まもなく2月議会が始まります(会期は2月14日から3月15日まで)。


千葉県HPに2024年度予算などの議案が発表されました。

 ↓

https://www.pref.chiba.lg.jp/zaisei/press/r6nendo/r6tousyo-yosanan.html


新規事業のひとつに、

「教員不足解消に向けた奨学金返還緊急支援事業」があります。

 ↓


2024年(R6年)度から2029年(R11年)度までの新採教員のうち、日本学生支援機構第一種奨学金貸与者に対し、採用2年目から10年間、代理返還制度を利用して千葉県が日本学生支援機構に返還額すべてを直接支払う、というもの。


対象を6年間の新採にしているのは、教員不足の解消のための緊急支援事業のため、とのこと。延長の可能性もある、と。


この間文教常任委員会で求め続け、12月議会一般質問でも提案してきました。


教員不足の解消を求める請願を何度も何度も出してくれた方々、傍聴に足を運んでくださった方々、そして数々の署名や運動に関わってこられた多くの方々、みんなで実現させた成果です。


言うまでもなく、教員不足を解消するためには、

・新採教員を増やし、年度当初からの定数内欠員をなくすこと

・病休や若年退職などをうむ現役教員の過酷な働き方を改善すること

の両面の取り組みが必要です。


引き続き、子どもの学びを補償し、先生も生き生きと輝く学校になるよう、多くの方とともに頑張ります💪

市川うららFMの「とくたけ純平の #何が起きてる市川市


実直な @jumpeitokutake 徳武純平市川市議と音楽ライター @TaekoEndo 遠藤妙子さんのトーク番組です。


市川市の防災対策など、ぜひ、多くの方に聞いてほしい。


冒頭、JCP市川から応援し隊の紹介もアリ!


http://www.fmu.co.jp/tokutake.html


日本共産党29回大会から地元の千葉県市川市に戻ってきました。

そして、さっそく怒涛の日々!

昨日1月20日は、市川西部地域後援会の新春のつどいで、党大会と千葉県政のご報告。
 

そして、千葉県教育会館にて開催の九条の会・千葉地方議員ネット主催「九条の会・千葉県交流会」での市民との交流に参加しました。

國松里美弁護士から「スタンディングなどの取り組みに勇気をもらった。さらに横に連携を」等のアドバイスをいただきました。


「みんなで政治を変える」を実践しています💪