苦手なものは苦手

テーマ:

この・・・

 

ブログを始めたのが、2009年の12月8日だったわけで、

 

今から9年前の45歳の時だったのですが、営業日は、

 

ほぼ毎日更新しています。

 

ですが・・・

 

ほぼ毎日といっても、社員旅行の時や海外出張中と、

 

事務所の移転などで忙しい時期や、PCの不具合で、

 

更新しない事もありました。

 

また・・・

 

ブログネタが出てこない時もあり、これは本音ですが、

 

やめてしまおうと思った時もあったのですが、知人に、

 

「ブログ見てるよ!」と言われると、それが励みになり、

 

今まで続いているのです。

 

それで・・・

 

始めた頃に比べて、どうしてネタが出なくなったのか、

 

ちょっと考えてみたわけですが、初めて行った場所は、

 

必ずネタになるわけです。

 

ところが・・・

 

2~3回目はネタにならないわけで、年1回ならともかく、

 

珍しくない事はネタにならないのと、他人からの評価を、

 

気にしてしまうからです。

 

ですから・・・

 

「いいね!」の機能が付いた頃から、それが気になり、

 

何を書いていいのかわからなくなってしまったわけで、

 

自然に、自分を実際より良く見せようとしている事に、

 

気付いてしまったのです。

 

それで・・・

 

ネタが出てこなくなり、書けなくなってしまったというのは、

 

「社長のひとりごと」という、当初の趣旨とは違うわけで、

 

見たい人は見るだろうし、見たくない人は見ないわけで、

 

他人の評価は一切気にせず、今思った事を自然体で、

 

書くだけと思ったのです。

 

また・・・

 

読書は嫌いではないのですが、最初の頃と比べても、

 

文章力があまり進歩していないわけで、子供の頃から、

 

勉強が苦手だった事を、今まで後悔していたのですが、

 

苦手なものは苦手なのです。

 


建設・不動産ランキ ング

要はイマジネーション

テーマ:

この時期・・・

 

取引先から、多くのお歳暮を頂くわけですが、弊社の場合は、

 

全員で分かち合い、社内で食べたり飲んだりしているわけで、

 

わいわい皆で頂いています。

 

中でも・・・

 

取引きがあってもなくても、退職した人が転職先で出世したり、

 

会社を興したりして、「順調ですよー!」というメッセージと共に、

 

頂くお歳暮は格別なわけです。

 

ところが・・・

 

目的が不明の、退職時に独立宣言をして、独立しない人や、

 

いい時はシカトで、困った時にだけしか連絡して来ない人や、

 

意味不明な人も多いのです。

 

とりあえず・・・

 

そのような人は、「君の物は僕の物、僕の物は僕の物」なので、

 

たまに連絡を受けたりすると警戒MAXなわけですが、そろそろ、

 

いい話しも聞きたいもんです。

 

それと・・・

 

頂いたお歳暮を、宴会のビンゴの景品にする会社もあるそうで、

 

合理的な考えなのかも知れませんが、社員が見ているわけで、

 

食べきれないのは解りますが、いつか噂になってしまうわけで、

 

贈った人にも伝わるのです。

 

ですから・・・

 

もらった物をどう処分しようが勝手ですが、贈る側の気持ちを、

 

想像して欲しいわけで、取引先にやる事は社員にもやるわけで、

 

要はイマジネーションなのです。

 


建設・不動産ランキ ング

4時間を切りたい

テーマ:

昨日から・・・

 

ようやく冬らしくなってきましたが、実際に寒くなってみると、

 

寒いのはやっぱり苦手と思うわけで、早朝のランニングも、

 

気乗りが全くしないのです。

 

ですから・・・

 

寒い時期というのは無理をせずに、週3回から2回に減らし、

 

屋内のトレッドミルを最大限活用しながら、3月になるのを、

 

待つしかないと思うのです。

 

それでも・・・

 

寒い日は走る気にならないわけで、自分を追い込む為に、

 

3月の立川ハーフマラソン大会にエントリーしたのですが、

 

少し心配になってきました。

 

ですが・・・

 

寒いのは、ランナーにとって、真夏の炎天下よりはマシで、

 

筋肉は固まってしまいますが、熱中症等の命の危険には、

 

さらされないで済むのです。

 

ですから・・・

 

朝起きるのは辛いですが、入念なストレッチを欠かさずに、

 

寒いとフォームがぎこちなくなり、血行が悪くなるのですが、

 

怪我には注意したいです。

 

それで・・・

 

年が明ければ雪が降るわけで、一旦雪が降ってしまうと、

 

路面が凍結するので更に危険なわけで、去年の冬場は、

 

筋膜炎からの足裏痛で、まともに走れなかったところに、

 

雪が降ってしまいました。

 

その後・・・

 

風邪で寝込こんで、3週間走れなかった事が2回も続いて、

 

走れる脚じゃなくなってしまった挙句、体脂肪率が増えて、

 

基に戻ってしまったのです。

 

ですから・・・

 

今年の寒さ対策は、入念なストレッチに尽きるわけで、

 

年齢的に一度怪我をしてしまうと、中々治らないわけで、

 

冬は特に気を付けたいです。

 

また・・・

 

走り続ける事が大事だと思うわけで、継続は力なりで、

 

走る事が嫌いにならない程度に、頑張ろうと思っていて、

 

来年は本格的に体重を落とし、再来年にはフルに出て、

 

4時間を切りたいわけです。

 


建設・不動産ランキ ング

相手にしない事が大事

テーマ:

東名で・・・

 

夫婦2人が亡くなった、煽り運転の裁判が始まりましたが、

 

運転席に座るとイライラして、気が大きくなる奴というのは、

 

私の周りにも昔いたわけです。

 

ですが・・・

 

それも若い頃の話しで、今は50を過ぎたおじさんですから、

 

大人しくなったと思いますが、どんな心理がそうさせるのか、

 

聞いてみたいと思うのです。

 

もちろん・・・

 

多少の緊張感で運転していて、前をトロトロ走られたり、

 

割り込みをされたり、クラクションを鳴らされたりすると、

 

ムカッとするのは解るのです。

 

しかし・・・

 

わざわざ車を停めて、文句を言う程の事でもないわけで、

 

マナーの悪い人もいますが、放っておくのが得策なわけで、

 

時間と労力の無駄なのです。

 

ですから・・・

 

イライラしても、道が空いて早く着くわけでじゃないので、

 

割り切って運転するしかないわけで、こちらが煽られても、

 

相手にしない事が大事です。

 

たぶん・・・

 

今回の犯人は、日常的に煽り運転を繰り返していて、

 

いきなりキレて威嚇する事により、相手がビビるので、

 

優越感を感じたわけです。

 

それで・・・

 

自分の劣等感を埋め合わせて、その快感が癖になり、

 

止められなくなってしまったのですが、一切ビビらずに、

 

反撃すれば逃げる奴です。

 


建設・不動産ランキ ング

昭和の匂いがする駅名

テーマ:

私も・・・

 

皆とほとんど同じ意見で、「高輪ゲートウェイ」という駅名は、

 

頂けないと思うわけで、公募を募って130位だった新駅名を、

 

なぜ採用するかが疑問です。

 

それなら・・・

 

最初から公募を募らなければいいわけで、募ったからには、

 

1~3位から選ぶべきで、1位が「高輪」だったわけですから、

 

「高輪」でいいと思うのです。

 

一方・・・

 

東京メトロ日比谷線の「虎ノ門ヒルズ」というのは、場所的に、

 

ピッタリと思いますが、それなら南北線の「六本木一丁目」は、

 

「六本木ヒルズ」がピッタリです。

 

これ・・・

 

一つの転換点とも思うのですが、JR東日本も東京メトロも、

 

駅名にカタカナを使用する事自体が、初めての試みらしく、

 

新時代の到来なわけです。

 

それにしても・・・

 

新駅名の「高輪ゲートウェイ」は、イケてないと思うわけで、

 

たぶんJR東日本の偉い人の爺さんが決めたと思いますが、

 

この平成も終わろうとしている時代に、昭和の匂いがする、

 

駅名はダメだと思うのです。

 


建設・不動産ランキ ング

本当に12月なの?

テーマ:

昨日の・・・

 

帰り道はさすがに暑くて、汗をかいてしまいましたが、

 

今朝もだいぶ暖かかったわけで、早朝ランニングでは、

 

通常この時期は、長袖と手袋が欠かせないのですが、

 

半袖で平気だったわけです。

 

これ・・・

 

エルニーニョ現象が関係しているようですが、12月で、

 

20度を超えるというのは、沖縄と離島ぐらいなもんで、

 

東京では珍しいわけです。

 

ですが・・・

 

暖かいのは東京だけじゃなく、九州の福岡で25度超、

 

昨日の沖縄は30度近くだったらしく、本当に12月なの?

 

と皆思っていると思います。

 

この・・・

 

異常気象が、どの程度経済に影響を及ぼすかですが、

 

我々の不動産業界には、影響はないと思うのですが、

 

厚手のコートとブルゾン、暖房器具は売れないわけで、

 

3,000億円規模らしいです。

 

もちろん・・・

 

夏は涼しい方がいいし、冬は暖かい方がいいのですが、

 

去年買った厚手のコート、着るのを楽しみにしてましたが、

 

今年は出番がなさそうです。

 


建設・不動産ランキ ング

食べ物に一生困らないように!

テーマ:

昨日は・・・

 

四女の1歳の誕生日だったわけですが、近所のママ友と、

 

長女と次女と三女のお友達を招いて、自宅でささやかに、

 

誕生会を開催したわけです。

 

写真は、1歳の誕生日おめでとう!の瞬間です。

 

まだ・・・

 

1歳ですから、状況をハッキリとは理解していないわけで、

 

自分の誕生日ですが、お友達が何人か集まった頃には、

 

眠くてぐずり出したわけです。

 

写真は、赤いリュックに一升のお餅を背負う四女です。

 

それで・・・

 

眠ってしまう前に、縁起物である一升餅を背負わせて、

 

三女と同じように重さで転んでしまいましたが、一升餅は、

 

「一生」に引っ掛けて、「食べ物に一生困らないように!」

 

という意味があるわけです。

 

また・・・

 

「これからの一生が健やかなものになるように!」と、

 

赤いリュックには、丸い餅が一升入っているのですが、

 

丸い形状から、「平穏な人生を送れるように!」という、

 

願いも込められているのです。

 

昔は・・・

 

今のように医療が発達していませんから、赤ちゃんが、

 

1歳になるのが結構大変な時代で、初めての誕生日は、

 

特別なものだったわけです。

 

それで・・・

 

1歳の誕生日を盛大に祝う風習があって、一升餅も、

 

地方によっては、色々なパターンがあるようですが、

 

とにかく縁起がいいわけです。

 


建設・不動産ランキ ング

11月はお疲れ様でした!

テーマ:

先週の・・・

 

金曜日は11月の最終営業日という事で、11月度の納会を、

 

「焼肉ふたご 麻布十番店」さんで、開催したわけですが、

 

とっても盛り上がりました。

 

写真は、11月度はお疲れ様でした!の瞬間です。

 

なぜ・・・

 

盛り上がったのかというと、売買事業部の王部長代理が、

 

久々にTOP賞を取って、更に、重大な発表をしたわけで、

 

皆大喜びだったわけです。

 

今の・・・

 

日本の社会では、結婚し出産すると5割の女性社員が、

 

退社を余儀なくされてしまうという統計があるのですが、

 

うちには当てはまりません。

 

なぜなら・・・

 

うちでは男性も女性もないわけで、女性だからといって、

 

不当な差別を受ける事がなく、管理職になれなかったり、

 

お茶くみをさせたり、コピーを取らせたりはしないわけで、

 

男女に差がないからです。

 

今回・・・

 

王さんにしかできない仕事があるので、少し焦りましたが、

 

仕事を続けたいという意思を表明して頂き、我々も安心し、

 

全員で祝福したわけです。

 

要は・・・

 

こんなにおめでたい事はないし、弊社も初の試みですが、

 

全員が一つになれば、どんな事も乗り越えられるわけで、

 

信頼は深くなると思います。

 

とにかく・・・

 

11月はお疲れ様でした!

 

そして、おめでとうございます!!

 


建設・不動産ランキ ング

この環境しかない

テーマ:

自分の・・・

 

価値観が100%正しいとは、決して思わないわけですが、

 

色んな経験をしてきた今では、そこそこまともな価値観を、

 

有していると思うわけです。

 

その・・・

 

価値観が基準となって、弊社の条件やルールが決まり、

 

今のところスタッフからは、働きやすい環境という定評を、

 

得ていると思っています。

 

ですが・・・

 

10人体制で、一年に1~2人が辞めて、1~2人が入社し、

 

求人募集が年に1回ですから、定着率は悪くないわけで、

 

かといって良くもありません。

 

それで・・・

 

そんなに働きやすいのになんで辞めていく人がいるの?

 

と、誰もが思うと思うのですが、結婚して退社する人や、

 

国家資格を勉強したい人等の、前向きな退社以外では、

 

成績が長期低迷した人です。

 

この・・・

 

成績の低迷の場合は、スキル不足、かつ勉強不足で、

 

一つのやり方しかできない場合に、時代の波が引いて、

 

終わるケースなわけです。

 

例えば・・・

 

一つのやり方しかできなければ、他のやり方を勉強して、

 

時代の波に左右されずに、安定的に成績を残せるよう、

 

幅広くスキルを身に付ければいいのですが、そういう、

 

地道な努力を惜しむのです。

 

たぶん・・・

 

「今さら新人じゃないし。」と思っていると思いますが、

 

私は、「それやらないと新人に抜かれちゃうんだよ!」

 

と、一度は忠告するわけです。

 

我々の・・・

 

不動産業界は、スキルがあれば独立できるけれども、

 

会社側は、独立されない為に分業制を採用していて、

 

販売は販売だけ、仕入れは仕入れだけなのですが、

 

うちは何でもOKなのです。

 

それで・・・

 

忠告を無視して、本当に新人や後輩に抜かれた時に、

 

辞める決断をするわけですが、仕事の幅を拡げようと、

 

本気で思った時に、販売もできて仕入れもできるという、

 

この環境しかないわけです。

 

ですから・・・

 

できる人はできるけれども、できない人はできないし、

 

稼げる人は稼げるけれども、稼げない人は稼げない、

 

向上心の高い人には、最高の環境だけれども、逆に、

 

向上心の低い人に、うちの良さは伝わらないわけで、

 

そこが根本的な違いなのです。

 


建設・不動産ランキ ング

これぞ不動産投資

テーマ:

本日から・・・

 

弊社の宅地建物取引業者免許の番号が、(3)になって、

 

この番号の意味ですが、創業して免許を取得してからの、

 

営業年数を示すわけです。

 

写真は、昨日更新した弊社の宅地建物取引業者免許です。

 

これは・・・

 

不動産業者以外の人は、ピンと来ないかも知れませんが、

 

5年毎の更新が、宅建業法で義務付けられているわけで、

 

最初に免許を取ったら、一番最初の更新の5年までは(1)、

 

2度目の更新の10年までが(2)、それ以降が(3)なわけで、

 

弊社は2度目の更新でした。

 

ですから・・・

 

免許を取得し、営業を開始してから丸10年経ったわけで、

 

1番始めの取引きが免許を取得した2008年の11月29日で、

 

売主物件だったわけです。

 

それが・・・

 

今でもはっきり覚えていますが、文京区大塚の中古区分で、

 

古いけれども立地が良く、管理が行き届いている物件で、

 

自信を持ってお勧めしました。

 

そして・・・

 

その物件を10年経ったからと、オーナー様が売りに出して、

 

仲介で取引させて頂いたのですが、ナント!買った値段と、

 

同じ値段で売れたのです。

 

これには・・・

 

運命を感じたわけですが、2008年はリーマンショックで、

 

不動産価格が暴落していたので、投げ売りする人がいて、

 

それを弊社が買い取って、手数料分の利益を乗せてから、

 

買って頂いたわけです。

 

ですから・・・

 

10年前に弊社から、第一号物件を買って頂いたお客様は、

 

当時の利回りが10%でしたから、家賃で全額を回収した後、

 

買った値段で売ったのです。

 

これには・・・

 

我々も感無量で、オーナー寄りの会社を創って良かったと、

 

不動産会社冥利に尽きるわけで、例え古くても管理が良く、

 

賃貸需要が堅調な立地を選べば、まず間違いないわけで、

 

これぞ不動産投資なのです。

 


建設・不動産ランキ ング