湘南地方昨日の夜中、ものすごい風でしたね。
よっぽどのことがないと夜中に目は覚めない方なのですが、昨夜は何回も起きてしまい今日は寝不足で目がしょぼしょぼしてます。

湘南茅ヶ崎「atelier AI アトリエアイ」by 藍プランニング㈱のsachiです。



昨日、近所の公民館で「カメラ初心者さんのためのフォトレッスン」が開催され参加してきました。

ミラーレス一眼を購入してはや3年位たちますが
その間も写真講座なども受けに行って、そこそこ使えるようになってるんじゃないかと
初心者向けの講座じゃ物足りないかと思ったりもしたのですが


いやいや、自分、カメラのこと何も知らずに使っていたことがよーーーくわかりました。


一眼レフのこの機能を使うとなんとなくこんな写真が撮れるんじゃないか?というのはわかっていたけど、なんでそうなるかは全然わかってなかった叫び


それが昨日の講座で腑に落ちた!!感じ


絞りとか、シャッタースピードとか、ホワイトバランスとか、言葉は知っていたけどそれがなんなのかちゃんとわかってなかった。カメラにいろんなボタンがついていてもどんな機能なのかをちゃんとわからずに撮っていたんだー、ってことがわかっただけでも大満足合格






講師の絆Story写真館の福井さん⇒HPはコチラをクリック


講座の中で言ってらした言葉で印象的だったのが
「自分がどんな瞬間を残したいのか、その写真にどんなメッセージを残したいのかが大事」
「他の人が見たらよくわからん写真でも、そこにテーマだったり言葉だったりをつけることで作品になる」
「あとでアルバムを開いてみたときに背景に移ってる何気ないものが思い出になってる」

というようなことをおっしゃられていて


これってスクラップブッキングでアルバムを作る時に講師の佐藤先生がよく言ってる言葉と同じだなーと思ったわけだ。
デジカメで写真が誰でも簡単に撮れてしまう時代、昔に比べて写真に対する思い入れも薄れて行ってしまってるのでは?と感じてしまいます。何のために写真を撮ってそれを残すのか?


パソコンのデータにしまいっぱなしじゃなくて、ちゃんとプリントアウトしてアルバムに残す。そしてそのアルバムをしまいこまずに時々家族で見て、あの時こうだったね、こんなことがあったねー、と思い出す。そんな時間のために写真はあるのかな?

みんなアルバムつくろーよー(^O^)/


今月からの予定はこちら

「ハロウインキャンディボックス作り」

10月3日(土) 9:30~12:30
会 場:松浪コミュニティセンター2F第1・2会議室
参加費:100円+材料キット代250円
持ち物:のり・作品を入れる袋

「大人のための
スクラップブッキング教室」   
  
 

10月6日(火)・7日(水)
11月10日(火)・11日(水)
12月1日(火)・(水)

     各日とも 10:00~12:00

定 員: 6名
参加費: お1人650円
持ち物: 写真15枚くらい・のり・はさみ

お申し込み・お問い合わせは sachi@ai-pla.com まで。


来週はフォトレッスンの後編。宿題ありーの撮影会ありーので今からワクワク。
素敵な写真を撮るには、たくさん写真を撮ることですって。
カメラ片手にでかけるぞーーー(^O^)/


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ
にほんブログ村

AD