株式会社エートップのブログ

株式会社エートップのブログ

ブログの説明を入力します。

今回の新製品はNMAX用125/155用 32mmビッグスロットルキットです。
専用インテークマニホールドとスロットルセンサーが付属しております。

今回装着したNMAX155のスロットルボディは30mmでしたので
ノーマルより2mm大きくなります。

左 ビッグスロットルボディ 右ノーマルスロットルボディ(NMAX155)


またエアクリーナーボックスのエアクリーナージョイントが
ビッグスロットルボディに装着が出来ます。
しかしバンドの取付が出来ませんので別途大きいサイズのバンドが必要です。

ビッグスロットルボディのサイズ
エアクリナー側内径 32mm 
エンジン側(インマニ)約33mm 
エアクリーナー取付部分外径約37.5mm

スロットルボディには
専用のスロットルセンサーと手動スピードコントローラ(赤い部品)があります。

スロットルセンサー取り付けネジがありませんので別途取り寄せか
ノーマルスロットルボディから外します。

今回は手動スピードコントローラは使用せず
ノーマルのスピードコントローラを移植します。

手動スピードコントローラを使用する場合は
ノーマルのスピードコントローラーを留めているネジとプレートが必要となります。

手動スピードコントローラの赤いつまみを回すと
この様にリフト量を変更できます。



作業前にNMAX155のバッテリーの端子を外しておきます。

 

外装等を外してシートインナーボッスクのネジを外して
タイダウンでシートとシートインナーボックスをハンドルに回して
倒れないようにします。

シートインナーボックスを取り外したほうが作業はし易くなしますが
今回は取り外さずに作業を行います。

ノーマルスロットルボディとインテークマニホールド、エアクリーナーボックス
ガソリンホース、インジェクターの配線、スロットルセンサーの配線、
スピードコントルセンサーの配線、アクセルワイヤーを取り外します。

順番としてはエアクリナーボックス、ガソリンホース、インジェクターの配線
スロットルボディ、スロットルセンサーの配線、スピードコントルセンサーの配線
アクセルワイヤー、インテークマニホールドの順で取り外しを行いました。

さて取付です。
インテークマニホールドにインジェクターを取付
スロットルボディにはスロットルボディセンサーに取り付けるネジと
スピードコントローラーをノーマルスロットルボディから付け替えます。

そしてビッグスロットルボディをとりつけます。
エアクリーナーボックスのエアクリーナージョイントをビッグスロットルボディに装着

バンドがありませんでいたのでインシュロックでとめました。

 

配線配管後メインキーをONにしてガソリンホースからガソリンが漏れていないか確認後

外装類を装着して完了です。

このキットの性能を引き出すには調整をしなければなりませんが
今回はビッグスロットルボディキットの交換以外はしないで
軽く試走を行いました。
街中なので高速走行は行ってはいませんが
試走の感想は中低速のトルクや加速感が少し上がりました。
このキットを取り付けるときのついでにインジェクターを交換するのもいいかもしれませんね
NMAXの吸気系カスタムにいかがでしょうか

このキットは近日発売を致しますのでよろしくお願いいたします。