大阪、北摂地域(茨木市、箕面市、吹田市、豊中市、高槻市、摂津市)で明るく笑顔の絶えない日々を過ごせるように( ♡ ´罒` ♡ )

大阪、北摂地域(茨木市、箕面市、吹田市、豊中市、高槻市、摂津市)で明るく笑顔の絶えない日々を過ごせるように( ♡ ´罒` ♡ )

一般社団法人体力メンテナンス協会認定バランスボールインストラクター、体力指導士、産後指導士養成生@大阪・北摂、ASAMI(東房麻美)です。バランスボールで楽しく弾んで体も心も元気になって毎日を明るく楽しく過ごしませんか?

皆さん、いかがお過ごしでしょうかはてなマーク

 

私が住んでいる大阪府も先週は兵庫と大阪の往来自粛に続き今週は不要不急の外出の自粛を知事から要請されたり、なかなかレッスンも開講できない状況であったり我が家の旦那さんもお仕事が少なくなり帰宅時間が早くなり出張なども無くなりコロナの影響は肌で感じずにはいられませんDASH!

 

しかし、こんな時だから出来ることに目を向け子供たちとボールプランクで競争したりストレッチしたり姿勢や呼吸についで教えたりとても良い時間になっていますニヤリ





 

出来ないことばっかに目を向けずに、それならこれが出来るかなとか、これはどうだろうかと考えれるチカラは体力があってこそです。

 

体力とは長時間走れるとか筋トレを息を上げずに出来るとか・・・あせる

昔はそう思ってましたがそうではなく。。。

何かをやろうと思える気力、そして実行に移すこと、楽しめるチカラのことです。

 

このチカラは育児をしていると本当に必要になってくるもので、体力がなければ子供が休校になったり子供に手が掛かるからと言って、やらなければいけないこと、やりたいことも子供に手が掛かって・・・ダウン

子供がお休みでどうしよう何も出来ない・・・ダウン

出来ない事ばかりに目を向けて自分のやりたいことややらねばいけないことも諦めがちになりどうすれば出来るのかどうすればこなせるのかなどの考えるチカラもある訳がなく育児や子供を言い訳にして逃げたり諦めたりしまいます。

 

体力があると思考にも影響を前向きにもなれて生活が楽しくなりブレない身体に変化しブレないココロを手に入れる事が出来るようになります

 

体力をつけるには身体も心も元気に過ごすために自分自身でケア出来る力を身につけるチカラ体力メンテナンスをすることがとても大事になります。

 

それでは体力不足を解消するにはどうすれば良いのか?

それは・・・生きるためのエネルギー物資を生産することです。

ATP=アデノシン三リン酸です。

ATPはミトコンドリアにて生成され脳や筋肉を動かす為に必要なエネルギーになります。

 

車で例えると。。。

車が人の身体

車を動かす為に必要なガソリンがATPという感じです。

 

ATPはミトコンドリアという細胞小器官で作られています。

ミトコンドリア??昔、学生時代に生物に授業で聞いたような・・・チーンと思われている方は結構多いのではないでしょうか!?

ミトコンドリアとは動物や植物などの細胞の中で働く機官で細胞よりも更に小さな組織となっていて生きるためのエネルギー物質の約90%生み出しています。

ミトコンドリアが少なくなったりすると・・・あせる

ATPの量も減少し疾病や老化の原因にも繋がってしまいますポーン

 

難しい生物学的なお話をしましたのでまた続きは次回に書きたいと思います。

 

では続く。。。