朝井 正教のブログ

私は、ほぼ毎日20分のストレッチを行っています。

 

【ストレッチの目的】

 

① 体の可動域を保ちながら、欲を言えば広げる。

 

② 腰痛防止。

 

この2点が主な目的です。

 

ストレッチを行う考え方。

 

① 20分以内で終わるようにメニューを組む。継続するため心の負担(ストレス)にならない時間とする。

 

② 新しいストレッチを入れたら、今までの行っていたストレッチのどれかを止める。

 

③ 時間が無い時は、ストレッチの回数を減らすか、大切だと考えているものだけする。

 

④ 腰痛防止目的のストレッチは時間が無くても必ず行う。

 

⑤ ストレッチは毎朝行う。

 

退職し、腰痛を患ってから始めて7年近くになりますが、全く腰痛が無くなりました。

 

 昨日、80代の女性グラウンド・ゴルフプレーヤーの方と話をしていると、「プレー歴は20年以上で、以前はトロフィーをもらうような時もあったが、年を増すごとに段々とへたになり止めようと思っています。特に50mのコースでは、第1打が半分しか届かずおもしろくないのです。」と話されます。

 

 私は、この現実をこの方だけで無く多くの方からも聞いています。年と共に筋力が弱くなりボールの転び距離が出なくなるのです。

 

 また、グラウンド・ゴルフのクラブは木製と決まっているので如何してもこのような現実があるのです。

 

 私は、すかさず「グラウンド・ゴルフを止めてはいけません。」と言いました。その理由は、今までやってきたグラウンド・ゴルフを止めると急激に体力と筋力が衰え自分のことが自分で出来なくなるからです。

 

 このように話しますと、この方が「先日、福祉施設に入られた方を訪ねました。そうすると50日もたっていないのに急激に衰えておられびっくりしました。」と話されるのです。私の言っていることを現実として見ておられると言うことです。

 

 私は、次のようにアドバイスしました。

 

① 楽しみの目的を仲間と競うのでは無く自分の目的達成感に置きなさい。

 例えば、「自分で今日の目的は、全てのホールを3打出回ること」とか。

 

② 用具もボールが良く転ぶクラブやボールを選びなさい。

 

③ クラブやボールも複数持ち、その日の気分で色やデザインを選ぶ楽しみ方を取り入れなさい、

 と話をしました。ファッション的に楽しむことを取り入れるのです。

 

 プレーの目的を年齢に合わせて変えていくのです。良くご理解を頂き、プレーを続けると話しておられました。

 

 このようなことで、グラウンド・ゴルフを止めようと思っておられる方は多いのです。是非、継続してプレーを楽しんで欲しいものです。

 

 

 

私は、次のようなウォーキングの方法を取り入れています。

 

私の家の周辺環境は、川、海、山、公園と自然環境に恵まれています。

 

この自然環境を活用してウォーキングを行っています。

 

私のウォーキングの基本

 

① その日の気分や体調でコースや距離を変える

 

② ウォーキングの中に軽しランニングを取り入れる

 

③ ランニングの中には負荷をかけるため登り坂も取り入れる

 

④ スピードを上げたランニングは、芝のコースで行う(膝への負荷を少なくするため)

 

⑤ ウォーキング全体の時間は40分程度する(筋肉への疲労がたまらないようにする)

 

⑥ シューズは、クッション性が高くやや前傾姿勢が取れる厚底シューズを使用している

 

主に以上のような点に配慮し怪我をしないよう、継続できるように配慮して毎日行っています。

 

今は、猛暑なので朝5時頃にウォーキング&ランを行い。シャワーを浴びた後にストレッチをしています。

 

普通は、朝20分間のストレッチを行い、夕方ウォーキングを行います。

 

しかし、この猛暑で夕方のウォーキングは、熱中症の危険性が高いので朝に切り替えています。

 

ウォーキング&ランは40分程度、ストレッチは20分行っています。

 

70歳が近くなると、鉄がさびるのと同じで関節の可動域を保つことと腰痛予防の目的で朝井流ストレッチを行っています。その後、プラス80回の腹筋を毎日行います。

 

ウォーキング&ランは、ウォーキングコースの中に3カ所ジョギングの場所を設定し行っています。ジョギングの目的は筋力強化です。ウォーキングだけでは筋力の維持はできても強化は望めないからです。

 

ジョギングは、芝コースも取り入れ膝への負荷を軽減させています。

 

毎日の積み重ねは自分でも予期しない能力が身についています。

 

① 一時腰痛で病院や整体に通院しましたが、ストレッチを始めてから全く腰痛はありません。

 

② ジョギング程度ですが、ある時スピードを上げ走って通りすぎる必要が生じ加速させると、走れるではありませんか。自分でもびっくりしました。当然、膝などを保護するための衝撃吸収機能の高い厚底シューズを履いています。

 

③ 歯科医院に行き治療が終わると自動で治療用のいすが起きてきますが、自分の腹筋で起きることが出来るではありませんか。

 

毎日の積み重ね、「継続は力なり」を自覚しました。

昨日もキャップ・フェースシールドで郵便局へ!

昨日も「キャップ・フェースシールド」を付けた帽子をかぶり郵便局に行きました。

 

マスクをせず上の写真の帽子をかぶり郵便局のATMで仕事を済ませ帰宅しました。

 

海が近く川が有り橋を通るコースなのでやや海風がありましたが全く問題なく行き来をしました。

 

短時間マスクを使い洗濯したり捨てることも無く大変気に入っています。

 

帰れば、玄関側の帽子かけに取った帽子をかけておくだけです。

 

簡単便利です。

 

 

https://www.putt-game-star.com/%E6%96%B0%E7%99%BA%E5%A3%B2-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%96-%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%94%E8%B3%BC%E5%85%A5/