先週の土曜日。

雪の降る予報だとは聞いてはいたものの、朝カーテンを開けてびっくり仰天。

窓の外は一面の銀世界



それでもtsunaちゃんのうちの車もうちの車もスタッドレスをはいていたので『行っちゃおう!』と行ってきました、

アサヒビール工場見学!
茨城工場 in 守谷


期間限定で子供向けのカルピスイベントが開催されていることを知り、前回一緒に遊んだ時に予約。


雪の影響で参加者も少なく、ゆるく回れて親子でたっぷり楽しめました!

ちなみに外はこんな雪。



まずはシアタールームでカルピスについてお勉強!

コップ一杯のカルピスになんと乳酸菌が600億個入っているのだそう
途中クイズも交えながらだったので、最後まで飽きずにしっかり鑑賞していました。


工事見学にも前のめりな人たち

3人とも真面目!

そして、真面目!
ガイドさんのお話にもしっかり反応!


土日は工場のラインが動いてないので、映像で見ました。


最後までしっかりお勉強したら、


エレベーターで最上階まで移動して、試飲タイム

子どもたちはゼリーがもらえて、それをカルピスの原液と混ぜて、お水を入れて、オリジナルカクテルを作っていただきました
試飲は3杯まで飲めるのですが、子どもたちみんなちゃっかり3杯飲んでいた!



最後にまた記念撮影をして、カルピスイベント終了♡

3月には、今度は小学生の子供と親を対象にした親子イベントが開催されるのだそう






そこから車で移動すること30分。

取手ウェルネスプラザ
フリーパスで子ども一人300円!大人無料!

2週間に1度くらいのペースで遊びに行ってます。
新しくできた釣り堀にはまるお兄さんたち。


2人ともお互いを気にしながらも喧嘩はしないちょうどいい距離感で仲良く遊んでくれるから安心して目を話せる←


2人ともこういう細かい作業が大好き。
お互い性格がよく似てるのかも。

そんなに広いわけじゃないけど、ずっと遊び回っていて楽しそう⑅◡̈*


その頃娘は…

面倒を見てくれる優しいお姉ちゃんに出会い、ずっと一緒に遊んでもらっていました♡
お姉ちゃん、息子と同い年とは思えないほどしっかりしていて優しくて、娘に自分のネックレスを貸してくれたり、あれこれ世話焼いてくれました

お姉ちゃんっていいな。



息子は妹の面倒見なくてよくてせいせいしてるかと思いきや、『○○(妹)は?』『あそこで優しいお姉ちゃんと遊んでるよ』『ちょっと行ってくる』スタタタ『○○(妹)、あーそーぼっ!』って、え

初めて聞いたわそれ。

お兄ちゃんのポジションは死守したいようで、妹の手を引いて滑り台とか滑り始めて、びっくりしたわ!

いつもこのくらい仲良しでいてくれーーー


前回に同じく、18時の閉館近くまでがっつり遊んで、みんなでお隣のガストで夕飯を食べて帰ってきました

家に帰ったらお風呂に入れて寝かすだけ。



最近夫が超繁忙期で土日の出勤も多く、一人だと二人を連れてどこに行ったらいいものかと悩んでしまうけど、こうしてtsunaちゃん親子のおかげで楽しく過ごせて、有り難いことです
脚本家になるための道は3つ。

①シナリオコンクール入選 ②プロデューサーとのコネクション ③事務所に所属



一番現実的なのはシナリオコンクールの入選だけど、コンクールなんていっても各局1年に1度あるかないか。

少ないチャンスを待っているうちにどんどん歳もとる…

大抵のコンクールに35歳以下という縛りがあることを考えると、少しでも早いうちに他の道も模索しなくては、という焦りが出てきて、

ここ最近は大学時代の友達のツテでプロデューサーさん方を紹介してもらっていました。



そのたび、自分のこれまで書いた長篇(去年のフジテレビ ヤングシナリオ大賞と今年のテレビ朝日新人シナリオ大賞に出したシナリオ) を持参してお渡したものの…

全く音沙汰なし





そんな中シナリオスクールに通ってクラスメイトの作品を拝読するたび、自分には創造できなかった表現や新しい視点に、刺激を受けると共に、
あぁ…私向いてないんだって現実が見えてきてしまったというか。


そうなると、何を書いてもこれ既視感あるわ、この展開読めるわ、この主人公じゃ魅力が足りないわ…と、何でもダメに見えちゃって、

小さな否定を繰り返してるうちに、それがどんどん膨張して、自己否定になってきて、

先の見えなかったここ最近。



スクールに入る前は、自分は絶対この道で成功するという何の根拠もない漠然とした自信があったのに、そんなものは今はいずこ。



スクールでは、毎回学ぶことが多いけど、

例えば、ストーリー展開はどうやったって22通りしかないのだから、とにかくキャラクターを丁寧に描けと言われ、そうすると、目先の展開ばかりにとらわれ、ストーリーとしての甘さが出たり、

セリフが長すぎる!セリフを削ってもっとト書きを丁寧に、と言われ、そうすると、言いたいことが言い切れず、キャラクターが全員薄っぺらい人間になって、結果深みのないストーリーとして完結してしまったり。



スクールに入る前に初めての長編として書いたヤングシナリオ大賞に出したシナリオを中学からの親友・友見に読んでもらった時、友見はあれはこういうこと?あの言葉、展開刺さったよ、とあれこれ指摘しながらすごく褒めてくれたけど、

今回シナリオスクールに入って初めて完成させたテレ朝に出したシナリオを読んでもらうと、たった一言「読みやすくなったね」とだけ。

前回と比べてシナリオの書き方自体にはまとまりが出たと思う。でもその分、無知ゆえに持ち合わせていた尖った部分も失っているのかもしれない。




プロデューサーさんから連絡がないことが全てかな、と。



自分で自分の力を信じなければ、もうそれは膨らむこともなければ、行きつく先もなく、ただただ消え行くだけで…


1年を通して1番力を入れるつもりだったフジテレビ ヤングシナリオ大賞も、筆が全く進まず…




そんな中、一昨日、テレビ朝日新人シナリオ大賞の1次通過作品の発表があり、もう見たくない…いやでも淡すぎる期待をもって薄っすら見ようか…と薄目開けて遠目から見てみたら、


あ、あ、あった




そうしたら急にやる気やアイディアがみなぎってきて、書ける書ける、フジテレビ!


今月はモチベーションとテンションの低迷からシナリオスクールを休講しています。

空いた時間で一人シナリオを書き始めたものの、この間なんてカフェに5時間滞在して1文字も書けなかったのに、

昨日は進んだー!



さらに今日も朝一で一時預けのキャンセル待ちをしていた保育園から連絡をもらい、2日連続それぞれ5時間がんがんに書けたー!

これまさに、いい波のってんね〜だわ。


モチベーションって本当に大事。
運気すら変えちゃう。



そんな簡単に叶う夢だとは最初から思ってはいなかったけど、その覚悟もまじで甘かったんだな。



忙しいプロデューサーさんから連絡がもらえないなんて、当たり前だろ。

そこを超えていかないと、いつまでもそこで躓いたままだろ。


ってどこからやってきた?いきなりやってきたメンタルバンザイヽ(;▽;)ノ





昨日は延長保育をお願いしていた息子を迎えに行くと、プレの頃からお世話になっている先生が、「ほら!お母さん!何位か聞かないと」と。

自分のことでいっぱいいっぱいですっかり忘れていたけど、マラソン大会だったようで、なんと息子2位だったそうすごい!!!


メダルを首からかけて、自慢気!
昨日はパパも早めに帰ってきて、家族でお祝いしました



そして今日は朝ばぁばから荷物が届いたので、


子供たちを迎えに行ってから夜みんなで開けたら、子どもたちと私と夫へのバレンタインプレゼントがたくさん


めちゃくちゃ喜んでいた
今日は本当は子どもたちと一緒にバレンタインのチョコ作りをしようと思っていたのに、それもできず、申し訳ないなと思っていたところにばぁばに救われた





世間的に見て、私は今きっと全くいい母親じゃない。

自分の夢ばかり追って、本来母親がそうであるべき"子どもファースト"ではなくなってる。


でもこういう人もいていいよね?
長い人生こういう瞬間があってもいいよね?

ってこの際もう自分を完全肯定することにして、フジテレビは、



テーマ
“こうあるべき”にとらわれて自分を追い込まないで。
 
狙い
母親になってから、自分がこんなことを思っちゃいけないんじゃないかと感じるような思いを抱くことがよくある。①子供よりも自分が大事 ②ふらふらした想い ③幸せとされる生活を壊したくなる。
社会的に蓋をしなければいけない想いを見えないところに追いやろうとして、知らない間に膨張していて自分を苦しめる。
お母さんだって一人の人間。子供ファーストじゃなくていい。そんな風潮壊してお母さんの気持ちを楽にしたい!

ってな感じで今回シナリオを書いてます。





今回初めて、シナリオを書く前に企画書と箱書き、それぞれのキャラクターの履歴書も作成。



スクールの先生から、キャラクターの履歴書を書くことで、そのキャラクターのついてより明確に描けるし、そうするとストーリーに深みが出てくるとアドバイス頂いたから。



学びが自分の幅を狭めるわけないよね。

もっと素直な心で学びを受け入れられないといけないよね。






そんなことを考えながら、一応トリュフ作り中。

今日は子どもたちと夜しか一緒に過ごせなかったけど、その中でシナリオに活かせそうなものすごいヒントをもらったし、感謝の意味で。

明日の朝起きてきたら喜ぶかな?

そして完成!
一応夫にも (健気な妻風メッセージ添え)
バレンタインの日に飲み会とか
キミ怪しすぎるだろ!



こうあるべきって思ってもどうせぶれるんだから、もういっそのこと"こうあるべき" と考えるのはやめようと思います。



みんなそれぞれ違うし、100%の共感なんてどうせ得られないんだから、だったら思いっきりそれてもいいから自分が透けて見えるシナリオを書けたらいいな。
先週のお弁当の日は、節分鬼弁当にしました◡̈⃝⋆*


娘も欲しがるので、2個。


ゴスペルサークルに持って行ったけど、ガールズトークが忙しく手をつけず、
この後遊びに行ったまりちゃんのお家で食べました⑅◡̈*

私もピザのランチをご馳走になって、お互い上の子たちなしの気ままな時間を満喫


心穏やかにゆっくりお茶とかできちゃう。

心穏やかにゆっくり買い物とか行けちゃう。




一度お兄ちゃんを迎えに行くのに解散して、


\ふたりとも鬼弁当完食!/





再び、まりちゃんちへ

昼間に一緒に買い出ししておいたじゃがりことさけるチーズで、話題のじゃがアリゴを作り。

\のび〜〜〜る!/



まりちゃんが、SNSで話題らしいペッパーランチ風ビーフペッパーライスを作ってくれたり
めちゃくちゃオシャレなホットプレート


いいにおい〜🎵
ビーフペッパーライス、めちゃくちゃ美味しかった

これ、はまる!!!!!



金曜であるのをいいことを、またまた夜遅くまでお邪魔してしまった。
ここ1ヶ月まりちゃん親子とは毎週金曜日の夜を共にしている♡

先週は2回会えた♡


私はもう家族だと感じている


次は何を一緒に食べようかなぁ♡