朝日整骨院院長の日常

僕は治療に集中してしまって無口で難しい顔をしていることが多いのですが
実は日常はちょっと違うのです。


テーマ:

この春から京都市内のジュニアサッカーチームの幼児クラスのコーチをすることになりました。

 

毎週日曜日の午前9時から午前10時の1時間です。

 

20年ぐらい小学生のコーチをしていましたが、幼児さんは初めてです。

それも年少さんからです。

 

サッカーに関してはまだ真っ白な小さな子供たちへの指導ですから責任重大です。

「幼児は遊ばせておけばよい」とよく聞きますが

何にでも興味を示す年齢なので

サッカーの基礎練習も楽しんでくれると思います。

僕はしっかりとサッカーの基礎を教えたいと思っています。

 

がんばります!

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「座右の銘」はどんな言葉ですか?

誰かにきかれたり、自分の中に問うてみてもピンと来る言葉はありませんでした。

いろんな名言と言われる言葉を聞いても「なるほど」と思うことはあっても

心に響くほどではなかったのです。

 

けれど以前、テレビ番組でジャパネットたかたの高田社長が

豊臣秀吉が竹中半兵衛を説得する時に言ったとされる

「人は人のために生きてこそ人」という言葉を紹介されているのを聞いたときに

感銘を受けました。

 

自分の仕事、自分の行動、自分の言葉が少しでも誰かのためになっているのだとしたら

うれしいですし、そんな生き方ができればいいなと思いました。

迷いが消えたような気がしました。

 

今は「人は人のために生きてこそ人」という言葉が

自分の仕事、生き方のモチベーションになっています。

 

ちなみに、アインシュタインの『誰かの為に生きてこそ、人生には価値がある。』って言葉は

ちょっと違う感じがしてしまいます。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
70歳の女性です。

主訴は頭痛(左半分)、左奥歯の痛み、左耳の痛み、首・肩・背中の痛み(左)です。

最初は整形外科で牽引やマッサージなどの治療を受けていたようですが

改善されなかったため、かかりつけの内科の先生に相談したところ総合病院を紹介されて

脳の検査、耳鼻科での検査、口腔外科での検査をされたようですが、

全て「異常なし」の結果で原因がわからなかったようです。

その結果を経てもう一度、かかりつけの内科の先生に相談したところ

精神科の病院を紹介され受診されました。

そこでは通院するように言われ精神安定剤を処方されました。

「自分は精神の病気なんだ」と悩み、友達に相談したところ

当院を紹介され来院されました。


問診での状況と、触診にて頚椎に異常がありましたので

頚椎をほぐして整える治療をしましたところ

1回目の治療で頭痛などのつらかった症状は改善されました。

たいへん喜ばれてしばらく通院されました。


なぜこんな病院のたらいまわし的なことが起こるのでしょうか?

検査した各病院、各科では「異状なし」との診断です。

検査で「異常なし」なのに頭痛などのつらい症状が存在する

原因がわからないので最終的に「精神的なものであろう」ということなのでしょう。


実際このような症状が出る頚椎の異常はよくありますが

診断は触診でしかわかりません。

指先の感覚でさぐらなければわからないのです。

そして我々の技術を持ってすれば治すことができるのです。






もちろん各病院で行なった検査は必要なかったわけではありません。

脳、耳、歯の異状がないかどうかを調べることは必要でしょう。

それらの検査をしても「異常なし」で原因がわからなければ

整骨院を受診してもるのも良いかもしれませんよ。






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
『腰痛を治そう』
~腰痛は仙腸関節のズレが原因~

腰痛の多くは仙腸関節という骨盤の関節のズレが原因で起こっています。
朝日整骨院で「骨盤がゆがんでいます」「左右の骨盤のバランスが崩れています。」とお伝えするときは、仙腸関節のズレが原因と言う事になります。
仙腸関節がズレて硬くなると、腰の筋肉の働きが悪くなり腰を動かしにくくなったり慢性的に痛みを感じたりします。
ぎっくり腰のような急性の腰痛も急な仙腸関節のズレが原因になっていることが多くあります。
仙腸関節がズレて骨盤が急にゆがんだことで腰に力が入らず強い痛みを感じる、ぎっくり腰を起こします。
腰が曲がって抱えられるように来院された患者様が朝日整骨院での治療後に腰を伸ばして自分で歩いて帰れるようになるのは、仙腸関節のズレを正して骨盤が正常な位置に戻ったからなのです。

この仙腸関節のズレは整形外科で行なわれるレントゲン検査やMRI検査では発見することができません。
発見できないのですから「腰痛は仙腸関節のズレが原因」という概念さえ持っておられないお医者さんがほとんどです。
整形外科で「特に異常ありません」と言われて鎮痛剤や湿布薬などを処方されるだけになってしまって「治療してもらった」「治してもらった」と感じないのは、痛みの原因になっている仙腸関節を治療してもらっていないからなのでしょう。

仙腸関節のズレによる骨盤のゆがみは触診や徒手検査で判断します。
朝日整骨院で脚をそろえたり膝を曲げたり骨盤を触ったりしているときはこの仙腸関節による骨盤のゆがみを診ています。
そして仙腸関節がズレて骨盤がゆがんでいる場合は、仙腸関節をほぐし整えて骨盤を調整します。
骨盤が正常の位置に戻ったら再び骨盤がゆがまないように、関連している腰やお尻や脚などの筋肉をほぐします。

仙腸関節はズレやすいですが戻りやすく、固まりやすいですがほぐれやすいのが特徴です。
ですから、すぐに楽になりますし腰や脚が「軽くなる」感覚にもなります。
しかし、逆に言えば「戻りやすいがズレやすい、ほぐれやすいが固まりやすい」とも言えますので、ある程度は継続して治療をしなければならないのです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
『自律神経を整えよう。』
~背骨は自律神経の通り道~

自律神経とは私たちの意思に関係なく体温調節や血管・心臓・血圧・消化器・汗腺・内蔵などを調節するためのもので交感神経・副交感神経の2つで作用します。
この自律神経は脳から背骨を通って背骨の間から各臓器に分布しています。
背骨は自律神経を守る通り道となっているのです。

もしその通り道である背骨や骨盤ゆがんでしまうと自律神経が乱れてしまいます。
自律神経が乱れてしまうと自律神経によって働いている臓器は正常に働くことができずに弱ってしまいます。

背骨や骨盤のゆがみは首・背中・腰の痛みだけではなく内臓の働きをも弱らせてしまうのです。

首の痛みを治療すると「頭痛がなくなりました」、背中の痛みの治療をすると「シクシク痛かった胃が治りました」、
腰の痛みの治療をすると「便秘が治りました」「生理痛が楽になりました」「赤ちゃんに恵まれました」
など体の痛みの治療で内臓が元気になるのはこのためです。

背骨のゆがみは首・背中・腰などの張りや痛みとなってあらわれます。
首・背中・腰の張りや痛みを「たいしたことがない」からと、ほっておくと内臓を弱らせてしまうことになてしまうのです。

自律神経失調症も背骨のゆがみが原因で起こることがあります。
自律神経失調症とは
慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、 下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感
イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しい、あせりを感じる
などさまざまな症状があらわれるといわれています。
これらの症状も背骨と骨盤を整えることで自律神経の通り道を正常に戻すことで自律神経が正常に機能し改善されます。

つまり体の外側(骨格や筋肉)が元気でないと体の内側(内臓)や心まで元気をなくしてしまうというわけです。
背骨と骨盤のゆがみは万病の元なのです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。