夢は、世界中の再非行を減らし、笑顔を増やすこと

僕は、情けないことですが、再非行を増やし、笑顔を減らしてきた、元非行少年
今の夢は、世界中の再非行を減らし、笑顔を増やすこと
自分と未来は変えられる
でも、一人では変えられない


テーマ:

平成29年8月4日は、ウィルあいちにておこなわれた第105回ひと倶楽部にて講演をさせてもらった。

 

約20名の方がご参加してくださっていた。

終了後に懇親会などで、 名刺交換をさせてもらったが、建設業関連の経営者や幹部の方が多かった。

 

ひと倶楽部とは

情報通信ネットワークの整備が進み、人と人との関りのデジタル化がすごいスピードで進んできています。

その様な状況の中で、アナログ的な関わりの重要性が増してきているように感じます。

多くの“ひと”たちとの出会いの場を提供することこそがこの“ひと倶楽部”の目的です。

(ハタコンサルタント株式会社ホームページより)

僕がお話させてもらったあとに、ひと倶楽部代表の降籏達生さんが、約10分程度のお話をしてくださった。
非行、ひきこもり、虐待などにより、学校や家庭で居場所を見いだせない子どもたちに、建設業という場で本人の強みを生かし、社会を共に創っていきたいという夢のあるお話だった。
降籏さんの夢への挑戦する気持ちは、本気で心を打たれた。
 
子どもが大人を諦める社会、子どもが夢を諦める社会にはしたくない。
そのためにも、大人が子どもを諦めず、大人が夢を諦めたくない。
 
降籏さんのお話を聴きながら勇気がわき、少年院にいる少年たちにも降籏さんのお話を聴いてもらいたいと思った。
 
ひと倶楽部にご参加されていた方々は、皆さん、大人だったけど
子どもを諦めず、夢を諦めない方々だと思った。
 
講演という機会をいただくことで
今まで知らなかった会と触れ合わせてもらい
新たなひととの出会いのご縁をいただき
自分自身の心を鍛えてもらえる。
感動したこと、気づきを得たことは、これからも一人でも多くの方と共有をさせてもらいたい。
 
{D63926B3-AA38-42B8-BFC1-82152AE865E5}

 

話は変わりますが、昨日、再サポの近田副理事長と一緒に電気屋に行き、新たに入居予定の少年の洗濯機や冷蔵庫を購入した。

そこで、スクイーズのガチャを発見して、近田は娘に写メを送り、娘がリクエストするガチャをお土産に買っていた。

我が家の長女も、スクイーズが大好きなので、近田の真似をさせてもらったら、長女は喜び左側のガチャをリクエストしてくれて、次女も便乗して次女は左側のガチャを希望してくれた。

 

今日は次女から、「いい駄菓子屋を見つけたけえ、一緒に行こう」と誘ってもらえたので、仕事が落ち着いたら、長女と駄菓子屋に行きたいと思います。

 

{0D288D83-6453-405E-8705-200FF466E5BD}

 

 

次女は相変わらず、おてんば娘で、日々いろんなことを巻き起こし、家族を笑いの渦に引き込みます。

 

{60DA1B20-9EB0-491E-A364-FFF964446795}

 

 

妻は家庭菜園で、ゴーヤ、メロン、とうがらしなどなど、さまざまな野菜を育てています。

昨日の台風でとても心配していたけど、何事もないことを願うばかりです。

 

 

{3B1479AE-7E42-42B5-8A7C-36AB6E127339}
 
ひと倶楽部には、再サポの社会内サポートの責任者である渋谷も参加してくれて、写真を撮ってくれていた。
渋谷の少年たちとの関り方は、すごく真っすぐで、少年たちからもとても慕われています。
僕も少年たちに対する、初心をいつまでも忘れることがないように、これからも再非行防止活動に本気で取り組み続けていき、笑顔を増やしていきたいと思います。
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

平成29年7月21日(金)は、長野県松本市にある松本少年刑務所内の体育館で、松本少年刑務所少年母の会の総会があり、再サポの近田副理事長と一緒に講演をさせてもらった。

 

松本少年刑務所少年母の会とは

松本少年刑務所青少年受刑者の更生自立を促進するため青少年受刑者の親代わりとなり、物心両面より激励援助することを目的として、昭和29年に設立されました。以後、青少年受刑者の教育、職業指導、レクリエーション等について、講師、指導者の派遣、映画演芸の提供とその経費の援助等の事業を行っております。

 

ボランティアで罪を犯した人の更生を応援している会としては、保護司会、更生保護女性会、BBS会、篤志面接委員連盟、少年友の会は、再非行防止活動を通して、ご一緒させてもらうこともあるけど、少年母の会という団体については、初めて知った。

松本少年刑務所母の会の会員は受刑者の親ではなくて、地域の方々であることや、会員が約1000名おられることには感嘆した。

 

講演前に、松本少年刑務所内にある旭町中学校桐分校で中学校教育を受けておられる4名の方が歌を披露してくださった。

2名の方は、中学卒業をしていないため桐分校で中学卒業資格を得るために勉学に励んでおられる。

2名の方は、中学卒業資格はもっているが、もう一度、中学校教育を受ける意思をもっておられるようで聴講生として勉学に励んでおられる。

 

桐分校の入学資格は、全国の受刑者が対象であり、義務教育未修了者であること、刑務所内での生活態度が良好で学習意欲があるなど。

 

講演では、高坂からは2度目の少年院を出たあとも、成人になってからも、生き直しができなかったことや、24歳の時に生き直しの決意はしたものの、多難の連続で、それでも今があるのは、家族や、今までに自分と真心込めて関わってくださった方々の存在があったからだということをお話させてもらった。

松本少年刑務所は、B級(累犯)の少年刑務所なので、少年院に数回入ったことがあったり、刑務所入所が2回目以上の26歳未満の人たちが収容されるため、成人になってからも犯罪を重ねていた自分にとっては、特に他人ごとではない気持ちでお話させてもらった。

近田副理事長は、再サポの法人説明や、非行少年の自立までに必要な支援についてお話した。

 

講演後は、松本少年刑務所内の見学。

再サポからは、近田、高坂だけでなく、他3名の役員も参加させてもらった。

見学後は、刑務官の方々と意見交換。

 

見学と意見交換の際に、学ばせていただいたことを以下に列挙。

 

職業訓練は6つ。

    自動車整備科。

    電気通信設備科。

    情報処理技術科。

    内装施工科。

    ビジネススキル科。

    生産技術取得訓練科。

 

1日、6時間~8時間程度、作業に取り組んでいる。

工場内や、工場で作っている製品を見せてもらったが、コンビニで売っている水引など、見たことのある製品が複数あり、これは刑務所で作っていたのかと驚嘆した。

他企業から仕事を請け負っているため、納期に間に合わないといけないので、残業をすることもある。

受刑者の給料は、作業報奨金と言い、1等工から10等工によって金額が分けられている。

週5日作業に取り組んだとして、月1000円ぐらいの人もいれば、月2万円ぐらいの人もいる。

工場の中には、自動車やバイクの工場があり、誰でも車やバイクの修理を松本少年刑務所に依頼することはできる。

実際にお客から預かっている車やバイクが置いてあった。

車の洗車も受けているようで、料金は1台500円。

 

松本少年刑務所には、所内に中学校があるだけでなく、長野県松本筑摩高校の協力により通信制高校の授業も受けられる。

現在、19名の受刑者が通信制高校の授業を受けている。

 

10代の少年受刑者も、受刑している。

少年受刑者には、別のカリキュラムも用意している。

個別担任がついていたり、日記指導もある。

 

帰住先は、親が55%、更生保護施設等18%、調整中10%、親戚6%、妻・内妻4%、その他は知人や雇用主

満期出所の場合は、刑務所側は帰住先を把握していなくても出所となる。

 

平成28年の満期出所は、約20%。

約80%の仮釈放の人は、残刑の平均が3か月と28日。

 

約200名が受刑しており、愛知県から約半数が来ている。

 

暴力団組員は松本少年刑務所には送られず、他の刑務所に送られるため、暴力団組員はいない。

刺青は半数以上の人が入れている。

 

刑務官は受刑者を名前で呼び、受刑者は刑務官を「おやじ」「おやじさん」「先生」などと呼ぶ。

 

受刑者は、部屋の中では他の受刑者との会話は自由にできる。

21時以降は消灯となるため、会話はしてはいけない。

 

出所前の2週間は、出所前教育をおこなっている。

保険、年金、住所変更などなど、社会で生きていくために必要な手続きや、知識などの教育をおこなっている。

 

 

 

僕の感想としては、「少年院」も「少年刑務所」も「少年」というフレーズはついているが、異次元の世界のような印象を受けた。

少年院は厳しくて自由の少ない全寮制の学校で、少年刑務所は厳しくて自由の少ない住み込み就労のように感じた。

少年法適用年齢引き下げが議論となっている今、少年院教育と、少年刑務所での刑罰の違いを検証したり、本人や家族などの当事者の心の声に耳を傾ける必要性が強まっていると思う。

最も大切なことは、少年も、26歳未満の人も、罪を犯した人が、再非行・再犯をしないようにするためには何が大切なのかということを熟議して、決定していくことだと思う。

そして再非行・再犯を減らして、新たな被害者を生み出さないようにし、罪を犯した人たちが税金で支援を受ける立場から、税金を納める立場に変われるための処遇や環境整備に取り組んでいくことが求められるいると思う。(共に生きるスタイルはさまざまなので、さまざまな事情で税金で支援を受けながら生きていく方も、大切な社会の一員だと思っています)

 

講演、見学後は、松本少年刑務所に受刑中の青年の面会をおこない、愛知に戻った。

面会をさせてもらった青年とのご縁を大切にさせていただきながら、こちらでできることはベストを尽くさせてもらい、青年の未来の幸せを心から願うばかり。

 
 
{D237377B-99ED-439D-947A-105A959FB36A}

 

{E077A961-F1A3-4A83-B35F-F01C2D8FC097}

 

 

{5F868CB9-03F0-4EA4-BC78-79AFA96F7494}

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月20日は、長野県安曇野市にある有明高原寮という少年院で、7人(現在の収容人数は8人)の少年に対して「自分と未来は変えられる」というテーマで講演をさせてもらった。

質疑応答の時間になると、全員が質問をしてくれた。

全員の質問の内容が、とても深みがあり、今後のことを真剣に考えている様子がひしひしと伝わってきて、その分、質問に答える僕も中途半端に答える訳にはいかないので、答えに詰まりながらも嘘偽りなくまっすぐに答えることに集中させてもらった。

 

講演には、院生や法務教官だけでなく、更生保護女性会、鑑別所の首席、安曇野市の職員、市民タイムス安曇野支社の方もお越しくださっていた。

 

有明高原寮の院長(正式には、寮長)は、小山浩紀さん。

小山さんと初めてお会いしたのは、約5年ぐらい前だったと思う。

小山さんが広島矯正管区で勤務されていた時に、広島でお会いさせてもらったのが最初だった。

そのご縁で、広島矯正管区でおこなわれた篤志面接委員の研修会で講演をさせていただいた。

その際に、一緒に講演をさせてもらったのが、NHKスペシャルにも出演された、ばっちゃんと呼ばれている中本忠子さんだった。

それから、中本さんにはとてもお世話になっている。

現在も、1人の少年の相談をさせてもらっているし、地元の先輩が我が子のことで悩んでおられたので中本さんのことをお伝えさせてもらった。

小山さんの話に戻るが、小山さんがその後、内閣府で勤務されてからも、内閣府に講演に呼んでいただけた。

その後の小山さんの勤務先の、青葉女子学園(宮城県にある女子少年院)には行けなかったが、次の有明高原寮にも行かせていただけることになり、このご縁に感謝ばかり。

 

講演が終わったあとは、小山さんや、有明高原寮の法務教官の方々が、とても丁寧に寮内を案内してくださり、説明をしてくださった。

当日は、再サポとして役員5名で行かせてもらっていたので、再サポメンバーと感嘆の声をあげながら、その都度、質問もさせてもらいながら、見学をさせてもらった。

 

有明高原寮を見学していて感嘆したことは多々あるが、僕が特に印象に残ったことを以下に挙げていきたい。

・温泉カウンセリングでは、有明高原寮に入院した院生が2週間ぐらい経つと、担任の先生と一緒に近所の温泉まで歩いていき、院生と担任が裸と裸で温泉に入りながらさまざまな語らいをする。

※刺青が入っている少年がいたら、刺青があっても入れる温泉に変更するなどの配慮をしている。

・周りには、塀もフェンスもない。脱走しようとしたらいつでも脱走できるような環境だった。何度か脱走した少年がいたようで、フェンスや塀をつけるか議論になったが、地元の人たちからフェンスや塀をつけることを反対されて、現在もフェンスや塀がない。

・2000メートル級の山に、院生と法務教官が登山に行く。登山においては、院生が法務教官を支えたり、気遣うことがある。

・出院準備になると、1人で徒歩や自転車で、院外にある老人ホームに働きに行く。

・親子合宿では、親と院生が一緒の部屋に泊まり、院内にある温泉にも入れる。親子合宿の間は、法務教官が付添いなしでも、親子で近所を散歩できる。

・夏になると、近所の小中学生が、有明高原寮にきて、毎朝、院生と小中学生が一緒にラジオ体操をする。

・有明高原寮は、地元のお手伝いをしたり、地元の行事に出たりなど、地元と一緒に生きてきた歴史がある。

・有明高原寮の体育館を、近所のバレーボールなどに開放している。

・野良猫が有明高原寮に迷い込んできたため、今は野良猫の居候を許可して、サブローと名付け、院生に猫担当としてえさをあげる役割なども配置している。

 

 

かねてから、民間の少年院を作りたいという夢がある。

有明高原寮を見学させてもらったことで

日本初となる民間少年院のイメージが、今までより色濃くなった。

 

 
{A5CDF831-FCD6-4A13-8243-88FD6CB0F24F}

 

{3D40BA30-019E-48FB-91C9-2983DA492262}

 

 

{7146F939-3A2A-4BF7-BB42-A0757B8A2031}

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。