おかけになった電話はお客様のご都合によりお繋ぎできません、お客様のご都合によりお繋ぎできませんとは?料金滞納で強制停止された場合のメッセージから着信拒否、SMSや解約などご紹介します。

料金未納を今すぐ解消するには

スマホが料金滞納で強制停止された場合のメッセージ

おかけになった電話はお客様のご都合によりお繋ぎできませんとは?スマホが料金滞納で強制停止された場合のメッセージです。料金未納、つまりスマホの料金が払えずにスマホが止まっている状態です。これは相手がスマホの料金を払うまで解消されません。ただしLINEやメッセンジャーなどはスマホの料金未納とは関係なく使えるため、電話が通じない場合はそれら別のアプリを試してみるといいでしょう。相手がWIFI接続できればLINEやメッセンジャーなどを受信することができます。LINE電話の場合は相手がWIFI接続しているままでないと使えないため、自宅にWIFIがなくてコンビニやファミレスの無料WIFIがないと接続できない場合はLINE電話ができません。おかけになった電話はお客様のご都合によりおつなぎできませんとは、料金未納そのもののメッセージです。ドコモでもauでもソフトバンクでも概ね同じようなメッセージです。「お客様のご都合により」つまり相手自身が原因であるということ。これは料金未納時特有のメッセージです。料金未納時であってもLINEやメッセンジャーなどは使えます。WIFI接続さえあれば使用可能だからです。

料金未納を今すぐ解消するには

お客様のご都合によりお繋ぎできません、SMSは使える?

 

お客様のご都合によりお繋ぎできません、という自動音声が流れる時、SMSは使えるか?SMSはお客様のご都合によりお繋ぎできませんの場合、料金未納状態となっているためSMSは使えません。SMSは携帯料金を未払いの状態では使えないからです。LINEやメッセンジャーなどはスマホの契約とは関係ないのでWIFI接続さえあれば使えます。LINE電話も同様です。

お客様のご希望によりお繋ぎできません(ドコモ)の意味は?着信拒否、解約など

相手がドコモで突然「お客様のご希望によりお繋ぎできません」という自動応答メッセージが流れるとびっくりしますね。これはお客様のご希望ということで着信拒否または一時的に電話を停止しているときに流れるメッセージです。お客様のご希望によりとあるように、お客様自身で何かしらの操作をしたということです。お客様のご都合によりお繋ぎできませんの場合は着信拒否ではなく料金未納の場合です。携帯電話を解約した場合は「このお電話は現在使われておりません」というまったく違ったメッセージになります。

お客様のご希望によりお繋ぎできません(ドコモ)の意味は?着信拒否、解約などですが、お客様のご希望によりお繋ぎできませんは携帯料金の支払いができなかったときに流れます。昨今はスマホ決済でクレジットカードを利用する人も多いですが、携帯料金を未納にすると携帯料金と紐付いたスマホ決済もできなくなります。携帯各社のケータイ払いは便利ですが携帯料金に含まれるためついつい使いすぎてしまいます。ドコモならiDまたはD払い、auならauPAY、ソフトバンクやワイモバイルならpaypay決済もそうです。キャッシュレス化の世の中のため毎回買い物のたびに財布を持っていないこともあるかと思います。そんな中、お店で決済しようとしてエラーで会計ができないと後続のお客さんなどいると迷惑もかかります。気を抜くと「お客様のご希望によりお繋ぎできません」料金未納となる前に気をつけましょう。引き落とし口座が前に使っていたもので現在のメインバンクのものではなく都度入金していたが入金し忘れて引き落としができなかったため、現在メインで使っている銀行口座から引き落としにしてもらいました。引き落とし出来なかった月だけ振込にて対応してもらいました。「お客様のご希望によりお繋ぎできません」料金未納となる前に気づくよう今後は気をつけたいです。スマホ決済は時代の流れでキャッシュレス化が進んでいるので多くの人が使っていると思います。しっかりと使用金額や引き落としのことまで考えられている方は大丈夫かと思いますが、自分と同じように昔から使っていて銀行口座がメインのものと紐付けできていない場合は注意が必要です。何度も引き落としができないと信用情報にも傷が付いてしまいます。使用金額と引き落とし口座はしっかりと把握して便利なスマホ決済を使っていきましょう。「お客様のご希望によりお繋ぎできません」料金未納とならないよう気をつけましょう。

お客様のご都合によりお繋ぎできません、スマホの着信履歴に残る?

お客様のご都合によりお繋ぎできません、スマホの着信履歴に残るかどうか。お客様のご都合によりお繋ぎできません、とは携帯料金未納時のメッセージであるため、料金未納時のスマホは着信履歴に残りません。携帯料金を未納にした場合は周囲との連絡が取れなくなります。携帯料金を滞納扱いになるのでとても困ります。少し遅れても滞納扱いなる感じです。何度も相談しても次の月までしか待てないと言われてました。結局、携帯も家賃も次の月に支払いでした。月遅れでの支払いになりました。頼れる人もいないため借りる事は出来ませんでした。それまでは、携帯は停止のままで何も使えないままでした。携帯の引き落とし日を変えてみると意外と乗り切れる人もいるようです。お客様のご都合によりお繋ぎできません、スマホの着信履歴に残らないので困りますが、LINEやLINE通話はWIFIさえあれば問題なく利用できます。スマホ代の支払いについて利息が気になる場合は、取り敢えず相談してみる事が大事です。特に頼れる人がいない方は、一人で乗り越えていくので何を言われてもめげずに相談してください。

お客様のご都合によりお繋ぎできません、は解約時の自動応答メッセージ?

「おかけになった電話はお客様のご都合によりおつなぎできません」とはご利用料金滞納による強制停止の場合に流れる応答メッセージです。逆に解約した場合はたとえばドコモの場合、こちらはNTTドコモです。お客様のお掛けになった電話番号は現在使われておりません。こちらはNTTドコモです。おかけになった電話番号は、お客様のお申し出により、連絡先が変わりました。新しい連絡先番号は『XXX』です。などのメッセージとなります。お客様のご都合によりお繋ぎできません、は解約時の自動応答メッセージですから、もしも携帯料金を払えずにいると利息がついて、次回支払い金額が高くなって、より払えなくなってしまうでしょう。現在の携帯料金にはスマホ本体の分割支払いを含んでいる事が多いため信用情報にも関わります。繰り返し支払い遅延が起きていたり、強制解約となってしまうとブラックリストに乗る場合もあります。その場合、その携帯会社だけでなく他社でもスマホの契約ができなくなることもあります。携帯料金を払えなかった場合、携帯料金と紐付いたスマホ決済は強制解約されたり、使えなくなることもあります。電子マネーの残高がなくなることはありませんが、携帯がつながらないと多くの電子マネーは使えなくなります。最近はスマホのケータイ払いとしてクレジットカード払いを使っていて、気づけば携帯料金が多額になってしまっていて支払いができなくなるケースも増えています。携帯料金を使いすぎると携帯が止まってしまい、お客様のご都合によりお繋ぎできません、という自動応答メッセージが流れます。電話をかけた相手に料金未納を知られてしまいます。ケータイ払いは便利ですが、使いすぎないことが大事だと思います。給料の大半をケータイ払いでの買い物に使っていましたが、バカバカしいことだと気づき、今ではケータイ払いを使わない日を毎月作るようにしています。携帯料金を支払えないからと行ってカードローンやキャッシングには手を出さず、家族に助けてもらえるならそれが一番安全です。

料金未納を今すぐ解消するには