管理職に向いてないな、と悩んでいたあなたが、3か月で管理職になって良かった!と思えるようになる方法

管理職に向いてないな、と悩んでいたあなたが、3か月で管理職になって良かった!と思えるようになる方法

管理職らしい仕事ができないし、言いたいことも言えない。だけど部下にはなめられたくないし、仕事が出来る人になりたい! でもこのままだと上司に見限られそう。。そんなあなたが、なぜか言いたい放題言いながらも、上司にも部下にも信頼される方法をお教えします。

あなたはこんなことで悩んでいませんか?



上司、部下とのコミュニケーションがうまくいかない。

部下に仕事を任せられない。

部下を育成する自信がない。

管理職になってから、仕事が思うようにいかない。

休日も仕事のことが頭から離れない。





そんなあなたが



コミュニケーションに自信が持てる。

優秀な部下に囲まれて、定時で帰れるようになる。

部下が積極的にサポートしてくれるようになる。     

上司から、『ちょっと相談に乗ってくれるか。』


  と、頼られるようになる。

職場を離れると仕事のことはすっかり忘れて、

  思いっきりプライベートライフを楽しめる。





こんなデキる管理職に変身したい!


と思ったら、今すぐクリック!  























新任管理職専門コーチの田端です。

 

久々の投稿となってしまいました。

 

世間ではまれにみる暖冬、昨年末頃のゴーン氏の国外脱出、はたまた武漢での新コロナウイルスの感染拡大でWHOの緊急事態宣言等、

相変わらず様々な事が立て続けに起きていますが、いかがお過ごしでしたでしょうか。

 

今回はまた私のコーチングを受けてくださった方がコーチングを受けての感想を書いてくださったので、紹介させて頂きます。

 

私のコーチングがどのようなものか、少しでもご理解いただければ幸いです。

 

=============== 

 

(M.K様、神奈川県在住、50代男性、会社役員)

 

1.コーチングを受ける前はどのような状況でしたか?

私は50代の男性です。東京にある会社の役員をしております。

会社では3つの部門を任されております。コーチングを受ける前、その中の一つの部門にいる
直属の部下との人間関係で悩んでいました。

具体的には、部下が私の仕事の進め方や会社の方針について、チームスタッフの前で批判するようになっており、
部下をコントロールが出来ない状況に陥っていました。

そのことについて私が
部下を注意すると、今度はパワハラを受けたとか言うようになってきました。

もちろんパワハラではありませんので、毅然として対応をしていましたが、今度は仕事量が多い、スタッフの能力が低い、ストレスで体調が悪いなどと言ってくるようになり、
問題の全ては上司である私が悪いからだと主張するようになってきました。

仕事を進めなければならない重圧と、部下を指導できない自分を自分自身が攻めるようになり、気分の落ち込む毎日を送っていました。




2.コーチングのセッションはどんな感じでしたか?

のような日々の中、田端コーチのブログを拝見しました。

記事に書かれていることが、現在の自分自身に当てはまると感じましたので、深夜でしたが、その場でメルマガ登録をしました。

メルマガを読むと、田端コーチのコーチングを受けることにより、今の自分の状況を打破できるのはないか、という気持ちを更に強く持ちましたので、ご連絡をしてコーチングへ申し込みを致しました。


コーチングセッションは、とても落ち着いていて、安心できるものでした。

それは、田端コーチの大らかで優しいお人柄も大いに関係していると思います。

コーチングセッションの印象は、コーチングスキルが高いのはもちろんですが、大企業にお勤めされていた時代に重責を担われていた時のご経験がとても豊富でしたので、
私の状況について深い洞察があり、時には具体的なアドバイスをして頂くという、心から安心できる時間になりました。



3.コーチングを受けてどのような変化、成果がありましたか?

コーチングを受ける前は、問題の部下とのコミュニケーションを避けていた自分がいたのですが、問題の部下に対する本来の自分の気持ちをコーチングセッションの中で確認することができ、問題の部下へコミュニケーションを取ることができるようになってきました。

そのような私の姿をみて
チームスタッフの私に対する態度も徐々に変化していき、孤立してしまっていたような状態から脱却できる兆しが見えてきました。

そんな中、問題の部下が退職を願い出てきたことにより、私の本意ではありませんでしたが、当初私が抱えていた問題は、きれいに解決した形となりました。

問題の部下が退職するという事を本人同席のもとチームスタッフへ説明した際には、
問題の部下から「退職後も会社とは良好な関係を維持していきたいので、〇〇役員には引き続きご指導いただきたい」との発言があり、今までの苦労を振り返ると感無量といった心境でした。

これも一重に田端コーチのコーチングセッションを始めた結果だと思います。田端コーチには大変感謝しております。




4.田端直樹のコーチングをどのような人に薦めたいですか?

部下との関係に悩んでいる全ての管理職の皆様へ"今すぐに"お勧めしたいです。

ある程度の責任のある仕事を任されているビジネスマンは、同じ会社の中で本音で相談することは難しいと思います。

会社という組織の中では、日々出世競争が繰り返されており、評価を受ける立場の人間にとって、弱みを見せたり、失敗を容認したりということが、とても難しい事だと思うからです。

優れたコーチングスキルを持つのはもちろんですが、田端コーチのように大企業にてご自身が上司という立場で重責を全うされていたご経験を持つ方へ、安心・安全な環境で相談を始めるのがとても大切だと思います。

 

 

===============

 

 

一筋縄ではいかない一癖も二癖もある部下で悩んでおられる方は多いと思います。

 

私のコーチングを受けられる方にもそんな部下の指導で悩んでおられる方々が多くおられます。

 

実は私も以前はそんな部下で頭を抱えていたこともありました。。。

 

そんな自分の経験があるからこそ、あなたのつらい気持ちが良く理解できます。

あなたが置かれている状況も良く理解できます。

 

もし、あなたが手に負えない部下を抱えて悩んでおられるようでしたら、ぜひ私のコーチングを受けてみてください。

 

きっとお役に立てるはずですから。

==========

 

どんな難題もスムーズこなし、

部下の指導・育成に自信が持てる
部下からも上司からも信頼される。

 

そんなビジネスリーダーになりたい方はこちらから。