秋好です!

 

先日連絡が来て購入したハスクバーナチェンソー545-Mark2のエンジンが始動しないので修理してほしい!

と連絡がありました。お客さんチェンソーには詳しいようで自分でプラグを外してスパークが弱いようだと

判断していたようです。まだ本機を確認していないのでなんとも言えませんのでとりあえず本機を一度

 

確認してからどうなっているのかをお伝えする事にしました。本日エンジンが始動しない545-Mark2を

点検です! とりあえずチョークが作動している状態だったのでかぶりかな?とプラグを取り外すと・・・・

ずぶ濡れでした・・・・ 

 

シリンダー内からかなり燃料が出てきました! プラグを乾かして取り付けてチョークを始動せずに

始動! エンジン始動!大白煙を出して始動しましたがソーチェンが回りません?

ブレーキ?? 違います!リムから脱線しておりました。 

 

ソーチェンをきちんと取り付けて完了です!  お客さんに連絡して点検終わりました!!

545も550XPや560XPなども結構初爆音が小さいので聞き逃す事があるかもしれません。346XP-Neから使用している

ユーザーさんは始動ミスは無いですけど初めてハスクバーナを購入したお客さんなどは結構始動で初爆音を

聞き逃してかぶります!

スタータ2〜3回で初爆があるのでわからない場合は2〜3回引いてチョークを戻した方が良いかもしれませんね。