2016年記録

テーマ:
{D38FD68C-CE93-4065-869D-513218519EEB}

★2016年の記録
出演:舞台3本(13公演) ライヴ2回 
作品:音源1作・絵31枚・書29枚+舞台美術300m
芸事収入(作品売上含):約42万円
概算延べ集客数:個人70人全体730人

※一旦全てを失い、ひとりで1から始めた本年。
しかしここ数年で一番良い年になり、結果も出せて一番忙しく充実した一年でした。

バンドから離れた今年は、例年のライヴハウスで沢山演っていた様な活動とは違い、
公演の数こそ少ないものの、その本番に向けて沢山の日時を掛けて稽古や打ち合わせを行いました。

舞台『鏡の翼』では書道+舞踏
舞台『Ultra Baroque』では舞踏+フレームドラム
舞台『少女仮面』では演技+コントラバス+DTM
『二才児+ホンダリョウ』ではエレキコントラバス
『春梵+ホンダリョウ』ではドラム+声

…という、結果それぞれに合わせて毎度様々な役割で出演する事になり、
全く未経験だった“舞踏”を教わり本番まで猛特訓する機会と、
これまでの自分の人生で培ってきたものを全て改めて努力して磨く機会の、
本当、努力と特訓と勉強の日々でした。

書道に関しても、年頭に『鏡の翼』が決まってから、今まで趣味程度だったのを本格的に練習、研究し直し、
筆まで自作して沢山書きました。

音源作品は提供したもの。
これは作詞、作曲、編曲、
演奏でギター、ベース、ドラム、シンセ、
レコーディングのエンジニアに歌入れの指導、
ミックスにマスタリング…と全部行い、
これもまた凄く拘った作品でした。

創ってる時は稽古期間と重なり大変だったけど楽しかったし、とても良いものが出来たと思うのですが、
作品の形態やその扱い、心の問題など色々と自分には納得いかないものになり、
それにもう売る企画も今月で終わっちゃったみたいで、
これは結局、苦労と残念な思い出しか残らない仕事になってしまいました。
でも頑張ってくれた人もいたからやり甲斐を感じた時もあったな。

総じて、自分の事、他人の事が色々と分かった年でした。

来年となる今後は何か余程面白そうな誘いがあれば考えるけど、
基本的にはしばらく人前に出ない事になると思います。

2016年お関わり頂きました皆様、
どうもありがとうございました。
良いお年を迎えましょう。

ホンダリョウ

※写真はダニエルさん撮影。
今年2月に『鏡の翼』宣伝美術用に由比ヶ浜にて。

絵画『サイレントナイト』

テーマ:

絵画

Silent Night

(サイレントナイト)


{A405B127-7872-42BD-8198-50FC83AB071D}

Created 2016.12.24 brash



これは、自分にしては少し異色だけど

やはり自分らしい表現で、とても良い絵が描けたと思っている。


所謂、淫靡なもの、夜の絡みなどを表現として描いたのだけれど

裸体や陰部などは描かず、

性の区別すらも表さずに

姿も性も時も見る者に全てを委ねるものを描いた。


こういう、裸体や陰部を描かずとも深い意味を含めて淫靡を表現出来る芸術家、挑戦出来る芸術家が今の日本で少ない上に、

その様な芸術家は現代あまり評価もされず、悲しい。

そういう意味では、自分は正統派な芸術家だと思っている。


とはいえ、舌を描くのを物凄く丁寧に、技術を駆使してしっかりリアルに描く所や、

舌の形をハート型に成り立たせている部分などは、少なくとも自分の中ではポップで親切な、律儀な部分なのである。




ホンダリョウより。