せんだあさこの「あさメシ前だぜ!」

せんだあさこの「あさメシ前だぜ!」

千田阿紗子のブログです
日々起こる色々な出来事や感情を言葉にしていきます。

★★★活動情報★★★


◆『せんだあさこ劇場6』
2020年4月5日(日) 14:00/18:00
@恵比寿天窓.switch
出演:千田阿紗子
演奏:はんだすなお、Momoko、林由恭
脚本:永妻優一  演出:蔵重美恵

※2020年9月に延期予定。

こんにちは!!!
花粉がちょこちょこと、来てますね(笑)。

さて。
この度、来る3/7(日)にライブを行うことになりました!!!!


=======
「千田阿紗子ライブ2021春🌸」
SOUND CREEK Doppo(四ツ谷)にて

2021年3月7日(日)
17:30 open
18:00 start

千田阿紗子(vo.)
はんだすなお(pf./gt.)

料金
¥3,000(1ドリンク付き)
※予約制・入場者数限定

ご予約はこちらから


★Youtubeにて同時生配信予定★
ご来場が難しい方は、お好きな場所からお楽しみいただけます。
(投げ銭システムもございます)
7日間アーカイブ(3/14(日)まで)もご覧いただけます。
======

Youtubeでのカバーや、せんだあさこ劇場で歌った曲など、
オンライン上でお届けしていた曲を、生でお届けするライブです。
宜しければ是非ライブハウスに足をお運びくださいませ。
心よりお待ちしております!!!





距離はあるけれど、
同じ場所にいられてのコミュニケーションは、とっっても嬉しいから、ほんとにほんとに楽しみです!!!!

レプリカ2020、終演いたしました。



ご来場、ご声援ありがとうございました😊


12/26の振り返り配信の前に、個人的に振り返ってみようと思います。

すごく自分目線な振り返りです。
長くなりそうな予感(笑)。


稽古当初。後合流だったこともあり、とにかくものすごいハイペースで流れの確認をしている中で感じたのが、「マナトが、ぜんぜん違う人」だった。
3年前に私の中にいたヤヨイの感覚でいられない、というか、「こ、これは、なんだ…なんなんだ…」って戸惑った。
と、戸惑っていられる時間もないので、どんどんと稽古が進む。


今回の演出は、とにかく、
嘘をつかないで。
大まかには場所決めるけど、どこに座るとか、好きにしていい。
だった。


これが、楽しさと苦しさを生んだ。


その瞬間瞬間を生きられるのは楽しい。
でも、気がついたらものすごいところに気持ちが飛んじゃってて、感情の海が決壊する感覚というか。
これが、私がパンフレットに書いた、
「新しい景色を見せてくれた」秋沢マナトだった。



演者が一人変わると作品が変わるのが、レプリカ、だと、本当に心からそう思う。そして、そのどれもが、良い。
だからこそ、さやちんは、5人が織りなす『毎回違うレプリカ』を、一度も否定しなかった、と記憶している。



今だからもう言っていいと思うのだけど、稽古終盤で、結構個人的にしんどかったのは、
「嘘をつかない」という演じ方の中で、脚本の意図しているストーリーに、乗り切れてないのではと思うことだった。
田宮ヤヨイの最後の通し稽古で、前半の流れがめちゃくちゃ良くて、さやちんも「脚本家の浅井が泣いた」とコメントするくらい良くて、それは私も前から見ててわかってて。

けっこう悔しくて。
うおおおおーってなった。
内心無茶苦茶焦った。
ほんと、何回もヤヨイやってるのに、なーにやってんだってね、思いますよね笑。


でも、それがすごく良かった。
自分に足りないものが分かった。


本当、Wキャストの存在って、偉大だよなぁ。
岡村の時も、田宮の時も、
感謝しかない。
ここでこっそりと。ありがとう。




劇場に入ってからは、マスクが取れて、
「え?愛沢吉音、こんなに感じ悪くてやな奴だったん笑」
とかなるし、マナトもクピドも、顔の下半身の情報量すご!!
ってなって、ちょっとおよよよってなったけど、
ようやく全部のピースが集まったみたいな感覚で、初日を迎えられました。


さやちんも言ってたけど、
レプリカって、もう少しポップな作品だったと思う。
少なくとも私が初演再演で演じたレプリカは、ポップだった、気がする(笑)。
だから、今回の2020版を観て、皆さん、どう思うんだろうって、すこし気になってました。
それを意図してるとかでは全然無かったですけど、しんどみが増したりしてないかなぁと、ちょっと心配したりしてます。
個人的には、鉛の矢、の、強度が、増した、みたいな感覚なんですけど。
それはなんだろう、3年経って、人生観とか芝居観とか、演劇観とか、価値観とか、恋愛観とか、そういうのが、3年分歳をとった、ってところかもしれないです。
2020年を経た、も大きいかな。


同じ作品の同じ役を、何度も演じる、
のは、
自分自身を見つめなおせた。
とても興味深かった。



5回の公演は、5回とも違ったけど、
(好きなところ座ったり、好きな時立ったり、眼鏡外したり、日替わりネタみたいなのもあるし、恋するタイミングとか、苦しい分量とか、ぜんぶぜんぶ違った)

毎回ちゃんと、
大切な人と過ごす明日に憧れ、
傷つき、強がり、恋をして、
背中を押してもらい、
救われていました。




「恋に落ちるのは万人に与えられた自由」

のメッセージ通り、
「恋がしたくなりました!」
の感想、むっちゃ嬉しかったなぁ。

みんなで、恋したいですね!
クリスマスですしね。
今年ももう終わりですってよ、驚き。



ああー
日替わりネタの話(わくクピド、ねえさんクピドとのエトセトラについて笑)しようかと思ったのに、むちゃクチャ長くなってしまった!!!


収録配信、楽しみですね。
ちょっと怖さもあるけど(笑)、楽しみです。
たくさんの方に、観てもらいたい。
本当に。



そして、12/26(土)17:30頃から、
ワンスタライブです。


長々と読んでくださり、ありがとうございました😊


みなさん、こんばんは!!!
すっかり涼しい夜ですね。
ついこの間まで半袖ばりばりだったんだけどなぁ(笑)と、身体もびっくりしてます。

さて。
9/19(土)に、無事終演いたしました!
『せんだあさこ劇場6』。




ご視聴、エールをくださった皆様、
本当にありがとうございました!!
配信ライブ、不安もありましたが、「配信だったおかげで見られた」というご連絡もいただきまして。
生でお会いしたい気持ちも増しましたが、今しかできないライブを、と、知恵を絞りました。
お楽しみいただけていたら幸いです😊

お礼状フォームでも、たくさん感想をいただきましてありがとうございます!!!!!
お見送りで皆さんとお話ししてるような錯覚になりました。。うれしいお言葉の数々…
励みになります😭


そう!!98歳のおじいちゃんがね、アーカイブで見てくれたんです(涙)!!
ちゃんと、ペン(ライト)振ってくれてたの…
その姿の動画をみて、感動しました。


そういう意味では、カメラのおかげで、顔がどアップ&どアップ(ぎゃー)なもんで、おじいちゃんも見やすかったんだと思うんだな。がっつりみてくれてたらしい。
ありがとう、おじいちゃん。



さて。
配信というのは不思議なもので、アーカイブなるものがございまして、10/3(土)まであと1週間ご覧いただけるわけです。
すごい時代だぜ…

というわけで、これからご覧になる方のために、ふんわりと、振り返ってみたいと思います!!!



セットリストも併せて行ってみよー!!!



1.始まりの朝(Official髭男dism)
2.どんないいこと(SMAP)

そして始まりますおはなし。

『ハルの天国大冒険』
ハルは天国へのドアの鍵を手に入れ、
亡くなったお父さんに会いに行きます。


3.オーケストラ(BiSH)

天国で出会う、様々な人たち。


ストレスフルな閻魔さま。


4.異邦人(久保田早紀)


小憎いワンちゃん、その名もニク。


5.Home(木山裕策)


自由人、今日子さん。



6.フェスの夜/インスト(オリジナル)
7.ベッドタイムストーリー(オリジナル)


そして、ハルは、とうとうお父さんのもとへ。




ハルの『大切なもの』は、
一体なんだったのでしょう。


8.あなたのように(DREAMS COME TRUE)


9.リボン(東京スカパラダイスオーケストラ)


アンコール
10.水曜日のウーマン(オリジナル)




はい!!!!!
というかんじでございます!!!

振り返りながらしみじみしてる(笑)


ダイジェスト動画も作りました👍



全編見ていただきたいのは勿論ですが、
音楽を楽しんで頂くもよし、
ラジオ的に音だけ聞いていただくもよし、

お好きな楽しみ方で、あと1週間、お側においていただけたら、嬉しいです😊




読んでくださりありがとうございました!!!