深夜の情け容赦ないケリ

テーマ:
今年に入ってからだったか、長女の度重なる要望により、子ども部屋を作りました。

とはいえ、狭い我が家に余分な部屋などなく、家族全員で川の字に寝ていた寝室を子ども部屋に、大人は書斎兼洗濯物干し場の狭い部屋に追いやられたのです。

久々にダブルサイズの布団を押し入れから出して使ってみると…

せ、狭い…

オトナ二人がやっとの幅。
な・の・に、いつも誰かしら潜り込んでくる!

昨夜は8歳の息子が、
「今日は大人の部屋で一緒に寝てもいいでしょ?」
とやってきました。

たまにはいいか。
甘えさせてあげよう。

と、寝始めたものの、息子が寝返りの度に、ドカッ、ガツッと膝蹴りしてくるのです!

何度も何度も何度も何度も。

「痛い!」
「蹴らないで!」

と言ってはみるものの、相手は熟睡の子どもです…。

ガマンするしかないか…。

結局息子のケリは夜通し続きました。

今朝は彼が寝ているうちに仕事にでかけたため確認していませんが、一応被害者として「蹴られて痛かったよ」と伝えようとは思います。

でも、
「知らない」
で、おしまいでしょうね。

そもそも寝相の良い子などいないのだから。

恐るべし、子ども!
給食費滞納で母子世帯を訴訟に:岩井友子のブログをご覧ください。

行政が行うべきは裁判ではなく、給食費を滞納している世帯への支援です。

ましてや、家庭の状況も把握すらしてなかったとは、問題ではないでしょうか。

子どもの貧困にどう向き合うか、問われています。

https://s.webry.info/sp/iwai-tomoko.at.webry.info/201810/article_1.html

あの季節がやってきた〜

テーマ:
今年もやってきました!

インフルエンザとウィルス性胃腸炎の蔓延する季節の本格到来です。

「負けるな、私!」

と、自らを叱咤激励しながら、ロフトベッドから下の畳に向かって落下、広範囲に広がる5歳児の吐瀉物を片付ける朝。

大仕事を終えた気分です。
が、これからが大変なんですよね…

少々流行っているようですので、皆さんもお気をつけください。