〜シロギスを追いかけて〜あるじのブログ

〜シロギスを追いかけて〜あるじのブログ

シロギスの投げ釣りにはまって1年中追いかけてます。
釣果より投げるのが好き!!と強がってみて・・・・・・。

今日は、最近小さいのしか釣れてなかったのを不憫に思ったのか、シュンさんがドスコイランドに連れて行ってくれました。

ここはシュンさんが連れてきてくれないと来れないレアな場所です。

シュンさんありがとうございます(笑) 

 

思いっきり湾奥です。

波も濁りもほとんど無いです。

春に来た前回から2度目。

ここは秋は小さいのが多いらしい。

大型台風後でどこまで釣れるか心配ですが、今日は夢を見に来たと言うことで。

 

1投目はシュンさんが投げた方向を確認してちょっと右へ3色ちょい。

ちょい右のつもりが思いっきり右に行ってしまいました。

周りに人もいなかったのでそのままサビきます。

3色の糸に入ったとき「トントントトン」

ちょっと小さめのアタリでしたがアタりました。

僕は1投目で釣れるとその日は調子がいいんですよね。

 

サイズは気にせず1匹目なんで慎重に回収。

なんとドスでした(笑)

縮む前に写真写真(笑)

 

それじゃあ2投目も右へ。

3色の糸でアタります。

あんなに右に投げて3色以内って、とっても近いみたいです。

 

毎投アタるんですが、乗らないこともありますねぇ。

回収してはずそうと手を伸ばすと、つかむ前に外れることもあり、食いが浅いんですかね。

 

アタリもちょっと小さいかな?

なので小さいアタリは無視してそのままサビくと、「ズガガガガン」

 

「来た来た、いいアタリ(笑)」

 

回収すると21センチでした。

 

1時間ほどでドス4です。

でもこの後アタリが遠のきました。

たまに期待しちゃういいアタリは、

ドスサイズの彼岸フグ。

 

シュンさんもキスを探してどこか行っちゃうし。

こっちはスタートダッシュで良い思いしたんで、知らない場所だし動かずやってます。

 

シュンさんが様子見で戻ってきまして、状況を伝えると、「あっちは毎投釣れるよ」と。

すぐ合流させてもらいました(笑)

 

今度は正面に3色ちょい。

正面なんで今までより遠目ですかね。

3色を切ったとき、「ブルルルル」

久々のいいアタリは、本日5匹目のドス。

 

やっぱり遠目もいいみたいなんですが、向かいからの強風になってまして、4色出ないんです。

なんとか3色半投げるとアタリが入ります。

サイズも19センチは超えてるのが中心です。

でも全体的にアタリは少ないです。

少ない上によく弾くから、匹数が伸びません。

 

忘れた頃にぽつりぽつりですね。

シュンさんはコンスタントに釣ってます。

さすがポイントを知り尽くしてます。

 

今日はお昼上がりなんですが、満潮を境に少ないアタリもさらに少なくなり、ツ抜けを確認してから、さらに粘るんですが、時間切れ終了です。

 

今日の釣果。

キス11匹。

ドス5匹。

ドスは現地で測ったサイズです。

 

数は少なかったですが、サイズがそろって良かったです。

捌くのが下手なんで、ちょうどいい数です。

負け惜しみです(笑)

でも、久々のドス釣れて良かったぁ〜〜(笑)

 

 

カウンター

キス665匹。

うちドスコイ85匹。

うちスーパー7匹。MAX28センチ171グラム。

先週は台風で連休は出撃出来なかったんで、久しぶりです。

明日からの天気も大雨の予報だったんで、また行けなくなっちゃうかもしれません。

雨だけだったらいいのですが、河川からの濁りも心配ですし。

そして、今日は人間ドックだったんです。

週末はまた釣りにならない可能性を考え、短時間ですが行ってしまいました。

 

多少波っけありますが、思ったより濁り無し。

出来そうですね。

 

例によって一番奥まで行って1投目は4色半から。

サビキはじめてすぐ、「コツコツ」とアタリ。

元気が無いです。

「ブルブル」も無いです。

しばらく追加のアタリを待ちますが、「コン」とか「コツ」だけなんで回収です。

 

フグとレギュラーとピンの連でした。

魚はいるみたいです。

 

次は、アタリがもっと小さく、そのままサビいてしまいまして、ピンが一つ。

今度は方向を変えて、3色くらいでなんか触ってるような感じで、無視してサビいていると「ブルル」とはっきりアタリ。

レギュラーとミニモッチーでした。

 

3投で4匹釣れましたが、活性が良いとは言えない感じです。

 

ちょっと遠目に投げて見るも、アタリ無いです。

サビキに変化を入れてやると、「ドーン」

物凄いアタリで竿を持って行きました。

明らかにキスじゃ無いです。

キスだったら30センチ以上ありそう。

最初の大暴れを無事に回避すると、比較的楽に回収出来ます。

例によって波打ち際で再び大暴れ。

なんとか上がってきたのは35センチほどのセイゴでした。

 

この後は、波の中と、2色くらいで1匹ずつそれなりの型が釣れましたが、楽しいアタリはそれでお仕舞い。

忘れた頃にピンです。

餌はアオイソが良かったかなぁ。

ジャリメにすると、ミニモッチーでした。

 

短時間ながらちまちま場所移動しましたが、たまにピンだけ。

日没の5時近くまでやってしまいました。

分厚い雲だったので日没前にはかなり暗くなってました。

 

今日の釣果。

キス10匹。

ドス無し。

 

明日は我慢したとしても、日曜にもう1回行きたいなぁ。

 

カウンター

キス654匹。

うちドスコイ80匹。

うちスーパー7匹。MAX28センチ171グラム。

今日は昨日の鬱憤晴らしに行ってきました。

房州達太郎さんと連絡を取り、房州達太郎さんは館山へ行くとのこと。

あおぎすさんの記事にスーパーがいっぱい載ってたんですよね。

でも最近カルの噂も聞くし。

よくよく打ち合わせをしていると、どうやら濁りもあるらしい。

そこで、手分けして調査することに。

房州達太郎さんは南から、僕は北から。

と言うことで、布引に行きました。

 

台風15号以降で一番濁りも波も無かったです。

でも若干白濁り?

第1投は追い風に乗せて6色半から。

 

例によってアタリ無いです。

アタリが無ければちょっとずつ移動して、結局一番奥へ。

 

やっと15センチゲット。

房州達太郎さんの方は、やっぱり良くないらしくピンらしい。

 

今釣れた所へもう一度。

ちょっと良いアタリ。

大事に回収してたら、波口の沈んでいた岩に引っかかり、キスもろとも仕掛け全損。

 

もう一度同じ所。

同じようなアタリ。

今日のアタリはそんなに強くないけど、トルクはある。

早まき回収。

ドス込みの連で(笑)

 

この後もう1匹追加した所で、釣れてた所にあろうことか刺し網が投入されてしまいました。

 

もう一度キスのいる所探しからです。

 

「ただでさえ渋いのに」

 

あっちこっち探しまくったけど、釣れるのはピンのみ。

しかもたまに。

 

すると、刺し網が回収され、釣れてたポイントが空きまして、ここで2匹追加。

 

そして今度は今まで投げてた所に投げ屋さんが入ってきまして、またポイント移動。

今日は効率悪いです。

 

今日は遠くはピン。

大きいのは比較的近かったです。

 

そしてさっきのポイントの投げ屋さんがお帰りに。

「戻れ戻れ(笑)」

 

当然のように1匹追加。

 

そろそろお昼、房州達太郎さんも上がったらしい。

そこで、今日1の激震。

 

お約束の弾きました。

 

これで帰れなくなっちゃいました。

何度も投げ直すんですがもうダメですね。

結局1時半過ぎまでやってしまいまして、もう上がりましょう。

最後の仕掛けを回収していると、「ドーン」

「なんかデカいのが掛かった」

 

なんとか回収するも、波の中からヌキ上げられない。

姿も影だけ。

バシャバシャやっているのはマゴチみたい。

結局針が伸びてさようならです。

 

キスの方はもう少しと言った所でしょうか。

 

今日の釣果。

キス13匹。

ドスは家に帰ったら小さくなってしまった。

今度は現場でちゃんと写真撮ろう。

 

 

カウンター

キス644匹。

うちドスコイ80匹。

うちスーパー7匹。MAX28センチ171グラム。