今日は夕方まで仕事がないので、思い立ってバンクシー展へ出掛けてみました。


メッセージ性はあるものの、解釈はそれぞれに任されており、受けとる側がどう捉えるかで変わる作品。


社会風刺の作品が多く、それも紛争の起こっている地域に行って、そこで平和を願う想いを壁面に描くというものもあり、まさに今戦争の起こっている国のことを思いながら見ました。


そんな作品の中で一番心に刺さったのがこちら。バンクシーの代表作品のひとつでもある
Love is in the air



火炎瓶の代わりに手にした花束。
パレスチナのベツレヘムのガソリンスタンドの壁に描かれたこの作品は高さ5m
実寸で再現された作品に圧倒されました。

これはCDのジャケットにもなっており、そのタイトルが
We love you… So love us.

私にとっては、この絵のタイトルよりも、ストンと落ちたタイトルでした。

おまえらのこと愛してるんだから、お前らも愛せよ!ってなかなか強引な言葉ですが、この少年のスタイルからしたら、精一杯の優しい表現なんだろうなぁと私は感じたわけです。

何かを伝えたい時、言葉を一生懸命探します。
でも、その言葉に対する認識って人によって違うこともあるし、うまく伝わらないこともあります。

自分の想いを表現する時、時には違う形で想いを表現してみて、解釈を相手に委ねてみるっていうのもいいのかもな…と感じました。

もちろん、理解してもらえる前提としてでなく、自分の想いをただ表現する。
そこに評価は求めないというスタイルです。

バンクシーがどんな想いを伝えようとしたのか、それを受け取った私とそれが同じなのかは分かりません。

ただ、こうしている今も戦火に怯え、悲しみが止まない国で、武器が花束に持ち変えられる日がきたらいいなぁと思えた作品でした。


Aromatiqueをスタートして、今日で10周年を迎えることができました。

自分にとって一つの目標でもあった10年です。
感慨深いです。

苦い経験も勿論ありますが、その全てが確実に今に繋がっています。
10年前に開業した時の私は不安だらけで、10年後の今の私を想像できませんでした。
と言うことは、次の10年もそうなれる可能性があるってことなんだなぁと思っています。

そして、お客様もまた然り。
人生のイベントを迎えられた方もおられますし、昔はよく涙を流しておられたのに、今はすっかり後輩に頼られる立場になられたり、夢をつかんでその先へ行かれたり。
思い出しては、いろんな10年を味わっています。

これを機に、10周年記念として、10年のことを綴ってみたらどう?というお声を頂き、毎月ひとつずつでも自分の変化を綴ってみようかなと思います。

また、ありがとうの気持ちをこめて、今月施術にお越しいただいた方には、Aromatiqueのギフトチケット、ドライヘッドスパ、骨盤調整、ハーブティーやバスソルトなどが当たるスクラッチカードをご用意しました。

スクラッチカードを手作りしてみました
作り方を見つけてしまったのです✨好奇心に火が着きまして😃
やや不恰好ですが、ご愛敬ということで❤️

今月からお仕事でまたひとつ新しいチャレンジも始まります。

これからも、丁寧におひとりお一人としっかり向き合い、その時に必要なケアをご提供して参ります。

ここまで私に気付きやチャンス、ご縁を与えてくださったお客様や友達、そして仕事を優先してきた私の生き方を支えてくれた家族に深く感謝を伝えたいなと思います。

本当にありがとうございました。

10年後、どうなっているのか想像はつきません。ですが、今まで以上に成長していきたいと思います。
そして、そんな私を見守っていただければ幸いです。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

Aromatique 
甲斐 万智子

お正月休み
皆様はどのように過ごされていますか。
ここ数年は友達と恒例のように滋賀へお詣りして年越ししていた私ですが、今年は久しぶりに自宅でのんびり。

11月にお迎えした文鳥達との時間もたっぷり。
どんな生き物も子どもの頃は好奇心旺盛でやんちゃですが、この子達も例に漏れず。
初めて目にするものに、ドキドキしながらも様子を伺いつつ向かっていく姿が可愛くてたまりません。

Aromatiqueは本日から営業です。
今年は「探究」をテーマに、知識と経験を更に重ねていきます。

プライベートではハンググライダーに挑戦します!

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます💛