Artin time♡
  • 02Jul
    • とうとう

      「二人だけになっちゃったね…」と寂しく飲んだのは、先週の火曜日。友人と、つい数十分前まで行われていたLIVEについて話しながら、人気のイタリアンレストランでディナーをいただきました。この日は、延期になっていた、鈴木雅之さんのLIVEの振り替え公演でした。一緒に行く予定だった友人グループの中で、何とか仕事のスケジュールを調整して、LIVEに行くことが出来たのが、先の友人と私の二人だけやむなく来れなかった方も多かったのか会場内を見渡すと、2階席はまばら1階席の中央通路より前方にいたっては、各列両端が2、3席ずつ空席でした2年前、同会場で行われた2回のLIVEは、いずれもギッチギチの〝満員御礼〟だったはず(たぶん…)〝あの時は、6列目の端っこの方だったなぁ~〟と思い出しながら、その席に目をやると空席で、何となく寂しい気持ちになりました寂しいと言えば、ベーシストの小松秀行さんがいないLIVEは、本当に寂しかったですそれでも、LIVEはファンの方々の熱気に包まれて、盛り上がっていました友人と私は…アルバムを購入していないので、初めて聴く曲に〝ノリ〟後れた感じでしたそんな私達は、今週もLIVEですっ

  • 12Jun
    • 令和もSEIKO♪

      今年も、聖子ちゃんの季節がやってまいりましたぁ~6月8日(土)は、Concert Tour2019の初日で、さいたま新都心駅は大混雑さいたまスーパーアリーナの前は、会場入口に向かう人(手前)と、グッズを買うために並んでいる人(奥)で溢れかえっていましたグッズ売り場も大盛況こちらは、ツアートラックですツアートラックの前に、お揃いのTシャツを着たグループの方がいらしたので、写真を撮らせていただきましたステキなショット、ありがとうございました端の方、写真が切れてしまってすみませんスタンド席の入口です。私が今まで行った聖子ちゃんのLIVEは、いつもピーカンで、暑いくらいです今回、私達はアリーナ席だったので、こちらから入場。正直、スタンド席の方が聖子ちゃんも、両サイドのスクリーンもよく見えます開演直前、親衛隊の方々の誘導で巻き起こる〝聖子〟〝聖子〟という聖子ちゃんコールは、毎度のことながら場内を盛り上げ、気持ちを高ぶらせます今年〝Pre40thAnniversary〟の聖子ちゃん。今回のツアーは〝Seiko’s SinglesCollection〟というタイトルだけあって、全てシングル(A面)曲でしたなので、1曲目からずっ~と聖子ちゃんに合わせて口ずさむことが出来ましたLIVEの楽しみの1つである衣装は、6着とこちらも豪華聖子ちゃんだから似合う、聖子ちゃんにしか着れないだろうと思わせるワンピもキュートでしたステージのセットも毎年豪華絢爛で、今年はどんなストーリーなんだろうと、いつもワクワクします。その煌びやか且つかわいらしいステージを、聖子ちゃんは上ったり下りたり、左右に走ったりととってもパワフルLIVEの途中にある〝アコースティックバージョン〟で既に2回のアンコールエンディングでも2回のアンコールが起こるほど、素晴らしいLIVEでした。実は私、聖子ちゃんの澄んだ伸びやかな歌声はもちろんですが、楽しいMCが大好きなんです今回は、聖子ちゃんの〝凄い顔〟に大爆笑しました〝凄い顔〟もかわいくて、美しいんだなぁ…私達とは別で〝参戦〟した会社の人いわく、全27曲だったそうですが、とにかく幸せの境地贅沢過ぎるLIVEでした人の流れに乗って退場しなければいけないので、立ち止まってお花を撮ることが出来ませんでしたLIVE後も、グッズを買うために並んでいる人の列は果てしなく続き〝最後尾〟というプラカードを持っているスタッフさんがいる位置を確認して、購入を断念しましたLIVE後の打ち上げですこの日、香取慎吾さんプロデュースのスニーカーとデニムでキメてきたSMAPの大ファンである友達は、とってもご機嫌でしたhttps://www.fashion-press.net/news/41788https://atarasiichizu.site/?p=2931この友達を見て、改めてファンって凄いなと思うとともに、ファンの気持ちを充分に受け止めてくれている聖子ちゃんが、「皆さんが応援してくださるから」「ありがとうございます」と何度も何度もステージで頭を下げていた姿を思い出しました。余談ですが…アコースティックバージョンの時に、座ったまま「ありがとうございます」と頭を下げた聖子ちゃん。直ぐにハッとして「座ったまま言うことじゃないわね」と立ち上がり、もう一度「ありがとうございます」と感謝の言葉を述べました。そんな聖子ちゃんの、ファンに対する真摯な姿にグッときて、涙が出ました私も〝昭和も 平成も 令和も 聖子に夢中〟です

  • 31May
    • 咳エチケット

      先週の金曜日、鈴木雅之さんのLIVEで中野サンプラザへ行きました。友人達との再会も、とても楽しみにしていました18時30分開演予定。開演時間を5分ほど過ぎた頃だったと思います。ライトが落ち、暗くなるはずの会場が一気に明るくなりました主催者であるSOGO TOKYOの代表者が舞台に現れ、本人が体調不良のためLIVEは延期、別日に振り替え公演が行われる旨、伝えられました。開演時間に会場が明るくなったこと、そしてこの方の登壇と「私がここに立つということは、皆様お察しかと思いますが…」という第一声で〝今日はないな〟と思いました体調不良なら仕方ない…100%のLIVEを観れず不満を抱えて帰るより、延期の方が受け入れられました。延期のアナウンスも、一旦会場に入場し、着席後だったことは、入口での混乱を避けるためにもよかったと思います。ただ…友人の1人は、新幹線を乗り継いで来ていたので、交通費と宿泊費を考えると、ため息交じりかく言う私や他の友人達も、開演に間に合うよう会社を早退しており、仕事の都合も含めて振替日は厳しそう縁がなかったと諦めようさて、諦めがついたところで、急に空いてしまった時間をどうするか…自然な流れで〝お酒〟でしょ元々、LIVE後に〝ちょい飲み〟をする予定でしたが、行こうと思っていたお店が人気店のため、19時台という一番混んでいる時間帯に入店できるかどうかが問題でしたその上、よりによってこの日は花の金曜日…主催者のアナウンスが終わって直ぐ、お店に電話をすると「どれくらいで来れそうですかとりあえず、席を空けて待ってま~す」と店長さんが応対してくれて、一先ず安心危うく〝酒場難民〟になるところでした暗くなった舞台のセットを皆で撮影し、会場を後にする道すがらのことです。ツアーTシャツを着たご高齢のご婦人が、ゲホッゲホッと酷い咳をしながら「私の風邪が(鈴木雅之に)感染したのかしら」と大声で話していましたしかも、マスクもせず、ハンカチなどで口を押えることなく、辺り構わず咳をしていました全然、シャレにならないです〝ウィルス〟撒き散らしていますけどぉ…いやいや、こんな人が自分の席の周囲にいたらたまらないなぁ…咳が気になって、LIVEどころの話ではなくなるだろうこういう人、通勤電車でも結構見かけます咳やクシャミ(風邪で)をする人に限って、マスクをしていない人が多く、むしろ健康な人がマスクをして〝予防〟をしているように思います厚生労働省のHPにも〝特に電車や職場、学校など人が集まるところで実践することが重要です〟と書いてあります。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000187997.htmlLIVE会場も同様、〝咳エチケット〟は、守ってほしいものです2011年、2012年に流行った〝マイコプラズマ肺炎〟をご存知ですか私も例に漏れず、2011年に発症しましたマイコプラズマ肺炎の代表的な感染経路は、飛沫感染だそうです。飛沫感染とは、感染している人の唾液や咳を通して、人から人へとマイコプラズマがうつっていく感染の仕方です。また、唾液の中に存在するマイコプラズマは、ドアノブや箸などに付着した時なども、しばらく生存しているため、マイコプラズマが付着した物質に直接触れ、口から取り込む接触感染を起こすこともあるそうです私の場合、最初に行った病院で〝喘息〟と診断されたので、1ヶ月以上、吸入器のほか〝喘息の薬〟を服飲していました。当然ですが、なかなか治らず、会社のデスクで突っ伏して咳込む頻度が増えていきましたそんな私を心配した上司から「内科ではなく、呼吸器科がある病院で診てもらった方がいいよ」と言われ、セカンドオピニオンを受けてマイコプラズマ肺炎と診断されました誤診から3ヶ月弱、本当に辛い日々でしたちなみに、4年前、旅行中に感染した〝溶連菌感染症〟も相当辛かったですいずれも、マスクで予防をしていなかった時季です。それ以来、家族も含め〝咳〟と〝クシャミ〟をしている人に敏感になりましたYahoo!ニュースで報じられた事にも驚きましたが、中野サンプラザに続き、大宮ソニック、上野学園ホール、岡山シンフォニーホールの公演も延期になり、鈴木さんの体調不良が長引いているようですhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-00000004-tospoweb-ent急に暑くなり、この時季は体調管理が難しいですが、皆様もどうぞお身体に気を付けてくださいLIVEが急遽〝飲み会〟に変わりましたが、ガッツリお肉を食べながら近況報告をし合い、これはこれで楽しい時間を過ごせました

  • 27May
    • 懐かしの♪

      久しぶりのブログです新しい時代を迎えて早1ヶ月ここ2、3ヶ月のドタバタ劇は、追々書くとして…昨日は〝ザ・ベストテン ライブ2019〟を観に、中野サンプラザへ行って来ましたお目当ては、水谷千恵子先生3月に遡りますが、水谷千恵子先生が〝水谷千恵子50周年記念公演〟として明治座初座長を務められたお芝居〝とんち尼将軍 一休ねえさん〟を母と観に行き、どハマりしました歌謡ショーもあって〝歌よしMCよし〟で本当に楽しかったですこちらは、後日ご報告しますさてさて、昨日のLIVEですが、終わりが遅いと見込んで、お気に入りのお店でちょっと腹ごしらえ本当は、ランチを目当てに行ったのですが、ランチタイムを過ぎていたので、こちらのチーズリゾット、ミートオムレツ、きのこのアヒージョをいただきました開場前は、長蛇の列(左奥)サンプラザ内1階、2階からも撮影。開演前は、セットの撮影がOKだったので、ステージ近くは大混雑アーティストが登場する〝ミラーゲート〟や12週連続1位の記録を打ち立てた寺尾聰さんの〝ルビーの指輪〟シート(赤)、出演回数200回を超え出演最多記録を誇る田原俊彦さんのシート(青)も本物感動したのが、空港で見かける正式名称〝反転フラップ式案内表示機〟こちらのLIVEは、7月12日(金)21:00~22:54 BS-TBSで放送されるそうです。司会は、TBSアナウンサーの石井大裕さんと友近さん。ゲストは中村あゆみさん、島津亜矢さん、斉藤由貴さん、鬼龍院翔さん、水谷千恵子先生、世良公則さんでした。黒柳徹子さん、田原俊彦さんからのメッセージもありましたゲストの方は、それぞれ持ち歌も含めて3曲ずつ歌われました。〝この人がこの曲歌うのぉ~〟という驚きもありました。オンエアを楽しみにされている方もいらっしゃると思いますので、曲名は伏せておきますが、ゲストの方々の歌唱力に感嘆したLIVEでした。LIVE後は、私が大好きなパン屋さん〝Bonjour BON〟(ボンジュール・ボン)でお買い物人気№1のメープルメロンパンは、母のお気に入り写真を撮る前に食べられてしまいました時計回りにご紹介するとベシャメルときのこのピザ、カレーパングランプリ2018で金賞を受賞したビッグエッグカレー、卵が美味しいクロックマダム、人気№2の塩ロール。食パンで人気№1のマーヴェラス絹は、我が家では5枚切を食しますが、この日は売り切れでしたお近くに店舗があれば、是非お試しくださいhttps://bonjourbon.com/

  • 26Feb
    • 早春♪

      気付けば、2ヶ月近く更新しなかった(余裕がなくて出来なかった)ブログ新年早々、高熱にうなされ〝寝正月〟今思えば、連日の忘年会疲れからくるものだったのだろうその後、3週間以上〝咳風邪〟が長引き、毎週病院通いだからといって、会社を休むわけにはいかない。そして、こんな時に限って羽田空港を何往復もすることになるは、その時福岡の幼馴染みからもらった〝にわかせんべい〟の小銭入れちょっと笑えてほっこりちなみに、博多織写真上:私のお誕生日会写真下:節分の日ここ数ヶ月、社会人になってこれ以上(仕事で)忙しい日々はないというくらい、慌ただしい何がツライって、毎日残業でに行く日を前もって約束出来ないこと今年に入って、日を約束出来たのが、たったの2日先週の金曜日と昨日。しかも、残業により後から合流習い事も、4月までは無理だろうストレス溜まるわぁ来月は…と言っても明々後日からだが、成田空港を5往復するスケジュール準備は、まだまだ。不安がいっぱいそんな私の癒しはBACKSTREET BOYS先月25日に発売されたアルバム〝DNA〟は、昨年予約特典で、オリジナルカードとA5サイズのクリアファイルA5サイズとは、A4サイズの半分です。今や書類はA4サイズに統一。アレッ常識でしょA5サイズは、チケットを入れたり、A4サイズのものを半分に折って入れたりと便利いくら特典だからといって、中途半端なB5サイズは使い道がなくて困る結局、姪達の図画工作の型紙になり、切ってしまうA4サイズなどに比べて需要がない分、コストがかからないのだろうけど、使えないものはね…ヘビロテのトートバック左が、2010年のLIVEのDVDを購入した際の特典右が、ツアーでプレミアムチケットを購入した際の特典ツアーグッズ生地もしっかりしていて安心メンバーのAJが来日、単独ライブを行った際のグッズTシャツも購入したので、機会があればそちらもアップします今年はワールドツアーもあるので、めっちゃ楽しみっそれを励みに頑張るゾSee you next

  • 02Jan
    • まさか…の年明け

      明けましておめでとうございます。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。皆さんは、お正月いかがお過ごしですかこちらは、我が家のお正月です。2種類のキッシュにスペアリブローストビーフに悪戦苦闘した数の子右端は、ジャパンプレミアム。左2種は、これから発売されるサンプル缶だけど、私が元旦に口にしたものは、ポカリスエットとリンゴのすりおろしたものを2口薬を飲んで、UNIQLOの〝極暖〟(〝ごくだん〟ねっ)を着て、暖かくして寝るしか術がないまさに、寝正月前日は、おせち料理の準備に精を出し、年越しそばまで作ったのに…やっぱり、大晦日に〝女性自身〟の〝あんな記事〟を読んでしまったからかしら2018年の疲れが、元旦にドッと出たみたい38度6分まで熱が上がったことは覚えているけど、その後は全く記憶がないまさかの、禁酒の三が日食べること、飲むことが大好きな私でも、食欲がなく、飲みたいとも思わないこんなこと、滅多にないぞ2019年、何かが起こりそうな予感…実に楽しみだっSee you next追伸:コメントをくださった方々、いつもありがとうございます申し訳ございません。体調が回復するまでお返事、今しばらくお待ちくださいm(_ _)m

  • 31Dec
    • まさか大晦日に…

      午前中、数の子の薄皮を剥いていると、ファンクラブのお友達からLineが届いた。「Yahoo!ニュースに〝アノ方〟がまた登場しましたね。〝女性自身スクープ10〟に入ったなんて、面白い。よほど自信のある記事だったんでしょう」というコメントと共に、掲載記事が添付されていた年末も年末。この大晦日に〝アノ記事〟を再び読むことになると思わなかった今年1年を狂わせた〝アノ記事〟何の因縁だろう何らかの圧がかかり、続報を届けられなかった記者の意地〝フェイクニュース〟と言われたことへ抗う気持ちやっぱり〝女性自身〟のプライドかないずれにしても、ファンクラブのお友達や私は〝アノ記事〟を読んで衝撃を受け、辛い1年になったことは確かで、その要因が無かった事になるより〝トップ10〟入りしてくれてよかったように思う〝トップ10〟入り、おめでとう。それにしても、どちら様も似たり寄ったりなんだなと思ったの記事。マンネリ化は、仕方ないのかな…https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181230-00554359-shincho-entただ、アユには軌道修正をしてくれる、松浦社長という立派な柱があるファンの声は届くはず大丈夫こちらも気になった昨日のYahoo!ニュース。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00000038-sph-ent高須先生、いい事仰る〝誹謗中傷〟に耳を傾けることが出来る人は、成長する。〝擁護〟するような褒め言葉ばかり聞いていたら、成長どころかダメになる。私が、この1年で学んだことお正月用のお花です2018年、辛い思いをされた方もたくさんいらっしゃると思います。明日から始まる新年が、素晴らしい年になりますようにそれでは、どうぞ良いお年をお迎えくださいSee you next

  • 30Dec
    • さすがです!!

      今年ラストを飾るLIVEは、DREAMS COME TRUEのデビュー30周年前夜祭イベント〝ENEOS× DREAMS COME TRUE〟飲み友達のローラと行って来ました場所は、横浜アリーナ。通称〝横アリ〟さすが、ドリカムお花の数も半端ないけど、送り主の錚々たる顔ぶれに感嘆したLIVEの1週間前に入場引換券が家に届き、会場で座席券が発券されるので、当日までどの座席になるかわからない。チケット転売防止策としては〝満員御礼〟どころか、追加で販売された立ち見席もSold outの〝札止め〟状態光の加減で、エネゴリ君のお顔が真っ白になっちゃったNHKの朝ドラ〝まんぷく〟の主題歌〝あなたとトゥラッタッタ♪〟の歌詞カードが配布されたどのグッズもかわいくて、お手頃価格ドリのお二人もスタッフさんも、世情に明るく、ファンが何を求めているのか理解されているということがよくわかる世情に疎く、ファンが求めているもの(こと)が理解出来なければ、需要と供給が合わないだけではなく、全てにおいてマイナスよねこちらがセトリ。吉田さん曰く、ドリ的に〝小出し〟や〝中の下出し〟など、懐かしい曲から新曲まで、とにかくバラエティに富んでいた。曲と曲の合間に繰り広げられる、吉田さんと中村さんの噛み合わないMCも、笑いを誘って楽しかった吉田さんの、歌いながらのキレっキレのダンスにも驚いたが何より、全曲スクリーンに歌詞が映し出され、それを間違いなく歌う完璧な仕上がりに拍手喝采あの方には、決して成し得ないことだろうLIVE後に、お決まりの1杯「ドリの二人が、バックバンドの方々や、りんちゃん(コーラスの浦嶋りんこさん)のことをリスペクトしているのが伝わるよね」とローラは大感激していたうんうんわかるわかる舞台の引き際、バンドの方々を置いて〝お先に〟と消えるようなことはなく、バンドの皆さんとりんこさんを見送った後、最後にドリのお二人が挨拶をして引いていったものね。それに、りんこさんのこと〝コーラス〟ではなく〝スーパーボーカリスト〟と紹介していたとってもステキなチームだなと思った最高で最強だよねデビュー30周年を迎える来年のツアー〝ワンダーランド〟が楽しみで仕方ないSee you next

  • 28Dec
    • 忘年会という名の…Vol.2

      11月から少しずつ入ってくる忘年会今年は特に〝忘れたい出来事〟があったので、輝かしい新年を迎えるためにも、お酒を飲んで清めたい同じような思いを抱いている、ファンクラブのお友達との忘年会第2弾は、カラオケこちらは、第1弾のメンバーとは違う方々とりあえず、12時30分から18時30分までの6時間を予約歌の合間におしゃべりTimeで気ぜわしく、結局、時間が足りずに2時間延長第1弾のメンバー同様、郷ひろみさんやクロマニヨンズなど、現在応援しているアーティストに関することなど話題が多岐に渡り、盛り上がった例えば、衣装先日、某チケットサイトから配信されたLIVE情報に、新しい宣材用の写真が貼付されていた。信号機かと思うような配色は、目がチカチカして、思わず〝色柄物にはご注意ください〟という洗濯時の注意事項や〝(TVを観る時は)離れてみてね〟というアナウンスを思い出したお友達は「結局、1年経っても何も変わっていない。これからも変わらないと思う」「心残りも、心を引き止める要素も何もないから、もぅいいや」と踏ん切りがついたようだった衣装と言えば、近年〝エコファー〟が人気でトレンド私も〝エコファー〟を付けたクラフトバッグを作りました〝エコファー〟に聞き馴染みのない方、念のため調べてみました『動物の毛皮の代わりに化学繊維を使用した人工毛皮のこと。近年、消費者の動物愛護意識の高まり、素材技術の向上、安定供給が可能になったことなどから、エコファーを導入するアパレル企業やファッションブランドが国内外で増加傾向にある。それに伴い、従来の「フェイクファー(模造毛皮)」に代わり「エコファー」という言葉が用いられるようになっている。2017年には高級ブランドの「グッチ」が、18年からミンクなどの動物の毛皮を製品に使用しない方針を示し、広く注目を集めた。』とのこと。今は〝フェイクファー〟とは言わず〝エコファー〟って言うのねそう言えば〝フェイク〟という言葉も、今年の初めに流行ったっけ今日付の〝東洋経済ONLINE〟にも、このような記事が掲載されていたhttps://toyokeizai.net/articles/-/256127〝エコ〟と言えば、お取引先の方から頼まれて、クラフトテープで作る〝ティッシュケース〟や〝バッグ〟作りのお教室を、都内で数年やっていました入園前に〝幼稚園グッズ〟を作るお教室もやりましたそぅそぅ、忘年会第1弾で感じた、場違いな空気感(忘年会という名の…Vol.1)LIVEで1番盛り上がる〝アノ曲〟リリースされた当初は、もっとスローテンポで、なんとも切ない、大人のムーディーな曲だったはず。実際、PVでも涙を流しながら切ない表情で歌っているわけで…盛り上がりをみせている〝歌声喫茶〟で、この曲をリクエストした時に、シーンとなってしまった理由。それは、カラオケでも流れる、リリース当初のPVが流れたからそう考えると、気分よく頭を揺らしながら、手で腿を叩いてリズムを取り〝HEY HEY〟〝COME ON COME ON〟ついでに投げKISSのようなノリのいい曲に、いつから変わってしまったのだろう切ない曲に感じられないのは、私の気のせいかしらそして今回も、皆さんからたくさんお土産をいただきました海苔は〝大森〟の海苔だそうです年の瀬に〝解散式〟もとい〝卒業式〟を楽しく出来てよかったよかった来年も、音楽好きの飲み仲間として、よろしくお願いしますSee you next

  • 26Dec
    • 忘年会という名の…Vol.1

      今年は、年始から嫌~な思いをしたその気持ちをズルズル引きずった、最悪な1年何が〝ワンダフル〟だっそんな思いを共有した、ファンクラブのお友達との忘年会第1弾は、11月おでんのリクエストがあったので〝お多幸〟へやっぱり、この時期のおでんは格別に美味しい写真を撮り忘れてしまったが、〆(しめ)の〝とうめし〟は、絶対に外せない話題は、現在応援しているアーティストのLIVEやグッズ、ファンクラブのことなど、それぞれの近況報告も兼ねたもの杉山清貴さんのLIVEで奄美大島まで行った方からは、杉山さんの気さくなお人柄と、ファンとの距離の近さを伺った。スタ☆レビのLIVEにご家族で行った方からは、要さんの〝MC力〟とファンを気遣うお土産、そしてお得感満載のLIVEシステムを伺った中には、南佳孝さんのLIVEで購入された、ステキなトートバッグを持参してくれた方もいたこのバッグ、大きさもちょうどよく、お洒落な上にお値段もお手頃なので、皆でビックリ前日に開催されたユーミンのLIVE帰りで、静岡から駆け付けた方は、どれほどユーミンが偉大なアーティストでエンターテイナーであるかを説いていた。いずれのアーティストも、ファンをいかに楽しませるか、満足させられるかを常に探求し、力を注いでいることがわかるファンクラブの運営1つをとっても、自己満足ではなく、ファンのために存在する、魅力的な組織作りをしていて、お飾り程度の名ばかりファンクラブとはわけが違うな…と痛感した当然、ファンから〝私達を金づるだと思っている〟や〝またお金儲けに走っている…〟などと揶揄されることはないのだろう。今まで、自分が低~いレベルで喜んでいたことを、思い知らされた〝お多幸〟から場所を変えて、とでお口直し手前の方達のケーキをパシャリお値段もそれなりなので、落ち着いた大人の喫茶店という感じこの後は、私のお気に入りの〝ストレス発散〟場所へ皆さんをお連れしたそこは、昭和の〝歌声喫茶〟がちょっとだけ進化したような空間店内は、ちょうどサザンの歌で盛り上がっていた最初、お友達はそのノリにちょっと引いているようだっただけど、それぞれが現在推しているアーティストの曲をリクエストし、その曲が流れると、指を突き上げて歌いだした私は…〝What time is it now〟で始まる、アノ名曲をリクエスト。でも、残念ながら「この曲はありません」と店員さん。じゃあ…かつてビールのCMに起用された、アノ名曲を…再び「申し訳ありません」と店員さん。だったら、これならあるだろうとLIVEで1番盛り上がる、アノ名曲をリクエストした。やっと、店員さんのという合図とともに、曲がかかった。が…しまったノリがいい曲を選ぶはずが、シーンとしてしまったそこでふと気付いた違和感…それは、別日に開催された、忘年会という名の〝解散式〟第2弾でハッキリした帰りに立ち寄った駅で、汽車ポッポもクリスマス仕様に大変身そういうわけで、忘年会はまだまだ続く…See you next

  • 25Dec
    • Merry Christmas!

      今年のクリスマス・イヴは、姪達とリボンリースを作って、すき焼きで乾杯ディナーショーに行って、質の悪い酔っ払いに囲まれた席で、悲惨なイヴを過ごした昨年とは大違い。私が作ったリース小学生の姪が作ったリース幼稚園生の姪と一緒に作ったリース私が作ったリボンツリー今年のクリスマスケーキは、Topsで購入それでは、皆さんも素敵なクリスマスをお過ごしくださいMay your Christmas wishes come true!See you next

  • 12Dec
    • 家族旅行 vol.4

      毎年恒例の家族旅行2日目の朝は〝BAKERY PENNY LANE〟でモーニングをいただき、人気の〝ブルーベリーブレッド〟ほか、たくさんのパンを購入した写真上:左上が〝ブルーベリーブレッド〟右下が〝PENNY LANE〟の刻印が押された〝那須あんぱん〟で、栗がゴロゴロ、餡の量は半端ない写真下:帰宅後の朝食〝PENNY LANE〟を後にして、千本松牧場へ牧場内には、季節外れの桜が咲いていた。狂い咲き…とうもろこしのヒゲを頭に乗せたようなヘアースタイルに変貌してしまった、あの方を思い出すこちらでは、大好きなホウライの〝ミルクコーヒー〟とソフトクリームをいただき、自宅用にお土産で人気1の〝バウムクーヘン〟(左上)を購入。お友達へのお土産は、那須ガーデンアウトレット内にある〝ロコスタイルマート〟で、これまた目がない〝トラピストガレット〟(左下)と〝NASUのラスク屋さん〟のメープル味とガーリック味を購入した。※ホウライのミルクコーヒーとNASUのラスク屋さんは、HPより写真をお借りしました。写真上:千本松牧場のバウムクーヘン写真下:ロコスタイルマートで購入した〝たまごたっぷりん〟も、人気のお土産で上位に入るそして、夜ご飯は、みんな大好き佐野ラーメン私は〝青竹手打ラーメン日向屋〟さん贔屓この日は、残念ながらお休みだったので、両親が好きな〝らーめん大金〟さんへこちらも人気店だけあって、行列餃子も人気で、私達家族のすぐ後に並んだ方で完売。ラーメンも、私達がお店を後にした頃(20時前だったような…)には〝完売〟の看板が表に掛けられ、何組もお客様が帰って行った餃子は、本当に大きいので、2人で1皿でもちょっとキツイ…機会があれば、是非召し上がってみてください以上、我が家の旅行記でしたSee you next

    • 家族旅行 vol.3

      家族旅行の2日目の朝、我が家お気に入りの〝PENNY LANE〟へモーニングを食べに行ったオーナーさんが、大のビートルズ好きというだけあり、店内はおろか敷地内はビートルズ一色おトイレの入り口にもこちらは、テラス席お待ちかねのモーニング姪達がマネをしていたあと数枚、写真が納まらなかったので、またまた次回へ続く…See you next

    • 家族旅行 vol.2

      那須への家族旅行2日目の早朝、我が家お気に入りのBAKERYでモーニングこちらは、知る人ぞ知る〝BAKERY PENNY LANE〟http://pennylane.company/この日は、お店に8時に到着。既に満席で、30分ほど待った。でも、店内や敷地内のいたる所にビートルズが溢れかえっているので、待ち時間も十分楽しく過ごすことが出来るちなみに、お席は店内とテラス席がある。もちろん、パンを購入するだけの方もいるが、ちょっと時間を間違えると、入場制限がかかる〝パン屋さん〟とは思えないほど広い駐車場は、お店に向かう坂道に沿ってあり、土日祝日だけかもしれないが、警備員さんまでいる入場制限がかかると、その坂道に車と人がズラリと並び〝何の観光地だろう〟と思うほど1回のブログで写真が納まらなかったので、次回へ続く…See you next

    • 家族旅行 vol.1

      毎年恒例の家族旅行先月、車2台連なって、那須へ行って来た。初日は、りんどう湖で目一杯楽しんだお天気も良く、旅行日和幼稚園生の姪が、空高く飛んだトランポリンを使って、自力で30回転次第にギャラリーが増えていき、みんなで回転数をカウントし始めた帰り際、係員の方に「とりあえず、オリンピック目指そうか」と言われ、わけもわからず頷いていた姪…じゃあ私は、とりあえず〝アニマル浜口〟さんを目指すとしよう夜ご飯は、我が家行きつけの〝ジョイア・ミーア〟へワンちゃんと一緒に食べられるスペースもあるので、今回はそちらでそして、お家に帰って地ビールで飲み直し翌朝、家族全員お気に入りの、アノ有名なBAKERYへ向かったSee you next

  • 07Dec
    • FNS歌謡祭からの…グッズ

      昨日アップしようと思っていたブログ。ソフトバンクの通信障害で、業務にも影響が出て大混乱お蔭で〝通信障害残業〟一昨日のFNS歌謡祭のお話。放送される日、Sony Musicから届いたで〝今日だった〟と思い出したそんな具合だったので、録画もしていなくて、オマケに仕事は定時に終わらず…帰宅したのは、21時ちょっと前だった。TVを点けると、DA PUMPが〝if〟を歌っていたなんとか〝U.S.A〟に間に合ったDA PUMPの再ブレークは、本当に凄いそれ以上に、割といいお歳のISSAが、あんなに激しいダンスを踊りながら歌えることが素晴らしいそう思いながら画面を見ていたら、氣志團が登場DA PUMPとコラボした〝U.S.A〟バージョンの〝One Night Carnival〟に大爆笑氣志團のこういうところ、大好きそうかと思えば、とうもろこしのヒゲを頭に乗せているのかと見紛うような方もいて、その変貌ぶりにビックリしたステキだなと思ったのが、郷ひろみさん。その年齢には見えない容姿に驚くとともに〝品〟を感じた郷さんにお似合いのスタイリッシュな衣装も引き立ち、スマートな大人の男性を思わせた宮野真守さんと一緒に歌った〝言えないよ〟も色気があり、歌い終わった後に宮野さんと握手をする姿には、余裕さえ感じた郷さんが本命のファンクラブのお友達も、きっとうっとりしながら聴いていたに違いないそう言えば、今夏このお友達からいただいた〝郷さんグッズ〟がスゴイんです特にファンでもない私でも、テンションが上がったこちらの柿ピー小分けになっているので、とっても便利。例えば、LIVEに行くために早退させてもらった職場の人に配る時などに最適こちらの扇子は、ツアータイトルと郷さんの名前がアルファベットで表記されている。お友達は「カバーが付いて2,000円。ちょっと高いかな」と話していたけど、昨秋、私はカバーなしの扇子を同額で買った他にも、折り畳みの傘など、郷さんのセンスが光るステキなグッズが盛りだくさんあるようへんてこなキャラクターが付いている、恥ずかしくて持ち歩けないものと違い、ファンの年齢も考慮された郷さんのグッズは、羨ましくて思わずため息が出たさすが、ファンファーストの郷さんグッズと言えば、今年の心残り…聖子ちゃんのLIVEで、毎年購入するうちわ。今年は、完売で購入できなかったグッズ売り場は、開場前から大混雑購入したかった、ミニタオルセットも完売結局、スタッフさんに「購入できるもの何かありますか?」と聞いて、やっと入手出来たのが、A4のクリアファイル。飲み友達のあっこさんは、ツアーチャームを購入スタッフさんは「まだ、ネット販売するかどうかもわからないんです。すみません」と、本当に申し訳なさそうに謝っていた。欲しかったミニタオルセットは、ブルーとピンクの2枚で1,400円とリーズナブルしかも、今治製デザインもかわいいので、通勤電車の中で取り出して汗を拭いても、二度見後にドン引きされることもないまず、使うことはないけれど、クリアファイルはA4サイズが使い勝手がいい出来れば聖子ちゃんには、クリアファイルの素材で、チケットケースなんか作ってもらえると有難いなというわけで、来年はGETしたい聖子ちゃんグッズ早めに会場入りしなければ…オマケのこれらは、私が持っているレアなクリアファイルそれでは、よい週末を…See you next

  • 05Dec
    • 世界のスーパースター☆ミ

      先週の月曜日、ファンクラブのお友達とBON JOVIの東京公演に行って来たこの日のために、この日を励みに過ごしてきたので、今はBON JOVIロスLIVE前、お気に入りのお店で1杯東京ドームのイルミネーション後ろは、東京ドームホテル会場前は、人だかり後方には、グッズを販売している特設テントがズラリこちらは、13時からオープングッズは、ファンが好みそうなものばかりTシャツは、ウィメンズもあるけれど、大半がユニセックス。センスがよくデザインがステキなので、LIVE以外で着ても恥ずかしくない個人的には、LEDリストバンドが欲しかったけれど、グッズ売り場の混みようを見て、ネットで買おうと即刻諦めたセットリストはこちらhttps://musicrazy.jp/bonjovi-2018-tokyo-setlist/5年振りの来日公演アンコール5曲を含めた23曲を熱唱大部分が、2001年に日本限定で発売されたベストアルバム〝TOKYO ROAD〟に収録されている曲だったので、BON JOVIをあまり知らないお友達にも耳馴染みのある曲だったようお友達は、ボーカルのJonを見て、しきりに「カッコイイね」「笑顔がカワイイね」と感激していたそうなんだよねぇ…特にJonは、歳を重ねるにつれカッコよさを増している〝いい生き方〟をしているのだろう真っ白い歯を見せながら、眩いばかりの笑顔を振りまく姿に、ファンはキュンキュン何より、ステージからJonがどこを見て歌っているのか、どこを見て笑っているのかがわかるのは、たとえスクリーンからだとしても歌や想いがダイレクトに伝わり、Jonとの距離を縮めているように思えた始終笑顔のJon。〝You Give Love A Bad Name〟で、オーディエンスが「Oh~Oh~OhOhOhOhOhOh~…」とリピートして歌うと、笑顔で〝ウンウン〟拍手をして〝ウンウン〟胸の位置で軽く片手でガッツポーズ最後に両手を大きく挙げてガッツポーズを決めたスッゴく嬉しそう〝Born to Be My Baby〟〝It’s My Life〟を始めとする、数ある名曲の中の1つ〝Runaway〟は、日本人アーティストもカバーしていて、TVドラマの主題歌にもなった。同じ曲名でも、私は断然BON JOVIの方が好きだなぁ~アンコールで歌った〝Livin’ On A Prayer〟は、CMでも起用された曲。ラストソングだけあって、オーディエンスも声を張り上げたとにかく、LIVEのスタートから終わりまで、オールスタンディングの盛り上がり是非、またJonに会いたい公演後に、同じお店でもう1杯今月は、あの方達のLIVEに行きます。そのご報告は、また…See you next

  • 21Nov
    • 忘れてた…

      先月末、ピーボ・ブライソンのLIVEで〝似たような演出を観た事があるな…〟〝似たようなカクテルを飲んだことがあるな…〟と思い出したのに、再び忘れてしまったこと。今更だけど、書いてみるそれはまだ、暑さも厳しく半袖を着ていた頃のお話。3月に東京ミッドタウン日比谷にオープンした〝Billboard cafe & dining〟が、7月1日から9月末まで、ゴスペラーズを始めとするホストアーティストが、毎年東京と大阪で開催しているソウル・ミュージックの祭典〝SOUL POWER〟とコラボレーション企画を実施するとのことで、ファンクラブのお友達と行くことになったお目当ての〝ディナータイム〟まで時間があったので、日比谷の有名店でタイ料理を堪能東京ミッドタウン日比谷この辺りは、私の出没エリア歌舞伎町のゴジラの方が、インパクトあるかなこのコラボ企画では、店頭のショップコーナーで〝My Time, My Fever Summit〟と題して、メンバーそれぞれが音楽CDやレコード、書籍、映像作品を選りすぐっており、さらに、ランチタイム、カフェタイム、ディナータイムには、ホストアーティストがセレクトしたBGMがかかる。お店の入り口オープンスペースは、大人のデートに私達は、人数もいたので〝TOA〟という個室を予約。黒を基調としたシックなお部屋こちらが、オリジナルカクテルノンアルコールもあったので、全員でこのカクテルをオーダーして乾杯残念ながら、印象に残らないお味だったの泡が美しい甘党のお友達が、パンケーキをオーダー。ものスッゴ~ク甘くて、オーダーしたお友達以外は、一口食べてスプーンを置いた余談だけど、このお友達は、朝食のトーストにバターとはちみつを塗った上に、プリンを乗せるそうなので、私の大好きな〝プリンの生どら〟のお話をすると「うわっ甘そう…」と仰るたぶん、お友達の朝食の方が、甘いと思うんだけどなぁ…20時からのプレイリストは、こちら1. 992 Arguments The O'jays2. I Miss You Harold Melvin & The Blue Notes 3. Tpipping Out(ReMastered) Curtis Mayfield4. It's You That I Need Enchantment5. I Wanna Know Your Name(Album Version) The Intruders6. You And I Rick James7. 777-9311 The Time8. Private Line Gerald Levert9. Just To Be Close To You(Album Version) Trey Lorenz10. You Make Me Feel Brand New(Album Version)  Babyface11. Caravan Of Love  Isley,Jasper,Isley12. Head Over Heels  Tony Terry13. If Only for One Night  Luther Vandrossこれらの曲を聴きにきたのに、雑談に花が咲き、ほとんど聴いていなかったという私達同メンバーでの忘年会に新年会も話が尽きないことだろう帰り際、店員さんから「ゴスペラーズの曲をたくさんご用意してお待ちしておりますので、是非またご来店ください」と言われたきっと、期間中、ゴスペラーズファンの方が、たくさん来店されていたのだろうまた伺いますねSee you next

  • 06Nov
    • デジャブ

      9月に行ったLIVEでR&Bに興味をもったそれをファンクラブのお友達に話すと「本家本元を観た方がいいよ」と言って、ピーボ・ブライソンのLIVEに誘ってくれた場所は、ブルーノート東京。2ndステージだったため、近くのイタリアンでディナーお酒も入り、いい気分でブルーノートへ大人の雰囲気が漂う店内せっかくなので、ピーボのスペシャルカクテルをオーダー赤紫色のカクテルは、ぶどうの味が濃くて美味しかったでも、どこかで似たようなカクテルを見たような…バックバンドの演奏に合わせて、会場後方からピーボが登場会場全体が、割れんばかりの拍手に包まれた驚くことに、ピーボは各テーブルをまわり、1人1人と握手をし「(来てくれて)ありがとう」と言っていたファンを大切に思う気持ちが十分伝わり、感激もひとしお既に、1曲目から観客は心を奪われた御年67歳のピーボの歌声は〝艶〟〝伸び〟そして〝重厚感〟があり、ハコ(会場)の大きさとは関係なく、壁から床から天井から響き渡って聞こえたさすが〝ラブソングの帝王〟やっぱり、本物は全然違うhttp://mikiki.tokyo.jp/articles/-/18952汗をタオルで拭き拭き全身全霊で歌う姿と歌声に、観客は万雷の拍手手拍子を求める時も「お願いします」と丁寧な日本語で、決して観客を煽らない全てにおいてダンディーでスマートだけど…どの曲だっただろう間奏で、ピーボがコーラスの女性2人と一緒に踊る姿を見て、どこかで見たような…と少し冷めた気持ちになったちなみに、セットリストは1.SWEET SUMMER DAYS2.REACHING FOR THE SKY3.IF EVER4.TONIGHT I CELEBRATE MY LOVE5.CAN YOU STOP THE RAIN6.KING OF SRROW7.LOVE LIKE YOURS AND MINE8.YOU CAN HAVE ME ANYTIME9.NOT LIKE THIS10.SHOW AND TELL11.A WHOLE NEW WORLD12.ALL SHE WANTS TO DO IS ME13.STAND FOR LOVEEC.AIN'T NOBODYお友達は、6曲目に歌ったシャーデーの〝KING OF SRROW〟に感激したようで、翌日LINEで〝和訳〟を送ってくれた。曲名は〝悲しみの王〟ピーボがレジーナ・ベルと歌ったディズニーアニメ〝アラジン〟のテーマ〝A WHOLE NEW WORLD〟を歌った時は、会場がディズニーファンタジーの世界に一変した夢から覚めたのは、アンコールの時だった再び会場に現れたピーボの腕にはたくさんのバラが…そのまま特設された簡易ステージまで歩いて来た。その距離は、私達の席から2mほど。手を伸ばせば届きそう至近距離のピーボに大興奮それとは裏腹に、観客の女性達にバラを1本ずつプレゼントしている姿を見て、唖然どこかで見たような…似たような演出を観たことがあるが、その違いは、ピーボのバラが大輪で立派だったこと観客のマナーが極めてよく、争奪戦はもちろんなかった会場にあったのは、心からファンを愛するピーボの〝ハート〟と観客の〝品〟上記の曲数を聴けて9,000円ディナーショーに4、50,000円かけて、嫌な思いをしたアレは何だったのだろう…バカらしくなるグラミー賞を何度も受賞している世界のスーパースターピーボは〝音楽の神様〟そのもので、そのLIVEは心に潤いを与え〝充実した時間〟というギフトをくれたSee you next

  • 22Oct
    • WADA FES♪

      こんばんは。久しぶりのブログです。先週17日の水曜日、日本武道館で開催された和田アキ子さんの芸歴50周年を記念した〝WADA FES〟に行ってきました会場入り口には、お祝いの花々が所狭しと並んでいて、それはまさに〝花道〟定刻通りのスタート。MCの出川哲朗さんが〝充電させてもらえませんか?〟でお馴染みの原付バイクにスイカヘルメットで登場ステージ上の〝アッコさん太鼓〟で開幕宣言という時に、ますだおかだの岡田圭右さん、松村邦洋さん、カンニング竹山さんがスクリーンに現れ、そうはさせるかと開幕宣言のお役を出川さんから奪取スタートから会場は笑いに包まれたトップバッターのピコ太郎さんが〝WADA FES〟用の〝PPAP〟を披露次に〝バラードの帝王〟と呼ばれるソン・シギョンさんが〝幸せならそばにある〟と、山崎まさよしさんの〝One more time,One more chance〟を歌われた。MCでは、かなりお酒を召し上がると仰っていたので、アッコさんともきっと気が合うことでしょうそして、出川さんが開幕当初のTシャツ&オーバーオール姿から、素肌に白いスーツ&ハットに衣装チェンジをして再登場。スタンドマイクをブンブン振り回して、矢沢永吉さんの〝止まらないHa~Ha〟をなりきって歌われたこれはまさに「サプラ~イズ」そんな爆笑Songから一転。かりゆし58の前川慎吾さんが「アッコさんは、お母さんのように優しく温かい方」と仰り〝アンマー〟を歌われた。歌詞に〝ジ~ン〟ときた。続いて、倖田來未さんが〝愛のうた〟〝ラヴ・イズ・オーヴァー〟〝NEVER ENOUGH〟を披露。聴きなれないせいもあるが、個人的には欧陽菲菲さんの〝ラブ・イズ・オーヴァー〟の方が好みかなクレイジーケンバンドの横山剣さんは、アッコさんの〝笑って許して〟を歌いながら登場声質、歌い方がアッコさんにソックリだったので、ご本人かと思ったくらい驚いた〝女ともだち〟は、横山さんも仰っていたように、友人の結婚式で歌いたい曲〝た・す・け・て〟は、独特の世界観がある歌詞だったここで、MCの出川さん、シギョンさん、前川さん、倖田さん、横山さんで〝アッコさんの好きなところ〟トークが繰り広げられた面倒見のいい〝ゴッド姉ちゃん〟ぶりを改めて実感したここまできて、客席が1番盛り上がったのは、氷川きよしさんの〝きよしのズンドコ節〟だったと思う私も、イントロの段階で〝きよし〟コールの準備をしていた一緒に行った友達が、私の〝きよし〟コールに驚いて振り返ったくらいノッてしまった〝勝負の花道〟も〝きよし〟のこぶしが光とったぁ~前田亘輝さんが、このFESにお声掛けされたのは、9月の上旬だったそう。ホリプロの偉い方々が事務所に来られ、FESのお話を伺った際は「海軍に招集された気分だった」と笑いを誘った「TUBEは、季節労働者。今は店じまいのシーズンだから、メンバーは旅行に行っていません。今日は、20年ぶりにソロで歌います」と仰り〝Try Boy,Try Girl〟〝そばにいるよ〟〝君だけのTomorrow〟を披露。友達は、前々からTUBEのファンクラブの在り方や活動に興味があり、私にも度々情報を送ってくれていた。なので、このFESを楽しみにしていたようで、とても嬉しそうに前田さんの歌を聴いていたC&KのKEENさんの伸びやかで澄んだ声を聴いて、衝撃が走った実は、この日までC&Kというアーティストを知らなかった客席には、C&Kと書かれているフェイスタオルを首から下げている方、ライトを持っている方が大勢いらしたのだが、私はてっきりクレイジーケンバンドのファンの方だと思っていただけど、横山さんが登場しても、その方々のテンションが変わらないため、ちょっと不思議に思っていたのだが、KEENさんの登場で合点がいった私のような方のため。C&Kは、男性2人組のシンガーソングライターユニットで、直近では〝サバイバルウェディング〟の主題歌を歌われていた。FESでは、CLIEVYさんが両足を骨折して治療中のため、KEENさんが1人で〝愛の光〟〝愛を浴びて、僕がいる〟を歌われた。先にも書いたが、KEENさんの生歌は本当にスゴイCLIEVYさんとのユニットを是非、LIVEで聴いてみたいと思った。KEENさんの後は、歌いづらいだろうな…と思ったら、鈴木雅之さん。いつも通り〝恋人〟で登場。〝め組のひと〟With倖田さん〝ランナウェイ〟〝夢で逢えたら〟と変わりなく、恙なく、マンネリ感。MCも、ファンであれば次に何を話すのかわかるくらいいつも通り、マニュアル通りの安定感。御年81歳の加山雄三さん。ハツラツとされて、お声にも張りがある〝君といつまでも〟〝夜空の星〟〝お嫁においで〟では、座っていらしたご年配の方々も、一斉にスタンディング曲に合わせて手拍子を始めた「アッコもエルヴィス好きだよな」と、ギター片手にエルヴィス・プレスリーの〝Blue Moon Of Kentucky〟〝Blue suede shose〟を披露。カッコよくて、ステキだったラストは「大好きな曲です」と〝MY WAY〟を歌われた。再び出川さんが登場。飛び入り参加の勝俣州和さんも加わり、氷川さん、前田さん、KEENさん、鈴木さん、加山さんと〝アッコさんの好きなところ〟トークが繰り広げられたトリは、FESの主役であるアッコさん〝古い日記〟〝笑って許して〟の後、横山さんと一緒に〝タイガー&ドラゴン〟を披露。アメリカ合衆国のジョージア州の州歌でもあるレイ・チャールズの〝Georgia on my mind〟そして「疲れるから、今日しか歌わない」とジョン・フォガティが作詞作曲した〝Proud Mary〟をバックバンドの方達とノリノリで歌われた。〝あの鐘を鳴らすのはあなた〟に続いて歌われた〝今あなたにうたいたい〟では、マイクを離した生の歌声が会場に響いたアンコールでは、改めてゲストを紹介。全員で〝もう一度ふたりで歌いたい〟を合唱カーテンコールで客席にテープが降ってきた写真:スクリーンには、アッコさんの直筆メッセージが…アッコさんの「ありがとう。本当にありがとう。大好き」という、感謝の言葉で閉幕したLIVEは、とても充実した時間だった竹橋駅側に特設されていた、ゲストのイラストコーナー。LIVE後は、アジアンバルで乾杯今日も、楽しい時間をありがとうFESの模様は、12月放送のWOWOWでところで、昨日のラジオの摩訶不思議鈴木さんのファンクラブイベントの日にちが、アレアレアレ収録だから撮り直せたはずなのに、誰も気付かなかったのかしらね聴き逃してしまった方はでhttp://radiko.jp/See you next