7月になりましたね。
 
私は、かわらず、ハンドメイドと、ナースのお仕事の毎日です。
 
先日、ようやく 他県への移動禁止が解除されたので、長崎の実家に行ってきました。
 
母の1年に一回の定期検診の付き添いをお願いされたためです。
 
通いなれた長崎への電車風景ですが、
 
肥前鹿島を過ぎてからの有明海の海岸線を走る風景が、とても美しくて
 
コロナ疲れの心が癒されました。
 
 

 

 

 

 
ところで、長崎といえば、最近 新幹線が開通する?関係で
 
駅舎の場所が移動し建て替えられています。
 
正直言って、以前の雰囲気あるのんびりした長崎駅が好みでした。
 
なので、新駅舎はなんだか味気なくて、撮影する気持ちになれませんでした。
 

 

 

 
ただ、トイレの前にちんまり鎮座した「眼鏡橋」が
 
長崎らしいといえばそうなのかな~

 

 

 

 

 

 

 

 
旧ホームは、線路がなくなってさびしくなっていました。
 
image
 
さだまさしさんの歌が流れる長崎駅…ノスタルジックでよかったなあ。
 
これも時代だから仕方がないのでしょうが、旧駅舎を写真に収めておけばよかったなと
 
後悔しています。
 
 
image
 
母の定期検診の結果は良好で、心配していた弁膜症の手術も
 
しなくてよいとのことだったので、ほっと一安心…
 
もちろん、一番 ほっとしたのは 母自身で
 
後日届いたお手紙に、
 
「元気になれる事に自信がつきました」
 
と書いてありました。
 
元気になれる 元気になろう
 
と思うことが一番の元気の源ですね。
 
これからも、楽しいことをたくさん見つけて、元気でいてほしいと思っています。