子供のアトピーかゆみ対策|アトピーブログ

子供のアトピーかゆみ対策|アトピーブログ

子供のアトピーが酷くてかゆみ対策に悩んでいる私のアトピーに関するブログです。


テーマ:

子供さんがアトピーだとお母さんは辛いですよね。

時には子供に薬を塗ろうとしても動き回ってなかなか塗らせてくれない事で 自分がイライラしちゃうことも・・・


でも、やはり本当に辛いのはお子さん自身です。


夜中でもひっきりなしにどこかを掻いている・・・


痒いからと我慢できずに掻いてしまうと血まみれになってしまい、 そこがかさぶたになって、また痒くなり掻いてしまう。


そんなことの繰り返しになっていませんか?


子供のアトピーのかゆみ対策には、保湿が重要です。

また、我慢できない痒みにどうしてもステロイドに頼ってしまいがちですが、これでは根本的なアトピーの治療にはなっていません。


それにステロイドを使うには副作用の可能性があり、使うのが怖いです。


できれば、ステロイドは使いたくない。
かと言って、使わないとかゆみが抑まらないし・・・



そんな子供のアトピー改善に悩んでいるお母さんへ、


医学博士も推薦している「薬を使わずにアトピーを根本から改善する方法」があるというのをご存知でしょうか?


これまで何を試しても効果が得られなかったとお困りなら、一度試してみてはいかがですか。


お子さんのアトピーが本当に改善するまでの無制限での個別サポート。
それでも、もしもアトピーに改善が見られなかった場合の全額返金保証付きですので安心して取り組めます。


よろしかったら参考にして下さい。

⇒ 医学博士も推薦!アトピー改善法

 

 


テーマ:

子供がアトピーになっちゃって・・・という言葉を耳にします。

そもそもアトピーとは、どのような症状のものを指すのでしょうか?


子供のアトピー症状には、一日中同じところを掻きむしって 血が出てしまうくらいまで掻いてしまうほどのかゆみが出ます。

しかもその湿疹は長く続き、体の部位に出てきた場合は 左右対称に出現します。


だから仮に右頬に出たら、左頬にも
右膝にあれば、左膝にも・・・という具合です。


そしてこの湿疹が出るのは、顔に限ったことではなく 全身がその範囲にあたります。

本当にこれほどかゆみの出るものだとすると、子供のアトピー症状というのはとても辛い症状ですね。



個人的には顔にプツプツと、ニキビとはまた違う湿疹が出ていたら その物自体をアトピーと呼ぶと思っていたのですが、正確にはそのようなものではありませんでした。


 

食事で気を付けるアトピー対策

 


アトピーへの対処法はいくつかありますが、 その一つに子供アトピーでは食べ物による対処法があります。


そしてこれは食物アレルギーの対処法と共通する項目がいくつもあることが特徴的です。

そのせいか、小さい頃はアトピーなのか食物アレルギーなのか区別できない時もあります。

例えば卵にその原因があるとすると、食事の中で卵を制限することが対処法です。


卵の中でも、黄身はアレルギーを引き起こす力が弱く、たいていのアトピーの原因は白身だと言われています。

この白身を加熱すると変性してアレルギーを引き起こす力は弱まるのですが、アトピーの原因になっているかもしれないのは、白身の中でもオボムコイドと 呼ばれる物質で、残念ながらこれは熱でも性質が変わりません。


そのためアトピーは白身を加熱して食べても症状が出てしまう可能性があるので、注意が必要になります。

ここに食物アレルギーとの違いがあり、厄介なところです。
 

 

 

このように食べ物の対処法は食材ごとで異なるので、面倒でも一つ一つ 調べてみる方がいいです。

そして、食べ物にこだわるなら産地にもこだわりたいですね。
 

 

 


テーマ:

我が家の3人の子供はアトピー性皮膚炎を持っています。

病院でお薬をもらったり、保湿剤を使って保湿には気を付けたりしてます。


ただ、お医者さんには「薬をぬったり保湿したりするだけでなく、食べ物にも気を付けてあげてください」と言われます。

自分でアトピー性皮膚炎について色々調べても、やっぱり食材選びはとても重要な事です。


分かってはいるのですが、 アトピーに良くて更には産地や添加物の事を考えると、かなり限られてしまい片寄った食事になってしまいます。

しかも、働いてる私にとってはスーパーに買い物に行くのも一苦労で、仕事帰りにはスーパーの品数もかなり減ってしまっています。

この食材選び、そしてそれを使ってのお料理が今の私には、かなり負担になってます。

目当ての食材に辿り着けたとしても、それをどう調理するか?

たまになら良いのですが、毎日となるとやっぱり同じ調理法では子供達も飽きてしまうし・・・


それが私自身、ものすごくストレスになってました。

もっと時間があれば、良い食材を探せるんじゃないか。
この子達のアトピーが良くならないのは、食材に問題があるんじゃないか?


とにかく自分を責める事しか出来ませんでした。



そんな時、ふと思ってしまうんです。

それは、アトピーの子供にも食べられる「食材のセット」があったらいいな~って。

その食材は、有機野菜、低農薬野菜、無添加食品にこだわった宅配サービスです。

私が何件ものスーパーを走り回っても、これだけの種類は集められない位種類が豊富です。

仕事が忙しくて買い物に行けなくても家に帰れば食材がある。
そうなれば買い物に行く時間も省けます。

これなら子供達にも安心して食べさせられる。


そんな食材を扱っている便利な宅配サービス・・・どこかにないかな~



今の世の中、なんでもあるのでネットで探せばあるかなって思ったのですが、残念ながら見つけられなかったです。

ただ、今回は時間がなかった為しっかり探せなかったので、今度はじっくり時間をかけて探してみようと思います。

 

どうかありますように・・・

 

 


テーマ:

私には3人の娘がいます。

3人とも小さい頃から肌が弱く、いつもカサカサで、痒みもありかきむしって血だらけになっていました。

何年もの間、色々な病院を転々としたり、薬もステロイド入りの薬を使ってました。

でも、全然良くならないし、それどころかステロイドのお薬を使ってたので、肌は黒ずんでしまって。

どうしようって本当にどん底だった時に出会ったのが、ママ友が紹介してくれた「みんなの肌潤糖」でした。


この商品に出会って、私達家族は本当に人生が変わりました。



これを使い出して一週間くらいしたら3人とも痒みがなくなってるようで、まったくかかなくなりました。

1ヶ月後には黒ずんでた肌がプリっプリの透明感のある肌に変わったんです。


みんなの肌潤糖は、アトピーの娘さんに悩むお母さんが開発した保湿ケア商品で原料はお砂糖なんです。

この商品のすごい所は、お砂糖の高浸透力と驚異の吸水力と保湿力で、すばやく潤いを浸透させて閉じ込めてしまうんです。


その為に、お肌は常に潤ってる状態で乾燥を起こさないんです。

お肌にとって、乾燥は一番の天敵!

バリアをはって乾燥からお肌を守ってくれるんです。

夜中、痒くてグッスリ寝れなかった子ども達がみんなの肌潤糖を使うようになってからは朝までグッスリです。


しっかり寝れるので昼間も元気いっぱい。
何よりお肌が明るくなって、心まで明るくなってます。


あなたも子供のアトピーかゆみ対策で悩んでいるようでしたら、子供でも安心して使える保湿剤で脱ステロイドを試してみて下さい。


よかったら参考にして下さい ⇒ みんなの肌潤糖

 

 


テーマ:

私の家族は旦那、私、子供3人の5人全員がアトピー性皮膚炎を持っています。


1日中、痒さと戦い寝ている時でも無意識にかきむしってしまいます。
常に体のどこかは出血してたり、かさぶたになってたりしてます。

夜も痒さに耐えられなくて目が覚める事も多々あります。


隣で寝ている3人の子供達。
夜中ずっとひっきりなしに誰かがどこかをかいています。


自分は良いとしても子供達だけはこの痒さから何とか救ってあげたいと色々な事を試してきました。

その中でやっぱり重要な事は保湿です。
絶対に保湿が大事です。


あまりの痒さにそれを抑える薬をぬったり、対処法は薬しかないと思いがちで保湿の大切さを忘れがちになってしまいます。

けれど、アトピー性皮膚炎にとって恐い事は皮膚が乾燥する事です。
乾燥する事で肌がガサガサになり、痒みがどんどん悪化していってしまいます。

アトピー性皮膚炎には乾燥は最大の敵です。

24時間しっかり保湿してあげる事が何より大切です。


そこで、先日ママ友が子供アトピーのかゆみに効く保湿剤を教えてくれました。

しっかり保湿できて、子供でも安心して使える「みんなの肌潤糖」と言う保湿剤です。
赤ちゃんにも使えるほど優しい原材料です。


全額返金保障付きということもあって、最悪ダメでもと思って試してみました。

その結果・・・やっと、これで夜もぐっすり眠れるようになりました。

 

 

よかったら参考にして下さい ⇒ みんなの肌潤糖