なにか特別な石と出会いがあったのか、というと・・・

 

記憶をたどっても、そういう石とは出会っていない。

 

ただ、小学生のころから、スケッチの授業で河原に行くと、透明な石が落ちていないかと

よく探していたと思う。

 

そもそも。

どうして透明の石が気になったのかは謎。

 

当時は水晶とかクリスタルという言葉も知らなかったので、透明な石。

 

あれから数十年たち、いま私の部屋には、たくさんの透明な石、クリスタルが集まっている。