国境を超えた「人財」「教育」「仕事」を資源として 社会へ貢献し幸福を創造する。

国境を超えた「人財」「教育」「仕事」を資源として 社会へ貢献し幸福を創造する。

国境を超えた「人財」「教育」「仕事」を資源に教育と人財紹介を柱とした事業をアジアを中心に展開しています。
Ashreplus aims to create to an affluent and vibrant society in Asia.

仕事は“学び”“豊かさ”であり“幸せ”の根源であると考えます。

“アジア人財”と“就業”“教育”を繋ぎ、一人でも多くの笑顔を創造して行きます。

www.ashreplus.com


 先日、韓国の某大学の日本語を学ぶ学生さんたちとweb上でお話する機会をいただけました。

 日本よりオンラインで、日本企業就職と文化の違いについてお話させていただいたのですが、その後、いただいた多くの感想文よりいくつかをアップさせていただきます。現地の雰囲気が伝われば幸いです。(許可済・原文ママ)

__________

 

◆ 大学で日本語を学んでいる我々には受けなければならない講義でした。"言語を学ぶ" ということには、ただ言語だけでは無く、"文化も一緒に学ぶ" という意味も含められているこそです。そして、私も卒業した後は日本に行って就職することを念頭しているので、現在日本の就職状況について拝聴したのはとても助かりました。

 

◆ 日本で就職することについて詳しく考えたことはありませんでしたが、日本で就職することも良い方法の一つだと思うようになりました。そして日本で就職する時に必要な情報も一緒に聞けてよかったです。少し残念だと思うところはもっと詳しく聞きたかったのですが、時間が足りなかったから仕方ないと思います。でも就職についてもう一度考えてみることができていい時間でした。ありがとうございます。

 

◆ もうすぐ就職市場に飛び込む3年生、飛び込む3年生として良い講演でした。特に3カ国の比較で知らないことを知っていく講演でした。

 

◆ ゆっくり説明してくださったので、聞き取りやすかったです。

海外で働くためには異文化を理解することも大事だということを改めて知りました。少し残念だと思ったのは、日本語の実力の話でした。業務内容によって求められるのが違うというのは理解できますが、日本で働き、生活するものですから、最低限どのくらいできればいいのか教えてくださったらよかったんじゃないかと思います。

 

◆ いつか日本で働きたいと思っていましたが日本の企業について何一つ分からなかったです。でもこんどの講演で日本と韓国の違う文化や特徴を色々分かることができました。特に履歴書を書くとき注意しなきゃならないことを習って良かったです。でも講演の時間がちょっと短ったと思います。次はもっと長い時間ゆっくり聞きたいと思います。

 

__________

 

新型コロナウイルスの影響により世の中が大きく変わりつつありますが、今できることを地道に進めていきたいと思っています。