アスク・コミュニケーション

使い捨てマスクの作成 ギフト包装の不織布ポリエステル使用





ご購入はコチラからお願いいたします(-_-)/~~~ピシー!ピシー! ↓↓ 果物屋が考案した使い捨てマスク作成キット購入はコチラ 1枚当たり15円から

使い捨てマスク(作成キット)

果物屋が考案した使い捨てマスク

作成キット わずか2分で作成可能
毎日、果物を包装していて、ラッピングに使用している不織布が、現在、流通している使い捨てマスクと同等の素材、ポリエステル製不織布ということがわかりました、ガーゼよりも安価で洗って使うより衛生的、使い捨てマスクはできないかと考案しました。作成キットに同梱されている材料は、不織布68センチ☓30メーター巻と大きな輪ゴム(実際につけてみて耳に負担がかからない輪ゴムです)とマスクの形状にハサミでカットする為のカタ紙(ダンボール)が付属します。別途用意が必要なものはホチキスのみです。

(不織布WITH 1平方メートルあたり30g ポリエステル製)3重折りにて使用する。
通常のゴムバンドでなく、実際につけてみて耳に違和感なく長時間つかえるように大きなバンドをつけてみて実践してみました。 

 

(1)まず、同梱されている型どり用の段ボールを用い、ボールペン又はシャープペンシルで枠をなぞってください。

使い捨てマスク作成画像

(2)横にずらして型枠をならべて3個並べて描く(3つ折りにするためです。(今回、わかりやくマジックで描きましたが目立たないように細いシャープペンシルで描くことをオススメします。 

 

三つ折りにして左右の中央部をホチキスで止めてください。マスク完成 (簡単に作成できます)

 

 

使い捨てマスク YOUTUBE動画は、コチラ

 

 

ご購入はコチラからお願いいたします(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

↓↓

果物屋が考案した使い捨てマスク作成キット購入はコチラ 1枚当たり15円から
 

 

 

 

 

 

 

覚書き スマートフォンのページに切り替えるScript

最近は、レスポンシブwebデザインに対応したサイトや構築パッケージが増えてきましたが、以前は、別々に用意して切り替えて表示していたサイトが大多数かと思います

javascript にてサイトを切り替える方法です。

ページの最初に埋め込んでください

 

<script type="text/javascript">
    var ua = navigator.userAgent.toUpperCase();
    if(document.referrer.indexOf(location.href.split('/')[2]) == -1 && (ua.indexOf('IPHONE') != -1 || (ua.indexOf('ANDROID') != -1 && ua.indexOf('MOBILE') != -1))) {
        if(window.confirm('スマートフォン表記に切り替えますか?')) {
            location.href = 'http://xxxxxxxxx';
        }
    }
</script>

 

 

EC-CUBE 3 覚書き 管理画面で会員や管理者のパスワード変更時の不具合

パスワード変更の不具合修正

一度 EC-CUBE 3.010 コントロールパネル内でパスワード(会員・管理者)を変更すると暗号化されない文字コードが上書され、WEB上からログインできなくなる事象

 
MailMagazineのプラグインを修正
 
- $builder = $this->app['form.factory']->createBuilder('admin_customer', $Customer);
+ $builder = $this->app['form.factory']->createBuilder('admin_customer');
$form = $builder->getForm();
 

$form->handleRequest($request);

EC-CUBE 3  覚書き  SSLを導入した際のサイトの設定


SSL グローバルサインSSLを導入した際のサイトの設定

コントロールパネルのSSL強制は使用せず下記のスプリクトを、SSLが必要なページの先頭に書き込んだ。 

<script type="text/javascript">
if(location.protocol == 'http:') {location.replace(location.href.replace(/http:/, 'https:'));
}</script>

各ブロックで使用し、呼び出しする際にhhtp:になっている画像URLは、すべてhttps:に変更する。
とりあえず、SSLに切り替わります。 他にいい方法があるかもしれませんがこれでひとまず大丈夫そう。