☆オーラソーマと九星氣学風水☆ ココロの色鉛筆

☆オーラソーマと九星氣学風水☆ ココロの色鉛筆

オーラソーマ®カラーケアコンサルタント&九星氣学講師、関 羽澄季のブログです。
ご訪問ありがとうございます。
日々感じることを大切に、意識的に生きていきたい。
休日は、美味しいコーヒーのあるカフェと、浦和レッズの試合があるところに出没。

毎月26日は「オーラソーマDAY」です。

今月は、カラーではなくボトルになりました。

 

5月14日正午 オーラソーマの119番めの新しいボトルが誕生しました!

B118「エコー」

ペールコーラルとペールバイオレットの組み合わせ。

 

現在、毎週木曜日の20時(日本時間・イギリスは正午)から、

オーラソーマのマイク学長による、グローバル・メディテーション(瞑想会)がオンラインで行われていますが、

新ボトル誕生のニュースは、そのグローバル・メディテーションの時にもたらされました。

画面越しにみた「エコー」は、とても美しく、思わずため息がもれました。

 

「エコー」の配色が上下逆になったボトルは、B98「大天使サンダルフォン」

ペールバイオレット/ペールコーラル

このボトルは、マイクが、

オーラソーマの創始者ヴィッキー・ウォールの長年のパートナーだったマーガレット・コクベインと一緒に

散歩をしていたときに着想を得たといわれています。

B98のボトルが誕生した数ヶ月後にマーガレットが亡くなったため、マーガレットのボトルとも言われています。

 

B98のボトルは、B20のボトルのリターンジャーニー。

2020年である今年に、B98のボトルを想起させる配色のB118が誕生したことは、とても意味のあることだと思います。

 

昨年11月に生まれた、B117「パン」

このボトルが生まれた頃は、まだコロナのコの字もありませんでしたが、

パンは「パニック」という言葉の由来になった神様であり、「パンデミック」のパンでもあること、

そして、大きな痛みを伴ったこのグローバル・パンデミックから大きな変容が起こり、

それは美しい世界の誕生であることを、B118「エコー」は教えてくれると思います。

 

日本に入ってくるのはまだ先になるでしょうが、早く会いたいです。