せんだあさこの「あさメシ前だぜ!」

せんだあさこの「あさメシ前だぜ!」

千田阿紗子のブログです。
日々起こる色々な出来事や感情を言葉にしていきます。

【今後の活動予定】 


★ごった煮~ずで「寄席」やります!

2018年3月18日(日)

『ごった煮寄席』

15:00/18:30

@高円寺 K’sスタジオ


詳細はこちら !!



★その他の情報は、随時お知らせしてまいります!!


テーマ:
Twitterではお知らせしてましたが、こちらでも正式にお知らせです!

来たる7/27(金)に、歌います!
最近演出助手のお仕事が続いておりまして、歌いたくてうずうずうずうずしているのですが、その想いをドカーーーーンとぶちまけたいと思っております。

以前より、日常grooveで何度もお世話になっている、スーパードラマーやまだはるなさんから、こうこうこういう新しい企画やりたいのだけど是非!と言っていただき、即やりたい!とお答えしました。
まさかの展開で田村良太くんとも歌える機会となり、とにかくめちゃんこ楽しみなのです。

しかもバンドメンバーは、昨年七夕にやった、『千田阿紗子と日常groove』の時のメンバー。ぐわはぁ。楽しみすぎる訳です。

セットリストをいただきましたが、どれもこれも素敵な曲ばかり。西村淳さん、さすがです。ほんと。気合い入れて歌いたいと思います。


ご予約は、5/27(日)から受付開始です。
皆さん一斉に、せーのでどんで、ご予約フォームからご予約いただくことになります。
もしご興味持ってくださる方がいたら、是非とも、是非とも、いらしてくださいませ。
お待ちしております😊


以下詳細です!


*******

ミュージカルライブ
“In Japanese, PLEASE.”
Season 1

NYで日々生まれる最新楽曲を日本語で生演奏!最新のトニー賞ノミネート作品などを含めた日本語未上演楽曲を中心に、実力派シンガーがお届けします。

<日時>
7/27(金) 20時開演(19時半開場)
SOUND CREEK Doppo


<ご予約>
以下フォームにて受付いたします。
※予約受付開始は5/27(日)午前11時〜となります。


★当日は整理番号順のご入場となります。
ご予約の際に登録頂きましたメールアドレス宛てに整理番号をお送りしますので、
InJapanesePlease@gmail.com からのメールが受信できるよう設定をお願い致します。

開場時間になりましたら整理番号順でご入場して頂けます。その際にいらっしゃらなかった場合は整理番号は無効となりますのでご容赦下さい。

ご予約が完了してから5日たっても整理番号のお知らせが届かない場合には、お手数ですが InJapanesePlease@gmail.com までご連絡をお願い致します。
尚、キャンセルの場合は前日までに同アドレスまでご連絡をお願い致します。



<料金>
¥3,500-(+1D ¥600)

<出演者>
シンガー:
千田 阿紗子
田村 良太

バンド:
中山 彰太(Gt)
西出 真理(Pf)
山上 玲生(Ba)
やまだ はるな(Dr)


<企画>
中山彰太・やまだはるな

<構成・訳詞>
西村 淳

<デジタルフライヤー デザイン>
岡崎 広海





テーマ:
3/4に開催されました『Love Life Live 6』。
開催が決定してからずーっと脳内リハーサルして、一人で相当にムハムハしてましたが、本番がそれを更に上回る楽しさだったのは、ひとえに、出演メンバーとお客様のおかげでございます。
心から感謝。

少しMCでもお話ししましたが、我が家に眠る宝物たち(さやちんの手書き楽譜)を見て、これはやはり改めて多くの方に聴いていただきたい!観ていただきたい!てか歌いたい!!と、熱烈に思いました。
一人でLLL7のセットリストを妄想中です。



さて、本日は、LLL6において、私が裏でどういう働きをしていたかを、誰にも頼まれてないけれど、勝手にご披露したいと思います。


まず、『これが1枚あればLLL6のことは大体分かるシート』のご紹介です。


{37BA7290-9AD3-462B-9F03-7DD6A5CD4507}


数少ないリハーサルということもあり、大体のリハーサル時間は歌稽古になります。そこで、いわゆるステージングについては、リハ後の打ち合わせ(飲み屋)で話されました。それをなんとなく1枚にまとめたものです。これがあれば曲順もMCも立ち位置もなんとなく把握できます。出演者のみんなは、楽屋でこれを見たり見なかったりしながら、やっておりました。



次に、独占欲の朗読用ファイルのご紹介。
あれはキャンドゥで100円です。
薄めで便利。A5サイズってかわいい。
その後も何らかで使えます。

{561C5042-0A14-4E02-9E1B-7EF2093BF7EB}




そして、今回大活躍のマルバツくん。
テーマは【とことんチープに】でした。

ダンボールを丸く切り、白い紙を貼り、家に割り箸がなかったので、ストローをさしました。

{CDE59615-40A4-47C4-AB3F-2DEAFFD0F0AE}


※さしただけだったので昼の部は抜けて壊れました。



そして、丸とバツを書きました。


{342B2DF5-F3C5-47C5-86F4-38191F170603}


こんな感じです。
至ってシンプルですね。


使用例がこちら。

{30CD0427-C977-4998-B884-2C1C2181CC45}


みんないい顔してます。こんな顔も引き出してしまう魔法のマルバツくん。
持ってない三名もかなりいい顔してることについては触れないでおきましょう。



ということで、何を言いたかったかよくわからなくなりましたが。
リハーサルも楽しければ、一人家で作業してるのも楽しい。そんな喜びを感じるLLL6でした。


またOne on Oneの曲をお届けできる日を楽しみに。

テーマ:
1月最後の日ですって。
明日から2月で、また雪予報も出てますね。皆さんどうぞお気をつけくださいませ⛄️


さて、少し遅くなりましたが、ブログでも終演のご挨拶を。ミュージカル座1月公演「野の花」、無事に終了いたしました。
今年のインフルエンザの猛威に屈せず、誰一人欠けることなく元気に全ステージ臨めたことが、まずは良かったです。
そして、多くの方に観ていただき終演後ロビーで、勉強になる感想や、嬉しい感想もいただけて、光栄でした。歴代の野の花をご覧になってる方も多かったので、それも興味深かったですね。



個人的にお伝えした方もいるのですが。

今回このルイーゼという役、きっととても私に似た部分が多い役、なんだろうなぁと最初から思っていました。(きっと、だから今回キャスティングされたのだとも思いますし)
もちろんそこに助けられた部分もありましたが、それ以外の部分で、初めての引き出しを開けるみたいな感覚がとても多かった。
中学生から生涯を終えるところまでを演じるとか、時代背景を理解する必要性とか、ルイーゼの絶対的存在感とか。特に、最期のシーンは結構ギリギリまで悩んでて、中本さんは勿論、共演者の方にも相談したりして。限られた稽古時間の中で、ずっとクロールしてたみたいな感じでした。

いつも思うことですが、この作品に出会えたこと、ルイーゼを演じることができたこと。財産になりました。


本当にありがとうございました。


{D1E2EB98-A28F-42B2-B6A1-BFC111A6BCF1}


↑お気に入り写真。


そしてやっぱり誰より。

{C0D35A0E-045A-4071-861B-675F1040BA65}

お世話になった平川めぐみちゃんに、心からの感謝を。ありがとう。




すっかり髪が長い自分に見慣れてきてたので、いま現実(短髪モンチッチ)と向き合ってます。やっぱり髪また伸ばそうかなぁー。でもなぁー。とまた堂々巡り。
余談でした。



大好きがたくさん詰まった「野の花」でした。
ありがとうございました。


ルイーゼ役
千田阿紗子

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス