本日 4th 小さなこども食堂 & みんなカフェ in ねこカフェ もふもふ 好評のうちに無事終了しました!


 本日、 小さなこども食堂 & みんなカフェ が好評のうちに終了しました。


 小さなこども食堂には、ADHD(注意欠陥多動症)の子が来てくれたのですが、初めての場所に不安になってしまったようで、残念ながら途中で帰ることになってしまったのですが、少しの時間ですけれど一緒にいることができました。

 私達の考え方は、今回ダメだったから これでおしまい(最後)ではなく、今回来たのだから次は二回目、その次は三回目で・・・・・
そうして馴染んでいってくれればよろしいと考えています。



 また今回は盲・弱視の方々も対象として、点字・弱視用メニューご来訪頂いた方は、信州伴走伴歩協会の方々が 成人の方なのですがみんなカフェに舟着(ふなつぎ)さんを送迎までして、おまけに協会の会長のみならず会員さん2名もお越し下さりお越しくださいました。

 ねこカフェ もふもふさんのスタッフの方々もお出迎えの方法から、メニューの出し方、お水の出し方、注文のとり方、注文のお品の出し方、トイレなどの案内(伴歩)の仕方など様々をご体験頂きました。

 


興味を持ったれた報道記者さんもお越しくださいました。



 船着さんは、毎日通勤で松本駅を利用しているそうですけれど、
点字ブロックのあるところは人通りが多いため、反対側の安全な方を通るようにと指導されてそれ以来毎日点字ブロックが無いところを通っているそうです。

 でもそれって、平成28年から障がい者差別解消法が完全施行されていながら、隠されている問題点ではないのでしょうか?

 点字メニューと弱視の方用の大判メニュー、
それに加えて、次回には弱視の方用の白黒反転メニューもご用意しますね。
そんなことも、みなさんからの話を聞いてゆかなければできてゆかないものです。

 今回の講習会も会を重ねながら、
他の方々も学べるようにマニュアルにしてゆけたらと思っています。

 それでも、松本市内で初めての点字と弱視対応メニューを用意した飲食店ができたことは、私たちは誇りに思います。

 6月の予定なのですが、
重度の身体障がいの方々をお迎えする予定なのですが、
体調などの関係で、まだ決定できていませんけれど、
松本の盲導犬を連れているハーネスの会の方も来たいと言って下さっています。

 また、傾聴の会の方や信州伴走伴歩協会の方々とみんなで楽しい幸せな時間を過ごしましょう。

AD

大好評を呼んでいます!

 

 小さなこども食堂 と

誰でも集える みんなカフェ 

 

 今ではボランティアになってくれた方で、

旦那さんの転勤で、まったく見知らぬ土地の松本に来られ、

友達もいない状況で、一人ぼっちでいた方が、今ではみんなの大切なメンバーになってくれました。

 

友達になることに、お金はひつようありません。

 

何でもお金で済ませようという風潮の現代。

 

心と命はお金では買えません。

 

みんなで考えませんか!?

 

ねこカフェ もふもふでゆったりとお茶を飲みながら・・・・・

 

 松本市で 傾聴やカウンセラーをされている方々もお越しくださいますので、

自分自身の方向性に迷ったりしている学生の方から、体調不良や子供さんなどが手から離れて張合いをどこに求めようか!? 一人や二人だけ・・・・・ 張合いのある生活が・・・・・ 

 

人はそれぞれです、お気軽にお越しください!

 

 

 

 

松本 小さなこども食堂みんなカフェ ねこカフェ もふもふ のお知らせです

 

健康・環境・福祉をテーマに地域共生活動を行う音色くらぶです

 

ご協力を 傾聴の会さん、信州伴走伴歩協会の方々から頂きながら、集いの場である保護猫譲渡型ねこカフェもふもふにて定期開催をしています。

 

小さなこども食堂は、

子どもたちの健康維持のお食事はもちろんのこと、

保健所に持ち込まれた保護猫たちが新しい家族と出会う場を通して、命の大切さを考え双方とも心を通わせてゆこうという場です。

 

ネコのお世話やお手伝いをしたらお食事の時間です。

 

ゆったりと寛いだ環境が必要な子供たちのために少人数で開催しています。

 

参加は未成年の子どもだけではなく、幼少期の心の傷(トラウマ)が原因で引きこもってしまっている方や、

 家庭内・家族間で新しい話題ができて会話が生まれたとご家族の方からも好評を頂いており、

そうした問題でお悩みのご家族の方だけの参加も門戸を広く受け入れています。

 

 

 みんなカフェでは、大学や新卒・転勤で近くに友達などもいないことで楽しみが見当たらない・生活情報が不足している・相談できる友人知人が身近にいない・高齢の方や寂しいと感じている方などでも、どなたでもご参加いただけ傾聴の会の方々がお話を伺ったりカウンセラーの方々が無料相談を受け付けていますのでお気軽にご利用ください。

 

 その他、車いすの方をはじめ身体障がいのある方、

盲・弱視の方の受け入れなども、信州伴走伴歩協会のみなさんとともに幅広く受け入れをしています。

 

傾聴ボランティアや保育士の方々などのご協力を頂ながら、少人数で一人一人に行き届いた配慮と乾環境で開催しています。

 

 平成28年度から障害者差別解消法も完全施行され、

仲間たちと共にだれ一人取り残されることのない地域作りに励んでいます。

 

 

AD

  今の場所(松本市筑摩)に移ってから一年が過ぎました(以前の場所は北深志新町でした)。

 

さらに新しい旅がはじまりました!

 

 昨年の活動の積み重ねが、すべてつながって、春とともに物事が動き始めました!」

 

昨年のつながりを振り返ってみると・・・・・・・・

 

 あとりえ音色では、帆布・縫製・刺繍・アクセサリー・ペット用品、

別注にて障がい者・介護生活用品の特殊オーダーメイドも受け付けています!

 

 その作品を作ってくれているのはイラクからの避難者の方や高齢者・健康障がいのある方です。

 

 

 

 

自分たちの思いと経験を活かして、みなさんのお役に立てるような作品を創ることも大切なお仕事。

 

 

 

暗がりで光る蓄光素材や、光が当たると反射する反射素材を取り入れて、すぐにできる交通安全・防犯・災害対策!

 

 

 

 

 

リトリートコミュニティ 音色くらぶとは、みなさんの経験を活かしてゆく活躍の場。

 

 同市内中山地区に良質な情報発信地である屋号・喜源治(きげんじ)さんの茅の会、

岡山の共同作業所・げんきくんの皆さんが育てる無農薬・有機・0ベクレル栽培の高品質有機野菜を通じて、

 

 農場では、湾岸戦争の劣化ウラン弾の放射線被ばくによる健康被害に苦しむ、

イラクの子供たちへの支援!

イラク・日本友好支援農場として活用しています!

 

画像左が、イラクの内戦により日本に避難してきた、女性医師であるドクター・リカァです。

小児科医であるリカァ先生の専門は、湾岸戦争時に使用された放射性廃棄物を使用して作られた劣化ウラン弾の放射線被ばくによる子供たちの小児がん・小児白血病の遺伝子治療と遺伝子治療が専門で、

昨年秋に厚労省の許認可を取得してスタートした最先端の遺伝子治療研究であるCAR-T細胞研究を、愛知県の大学病院と地元松本の信州大学医学部の双方を掛け持ちで行う、世界的にも有名な先生だったのです。

 

この畑の運営指導者には、長野県危機管理室防災課にて原子力災害対策部会委員を務められている笠井篤先生の直接指導の下、放射能測定の栽培地土壌と収穫物の両方の検査を実施し、安全の確保と安心の提供に努めています。

 

 

この畑は、すぐ近くの  南天診療所(内科・婦人科)やリハビリ型デイサービスのつかまの里などを運営している 社会福祉法人 国際保健支援会さん所有と、

地域高齢者交流支援農場アジア・アフリカ支援農場、として運営している畑をお借りしています。

 

今年からは、不登校の子供さんや、心が疲れてしまった方や、障がいのある方などとも畑で育成してゆきたいと思っています。

 

 

 

 

地域貢献などに役立つという事を条件に、無償ボランティアサークル「音色くらぶ」に、昨年の春より貸し出しをしてくれるようになりました。

 

 そんな事もあり、畑の企画は、

 

「地域循環エコ・リサイクル農業」 と題しまして、

 

堆肥などは、秋になると落ち葉の処分問題が騒がれる松本市、

 

その解決も目指して、車で5分ほどの中山地区で高齢化とともに竹林の管理が行き届かないと問題になっていることも解決しようと、

 

学校の先生であった八十代のご夫婦が二人で住まうお宅の竹林の古竹の伐採を行い、周辺の落ち葉清掃を行いながら、その落ち葉をたい肥として頂いてきました。

 

すると先生がありがたいことに、伐採した竹を畑用にとすべて炭にしてくれて、何日にも渡って畑に鋤き込みました。

 

この炭を入れる農法は、元・東邦大学理学部 教授であられた大森貞子先生から直接指導を受けて、大気汚染の原因物質であり松枯病の根本原因である対策として行われている、炭による酸性物質の中和法を実施する予定だったので、これこそ有難い思いをさせていただきました。

 

また、そのお礼にと、家が一番傷みやすい雨どいに詰まっている落ち葉を春と冬前の2回、すべて清掃をさせて頂きました。

 

言い方は悪いのですが、どこの馬の骨ともつかない私たちを、本当に友達として喜んで迎えてくれるようになり、本当にやって良かったと感激しています。

 

そして、その活動が中山地区の方々の噂となり、

地域の方々の共有竹林を自由に使ってくれて良いとのお言葉をいただくことができ、タケノコなども採って良いとのことなので、子供たちとタケノコ採りをしようと考えています。

 

また、同地区に以前に信州大学で作ったビオトープがあり、

製作した教授が退職されたことから放置状態になっていたところを、子供たちに自由に使って良いと解放してくれることとなりました。

 

これから中山地区の方々と子供たちが育ってゆく場所を育んでゆけることに胸を弾ませています。

 

 

 

また、音色くらぶ・茅の会・げんきくんとともに、こども食堂に供給する機能も有しています。

 

 

みんなで出向く介護施設でのコンサート!や、

 

子供たちの安全を守る、暗闇でも光る紅白帽子のアゴ用ゴム紐や反射素材をメーカーさんと二人三脚で開発!したり、

自分たちの経験と想像力を発揮しています。

 

 

地域の高齢者や子供さんも交えての無料の楽しそーいんぐ倶楽部を週一ペースで公民館で開催し、

喜源治・茅の会、塩尻ではワークショップとして随時開催、

波多地区も開催準備中!

 

塩尻市 えんぱーくにて、2月5日(日)に子供無料ワークショップを開催し、車いすのお子さんも参加いただき、お食事も一緒に食べて大好評でした!

 

 

 

 松本市の殺処分の猫を引き取っている双葉のねこカフェもふもふでは、ワンコイン500円の会費を貯めて、子供教室の開催時のドリンク代の資金を蓄えようとみんなで楽しく定期開催をしています。

 

 制作するものは、

ねこカフェもふもふさんと、波田地区にあり松本保健所と大町保健所の殺処分の犬を全頭を受け入れしているゆめまるHAPPY隊さんの寄付になるモノ創りをしたり。

 

これから始めたいという方や、好きで覚えたいという子供さん達にも無料で頭ではなく身体に馴染んで覚えられる場!として開放しています。

 

 

茅の会と、ねこカフェもふもふ、松本駅ビル1FフリマBOXでは常設販売しています!

 

 

 

 子供や高齢者はじめみなさんの、交通安全・防犯・防災に役立つと、信濃毎日新聞にもご紹介をしていただきました。

 

 

 

音色くらぶの前身であるえみな俱楽部時代から、

徹教(てっきょう)塾 を護身の会継続開催してきました。

警視庁合気道名誉師範である合気道十段範士 井上強一先生と第十二代警察庁長官を勤められた山田英雄会長の提唱からつくられた、アクティブディフェンス(積極的防御)=護身。

 

【護身 護身というけれど真の護身術とは、風邪をひいたり病気やケガをしたり、諍(いさ)いや争いをしないことである】

 

 平成24年に松本市中央公民館Mウイングにて、松本市と松本市教育委員会の後援をいただき、

内科・心療内科・精神科の医療機関である、安曇野市穂高の虹の村診療所の小林医院長と、

松本市寿小池のおひさま歯科医院の青木医院長からも協賛をいただき、

滋賀県大津市の中学生がいじめにより自殺したことを発端として、いじめ問題の講演会を開催しました。

 

この教えを、今も毎月一回、第二地区公民館で開催しています。

 

 

そんな活動の1年、

 

 心と心の琴線が触れ合う仲間たちと、ご縁の糸をたて糸 よこ糸とを織りなし紡いでいたら、

少しづつ模様が現れてきました。

 

 

 仲間たちをつないでいったら、

 

猫の命も、人の命に違いもなく、

 

できる子たちだけではなく、できない子たちの活躍の場を設けてみました!

 

自分たちで考えて、小さな子供食堂と名をつけて開催しました!

 

 

 

 引きこもりが最も多いといわれているのが、

30~40代の世代の方だそうですが、

そうした方々の多くが幼少期の満たされない思いが原因のことが多いとのこと。

 

今はそうしたことを、心の内側の子供=インナーチャイルド というそうですが、

 

 「こども食堂」というのは、

その場所に未成年の子供がいないと名乗ってはいけないと指摘を受け、

 

小さなこども食堂もダメとのこと・・・・・・

 

 

 自分たちでは障がいのある方や高齢者、若くても倒産などで失職した方などでも苦しまれている方々に開放したいと考えていたので、

 

次回からは、転勤で来られて友達や知人もいない、大学などで遠方や海外などから来られてさみしい思いをされている方など、誰でもウエルカムな集いとして 【みんなカフェ】としてリニューアルしてスタートします!

 

【みんなカフェ】は、ねこカフェもふもふでは月一回定期開催して、

 

 次回は、肢体不自由の方などをお招きするのですが、

子供だけではなく、大人の方なども幅広くお迎えします!

 

予約制で定員がありますのでお早目にお申し込みください!

 

 松本市中山地区の 喜源治 茅の会ショップでは、 

毎週土曜・日曜は定期開催として継続してゆきますのでご期待ください!

 

 

参加してくれた、小学校2年生の陽可璃(ひかり)ちゃん、

 

 不登校の子だとは思えないほど活躍して、ブラッシングやおトイレの砂の交換などの猫のお世話をしてくれました。

陽可璃(ひかり)ちゃんだからでしょう、

ネコがこんなにも寛いでいます。

 

多くの人たちとは馴染めないけど、陽可璃(ひかり)ちゃんのその優しい心を猫は見逃すことなく、心の底から安心していました。

 

 

多くの人たちの前では、表現をすることは苦手かもしれません・・・・

 

 でも、みんなカフェの閉店の時間には、

別れを惜しんで、お母さんの背中で大粒の涙を流してくれました。

 

また、来てくれると約束をしてくれました。

 

陽可璃(ひかり)ちゃんがこうしていてくれたことが、嬉しくて仕方ありませんでした!

 

 実は、後ろ姿の赤いエプロンの女性、

ご自身の娘さんは産まれた時から16歳で亡くなるまで、一生を病院のベッドの上で過ごされました。

 

そして今、ご自身の身が、大きな病気を抱えていて、うつうつとした生活を送っておられました、

 

来てくれて、陽可璃(ひかり)ちゃんと触れ合うことで、とても元気になって帰ってゆかれました。

次からは、このみんなカフェにボランティアとして参加してくれることになりました!

 

 

 

 

 うれしい、嬉しい、人数などの数字とは無関係な世界、

みんなカフェ、感動・感激の大成功でした!

 

みんなカフェ、ようやくオープンしました!

 

これからは、平日にもオープンが決定しました!

 

 

 

 

お問い合わせ 環境・健康・福祉サポート あとりえ音色

〒390-0821 長野県松本市筑摩4-22-5  

☎・📠 0263-31-0802 📱 080-6994-2522 http://neiro.link/ neiro.link@gmail.com

AD