鶴のはばたき フィギュアスケート応援ブログ
  • 19Nov
    • ツルスカヤたん NHK杯EX

      冒頭のセリフで一瞬「まさか…もはや我々にエテリから逃れる術はないのか…!!」となりかけましたが、最後まで見たらものすごく素敵なEXでした(?)小道具のランプの色が絶妙すぎるっ(*^O^*)緑のランプって普通あまりないと思うんですが、ここでその色を選んでくるセンスが凄いと思いました。黒×緑の組合せってジェーニャ(プル)の初演ニジンスキーといい、言葉で言い表せないような何かがある気がします。黒×赤はひりひり熱くて毒々しい、黒×青は全てを吸い込むような静謐、などの形容詞が思いつくんですが、黒×緑はどうも言葉が浮かばず、それなのにどうしようもなく心惹かれるのがあるのが不思議です。あえて言うなら魔術的、凄みがある、とかになるのですが、緑それ自体には魔術的で凄みがある雰囲気をほとんど感じないのに黒を合わせるとそうなるのがこれまた不思議。ともあれこの色合わせ、大好き…ランプを持っている間はランプを動かすでもなくただ胸の前に据え、手以外だけを動かして滑っていますが、なんだか新鮮でいいです。ツルスカヤたんの所作は腕遣いが特徴的だなあと思ってたんですが、こうして見てみるとフリーレッグの使い方やスケーティングも特徴的というか、独特のエフォートレスな感じがしっかりとあります。ここからは好きな振付が多いのでGIFで('ω')両手ひらひら。前言撤回、やっぱりツルスカヤたんの特徴はまず何より腕遣い。前も書きましたが、彼女の腕は何となくキムヨナっぽくもあります。ツルスカヤたんの腕ってマジで、風にたなびくような水にたゆたうようなしなやかさですね…FSの3Lz+3T後にもLFIで滑る部分がありましたが、腕の動きのせいかFSの方がより鋭い印象で、こちらは優しい印象になってる気がします。ダブルふわり。ツルスカヤたんの腕から大きな大きな世界が広がっていくのが見えるぞ…フリーレッグの柔らかな動きと、腕のラフな動きの組み合わせが何とも言えない。このラフさがここからの力強い歌声に似合ってると思います。足元のぎゅって感じがいいですね。腕を下ろす時の力強さも♪SPのStSqの上半身反らす振付もこんな感じでやってほしいです。SPはあえてカクっとした感じにしてるのかもしれませんが。https://gifmagazine.net/post_images/1301531(容量オーバーのためリンクで)ロングスパイラル!!!ChSqかどこかでやってくれよ!!!!!これやったら絶対ChSqのGOE伸びると思う…どうでもいいですが、アラベスクスパイラルを右足軸でやる選手って何気に珍しい(たぶん)ですね。FSのLSp前の振付もこんな感じで(ry次のスピンに上手くつながらず流れが途切れてしまってるのはあれですが、この動き自体は、何かが溢れ出るようで本当に美しいです。https://gifmagazine.net/post_images/1301537(これもリンクで)スーパーウインドミルタイム。試合のスピンからウインドミルがなくなってしまった腹いせか(?)それにしてもツルスカヤたんのウインドミルって深いし速いし滑らかだし、何よりこんだけ回っても全然軸がぶれないんですね…構成上やむを得ないっぽいとはいえ、試合で見られないのは残念です。いっそChSqにコレオスピンとして入れてくれてもいいのよ??この佇まいである。彼女は、微妙な柔らかい動きがすごく上手いと思います。このEX、試合よりずっと動きがリラックスしてて、所作の美しさもスケーティングの伸びもバリバリ増しているように見えました(現地でご覧になった方もおっしゃってるので間違いなくそうなのだろう)。そして、今までに見たことがないツルスカヤたんでした。個人的に今季の演技、特にFSの後半はいまいち音楽を表現しきれてない?ように見えていて、怪我からの復帰でジャンプを戻すのも大変だろうし表現にまで手が回ってない部分もあるのかな、それに大体まだシニアデビューしたばかりなのだし…などと思っていたためこのEXを見てビビりましたw試合の演技は緊張感やエレメンツに注意が集中することに加え、FSはおそらくスタミナ面で難しいところがあるのではないかと思いますが、このPCS面での進化をぜひ試合で発揮できてほしいです。なんかこのEXを見て、今まであまり見えてこなかったFSの完成形みたいなものの片鱗が見えた気がします。そういえばフェブラリーの完成形も見てみたかったなあ…正直フェブラリーにもどこか「表現しきれてなさ」みたいなのを感じてたんですが、やはり試合の緊張感+スタミナ面、が大きかったのですかね。

      36
      テーマ:
  • 14Nov
    • ツルスカヤたん NHK杯FS

      ツルスカヤたん、GPSデビューで表彰台、おめでとう!!えーまあまず何と言っても、「ラーーヴ、、イズビューティフォー…」ですかね。はい。何とも言えないね!これまでのツルスカヤたんFSの動画が毎回最初が切れてたのはこういうことだったのか!と思いきやフォロワーからの報告によるとこれは今回追加されたものらしく、毎回最初が切れてた理由はやっぱりよく分かりません。個人的にこれ、あってもなくてもいい感が半端ないですwあった方がいい!とは全く思わないwのに絶対ない方がいいとまでは感じないこの中途半端な…3Lz+3Tは初見ではUR気味か?と思ったんですが、よく見たら単に着氷がURっぽいだけでちゃんと回りきってますねwこの辺が回転不足判定の難しいところです。3Fはeも!もつきませんでした!よしっ。さてここから、予想外の曲変更。編曲を変更したのは、1曲目~2曲目の繋ぎは自然でそこはいいと思うんですが、2曲目~3曲目の繋ぎが微妙、1曲目がちょっと短すぎて存在感が薄れてしまってる、私の中にあった1曲目=甘美なる死で2曲目=苦しみに満ちた人生という対比が崩れてしまう等の理由により、個人的には前の方が良かった派です。とはいえ、ツルスカヤたんが今後神演技でもすれば一瞬で手のひらを返しそうな予感がしますけど。いやでもやっぱり前の編曲の方がよかったかなあ…FCCoSpは質のいいスピンに見えるのですが、プロトコルを見ると加点は0.5。個人的にツルスカヤたんのスピンは全体的にもっと加点がついてもおかしくないと思うので、ジャッジの皆様お頼み申しますぞ(*'ω'*)/ChSqは予想通りというべきか、少々しょっぱいGOE0.9。スピードやスケーティングの滑らかさはありますがやはり薄味感はあります。それでも編曲変更前はむしろその恬淡とした感じが音楽に合っていましたが、もっとエモーショナルなニュアンスの曲に変わったので、気兼ねなく?振付変更を希望します。時々思うんですけど、表現力がありプログラムも凝っている選手がChSqの振付が薄い、よって加点もしょっぱい、という場合があるのってどうしてなんですかね?w2A+3T+2Tはめでたく後半判定\(^o^)/はっ…冒頭にラーーヴ、、イズビューティフォーを加えたのはもしかしてこのためか!?(※FSの秒数カウントは動き始めてかららしいので違います)改めて見直すと、最初の3Lz+3Tというよりは、2A+3T+2Tの+3Tと単独3LzがUR気味に見えますね。ツルスカヤたんは回転不足に無縁と評されることもありますが、ディレイジャンプであることもあり、実際そうでもないと思います(とはいえ相対的には少ない方)。後半のエッジジャンプが連続する部分は、盛り上がる部分にしてはちょっと見どころが少ないのが気になります。たぶんエッジジャンプはディレイも流れも出しにくいのでしょうし、ジャンプ前後のつなぎも少なく、ジャンプ前後以外のつなぎもセーブ気味。つなぎが少ない方が優雅さ・雄大さは出しやすそうなので、調子が上がってスタミナがさらに戻ってくればもっと良さが見えてきそうですが、ジャンプ前後のつなぎは加点に関わるしもう少しあった方が良さそうかも。ツルスカヤたんのジャンプの加点がダイナミックさ・ディレイの割にそこまで伸びない(主観)のは、前後のつなぎの少なさがあるのではないかと思います。StSqは動きの大きさ、いい意味での力みが音楽に合っています。ツルスカヤたんの凄さの1つは力みがないままで大きく明確な動きができるところだと思うのですが、この力強い音楽に羽衣のような軽い動きは合わないからか、このStSqでは足元も腕もかなりぐいぐいと力のこもった動きになっているように見えます。ツルスカヤたんってどこまで変幻自在なんですかね。。。LSp前のポージング、前よりしっかり決まっている!(たぶん)嬉しい。でもラストはもうちょいしっかり決めてね!「ラーヴ、、イズビューティフォー…」事件があったとはいえ、GPS初出場&表彰台、嬉しいです。スケアメもダバイだぜっツルスカヤたん!また、今回のツルスカヤたんはEXの表現がFS以上に素晴らしかったため、これも記事を書こうと思います。試合ではまだ出し切れていない、ツルスカヤたんのPCS面での進化が見えるEXでした…

      6
      テーマ:
  • 10Nov
    • ツルスカヤたん NHK杯SP

      ツルスカヤたんっ、2番滑走にして70点越え(*^▽^*)冒頭の、頭と肩を反らす→RFIブラケット以降の振付、全体的に前にずらしましたかね?元の方が音に合っててよかったんだけどなあ、と最初は思ったんですが、もうちょっと後まで見てその分FCSp後の時間が増え振付が追加されてることが分かりました。そしてこの追加振付がすんばらしかったため、この件については不問ということで(?)3Lz+3T、ディレイがめっちゃ復活している!!!正直ビビりました。昨季はこの4分の1くらいしかディレイしてなかった覚えがあるし、昨昨季もたぶんこの半分~3分の2くらい、ディレイを始めたシーズンである昨昨昨季は半分~思いっきりやってる時でちょうどこのくらい、だったような?つまり、全盛期かそれ以上のレベルのディレイだと感じました(何を全盛期とするかはともかくw)。まあ私のディレイ眼はツルスカヤたんのディレイジャンプを浴びるほど見た結果曇っちゃってることを自認しているため、どの程度のディレイかちゃんと見極められている自信はありませんが、ともあれ「めっちゃディレイやん!」という印象。ギリギリ気味とはいえ回転も足りているし。明確なディレイなんだからもっと加点してくれよ~とも思いますが、着氷がいまいち流れなかったのが原因でしょうか?例のFCSp後の振付、音に合わせてつつっと足踏み→真っ直ぐすーっと下がる…この流れが素晴らしすぎて、おおっとなりました。つつっという足踏みがとにかく印象的ですし、ひょうたんを描いて下がる振付よりこちらの方が神秘的で静謐な雰囲気になっている気がします。確認したらロシアカップ第3戦の時既にひょうたんを描かず真っ直ぐ下がる振付になっていましたがw、今回は横からのアングルなので余計印象が強まったんだと思います。はっとするような振付だと感じました。StSqはレベル3だったようなのが残念です。今回特に動きが悪かったようには感じませんでしたが加点もいまいちですし、ぜひ改善してほしいところ。3Loと2Aも明確なディレイですね!明確なディレイなんだからもっと加点(ry 3Lo後はもっと思いっきりフリーレッグ振り上げてもいいのよツルスカヤたん?CCoSpはこの構成だとどうも流れが悪い印象ですが、単に慣れてないだけかもしれません。LSpはもっと回転を速くできそうな感じでしたが、最後の余韻は間の取り方といい手足のポジションといい、素晴らしかったと思います。ラストに向く方向を変更しましたが、フィニッシュポーズを取る前の背中の寂しげな雰囲気と、フィニッシュポーズで狂気の笑みを浮かべた顔面がいきなり突きつけられる感じが凄く良いと思います。というかしっくり来ます。今までどうしてこっちじゃなかったんだろう?いやむしろ今までもこれだったよね?というようなw復調、とりわけディレイの復調が思った以上で凄く嬉しいです!TESもPCSも絶対にまだまだ伸ばせますし、このまま復調していけばオリンピック代表、そしてオリンピックでの活躍も期待できそうだと思います。まずはFSダバイ(*'ω'*)!!体力が戻っていますように。

      9
      テーマ:
  • 19Oct
    • ツルスカヤたん、復帰!(*'▽'*)!! FS編

      FSFS1曲目の音楽、曲名が発表された時は「これSPと似た感じの曲だけどどうなるんだ?」というのが正直な感想だったんですが、実際に滑ってるのを見たらかなり違う印象になってますね(;^O^A冒頭の動きは、SPのように同じ動きを左右対称に繰り返してる感じなのでしょうか?どのような意図があるか気になります。そのうちプログラム解説とかないかなあ。その2回繰り返した対称な動き、2回目の動きの後の幾何学的な動き、曲線と直線という違いこそあれどちらも機械的な印象ですが、やっぱり彼女にはこういう機械的で、正確性と事もなげな雰囲気が求められる振付が似合うと思います。定規を引いたように動こうと思えばぎこちなさや力みが出てきそうなところをあくまでエフォートレスなので、そこに単なる正確な美しさだけでなく、数学的な美を思わせる底知れない神秘性が生まれているような。ツルスカヤたんは腕が白くて細くて長く、しかも動きにくたっとした脱力感が強いなので(キムヨナに似てる)、ノースリーブ衣装だとその儚さ、頼りなさ、か細さが際立ちます。黒衣装なので尚更白さが目立つし。この生白いアンドロイドの腕のような感じが、このFS前半の雰囲気を作ってる気がしますね(その生白いアンドロイドの腕が、後半になると一生懸命に腕を伸ばして生きようとする少女の腕に変わるわけですが)LFOロッカーの音ハメっぷり、左足でのターンと左腕との連動っぷり、良いです。3Lz+3Tの出でのインイナバウアーが何かを引きずるような低いヴァイオリンと凄く合っています。そしてその引きずり感と対照的な、LFIでの滑らかすぎるスケーティング!半分に折った紙にカッターを挟んですーっと切っていく、あの感じw3Fは軸が完全に内側に入っててちょっと心配ですね。3Fの軸が内側に入りがちなのは前からですが、うーん…改善していってほしいです。FCCoSpはレベル3だったようですが、たぶん足替え後のアップライトフォワードが2回転してないと判断されたのでしょう。FCCoSpの後の、RFIブラケットに合わせた振付は、足と上体の動きの連動っぷりは良いのですがブラケットターン自体が微妙なので修正してほしいところです。CCoSp2はハーフビールマンとブロークンレッグの回転が足りなそう。出でのリズミカルなホップから口を押えるような振付…かわいいいいいいいいいい!これは何らかの萌えポイント…???ChSqは長く大きなMIFがあるわけでも華やかなステップがあるわけでもなく薄味に見えますが、この薄味さがむしろ心憎いような微妙な味わいを作っている気がします。2A+2T+2Tが前半カウントになってるのはたぶん若干跳ぶのが早かっただけだと思うんですが、この位置に置いていること自体が謎ですね。ここに2A+2T+2Tをおくくらいなら2A+3Tをここにおいた方が良さそうな気がしますが(現状はたぶん、後半3Lzに+3Tをつける形…かな?)、何か理由があるのかな。曲の切り替え部分の振付好きです。これまでは幾何学的かつ制御された動きが多かったのに、両腕を左右に広げて握り締める→首をそらすという流れは人間的な抑えきれない感情を感じさせ、本人の演技もしっかり切り替わっているし。でも滑り出してから上を見て両腕をすこーんと開くところは動きも表情も機械的で、この辺はちょっと謎ですね。後半のジャンプパートは、スタミナ切れ気味+ジャンプに意識が集中+そもそもまだあまり仕上がってない、って感じですね。Lz抜けと全体的に着氷がUR気味で流れが無いのが気になりましたが、ラストで+3Tをリカバリー?してギリギリとはいえ回り切ったのは素晴らしいです。で、StSq!スピードに乗ったディープエッジのターンと、ぶわわわわわっって感じのツイズル、激しい動きが音楽に合い過ぎです。もう終盤で結構スタミナ切れてると思うんですが、ツルスカヤたんの歴代StSqで一番荒ぶってるような。勿論StSqの作風?の違いがあるのは分かっていますけどそれにしても凄いですし、単に気持ちが入ってるというより足元のダイナミックさも過去最高に見えます。全く新しいツルスカヤたんを見ることができてうれしい。。。ただ、LSpの直前の振付はもっとがっつりやってほしいですかね。ラストポーズが曲の変わり目のポーズと同じなの、どんな意味があるんでしょうねえ。前半と後半の曲が全然違う雰囲気なのに最後のポーズは同じとなると、ますます気になります。新FSが思った以上に新境地、そして解釈のしがいがありそうなプログラムなので凄く嬉しいですし、今後完成形が見られるかもしれないのが楽しみです。そしてジャンプの調子を、完成度・ディレイともに取り戻していってほしい…あとスピンステップのレベルも忘れずにねっ!エテリんなら忘れるわけが無さそうですがw五輪シーズン、怪我無く終わることを願います。うーん、よく考えたら彼女、まだシニアデビューしてないんですよねw今シーズンも、これからも活躍してほしいです。ツルスカヤたんダバイ!(*''▽'')

      9
      テーマ:
  • 17Oct
    • ツルスカヤたん、復帰(*'▽'*)!! SP編

      ロシアカップ第2戦にて、ツルスカヤたんっ!がっ!復帰いたしました(*''▽'')SP継続プロです。いやもう神プロなんで。空中に絵を描き滑り出してからの、肩と首と腕を使ったくにゃ…が何だかとても色っぽい。3Lz+3Tは前復帰した時と同じくほぼディレイ無しになっていますが、そのおかげでLzの軸のきれいさ、スムーズな回転が際立っています。+3Tは流れはいまいちとはいえ回転は足りているっぽいですね。3Lz+3T着氷後にRFIで滑りながら手を伸ばすところ、もっとふわっと流れる感じから間を取る→手にピッと力を入れる(+視線をしっかり上げる)という流れに変わっていて、一連の流れとしてさりげなく終わるのではなく一瞬緊張感が走る感じになってると思います。StSqはエッジ運びのまろやかさや流れ、洗練具合が凄いなあと思いました。冒頭の3連ディフィカルトのふわふわぐいぐい進んでいく感じとかたまりません。メレンゲの上をそうっと進んでいるかのよう。中盤のフォアクロスの後のチョクトーが、RFO-LBIからLFI-RBOに変わってますね。たぶんレベル取りのためなんでしょうが、独創性も増しているように見えます。その直後の腕をぎゅっとする振付が楔を打ち込むように鋭くて、流れるように柔らかいエッジワーク・所作と対照的でメリハリがついていて良いです。その後の、片足を幾何学的に上げる振付も然り。ラストのLFOスリー→LBIロッカー→LFIカウンターの部分、カウンター後にLBIに乗ってる時に口に手をかざす振付が無くなってるのが残念ですね。また変更してくれたりしないかな(・∀・)3Loは高さがやや減っちゃったようにも見えますが、難しく複雑な入りはそのままで回転もとてもきれいです。着氷時のフリーレッグは、以前のようにもっと高く上げてほしいです。きれいに跳べているのだからバランスを崩すこともないでしょうし。3Lo着氷後、冒頭のマイムと同じように右手を上げる→真っ直ぐ下げつつ視線も移動させる、という振付があることに初めて気付きました。ツルスカヤたんが素晴らしい目力でこちらを見つめてくれたおかげです。彼女が(自分自身に)絵を描いていることを表現してるのだろうか。2Aの入りが変更になっています。前の入りの方がたぶん独創的だし、足をふわっとY字に上げる動きなど凄く好きだったんですが、ブラケットからの入りをやめるとなるとY字足上げも流れの都合上無くすしかなかったんですかね。しかしその直後もっと驚きの変更!CCoSpにウインドミルが無い!たぶんこれは、LSpからビールマンを無くしたい→ビールマンの代わりのレベル要件としてLSpを難しい入りに→CCoSpを難しい入りにできない→足替え前の部分にウインドミル以外のレベル要件が必要→彼女の場合シット難ポジとアップライト難ポジはこれまで全て左足で行ってきていて、右足で使える難ポジはキャメル難ポジくらい→でもFCSpを使ってるのでキャメル難ポジはアップワードしか残ってない→キャメルアップワード使う→ウインドミルと自然につなげにくい→ウインドミル変更ということでしょうか。かなしい。でもこのNBPは自然に回れるポジションっぽいし、ウインドミルの場合とそんなにGOEは変わらなそうです。あと、ウインドミルの前のノーマルキャメルって回転ギリギリになりがちなイメージなんですが(本当にイメージで、実際に足りなくなった選手は見たことないw)、難ポジなら意識してしっかり回れそう。何となく。最後のビールマンを無くしたのは本当にいい選択だと思います。怪我が心配ですし、GOE的にも曲調的にもビールマンが無い方が明らかにいいです。FSの感想もたぶんこの調子だよ(*'ω'*)

      6
      テーマ:
  • 13Oct
    • エテリん・ザ・ビューティー

      ロシアの雑誌「フィギュアスケートの世界」で、エテリ・トゥトベリーゼコーチのクラブであるサンボ・クリスタルが特集されたようなのですがhttp://www.fsrussia.ru/files/mfk_magazine/wfk_10_2017.pdfやけに麗しいエテリんの写真がいくつも入っていたので(28ページ目から)、スクショしました。(  ゚ ▽ ゚ ;)!?エテリんファンである私も、流石にこんなに美しいとは知らなかった…というか十字架つけて若葉を手にしているところまでスクショしたいんですがパソコンの画面の大きさ上できない…というわけで一旦ページ指定で印刷→再びスキャンしました清純派ですね:*:・('ω')・:*: 瞳がどこまでも澄み切っておいでだ…エテリんの髪色と肌色って絶妙ですよね。ブロンド×日焼けはセレブの定番スタイル、しかも髪型はゴージャスなソバージュなのに、それでいてシンプルな服装がよく似合っていて緑豊かな風景と十字架ペンダントが似合うという。うーん不思議なオーラ。この画像も印刷→スキャンしたかったですがインクが残り僅かということで諦めました。上の画像以上に変なところで切れてしまった…エテリんは都会的でクールなイメージの女性ですが、時々この写真のような、凄く母性的で包み込むような優しい表情をする気がします。どう見てもモデルか女優にしか見えないエテリんです。びっくり顔気味(?)のエテリん。私の中のエテリんのイメージは大体こんな感じです。逞しくて独立独歩で堂々とした、でもどこかスキがあって親しみやすい女性。素敵な写真がたくさん見られて幸せです。ツルスカヤたんやメドちゃんやリーナやシェルバコワや…うん多いな!やっぱ凄い!とにかく、今後も皆を頼みますよエテリん!

      18
      テーマ:
  • 02Oct
    • タラカノワたん、JGPS2戦目

      タラカノワたんっ(T▽T;)SP3F+3Tは初戦とほぼ同じクオリティで決めました。FSSpのリザーブパンケーキのポジションが、頭が下を向いたポジから上を向いたポジに変わってます。意図はさしもの自称スピンマニアな私にも分かりませんが、エテリ組のスピンの細かいポジション変更は大好物です。StSqは相変わらず凄いディープエッジですが1:18でバランス崩してるし、やはりあまりコントロールが効いていなかった?3Lz()は、角度的によく見えませんが軸が外に傾いたのかもしれません。この辺もまた危なっかしいなあとは思ってたんですが、案の定FSで(以下略)あと着氷後の振付もちょっと上の空に見えます。LSp前のスリーターンしながらぐいーんは初戦より勢いがなくて残念です。2:41の天を仰ぐ振付、何となく噛み合ってない?印象。いやでもアングルのせいかな?まあSPから色々気配はあったわけですが、まあ…うんFS最初の3Lz()、どういうコケ方やねん!?途中でタケノコほどいちゃってるし!タイミングが合わなかったんですかね。というかこれDGの可能性が高かったと思うんですが、URでよかった。これは初戦からそうですけど、SPとFSでブロークンレッグのポジが違うのってどういう意図なんでしょう?意図はさしもの自称スピンマニアな以下同文。StSqは躓きは無かったものの、1:58のRFIカウンターとかターン後にエッジがズルッと滑ってしまってるような。でも微妙なところだし先入観かも。3Lz()+1Lo+2Sの後の音ハメRFIブラケット、初戦からこうなのでたぶん振付なんでしょうけどなんか「思ったより音が来るのが早くてビビッて慌てた」感が凄いですwこの辺から頑張れー感がますます強く…+3Tリカバリーは頑張りましたが、URで転倒してしまいました。アーニャのようなバターンとした転倒でちょっと怖い。この先の安定感の行方も怖い。3Loの軸のズレ方もアーニャ的豪快さですね。よく着氷したなあと思います。2つ目の3FはURに近かったですがギリギリ?取られませんでした。2A+2T)リカバリーとかは割と冷静だったと思います。3S跳べばよかったのにと思わなくもありませんが、ここで変更したら悪い方に転ぶ(文字通り)可能性もあったわけで。CCoSpのキャメルでのレベル取り、チェンジエッジからハーフビールマンに変更になりました。うーんでも回転速度的にチェンジエッジの方がよさそう?最後はリザーブパンケーキやる前にアップライトに入ってしまいました。アップライトをあれだけ回る時間があるならリザーブパンケーキを回った方が良かったのではと思いつつ、アップライトを回らないと基本姿勢が足りなくなるし、両方できればなおいいけどとりあえずは安全策?を取りアップライトを優先したってことですかね。ビールマンはきっちりポジションに入れませんでした…最後のバッ!の勢いの良さが何だかタラカノワたんらしかったです。残念な結果ではありますが、初戦も危なっかしいといえば危なっかしかったし、元よりタラカノワたんはこんな感じだった気もするし、安定感抜群のザギトワも昨季JGPSの2戦目ではFSで自爆したわけで、タラカノワたんもファイナルやその後の大会では調子を取り戻してほしいです。彼女にはそれができる、とも思います。願わくば少しずつ安定感を高めていけるといいのですが。ダバイ、タラカノワたん!!

      11
      テーマ:
  • 23Sep
    • オンドレイ・ネペラ杯 メドベデワSP

      メドちゃんの今季のプロ、SPもFSもめっちゃ良くねえか!?とテススケ時から思ってましたが、試合で改めて見てみたらやっぱり神でした。まず動き出しの自然さが最高ですね。エフォートレスにすーっと、ふわりと上がる両手と左足。動き出しが音楽の始まりより早いおかげで手足が上がるタイミングがぴったり音に合っていて、とても気持ちいいです。ド↑に合わせたRFOロッカー、ディフィカルトターンとはとても思えないほど柔らかくて、羽ばたくような腕の動きと凄く合っています。柔らかくて目立たないディフィカルトターンや、力強くてターン自体が目立っているものは時々見ますが、柔らかい+ターン自体が目立っている、って稀有だと思います。FCSpの入りのバタフライは、着氷だけでなく直前のトウアラビアンも音ハメになっています。ハーフビールマンのほどき方がしとっ…としてて素敵。StSqについてはGIFで。https://gifmagazine.net/post_images/1287522(リンクからGIF見れます)ホップまでの溜め、ホップ後の柔らかく弾むようなリズミカルな所作、ツイズル→カウンターでの音ハメ…独創的な組み合わせ。RBOループってアクセントとして最高ですよね。チョクトーからのダブルスリー。ダブルスリーのふんわり感よ。音ハメしながらくるくる。最後の成り行きに任せたような力が抜けたスリーが凄いです。前述したロッカーやダブルスリーといい、メドちゃんはこういうターンを身に着けたのだろうか。( ̄Oノ ̄)カンウェン♪後半3F+3T、以前より難度を上げてきてますね。両方タケノコにしたのは勿論なのですが、以前はステップが無かった助走部分にLFOロッカーを入れてきています。これで3F+3Tをもう少し前にして音楽が最も高ぶる部分にハメられればもっと良いのではとも思うんですが、3F+3Tを後半にするためには仕方ないだろうし、これはこれで音ハメになっていると思います。3F+3T後の動き、複雑かつ美しすぎるのでついGIF作りました。美しく複雑な動きだし、どこか揺れ動くようなニュアンスになっているのが良いなあと思います。イーグルからのイナバウアーは、上半身と下半身の動きがややズレていて(顔と両腕を戻すより先に足のイナバウアー姿勢をほどいている)顔と両腕を「残す」形になっている、そのズレがかえって自然さを生んでいる気がします。RBOカウンター→スリー→3Loの流れは完全に音ハメで凄い。しかも3Loはタケノコという。ただプレパレーションとジャンプ自体がきれいに音楽に乗っているだけに、出のステップがあまり音ハメになっていないのが少し違和感あります。RBOツイズルなどだとヴァイオリンのトリルにもっと合いそうです。さりげない2AからするっとCCoSp。というかここの間短くありません!?いつもながらジャンプミスできない構成ですね。CCoSpは、ヴァイオリンの音がより細かい部分で回転が速い左足軸で回り、回転速度がやや遅くなる足替え後はヴァイオリンの音がゆったりになっているのが、偶然か意図的か分かりませんが凄いなあと思いました。I字スライドは以前はもっと1つの技に近い感じで慎重に行っていて、スリーターンで減速することもあり出来に毎回差があった気がしますが、もうすっかりプロのI字スライダーですね。天を仰ぐようなほどき方も音楽に合ってます。どうやら調子悪いというのは幻覚だったっぽいので、FSもSPと同じような、彼女らしい素晴らしい演技を期待します。

      5
      テーマ:
  • 10Sep
    • タラカノワたん、JGPS初出場初優勝おめでとう!

      遅くなりましたが、タラカノワたんJGPS優勝おめでとう!!我ながらほんとに超遅いね!!!SP非常にエテリみのある曲調とプログラム構成だったと思います。全体的な曲調と、StSq前の風の音と、StSq直前の曲の切り替えと入りのポーズ、終盤の盛り上がり方などが特にそれっぽいwでも決してタラカノワたんに対してちぐはぐということもなく、タラカノワたんらしさとエテリんらしさが打ち消しあわず溶け合ったプログラムではないでしょうか。昨シーズンまで助走も長く不安のあった3Fは前半に配置されていますが、助走は入りをスリーターンからスリーモホークに変更したこともあってか結構改善しています。よきよき。+3Tのフリーレッグの、スパーンでもなくふんわりでもなくするんとしなやかな上がり方が優雅です。緊張感がありテンポ早目のビートが入ったこの曲、すごくタラカノワたんに似合ってます。嵐のようなスケーターだからこそ、この一見(一聴?)冷たく無機質な音楽の奥に秘められた「嵐の前の静けさ」というような要素をしっかり引き出せている。こういう、表面的な属性で見れば全然合わないように見えて、いざ混ぜてみたらむしろ今まで隠されていた双方の良さが引き出されるというの、好きです(もっともこの曲が彼女と全然合わない属性だとは思わないのですが、いかにもハマる感じでないのは確か)。StSqは質の高さも独創性もあり、躓きなどの減点要素も無いように見えるのに、加点がいまいちなのはなぜなんでしょう。FSは高い加点をもらえているだけに気になります。というかこのStSq、すいすいひょいひょいと進み具合が凄くてアメンボっぽいです。躊躇いのない美しい3Lz()の後の動きがドラマティックで情感豊かです。今まで凝固していたけれどようやく雪解けした感情が、清流へと姿を変えて流れ出したかのよう。2A後の溜めからのダンッ!→駆け出す動き、タラカノワたんにあまりにも似合い過ぎてます。何というか、違和感が全然無いwCCoSpに入る前のディープエッジも自然でありながらエネルギーに満ちてて、いいですね。腕の動きや表情も相俟って、ある意味その前のダンッ!以上に激しい情熱を感じます。先述した清流が、エッジが通った後から湧水のように溢れ出してきそうです。LSpはビールマンポジションもいいし回転速度も落ちない♪ダンッ!は悲劇的な情熱、CCoSp前のディープエッジはどこか突き抜けたような深い歓喜を表していたように見えますが、CCoSp後は再び悲劇的な表情に変わります。私が勝手に読み取っているだけかもですが、その辺の感情が揺らぐような表現もさすが。ピアノの低音のジャーン…ジャーン…が、力強く、重たく響きます。タラカノワたんのキャメルって本当に速いですよね。彼女は普通そんなに速くないポジションのスピンが回転速くて、凄いです。フィニッシュは、荒波を乗り越えて酸いも甘いも味わった人間の、もう何でも来い!という表情でしょうか。メドちゃんの昨季SPといい、エテリんは成長物語がお好きwしかし何でこういう表情が馴染むんだろう。たぶんこれがタラカノワたんの個性なんですね。ブルーの衣装も、「荒波」という言葉を上手い具合に?連想させます。このブルーが暖かく血が通って見えるのは、このブルー自体の力というより、彼女がそう見せているんだと思います。FSタラカノワたんのサラバンドとか神プロしかありえないヘ(゚∀゚*)ノブイブイ言わせてるぜ!と表現したくなるような最初の3Lz()+3T。フリーレッグの上げ方はSPと似ていながらも、こちらは「おっとっと勢い余って!」というニュアンスで実に爽快です。スローでふわっとした音楽の中で最初から最後までスピードの落ちないブンブンCCoSpという、そこのアンバランスさがまた魅力的。彼女だからうぉぉぉぉぉっ!って感じで回ってるように見えますが、回転自体はとてもスムーズですね。StSqは細かく繊細な1つ1つの動きをふんわり包み込むようなスケールの大きさが、この音楽にとても合っています。StSqの好きな動きを拾っていったら切りがないのですが、一番好きなのは最後のRBOツイズルかな。氷にくっついてるんだか浮いてるんだか…という微妙な雰囲気が何とも言えません。素晴らしいとはいえ全体的に若干音から遅れていた?のが残念なので、そこは次に期待。後半はやや散漫で力が入っていない印象があり、本来のスケールの大きさは出し切れてなかったように見えます。とはいえ彼女は存在自体がビッグなので(?)音楽についていけてない印象ではなく、「音楽についていけてはいるけどそれ以上は出来てない」感じですかね。とりあえずアクセルを踏んでハンドルを握って、扱い切れないこともなくコース通りに進めてはいるけれど、本当はもっとスピードも出せるし華麗なハンドルさばきも出来る。でも、こういうタイプの音楽を表現するにはコース通り乗りこなすだけでは足りず、音楽を完全に支配下に置く必要があると思うのです。それについては練習の方が出来ていたように見えるし(3Lz+1Lo+3Sと3F+2Tの間とか特に)、ジャンプにしろ着氷の危ないものがあったし、緊張で出し切れなかった部分もあったのでしょう。それにまだジュニアであることもあり、単純に成長途中で表現力が足りないという部分もある。今後、音楽を圧倒するような演技が見たいものです。彼女にはそのポテンシャルがあると思います。ステップから即座に跳んだ巻き足気味3Loの迫力が半端ないです。だからこそ独創的なチェック姿勢も活きている。ラストの2Aのハァッ!って感じの着氷も、彼女らしくてとても良いです。終盤のくせに高くて余裕なバタフライ、めっちゃかっこいいです。バタフライキャメルって結構難しいと思うんですけど。チェンジエッジでも絡まったようなキャノンボールでも勿論回転速度は落ちません。FCCoSpをほどく時左腕を肩からぐるっとする動きが芸術的な美しさ。LSpの直前に左手のひらを出す動きには、ここまで来た…!というような感動がこもっているように見えます。フィニッシュが勢い良すぎてうっかり後ろに転びそうで心配です。大事な試合でこけなければいいのですが(余計なお世話)FSの方はだいぶ緊張があったように見受けられるので、今後の試合に期待したいです。でもSPFSともに素晴らしいプログラム、素晴らしい演技だったと思います。ちなみにFS感想の中でリンクした練習動画で、タラカノワたんのジャンプとスケーティングの迫力の何たるかを知りました。いや迫力が凄いのは知ってたけど、それにしたって凄いです。とりわけ3Lz()の大きさよ。

      5
      テーマ:
  • 31Aug
    • ムホルトワたん復帰!

      ムホルトワたんが怪我から復帰したでアルヨオオオオオオオオオオオ≧(´▽`)≦というわけで私も復帰いたしました。曲はなんとくるみ割り人形のアダージョ!彼女には荒々しく激情的なプログラムがハマるイメージですが、迫力がありつつもあくまで可憐さや気品を求められるこのプロもしっかりハマっていますねえ。もっとも、彼女は激情的なプログラムを滑っている時でさえ所作は繊細で美しいのですが。冒頭からRBOループ、トウに乗ってくるんっ♪辺りまでが、お人形さんのような体型もあいまってとりわけ可憐です。軽いシャーロットスパイラルは、ゆったりした曲調ですしもう少しじっくり見せてくれてもいい気がします。RBIカウンター→インサイドイナバウアー、まるで花開くように滑らかでスケールが大きくて良い!ダブルスリーからの3Fは恐らくDGで転倒で、エッジも(横からなのでよく見えませんが)どうかなーって感じです。彼女はFは苦手そうだけどLoはそこまで苦手そうでもないので、ここは3Loに変えてきたりするかな?LBIロッカー→カウンター→LBI-RBO踏み替え→LFO踏み出し→LFO-RBOモホーク→3Lzは、それなりのステップからの3Lzになっていますがかなりきれいなジャンプです。UR気味ですが、それは復帰前からその傾向ですしw、これからもLzがこういう感じに決まってほしいです。CCoSpは構成こそ微妙(私の好みでは)ですが、出の優雅さが曲に合っています。音楽に合わせた2Aは軸が危なっかしかったもののきっちりまとめてきました。そして終盤、本領発揮のStSqです。アダージョのこの部分はほとんど暴力的なほどの(?)迫力を持っていて、しかも曲が進むにつれて容赦なく畳みかけてくるわけで、それを上品さや愛らしさをしっかり保ちつつStSqで表現するのは相当技量が必要だと思います。ムホルトワたんは気品と迫力と可憐さの値が全てMAXに達しているので勿論問題ありませんでした。ソー↑ファミレドーシラソー↓の最初のソー↑やシンバル?のジャーン!などのアクセントになりそうなポイントで、毎回違う方法で強烈な音をきっちり表現しているのが素敵です。強い表現を(違う方法であっても)何度も使うとしつこくなりがちだと思うんですが。そして、身体をいっぱいに使っているのに荒さや不調和な部分がなく、割と一本調子な曲調の中でも緩急を持って演じられていると思います。音楽が最高潮に達してるまさにその時、違和感なくスパッと挟み込まれるRBIループがかっこいいです。サブリミナル効果か、鳥が目の前を突然横切ったような感じ。StSqの後半、曲調が静かになった部分で演技を切り替えられているのがまた良いですね。腕使いの柔らかさが格段に増しています。何気に入っているRBOループ→ブラケットが凄い(昔のアーニャ以外にこれをやってる人は見たことがない)。ジャン!に合わせて振り返る演技は、オーソドックスながらまるで舞台やドラマを見ているかのようです。StSq序盤のツイズルで躓いたのはまあご愛敬(・∀・)LSpの直前に上体を反らせる所作もぐわーっとしててダイナミックで優雅。ラストを飾るにふさわしい安定したLSpでフィニッシュ。書いてて思ったんですが、ムホルトワたんの迫力と気品を兼ね備えた所作はジェーニャ(プル)に似ているような。コレこそが私の好みの真ん中ドストライクってわけですね分かりますあともう1つ書いてて思ったんですが、どういうわけかものすごく実況っぽくなってしまいました。もしかして、単に今気が付いたというだけでこれまでもそうだったのか?FSについてはまた後日書きます。とにかく、嬉しい復活です。例え国際大会の舞台に立つことがなくても、あるいは今後チャンスをつかむことがあるにしても、彼女の独創的で芸術的な演技をこれからも見たいです。ムホルトワたんが元気にスケートを続けられますように~!(*^▽^*)

      5
      テーマ:
  • 06May
    • 浅田真央「ピアノ協奏曲第2番」

      真央ちゃんの引退を知った時この記事を書こうと思ったんですが、いつもながらすっかり遅くなりました。五輪版ワールド版ジェーニャが引退するのは予測してた部分もありましたが、真央ちゃんが引退するとは思っていませんでした…ついつい、もうちょっとできたんじゃないか(Lzも矯正したし…)とか、もっと演技を見たかったと思ってしまいますが、本人が「悔いが無い」ときっぱり言えるのなら、それが一番いいことだと思います。今までお疲れ様でした!真央ちゃんの2013-2014FS「ピアノ協奏曲第2番」は、真央ちゃんのプログラムの中で「モスクワの鐘」の次に好きです。ついでに3番目は「ノクターン」。真央ちゃんって五輪シーズンに神プロ多すぎじゃありません?某皇帝とは大違…なんでもないこのプログラムの青い鳥風衣装は、ロシア民謡に登場する幸せの小鳩グルボーチカをイメージしてタラソワ先生がデザインしたもののようですが、「青い鳥」からチルチルとミチルの童話の方を連想した人は私だけじゃないと思います。童話の中で、青い鳥とは存在しないような幸福、理想的なものの象徴です。タラソワ先生が、童話の方の青い鳥の意味も込めてこの衣装にしたのか、それとも童話とは全く関係なく純粋にグルボーチカのイメージだけで作ったのか、それは分かりません。ただ、言及がないということはきっと後者なのでしょう。しかしこのプログラムや、あるいは真央ちゃん自身の歩んできた道を見ると、何となく童話の方の青い鳥も関係あるような気がしてなりません。バンクーバー~ソチで、真央ちゃんは6種8トリプルの完成を目指してきました(私がスケオタになったのは2015年1月なので、いつ頃目指し始めたのかは知らないのですが)。そしてそれは、青い鳥を追うようなものだったのではないでしょうか。20歳になってからジャンプとスケーティングの矯正を行い、+3Tや3Sや正しいLzを練習し、3Aを跳び続け、3F+3Loにも挑戦するというのは、1つ1つならばともかく、これら全てに同時に取り組むというのは、真央ちゃんがあれほど天才だからきっとできるだろうとも思えた(もし私が当時見ていれば)ものの、改めて言葉にしてみると凄まじいです。さらに言えば、真央ちゃん自身も理想主義者的な部分があり、自分にとっての理想、彼女の中にある青い鳥のイメージを大切にする選手だと思います。青い鳥を追い続けてきた真央ちゃんが集大成として挑む五輪シーズンのプログラムで、纏った青い鳥の衣装。童話「青い鳥」で、チルチルとミチルが苦労の末自分たちのすぐそばで青い鳥を見つけるのと同じように、真央ちゃんも幾多の苦しみを潜り抜け、ふと気がつくと理想はすぐそこにあった……つまり、彼女自身が既に理想=青い鳥そのものになっていた、というのが、この青い鳥衣装の意味ではないでしょうか。タラソワ先生の視点から言い直せば、真央ちゃんに青い鳥になってほしい=理想そのものの演技をしてほしい(「理想」というのは、普遍的な理想ではなく真央ちゃんにとっての理想です)という願いを込めての、この衣装なのだと思います。タラソワ先生の意図とも、元の童話自体の意味ともおそらく違うのは分かってますが、私の解釈はそんな感じです。衣装ではなくプログラム自体について言うと、具体的な内容やストーリーというより、「浅田真央のイデア」を抽象的に表現したような感じがします。単に私の洞察力不足かもしれませんが、あまり具体性は感じません。それこそ「青い鳥」という象徴を抽象化(?)しているように見えます。このプログラムでの神演技は五輪版とワールド版の2つありますが、五輪版には1人のスケーターが夢を叶えた瞬間を目の当たりにする感動があり、勇気と力を振り絞っているような悲壮感と無我夢中の熱狂が入り混じってあまりにもドラマティックな一方、ワールド版は最初から一貫して確信に満ち溢れており、また違った良さがあります。どちらも大好きです!好きな振付GIF↓(GIFは全て五輪版から切り取ったものです)冒頭、静かに顔を上げる両手を上げながら握りしめ、手を握ったまま方向転換行くぞ!しなやかに手を差し出し、何かをそっと引き寄せる気高く、たおやかに、夢見るような……ジャン!→微笑み、両手を広げて歩み寄るふわふわふわ左手のひらを胸の前に出すポーズと、エンジェルポーズ……どちらも「モスクワの鐘」に入っていたポーズ(「モスクワの鐘」の振付についてはこちらの記事・記事②を参照)両手を胸の前でクロスRBOでホップ→左手で空中の何かをつかむ両腕を広げてから結び、振り下ろす3Loの着氷で、アドリブで手を差し出すここのLBOスリー(前後に余計な部分が入ってます)リズミカルに走るRBIでホップ→小さくステップを踏むRFIスリー→両腕を結んで回すホップを挟んだ中腰ツイズル……これも「モスクワの鐘」に入っていた両手のひらを交互に胸の前に出し、LBO-LBIチェンジエッジに合わせて腕を動かす右手をひらりと回しながらRBIループ→両腕を広げるチョクトー×3→左手で空中の何かをつかむ(右手や顔の動き方もよい)コレオステップで駆け抜ける胸の内を吐き出すかのように右手のひらを出すドライヴ感のある音楽にぴったりの、引っ張られているようなアラベスクスパイラルかっこよすぎるラスト

      32
      テーマ:
  • 02May
    • ツルスカヤたんの怪我について 続報(?)+おまけ

      http://kurkuma.blog.fc2.com/blog-entry-2297.htmlツルスカヤたんの母上のインタビューです。ポリーナの母上はナターリヤさんとおっしゃるのですね。母上の話によると、ツルスカヤたんの現在の怪我は腰椎ヘルニアで、膝の怪我は遺伝によるものではないとのことです。また、現在ジャンプの練習はしていないが、それは出来ないというより必要がないからだと。エテリんのインタビューとは違いますが、なぜなのでしょう?ロシアだから?ジュニアワールドの演技ではビールマンがきつそうだったので、腰の怪我っぽくも見えますが、スタミナ切れともとれるし、腰椎ヘルニアだったらビールマンを最初から抜きそうな気もします。もっともそんな推理しても意味ないのは分かってるので、確かな情報が分かるまで待つしかありません……確かなことが分かったところで私にできることなど何もないんですけどね。ただこのインタビューは、そこまで重大ではないというニュアンスなので、そうであってほしい気持ちはあります。何はともあれ、ツルスカヤたんが一刻も早く健康を取り戻せますように。おまけノービス時代(2014-2015)のツルスカヤたんの素晴らしい3Lzエテリ門下になって最初に出た大会でだけ着ていた、2013-2014SP衣装(スクショしたらなんかえらい角度の画像が撮れた)この衣装は本当にお気に入り。この時しか着なかったのがちょっと残念ちなみにその時の演技はこちらその時のFS衣装はなかなかインパクト大で、これまたこの時しか着なかったのがちょっと残念。……いやホントだよ?演技はこちら私がスケオタになったのは2015年1月からなので、この頃からリアルタイムで見ていたわけではないのですが、この演技を見ても、ファンにはなったとしてもその後の成長は絶対に予想できないと確言できます。彼女独特の一枚ベールがかかったような控えめで仄暗いオーラは当時からあるんですけどね。

      8
      テーマ:
  • 29Apr
    • ツルスカヤたんの怪我について

      http://kurkuma.blog.fc2.com/blog-entry-2296.htmlツルスカヤたんが遺伝性の病気で膝の痛みを抱えているのは発表されていましたが、どうもかなり深刻な問題らしく……ジュニアワールドの時も深刻な状態だったようです。滑りを見て、何かあると分かってはいたものの、やはりそうだったと聞くと悲しいです。外骨腫というのはこういう病気らしいです→https://health.goo.ne.jp/medical/10970200エテリんがここまで言うということは、本当に困難な状態なんだろうと考えざるを得ません。彼女自身が滑ることを欲していて、望みを持っているうちはエテリチームも連盟もサポートする、という言葉には安心しましたが、これからどうなっていくのか心配です。なぜツルスカヤたんが、なぜスケートの天才が、という気持ちになってしまいます。深刻な状態にもかかわらずジュニアワールドに出たことを思うと、本当に無理しないで……と思いますが、その意志の強さこそがこれから彼女の支え、力になるだろうとも思います。どんな決断をしてどんな結果になるにせよ、ツルスカヤたんとエテリチームを信じています。

      9
      2
      テーマ:
  • 26Apr
    • シェルバコワ&トゥルソワのクワド!!!

      シェルバコワの4Tステップアウト回転はおそらく回りきってます。シェルバコワの4T+3T回転はもちろん回りきってます。トゥルソワの4S<+3T両足こちらは回転不足。ただ、可能性はありそうな整ったジャンプです。この記事によると、2人は来季FSで1つずつクワドを入れる予定だそうです。そして、4Tや4S以外にも、シェルバコワは4Lz、トゥルソワは3A(試合のEXで挑んで転倒した動画がありましたね)を練習しているのだとか。3Aは分かるけど4Lzって……wwクワド入れてもシェルバコワのFSはドリームキャッチャー継続であることを祈りましょう。

      8
      テーマ:
  • 23Apr
    • アンナ・シェルバコワ国内戦FS(神演技)

      すっかりブログ更新をサボってしまい申し訳ございません。真央ちゃんの記事なども書いてるのですがなかなかまとまらず…この「モスクワ連盟記念賞オープン」とやらはノービス選手がシーズン唯一ChSq入りのプログラムを滑る大会(たぶん)なのですが、ChSq入りドリームキャッチャーを死んでも見たかったので無事出てくれて本当に嬉しいです。プールに落ちて腕骨折したり交通渋滞に巻き込まれたりと大会に出られないことが続いてたのでwアーニャもご家族の皆様も、しっかりしいよ!今回はアングルが今までと違うので、アルプス一万尺的な手の動きを背中側から見ることができました。いや、だからどうってことはないんですが……ただ、今までの印象よりぐいっぐいっと押し込むような動きですね。今回から動かし方をちょっと変えた可能性もありますけど。これからプログラム解説記事を書く予定ですし、今まで散々振付についての感想は書いてきたので、ChSq以外の振付についての細かい言及はやめます。さて、今回初披露のChSqですが……最初の振付は、バニーホップをして片足を上げ両腕を前に出し上体を折る振付(説明が難しいw)。確かメドちゃんも昨季FS序盤で同じような動きを使ってましたが、メドちゃんが身体を折り曲げる部分は鋭くさらりとこなし、その後前に出した両腕をゆったり泳がせる、その「間」が印象的だったのに対し、シェルバコワは身体を折り曲げる動作そのものをじっくりと間を持たせて魅せていて、やはり似た振付でも演じる選手によって全く変わるんだなあと改めて思いました。シェルバコワのこの振付は、バニーホップで跳び、ももを上げて上体を曲げ、首を下に曲げ両腕を前に出し膝を伸ばす、という3段階に分かれているのがメドちゃんと違うところですね。メドちゃんの方はバニーホップの後、足を前に出して上体を曲げ首を下に曲げ両腕を前に出す、と全部一気に行っていて、2段階なので。この違いは2人の個性によるものなのか最初から振付師の指示が違ったのかは分かりませんが、それを差し引いても2人の振付のこなし方は全然違って見えます。メドちゃんの動きが、空中を漂っていた白いボールが不意に落ちてきて床の上を鋭く跳ね返り、そのままゆっくり上昇していく感じであるのに対し、シェルバコワの動きは香り袋をトンとたたいたら深い香りが小さくうごめいたような感じ。直線と曲線、あるいは近未来と自然みたいな。これはプログラム全体のイメージもそうだと思います。で、次はアラベスクスパイラルですよ皆さん……入りで腕と足がプルプルしてしまったのが惜しい!でもトップポジションに入ってからは美しく安定していました。斜め正面辺りから見た時、フリーレッグとスケーティングレッグがほぼ平行になってるのが痺れます。腕のポジションがまたいいんですよね……2つの平行線からややずらした右腕と、ほぼ直角の線を描いた左腕、ほんのり崩した左手の指先。全体的な線の細さも、このアラベスクポジションの個性を強めています。そして丁寧なRFOロッカーからY字スパイラル。Y字スパイラルの、足を上げた時ふわっと何かが広がる感じが大好きです。これはフォアインブラケットにも言えることですが。シェルバコワはフリーアームの使い方も上手いですね。アラベスクと違って長く保持しないのも何だか素敵。ここで両方長くキープするのは、確かにどちらも美しいし長く見たいんだけど、ちょっと野暮な気もするので。そして、シェルバコワが今回初めて挑み、この上ない質で成功させた、3Lz+3Lo……正直ChSq以上の衝撃でした。今まで見た3Lz+3Lo、いや、全て+3Loを含むジャンプの中で一番好きです。惚れ惚れするような美しさ。本当にこれが初挑戦……?(SPより前に実施される、プログラムではなくエレメンツのみを見る「エレメンツセクション」で挑んだことはあったようですが、動画がなく、私が目撃したのは初めてなので)まず、タノ3Lzの美しさ。彼女の3Lzは、助走でLBOにぐいーんと乗る部分の力強さと、上げている腕まで含めてきっちりと締まった軸が以前から大好きです。そして+3Loですが、今回の+3Loの何が美しいって、着氷でのフリーレッグの抜き方ですね。ほどけてから、身体の左側にある氷のすれすれをシャーッと鋭くかすめていく感じが美しい。これは+3Loに限ったことではなく、どのジャンプにおいても最も美しいと感じるフリーレッグの抜き方です。鋭く、爽やかで、潔くすらある。それ以外の美ポイントは、3Lzを回転不足なく降りた後に左足がぐいっと持ち上がって身体を引き上げていくところと、着氷後微動だにしない着氷足ですね。「芸術的な」ジャンプの条件って、先述した美しいフリーレッグの抜き方と、微動だにしない着氷足だと思うのです。技術とは関係ない話になってしまいますが。演技の他の部分については常々完璧なので言うことが特にありませんが、今回のアングルから見た2A+3Tの幅には驚かされました。つーか2Aの幅が凄い。着氷後のフリーレッグもねっとりと、何ものかを表現しまくってます。シェルバコワは2A+3Tはそれほど得意じゃない印象でしたが、ついに今回はセカンドをタケノコにしてきました。ChSqも3Lz+3Loも入ったのにさらに加えたということは、調子がよほどいいんでしょうか?マジ、JGPSに派遣してくれ……そしてエテリん、FSは継続で頼むよ!あとはラストの2Aの着氷もいつも以上に良かったですね。静かにすいーっと流れるフリーレッグともの言いたげな右手。カウンター、アラベスクスパイラルの流れも自然でした。彼女の4T動画と、「ドリームキャッチャー」というプログラム自体についての感想は、また別記事を書きます。

      5
      テーマ:
  • 08Apr
    • 世界選手権2017 女子SP+FS

      すっかり遅くなってしまいました。ワールドとは関係ないですけど、ジェーニャ(プル)がアデリナのコーチになるんですって…?いやー嬉しい!!ジェーニャとアデリナのタッグなんて想像もしていませんでしたwそれで「コーチとして平昌に行く」とあれほどはっきり言っていたんですね。そのタッグ自体も驚きかつ嬉しいですし、以前からジェーニャが指導した女子選手を見たかったので、そういう意味でも嬉しいです。どうなるか分かりませんが、上手くいくといいな≧(´▽`)≦ジェーニャ・メドベデワSP今まで気づかなかったのですが、FCSpは地味に音ハメしてるんですね。スピンのポジション変化による音ハメ大好きです。グバノワたん様の今季SPのFCSpや、真凜ちゃんの今季FSのFSSpなど…StSqの前半、3つ目のクラスターRBIロッカーカウンターループのところまでが音から遅れやすい傾向があり(その後は修正できることが多いのですが)、今回も若干遅れてはいましたが、それでもほぼ合っていたしロッカーカウンターループ後は完全に修正して音ハメできていました。初めてセカンド3Tにタケノコを導入しましたが、完璧に決めてきましたね!!むしろ今まで以上に完璧な着氷では?メドちゃんの+3Tは綺麗に決まった時は本当に美しいですよね。2Aの流れも良かったと思います。スピンは絶好調ではなかったように見えました。FCSpとCCoSpの片手I字、LSpのヘアカッターが今一つ遅かった気がします。LSpの回転速度については、この方が音楽に合ってると言えば合ってるのですが。ただCCoSpの足替え後キャメルはいつもより速くてきれいでした。そういえばLSpのヘアカッターポジションが元に戻ってますね。今までの紆余曲折は一体…FS最初の3F+3Tのセカンドは、SPとは違いタケノコではなくタノ。これでタケノコ・タノ・通常の3種類網羅ですね。3LzはLFI-RBIモホーク→RBI-RBOチェンジエッジをしてからRBO-LBO踏み替えをするとき、両足をついてバランスを整えるように変更しました。片足のままジャンプに入るのと両足でバランスを取ってから入るのでは難度が結構変わると言われるので、この方が踏切が安定するのだと思います。実際、今回の3Lzは余裕があってふんわり美しい!エッジもいつもよりクリーンに見えます。後半3Fはやや危なかったですね。踏切から着氷までさしてバランスが崩れてるようには見えず、回転もクリーンですけど、少し軸が内側に寄ってしまったのでしょうか?2A+2T+2Tは最後の+2Tがタケノコになりました。個人的に、2A+2T+2Tは全て空中姿勢が同じが良いと思ってたのですが、冒頭の3F+3Tがコンボ内で空中姿勢が同じだったので、代わりに2A+2T+2Tの方でコンボ内で変化をつけたのかもしれません。LSpのヘアカッター問題に続き、真相は闇の中again。3S+3Tはたぶん両方タケノコにする予定だったのでしょうが、6分間練習でも3Sの調子が微妙で(※メドちゃん比)、本番でも完璧な着氷ではなかったので、無理しなかったのでしょう。前々からこの3S+3Tは難しい入りにするかタノれば絶対加点増えるのに…と思ってただけに嬉しい!!私はサルコウ嫌いなのですが、メドちゃんの3S+3Tは好きです。というかメドちゃんのジャンプは、アングルによるものの基本的に全種、特に3Loが好みです。ChSqは加点が普段より多めについていたので、普段よりスピードがあったか表現が良かったのですかね。来季はChSqの軌道を変えてほしい。CCoSpの入りを変更しました。イリュージョン→足替えからの入り、超かっこいい!!足替え動作からのスピンはシェルバコワがやってて、それを見た時は特に何とも思わなかったのですが、イリュージョンからやると実におしゃれですね。以前のごく普通のバックエントランスより確実に独創的ですし、今回は少し音を外しましたがおそらく本来は音ハメもぴったりだと思います。LSpはやはり回転速度がいまいちでしたが、ビールマンポジションはきれいでした。エクストラ+3Tが無かったのはほっとした反面寂しいですが、プログラムの最後まで表現に徹して演じきったのは素晴らしいと思います。スポーツ的な演技、芸術性を強く意識した演技、その両方を1人で、1つのプログラムにおいて、1シーズンのうちに、ほぼ完璧な質で見せてくれたメドちゃんは本当に凄いです。安定感があるからこそできることですね…アーニャ・ポゴリラヤSP黒衣装のアーニャはやっぱり素敵…3Lz+3Tは、+3TがUR気味で加点はあまりつきませんでしたが、それでもしっかりと重みがあり整然として美しい(?)アーニャの+3Tの跳び方や、ジャンプ軸の感じが最近好きになってきました。CCoSpのI字、いつレベルを落とすか気が気じゃないし、毎回そこで回転が遅くなって間違いなく加点を減らしてしまってるので、ショットガンなど他のアップライトストレートにしてくれないかといつも思ってしまいます。回転が足りなくなりがちなキャメルはしっかり3回転近く回っているし、CCoSp全体の質は高いだけにもったいない。FCSpのハーフビールマンは得意なポジションだと思ってたのですが、今回はぐらついてしまいました。I字もハーフビールマンも認定されているものの、私は2回転回ってるか微妙に見えましたが、スピンの回転数を数えるのが苦手なので何も言えません。スピン厨としては、スピンの回転数を数えるのが得意な人間に生まれたかった…3Loは、ステップから間が空いてしまい、また着氷で体重が後ろに乗りこらえた形になったこともあって減点を食らいました。ただ2Aはクリーンでよかったです。着氷後、左足を思いっきり振り上げるのではなく軽くひょいっと上げるのが粋な感じですね。StSq前の歓声とアーニャの笑顔が、プログラムにぴったりでした。StSqの入りでドヤ風味の笑顔になるの本当好きです。LSpは、前から言ってますがビールマンで減速するのが惜しくて…CCoSp同様、他のポジションでの回転速度は素晴らしいんですよね。殊にヘアカッターに関してはメドちゃんに勝るとも劣らぬ名人。CCoSpのウインドミルを別のNBPにして、LSpはビールマンの代わりイリュージョンからの入りでレベルを取るように出来ないかなあ?ただビールマンはレベル取りに必要ない時も入れ続けてましたから、こだわりがあるのかもしれません。あと、メドちゃんのヘアカッターもそうですが、ビールマンで減速した方が音楽に合ってるといえば合ってますねwFS最初の3Lzが抜けたのは、アーニャはあまり抜けるイメージがなかっただけに本当にびっくりしました。3FはSPの3Loと同じような体重の乗り方(右後ろ寄り)に見えましたが、転倒してしまいました。体重が右後ろに乗ったのは、可能な限り流れを出して+3Tにつなげようとしたというのもあったのかも?こらえられる時と転倒してしまう時の違いはよく分かりませんが、本当に微妙な差なのでしょうね。次の2Aはクリーンな着氷で、StSqも落ち着いて躓くことなく踏んでいたので、大丈夫だと思ったのですが…3Lz+3Tはともかく、3Loで転倒するとは思ってなかったです。転倒した2本目の3Lo、跳ぶ前のRBOスリーモホークから足を閉じ踏切姿勢を取る時、1回ためらってるのを見ても、タイミングがつかめなくなってしまったのでしょうね。練習でも2本目の3Loにミスが出てたし、調子がよくなかったのかもしれません。3Lz+3Tも、3Lzの着氷はほぼ完璧だったんですけどね…動揺していても、最後に2A+1Lo+3Sをしっかりと成功させたのは凄いとしか言いようがないです。こういう結果になってしまったけど、アーニャは間違いなく成長して、強くなっているのだなあと。それだけに、どうしてこうなってしまったのか…五輪直前のワールドって怖いです。マーシャ・ソツコワSP最初の3Lz+3T、ディレイなのに回転完璧!+1つけたジャッジをちょっと問い詰めたいですw高さ&幅、ディレイ、全体の流れがある、着氷で四肢が伸びている、無駄な力がないの5つに当てはまるのだから、例えディレイが認められなくても最低+2出ていいと思うのですが。FCSpは、ドーナツポジションで腕を輪の中に入れるようにしましたね。個人的に以前のポジションの方が好きです。ポジション自体もだし、音に合わせて腕を動かすのも好きだったんですが。ただ、結構独特な形になっててこれはこれでいいですね。StSqはレベル4は取れたものの加点がもう一回り欲しいところです。振付は音に合ってない部分がちらほらあったり、細かさが足りなかったりが加点が伸び悩む原因でしょうか?それにしても、改めて、StSq部分の音楽かっこいいです。3F、ジャンプ前ステップのロッカーで躓いたのに、ディレイ控えめとはいえ完璧に成功させるとは…ロッカーがノーカンになりステップが足りないと判定されたのか、加点はあまりもらえませんでしたが、成功させただけでも凄いし、ここまで質のいいジャンプにしたのはもっと凄いです。さすが鉄人マーシャ…CCoSpは上向きキャメルとブロークンとハーフビールマンがきっかり2回転、I字だけ3.5回転くらいですね。マーシャに限ったことではないのですが、きっかり2回転は心臓に悪いからやめましょ…?メドちゃんでさえたまにそうなってるので、私が思ってる以上に難しいことなのかもしれませんが。FS3Lz+3TはSPよりは微妙に流れがありませんでしたが、それでもきれいなジャンプでした。しかし何といっても次の3F!!ディレイ、流れ、ふわりとした降り方、全てが完璧。きれいに決まった時のマーシャの3F大好きなんですよね。ジャッジの皆様、これに+1はつけんといてくれー…だって高さ&幅、ディレイ、全体の流れ、四肢が伸びてる、無駄な力がない、そして音楽との調和で6項目当てはまって+3がついてもいいのでは。音楽との調和は主観になるので微妙ですが、それでも+2はつけてほしいです。FCSpは、SPもそうなのですが、バタフライの着氷がややどすっとしてるのが気になります。バタフライキャメルが苦手な選手は多いですが、マーシャも苦手なのでしょうね。右足でのキャメルスピンの苦手は克服しつつあるし、バタフライキャメルの苦手も克服できるといいな。StSqがレベル3だったのはターン以外の理由でしょうか?あれほど正確に踏んでいるわけだし…3Loも神ですね。エフォートレスな跳び上がり、着氷で一瞬ガツンと氷にぶつかった後静やかに流れていく感じ…マーシャのジャンプはいいぞっ!これで出入りがもっと工夫されていて、ディレイがもうちょい効いてればもっと最高ですね。トリプルでのタノタケノコも見てみたい。Fが変な感じで抜けた時はどうしたのかと思いましたが、冷静に1Lo+3Sを付けました。SPではステップで躓いても3Fを成功させ、FS前半の3Fも完璧だったのですが…というか、その直後のトウでくるくる回る振付がスリーターンで軽く回るだけになっている!?どうしたんだチームソツコワ!!あんなに素晴らしい振付を!振付については置いておくとしても、何となく動きが疲れてるように見えたので(荒川さんが言ったからそう見えたのかもしれませんが)3Lzどうかな…と思っていたらやはり<<で転倒。シーズン前半から鬼門で、ユーロでもここで転倒がありましたし、今回も高さが全く足りませんでしたね。2Aは2本目がURでしたが、1本目もUR気味に見えました。やはり荒川さんの言う通りスタミナでしょうか?ただ、2AはもともとURになりやすいので、何とか克服してほしいです。最後は急いでしまってCCoSpのハーフビールマンが回転しきれずレベル3になってしまいました。ユーロより余裕を持ってフィニッシュポーズを取れたのはよかったですが、スピンはしっかり回ってほしかった。マーシャはスタミナ不足?(正直スタミナが無いイメージはなかったのですが)やPCSも課題ですが、もう1つ、オールラウンダーでどのエレメンツも減点されないのはいいものの、全体的にあと一歩足りないことが挙げられます。ミスを除外して演技全体のGOEを平均するとたぶん+1強くらいになると思うんです。そこを平均+2くらいにして、さらにPCSをもう少し伸ばせれば、ワールドや五輪の表彰台が見えてくるのでは。TES面ではジャンプの出入りの工夫やキャメルポジションでの回転速度の増加、StSqの密度を高めることなど、PCS面ではスケーティングは他の項目に比べ評価されているので、あとはプログラム全体の密度を高めることだと思います。どこをとっても基礎がしっかりしているので、CSKAの味付け次第ですね。今季もじわじわ質が高まり個性がついてきていますが、まだ今季だけでは時間が足りなかった感じがします。来季までに何とか間に合うことを願います。

      7
      テーマ:
  • 31Mar
    • ジェーニャ・プルシェンコ 現役引退を発表(たぶん)

      ワールドの真っ最中ですが、ジェーニャが引退を発表しました。本当ですか?感はありますが4月にはフィギュアスケートアカデミーを開校することもあるしたぶん本当です。悲しいとか寂しいとかではなく、かといってほっとしたとか嬉しいとかでもなく、ひたすら脱力であります。1年前、頚椎ヘルニアの手術をしたとき引退を決意したそうです。……だったらなぜこのタイミングで発表したんだ私たちは神々の戦いと化したワールドを見るので忙しいんだよ……引退すればヒヤヒヤされることも減るのかなあ、と一瞬思いましたが、よく考えたら私がプルオタになったのはソチがきっかけですらないためジェーニャのコンペをリアルタイムで見たことはおそらく一度もなく、実質引退状態の時しか目撃していないのにこんだけヒヤヒヤさせられてるわけで、現役引退したってヒヤヒヤさせられることに変わりはないのでしょう。ジェーニャ、素晴らしい演技を残してくれて、私にフィギュアスケートの素晴らしさに気づかせてくれてありがとう!これからもコーチとして活躍してほしいですし、またアイスショーなどで演技を見ることができたら本当に嬉しいです。一番好きなジェーニャのプログラム(個人的にベストだと思う演技の動画を貼っておきます)SP「月光ソナタ」FS「ある芸術家の生涯」EX「ジュ・スィ・マラード」貼ってみて気付いたんですけど私の好みって分かりやすいですねw2005-2006で止まってるシーズンごとのまとめ記事も、オフシーズンになったらまた書きます。

      8
      テーマ:
  • 23Mar
    • メドベデワ選手使用曲「白夜の調べ」音源

      改めて聴いてみたら神曲すぎたので紹介します。ぞくりとさせられるほど孤独で寂しげな木管楽器の響きと、奥深い情感を含んだ弦楽器のメロディの重なり、そして時に雨粒のように滴り落ち時に地下水のように低く流れるピアノの美しさに圧倒されます。木管楽器の音を「ぞくりとさせられるほど孤独で寂しげ」と感じたのは初めてです。うーん神曲。コメントを見ると、メドちゃんの演技を見て聞いてみたという人がやはり多いようですね。エテリ組の選曲センスは凄すぎます。とことんマイナー志向、チャレンジ志向なのに決して外さない。割と似た系統のピアノや弦楽の曲が多いのにしっかり選手の個性を生かしている。どうやって選曲しているんでしょう……

      5
      テーマ:
  • 22Mar
    • 世界ジュニア選手権 ツルスカヤたんSP

      こんだけ遅くなっておいてSPだけです。何だか、どうやって書いていいかよく分からなくて…すみません。FSもちゃんと書きますのでm(_ _ )mSP6分間練習でも3Lz+3Tの転倒があり、その後しっかり成功させたようなのですが、本番では転倒してしまいました。しかも転倒だけでなく、3Lz、+3TともにUR、そして3LoまでURとは…+3Tの方はURを取られない可能性も結構あったのではと思うし、3Lzと3Loについても確実にURを取られるような回転ではなくギリギリの部類に入りそうですが、ジュニアの大会であることもあり厳しく取られてしまいましたかね。また、3つとも転倒したりシェイキーだったりで、より回転不足に見えやすかったのかもしれません。結果的に転倒したとはいえ、3Lzで回転が足りず着氷で引っかかったようになったのに、立て直してそれなりに回転がしっかりした+3Tをつけたのは流石です。個人的にツルスカヤたんは+3Tがそこまで得意な印象はないので。…比較対象がメドちゃんだからかなw+3Tはたまたま運悪く転んだような印象である一方、3Lzと3Loは明らかにいつもと違って見えます。どちらもディレイがほとんどかかっておらず、高さがなくて、軸が内側寄りで、いつもより力んでぎゅっと締められているような感じです。彼女はディレイジャンパーだしLzが得意だし、こういう軸は締まってるけど上がりきらなくて回れない回転不足よりは、軸の締めが足りない回転不足の方に陥りやすいのかなと思ってた(この辺は私の独断と偏見です)ので、こういうことになるとは意外というか、何というか。たまたま1回そうなったならともかく、SPFSともにLzLoがそんな感じなのが気になりますね…一時的にそういうパターンにハマってしまってるのでしょうか。これだけ言っておいてなんですがジャンプのことは全く分からないので、心配で仕方ありません。個人的に、フィギュアスケートのジャンプは私のような素人はもちろん、専門家すら持て余すレベルの難しいものだと思ってるので、余計に…ジャンプだけでなく、スピンやスケーティング、表現なども全体的に不調に見えます。スピンは普段通りのものもあるのですがLSpのキャッチフットレイバックが減速気味に見え、スケーティングについては動画ではよく分からないのですが、現地観戦の方によるといつもより伸びがなかったようです。表現は、ちょっと集中できていないように見えますね…StSqの表現はいつも通りしなやかで素晴らしいのですが、最後の3連クラスターの表現がやけにあっさりしていて(振付変更の可能性もあるかも)、StSqを出た直後のバッククロスも表現にまで神経が行き届かずジャンプに気を取られてるような感じ。先入観もあるのかもしれませんが。あとは単純に、普段のほぼ完璧な音ハメに比べると少し音ハメが崩れてしまってました。ただ、何度も言わせてもらうと、StSqは最後の3連クラスターを除いていつもと変わりなく美しかったです。中盤のクラスターRFIブラケットカウンターロッカー、最後のロッカーをこなしながら体をなでおろす振付で、さっとなでおろすのではなくためらうニュアンスとか、絶品…音ハメも完璧だったし!そしてラストも、キャッチフットレイバックでもたついた影響でスピンをほどくのが遅れ振付が詰まってしまったのに、フィニッシュポーズをとる直前、悲劇の表情をちゃんと演じられています。演技が上手く行かなかったからではなく、純粋にプログラムに入り込んでいるがゆえにそういう表情になったのではないか、と、勝手ながら…個人的な感情というよりは、演劇的なものであるように、何となく思えます。

      3
      テーマ:
  • 11Mar
    • ロシアカップファイナル ツルスカヤたんFS

      最初の3Lz、高さも流れもザ・ツルスカヤルッツ!+3T+2Tはもうちょっと流れを出すことはできそうですが、彼女でもこれ以上に流れが出せることは稀なので仕方ありません。FCCoSpのバタフライ、SPに続いて着氷で全くぶれませんでしたね。元々バタフライが苦手ですが、だいぶ克服できてきてるのでは?StSqは前半の音ハメがいい感じです。冒頭のレミファラレミファラ↑、中でもラレミファラ↑の部分の音ハメが完璧。RFOブラケットでラ、RBI-LFIモホークでレ、LFI-RFO踏み替えでミ、RFO-LBIチョクトーでファ、シングルサルコウでラの音を拾っています。ただタイミングが合ってるだけでなく音のニュアンスにも一致、見事すぎてぐうの音も出ません。ツルスカヤたんはこういう小さくさりげない動きでの音ハメが上手い気がします。LFOツイズルロッカーカウンターループは、ジュニアナショナルでピタッとハマっていただけに、多少ズレてるだけでも気になってしまいます。それと、LBIループの後の右腕を回しながらのアティチュード姿勢が微妙に所在ない気がします。所在ないかどうかは個人の主観にしても、3Lz+3T+2Tと3F+2Tでこのポーズは使っていて、しかもそれが結構目立ってるので、どうしてもしつこい印象になってしまいそうな。それ以降の音ハメは、今のバージョンの方が合ってる部分もあるのですが、JGPSバージョンもハッとするほど音に合った部分が多かったので、何とかいいとこどりできないものなんですかね…(贅沢)いいとこどり出来たら最高なんですが。2本目の3Lzは1本目ほどではなく、+3TもURでした。着氷が見るからにURって感じですね…ツルスカヤたんのジャンプは意外とUR気味のことが多いですが、今回のような明らかなURは珍しいです。次の3F+2Tは3Lz+3T以上にディレイでは!?苦手な3Fで明確にディレイできるのはいい兆候です。ジュニアナショナルFSでは3Fでミスが出たわけですし。2Aはやや着氷が乱れ、3Sはダブルに(見えにくいですが)。3LoもUR気味、という流れから。3Sをしっかり跳び直してきました。ツルスカヤたんのセカンドジャンプ以外のリカバリーを初めて見たかもしれない…というか、昨季まではセカンドジャンプ以外での抜けは一切なかったんですよね(ツルスカヤたん以外のエテリ組もセカンド以外の抜けがほぼない)wだからJGPSロシア大会でLzが抜けた時は本当に驚いたのを覚えてます。それだけに今回、セカンド以外が抜けた時でもリカバリーできるところを見られて嬉しいし安心しました。さて、今回初披露のフェブラリーのChSqです。ここからが本題と言ってもいい。まず記念すべき?最初の振付これを見ただけでもツルスカヤたんがChSqの神予備軍であることは明らかです(なんだこのパトリック的スケーティングは)が、本当に凄いのはここから…ツルスカヤたんの!!!!アラベスクスパイラル!!!!!正直私、ツルスカヤたんのアラベスクスパイラルは一生見られないものかと…(大げさw)だってエテリ門下の選手って、スパイラルやアティチュード姿勢はよく使うけどノーマルアラベスクスパイラルはやらないイメージないですか?ユーリャはケリガンからの180度アラベスクはやったことがありますが、メドちゃんはI字・Y字・クロスグラブビールマン・ファン・ケリガンなどほとんどのスパイラルをやっているのにアラベスクはやったことなかったと思います。エテリ門下の後輩たちもクロスグラブビールマンスパイラルはしょっちゅう見るけどアラベスクは全く見ません。それと、ツルスカヤたんは確か「苦手な技はアラベスクスパイラル」と明言していたのですよね。だからますます見られなさそうと思ってたのですが…ありがとーエテリん様!ありがとーグレイヘンガウズ様!しかもフリーレッグは高すぎず低すぎずブレもほとんどなく出入りもスムーズで、質が高い美しいアラベスクになってます…ありがとうツルスカヤたん!!それにしても右足軸のアラベスクスパイラルってちょっと新鮮ですね。多くの選手は左足軸でアラベスクをやるイメージなので。ツルスカヤたんはケリガンも右足だし、右足軸の方がフリーレッグが上がりやすいのかな?しかし、今まで変曲を賛美し促進してきた身としては非常に申し上げにくいのですが、ChSqの編曲はいかがなものなのでしょうか…?いいとか悪い以前にこれは音楽として成り立っていないようにすら思えますwChSq部分の音楽が完全に孤立しちゃってるwジェーニャ(プル)のぶつ切り変曲や昨季FSのCHESSのように、曲の変わり目にもっと間が空いているか、せめて先の曲の終了と後の曲の開始が同時ならまだ良かったのでしょうが、紙同士をちょっと重ねて貼り付けるみたいにつなげてるので余計音楽としておかしくなってしまってますね。まあ、フェブラリーのChSqは今回限りでしょうし、ChSqの内容自体は素晴らしいのだし、そこはご愛敬ということで。CHESSのChSqと比べると(あれも素敵でしたが)進化が半端無くて、ツルスカヤたんのこれほどに成長した姿を見られて嬉しいです。この時はジャンプミスや回転不足も出ていて本調子ではなかったようですね。ジュニアワールドでは調子が上がってることを願います。そしてそれ以上に、怪我がないことを。ツルスカヤたん頑張れ&ステイヘルシー!!

      5
      テーマ:

プロフィール

アイリーン

自己紹介:
フィギュアスケートファン兼ロシアオタです。主にロシアンポエム的な演技感想を書いてます。 my pr...

続きを見る >

フォロー

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス