野村眞里子のブログ <オラ・デル・テ>

野村眞里子のブログ <オラ・デル・テ>

ブログの説明を入力します。

吉開菜央さんはダンサーにして映像作家、そして今年の第10回エルスール財団新人賞コンテンポラリーダンス部門(選考委員:乗越たかお)の受賞者である。その彼女からお知らせをいただき、昨日「らせんの映像祭2021」での『Shari』の上映にうかがった。

 

 

 

 

私の日曜日は少々きつい。朝一からフラメンコ教室があり、その後エルスール財団記念館でのイベントや講座にたずさわっているためだ。「らせんの映像祭2021」の開催場所が逗子と聞いた時には「ちょっと無理かな?」と思ったが、湘南新宿ラインを利用すれば記念館から2時間弱で行けることがわかった。

 

スタッフに記念館の片づけや戸締りを頼み、15時半に記念館を出発。井の頭線で渋谷に出て、16時20分渋谷発の湘南新宿ライン逗子行きに乗り込んだ。長旅(?)に備えて本を2冊持参した。

 

17時21分、終点の逗子駅着。初めて降りる駅に心躍る。グーグルマップで目的地の逗子文化プラザホールの場所を確かめるが、すでに暗くなっているうえ、駅前のロータリーから伸びる道が5本あって、どれを選べばいいかわからない。そこで、ちょうどやって来たイトーピア中央公園行きのバスに乗り、一つ目の逗子・葉山駅で降りた。するとすぐ目の前に逗子文化プラザホールの建物があった。案ずるより産むがやすし!

 

18時10分からと聞いていたが、前のパフォーマンスが押したのと、サウンドチェックに時間を要したことで20分以上押して上映が始まった。最初に『ナイトシュノーケリング』、次に初の長編作品『Shari』だった。

 

『ナイトシュノーケリング』(13分)は大学院時代からの知り合いという仲本拡史さんとの共同監督作品。この「iPhoneとスキューバ・スーツを携えた海の冒険」は、偶然から生まれた作品だそうだ。あるダンス公演のために映像を撮ろうとしていた吉開さんと、その吉開さんに三浦半島の沿岸海域を案内しながらiPhoneで撮影した仲本さん。せっかくだからと、お互いに撮ったものを渡して編集しこの作品が出来上がったという。夜の撮影では彼らの人工的な光とプランクトンやクラゲの光が「対話」をする。その時の吉開さんは、まさしく海の生物の一部だったに違いない。美しい映像というだけにとどまらない海の謎に迫る作品だった。

 

『Shari』(63分)は、2021年秋に公開された吉開さんの長編初監督作品だ。舞台は北海道の知床の斜里町。ここに住む羊飼いのパン屋、鹿を狩る夫妻、海のゴミを拾う漁師、世界各国の木彫りを集めた秘宝館の主人、家の庭に住むモモンガを観察する人……など、斜里の人々が登場して、さまざまなことを話す。と、ここまではドキュメンタリーのようなタッチで進んでいたが、パン屋さんの女性が窯でパンを焼き、それを赤い布に包んで出かけ、森の中にそれを置くところから一気に緊張感が高まる。「赤いやつ」がそれを見つけ、ムシャムシャと食べるのだ。この「赤いやつ」を監督の吉開さん自身が演じている。

 

「ヒトとケモノのあいだ

すきまに生まれた、真っ赤なわたし

北の、果てに来た」

 

これは『Shari』のコピーとしてチラシに書かれている言葉だ。「すきま」がこの映画を読み解く鍵かもしれない。「すきま」とは言ってもマイナスのイメージはない。むしろ、何かと何かの境界、境目、へり、先端の部分、つまりedgeといったもののようだ。

 

それを象徴的に描いていたのが、尾根での「雲」と「風」のせめぎあいの映像だった。「風」の方が強いと「雲」がとばされ尾根がみえてくる。しかしバランスが変わると尾根は「雲」で真っ白になって見えなくなる。そうした微妙な境目に惹かれる吉開さんに、私も大いに共感する。

 

斜里は「自然・獣・人間がせめぎあって暮らす」町なのだ。そしてそこにやって来た、脈打つ血の塊のような「赤いやつ」を熱演する吉開さん。詩情豊かでありながら、暴力的でもある。そしてこだわり抜いた音の美しさ。大きな感動をいただいて会場を後にした。

 

すでに21時になっていたので、逗子で急いで夕食を食べて帰ることにした。うかがったのは、駅までの道の途中にあったビストロ「TAKURO」。ジビエ、葉山牛、三浦地野菜、三浦半島でとれる魚など魅力的なものがたくさんある店だったが、世田谷まで戻らなければならないので時間がない。そこで、オリーブと葉山牛もも肉のソテー、三浦地野菜添えを選んだ。生ビールとカオールのワインも。すべてがとてもおいしかった。

 

 

 

 

 

 

こうして夕食を終え、21時44分逗子始発の湘南新宿ラインの電車で帰宅した。疲れてすぐに寝てしまったらしく、目が覚めた時はすでに大崎だった。(笑)

 

素敵な映画とおいしい夕食。少し体にはきつかったけれど行ってよかった! 『Shari』は今後大きなフェスティバルに招かれる可能性もあるような気がします。機会がありましたら、みなさまもぜひご覧になってみてください! 

 

来週に迫った「第10回エルスール財団新人賞」授賞式での吉開さんのパフォーマンスもとても楽しみです。

 

 

昨日は、かつてフラメンコの聖地として「エル・フラメンコ」「ガルロチ」の名前で親しまれていた新宿の伊勢丹ビル6階のタブラオのあった場所に、リニューアル・オープンした「地中海料理&ワインShowレストラン ガルロチ」でのスペシャルライブにお招きいただき、約2年ぶりにうかがった。オーナーは変わったものの、元オーナー村松夫妻の意思を継承して「ガルロチ」の舞台をそのまま残し、時々は村松夫妻プロデュースによるライブを開催してくださるそうなので本当に嬉しい。

 

 

 

 

 

18時半頃到着。店内にはすでに大勢のお客様がいた。私は「エル・フラメンコ」「ガルロチ」で大好きだった一段上がった正面席にご案内いただいた。同じテーブルには、フラメンコ舞踊家曽我辺靖子先生とこの日の出演者である鈴木敬子さんのお弟子さん2名とご一緒だった。ご挨拶。タパス盛り合わせと赤ワインをいただきながら開演を待つ。

 

 

 

 

 

19時開演。以下昨日の出演者とプログラム。(間違いがありましたらお知らせください。)

 

踊り:浅見純子、梶山彩沙、篠田三枝、鈴木敬子、田村陽子、堀江朋子

歌:Manuel de la Malena、有田圭輔

ギター:Pepe Maya

ヴァイオリン:森川拓哉

パーカッション:Rafael Heredia

 

1部

1.Presentación “Fandango” 全員

2.Farruca 堀江朋子

3.Soleá 浅見純子

4.Taranto 篠田三枝

 

(休憩10分)

 

2部

1.Solo de cante “Soleá por bulerías”  Manuel de la Malena、有田圭輔

2.Tango de Málaga 梶山彩沙

3.Alegrías 田村陽子

4.Seguiriya 鈴木敬子

5.Fin de fiesta “Bulerías” 全員

 

 

 

 

 

中堅・ベテランのアーティストによる実に楽しいショーだった。オープニングの「ファンダンゴ・デ・ウエルバ」からもうワクワクが止まらない。「ガルロチ」の音だ。そのままのテンションで堀江さんの「ファルーカ」に入ったが、堀江さんの着替えがあるため、少々長めのヴァイオリンやギターの前奏。それが、もうかっこよすぎて!

 

踊りは、堀江さん、浅見さん、篠田さんと続き、まったく違う個性が炸裂。大きな拍手のうちに休憩に入った。

 

第2部はカンテ・ソロから。「いいな~」と聞き惚れる。久々拝見した梶山さん、田村さん、鈴木さんの踊りはどれも渾身の舞い。梶山さんの「タンゴ・デ・マラガ」は多分初見だが、ライブのグルーブ感を満喫できる踊りで、実に楽しかった。ラファエルさんのパーカッションもよかった。

 

というわけで、昨日は「ガルロチスペシャルライブ」2日目を楽しませていただきました。村松尚之様、村松多加代様、スペシャルライブ開催、まことにおめでとうございます! そして新オーナーの亀和夫様、ありがとうございました! 出演者のみなさま、お疲れさまでした! 素敵なショーをありがとうございました。

先週末に今年のイベントとイベント準備が一段落したので、かねてより出版準備をしていた本の執筆に目下全力でとり組んでいます。そのため、ブログやTwitter、FacebookなどでのSNS発信が4,5日滞ってしまいました。ご心配をおかけしてすみません。私は元気です!

 

2016年に淑徳大学公開講座としてエクステンションセンターで始まった野村眞里子の講座「スペインとフラメンコを知る」。当初は1期5回のみとうかがっていたのですが、2期、3期と続き、エクステンションセンター閉鎖後はエルスール財団記念館に場所を移して開催し、今月でなんと52回目となります。「フラメンコでそんなに話すことある?」と、友人たちから笑われています。

 

(大丈夫。あります!)(笑)

 

フラメンコ未経験者から専門家まで、様々な受講生に参加していただいているこの講座のために、私は毎回たくさんの準備をしています。古いレコードやCDを聴き、ビデオやYou TubeやDVDを観るのはもちろんのこと、日本語やスペイン語で書かれた膨大な資料を読み、毎回超マニアックな資料を受講生の方に用意しています。

 

でも、これらの資料が雲散霧消したり埋もれてしまうのはあまりにも残念です。そこで、一冊の本としてまとめようと考えるようになりました。そして今年の夏頃から動き始め、出版社も決まりました。あとは私が書くだけというわけです。

 

A4のファイルに3冊分の資料はあるのですが、これらは専門的過ぎてそのまま本にするには無理があります。そこで、全面書き直しを始めました。かつてフラメンコ専門誌「パセオ」に5年ほど連載させていただいたエッセイ「オラ・デル・テ(注:スペイン語でティータイムの意味)」で扱った内容も少し加え、また私のスペインでの失敗談なども交え、多角的にスペインとフラメンコを扱う本にしたいと思います。

 

そして、フラメンコの本と言えば何か特典や付録が必要ですよね!?(笑)今、素敵なアーティストにお願いをしているところですので、どうぞご期待ください。

 

また、詩人で夫の野村喜和夫からは「本もまだできていないのに?」と大笑いされていることなのですが、実はこの本の出版記念イベントの計画が進行中です。つまりフラメンコ公演で、本の内容にちなんだプログラムを考えています。踊り、歌、ギターなどをたっぷり楽しんでいただこうと、実行委員を今輝いていらっしゃる5人のフラメンコアーティストにお願いしました。来週には実行委員長と私のプレ打ち合わせ、再来週には第1回実行委員会を開催します。きっと、すごいフラメンコ公演になると思います。ぜひ、いらしてください!

 

また、来る12月17日(金)には今年最後の講座があります。「興味はあったけれども、今まで行きそびれていた」というみなさま、ぜひ今回はいらしてください! 今回のゲストは大阪のバイラオールで今年のエルスール財団新人賞フラメンコ部門受賞者、出水宏輝さんです。出水さんにとって思い入れの深い曲「アレグリアス」の振付指導もしていただけるそうですので、どうぞご期待ください! 定員を半分以下にし、消毒、換気なども徹底してみなさまを安全にお迎えいたします。よろしくお願いいたします!

 

日時:2021年12月17日(金)19:00~20:30

場所:東京・羽根木「エルスール財団記念館 ~詩とダンスのミュージアム~」内ブックカフェ「エル・スール」

タイトル:野村眞里子の講座「スペインとフラメンコを知る」第11期3回目(通算52回目)「アレグリアスに魅せられて」

出演:出水宏輝(踊り)、川島桂子(歌)、北岸麻生(ギター)、野村眞里子(講義)

講座代:3500円+ドリンク代(300円~)

お申込み・お問い合わせ:info@elsurfoundation.com