治らないのだろうな」という

諦め感。

 

その割に、身体を見ると、

運動の基本として伝えたことがされていない。

 

勿論、全くやっていないわけではないのです。

少しはやっているのです。

 

でも、治っていく方と、やっているトータルの量が全く違う。

治っていく方は、朝から晩まで、

たった30秒や1分のエクササイズであったとしても、

1日に数え切れない回数やっています。

1回でも多くやろうと頑張っています。

 

結局、「行動の量が違う」のです。

 

これは、私の受験勉強の経験からも思うのですが、

努力の量が少ないうちは、

非常に不安を感じます。

でも、ひたすら「行動する」に焦点を当ててゆくと、

不安を感じる暇がなくなっていくのです。

 

そして、「自分なりに限界いっぱいやりました」と

思えるくらい行動すると、それが「自信」となり、

表情に現れてきます。

 

診察時に、「前回から今日までどうでしたか?」と

聞いたときに、「今回は、ものすごく頑張りました!」と

行動量の多い方は、即答してきます。

勿論、その分、目に見える改善があります。

 

やっているのに、なんだか結果が出ないな、と

落ち込みがちな方は、

是非、「とことん行動する」を目標にしてみてください。

「こんなにやりました!」と胸を張って言えるほどに。

必ず、結果がついてきますから。

 

Ameba人気のブログ