ほんさんブログ

㈱Snailtrack(朝日新聞販売店 ASA淡路・豊里)社長のほんさんが、「新聞販売店と学びの日々、ときどき子育て」を綴ります。

NEW !
テーマ:

 

 

 

 

今日は久々に業界の重鎮と飲みだったのですが、そこで業界の現実を改めて思い知りました。

 

 

 

色々と考えさせられましたが、おかげさまでもう1度「原点」というか(株)Snailtrackの「芯」について再考することができました。

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

(ウーロン茶を)飲み過ぎたので今日はlook back blogです!

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年9月3日

 

 

 

「汗」と「まごころ」をキャッシュに換える

 

 

 

 

 

 最近は㈱SnailtrackのFBページで「いえサポ!」関係の発信を強化しているので、よく

 

 

「頑張ってるね~」

「ホントにいいことしてるね~」

 

 

と行く先々で声をかけていただけます。

 

 

 


もちろんそう声をかけていただくことはとても嬉しいです。


嬉しいのですが、同時に「まだまだだな~」って思います。



だって、㈱Snailtrackが「いえサポ!」をしている目的は、(地域貢献はもちろんですが)

 

 

「頑張ってるね!」

 

 

と言われることではなく、

 

 

「応援したいから新聞を購読するわ!」

「友達が東淀川区に住んでるから、紹介するわ!」

 

 

って言ってもらうことです。




(株)Snailtrackの事業が少しづつ地域に浸透している実感はあります。


でも、「圧倒的に応援されているか?」って視点で視ると、まだまだなんですよね。




言うまでもなく、「お金をもらう」という行為は

 

 

「価値の交換」

 

 

です。



1000円の価値がある商品・サービスを100円で売れば、めちゃめちゃ感謝されます。



でも会社は立ち行かない。


一時しかその価値を提供できない。


お客さんがありがたがってくれた商品・サービスを、じきに提供できなくなる。




「ありがとう」を「キャッシュ」に換えるのが企業です。



そこがボランティアとの明確な線引きです。




「ありがとう」をもらって自己満足に陥り、「キャッシュ」に換えることを疎かにするのは、

 

 

「良い商品・良いサービスだけど、一時しか提供しません」

 

 

と言っているのと同じです。





だから、「いえサポ!」が地域に望まれている、感謝されるに足るサービスだという誇りを持っているなら、

 

僕たちは必死で「ありがとう」を集め、戦略的に「キャッシュ」に換えていかねばならない。


戦略的にブランディングし、戦略的に口コミを起し、戦略的にキャッシュに換えていかなければならない。



「どうせ新聞をとるならあなたのところでとるわね」


と言ってもらって初めて、スタッフの「汗」と「まごころ」はキャッシュに交換される。



「新聞ではどうしてもお付き合いできないから、他の商品・サービスがあればおつきあいするわね」


と言ってもらって初めて、「第三の収入」を考えることができる。



そう思います。

 

 

 



シビアな言い方をすれば、


「CS活動に力を入れるようになって、社内が明るくなった!」

「いいことをしていれば、きっとお客さんは見てくれている!」



で止まってしまってる間は、経営者としては三流だということ。




「汗」と「まごころ」をキャッシュに換えることに罪悪感があるなら、早急にボランティア団体に転向した方がいいということです。


※ 「どちらがいい」という話ではなく、価値観が「ボランティアの方が向いている」って話ですよ!念のため。






昔、なかやまきんに君がネタで、



「健康のためなら死んでもいい!」




って言ってましたが、



スタッフがみんな、

 

 

「お客さんに『ありがとう』って言われるためなら、それで自分が気持ちよくなるためなら、会社の経営なんてどうだっていい!」


って思って仕事してたらヤバイですよね?




お客さんからしても気持ち悪いと思います笑い泣き






お客さんが喜んでくれて、会社も経営活動を継続出来て、地域も良くなる。


スタッフも遣り甲斐を感じられて、家族も誇らしい気持ちになり、取引先も喜ぶ。



そんな事業がしたくて「いえサポ!」を始めました。


その時の想いを、忘れちゃいけないなー。





堂々と、胸を張ってスタッフの「汗」と「まごころ」をキャッシュに換えていきます。


堂々と「応援してください!こんな方が周りにいたら、ご紹介ください!」って言おう。



そして、もっともっと喜んでもらえるサービスを、応援されるサービスをブラッシュアップして継続していきます!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------
 
 
 
 
 
 
【感想】
 

 

ここ数年でサスティナブル(持続可能な)という言葉が一気に一般的になりましたが、

 

 

流行ってくる言葉というのは、やはり時代背景がその言葉を必要としているからだと思います。

 

 

CSRCSVといった言葉が頻繁に使われ出したのも同じくです。

 

 

 

今、企業の存在価値は利益至上主義から社会課題の解決型へ、そしてそれを「持続可能なモデルにしていくこと」にシフトしている。

 

 

 

そしてその時代の流れは僕にとって、「自分がやりたい経営」と完全にマッチしています。

 

 

 

正直、

 

 

 

現代に生まれて良かったー!!

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

あとはアイディア×能力×熱量です。

 

 

 

改めて、がむばります!

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「look back blog」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。