artsea blog

artsea blog

湘南茅ヶ崎のジュエリーshop&Gallery artseaのブログです。


テーマ:
ホンモノとは全く違う色なのに、ホンモノよりも可愛くデフォルメされてるけど、カタチはホンモノに忠実…見ていると思わず微笑んでしまう、色々な動物たちを羊毛でデザイン、制作しているnicosuiさんの作品展を開催中です。
そのタイトル「どうぶつ井戸端会議」の通り、動物たちの楽しいおしゃべりが聞こえてきそうです。

ギャラリーの窓から真っ赤なライオンがお出迎え

nicosuiさんの作品にはストーリーがあります。
童話に出てくる動物たちがそれぞれの表情で、何かお話をしています。

DMにもなったオオカミ…横にいるのはウサギの赤ずきんちゃん?美味しそうと、舌を出して狙っています。

3匹の子ブタ。わらの家を作った黄色い子ブタは、家がすぐに飛ばされちゃって泣いています。木の家を作った緑の子ブタはレンガの家を作った赤い子ブタを羨ましく見ています。家が飛ばされなかった赤い子ブタは嬉しそう!

こちらはブレーメンの音楽隊

都会のネズミと田舎のネズミ

ひとつひとつの作品はすごく丁寧に細かく作られています。
作品の色の使い方がすごく美しい。


そして目ヂカラがすごい!


作品は中身から全てチクチク羊毛で作っていくんだそう。羊毛を付け足し付け足ししてカタチを整え、色の羊毛を付けて仕上げるそうです。

可愛らしいブローチ
コサージュ
クリスマスツリーやバッグにつけても可愛いオーナメントもあります

おかえりの時はクマさんと
マナティがお見送り😊

nicosui exhibition どうぶつ井戸端会議は12月10日月曜日17時までです。
nicosuiさんは毎日午後在廊しています。
かわいい作品を見ながら、制作秘話を聴きにいらして下さいね。

テーマ:
寒くなって来ましたね。気がつけば今年も残りわずか。
今年の締めくくりの大イベントのクリスマス、どのように過ごすかもうお決まりですか?
今年もクリスマスに欠かせないリースはいかがですか?毎年大人気の吉田敦子さんが作るドライフラワーのクリスマスリースとお正月飾りがアートシー  に届きました。

今回はクリスマスのあとお正月のお飾りとして使える工夫の作品がいっぱいです。

クリスマス飾りを外してお正月用パーツをつければ新年にも使えますし、そのお正月パーツを取ればその後も普段使いとして楽しめますよ。



 小枝を組み合わせスタンドに小さなリースを掛けた可愛らしい作品。パーツやリースはただ掛けてあるだけなので取り外せます。そのスタンドに他のモノを掛けて飾ったり、アクセサリーをかけたりしてもオシャレに使っていただけますよ。



わっぱにドライフラワーを埋め込んだ作品。
和風なインテリアに!

どの作品も手作りの1点モノ!
作品がなくなり次第終了となります。
ご来店お待ちしております💐

テーマ:
秋が深まるにつれ、どこかホッと暖まれる場所に行きたくなりますよね。
やさしい色合いに包まれた可愛らしいキャラクターたちとまるで絵本の中にいるような、温かい気持ちになれる「畠山晶作品展」開催中です。

今回もひとつひとつ丁寧に描き上げられた魅力的な作品がいっぱいです。繊細に描かれた絵の中にはストーリーを感じることができます。
では、いくつかご紹介しますね。

この絵の中にたくさんの生き物がいて、みんな何かを語りかけているよう。

ネコをモチーフにした作品たち

畠山先生らしいカラフルな作品。額縁もシンプルながら絵のイメージにあっていてオシャレです。

絵本の中の1ページのような作品たち

今年はカレンダーも限定45部作りました。こちらは原画。切り絵によるカラフルな作品。よく見るとその月の数字が隠れています。
2月
10月


印刷されたカレンダーは1部1200円。

作品のポストカードもたくさんラインナップ❗️
 
畠山先生の作品集もご自由にご覧ください。

こんなステキな作品も!
畠山先生のポストカード「ゆめねこ」の刺繍の作品。持田みどりさんの作品です。

元の絵はこちら…

畠山晶作品展〜小さな物語の色〜は11月26日月曜日17時までです。
畠山先生は毎日午後在廊されます。

ぜひ見にいらしてくださいね!


テーマ:
毎年11月に湯河原、真鶴に在住の作家さんたちが自宅や店舗を開放して、いろんな作品を見せてくれる「わたくし美術館」が開催されます。

今年も現在開催中!
そこで、アートシーでおなじみのカラフルで可愛くて暖かいフエルトマフラーを作って下さるナガイエツコさんと、繊細で洗練された色つかいと形が美しい画家の永井等さんご夫妻のアトリエ兼ご自宅へ行って来ました。

海岸線を🚗ずっと走り、真鶴駅を過ぎたあたりから内陸に入り、くねくね道を通り左折!と思ったらすごい急な下り坂!その途中に永井家がありました。

玄関入るとそこには色んな作品や不思議なものが置いてあったり、壁に掛けてあったり…そこから美術館みたいでした。


ナガイエツコさんのマフラーも展示販売しています。

玄関すぐ横のトイレの中もナガイエツコさんのコレクション?不思議なものがいっぱい並んでいました。

エビ、カニの標本?

フグの化石?
湯河原の海岸に流れ着いた貝や割れた陶器の破片…
トイレのライトも…これはなに?貝かしら?
壁にはサンゴが…

トイレを借りなくても見せてもらえます😅

宇宙人好きなナガイエツコさんの作品にしては珍しいフエルト人形の「酋長」。こんな作品も見れますよ。

2階には永井等さんのアトリエが有りました。

和室の壁に白いパネルを張り込んだ、広々したアトリエには制作途中の作品や材料、永井等さんのコレクションがたくさん置いてありました。コレクションは作品のモチーフになる事も。


永井等さんは絵画だけで無く陶芸の心得もあるようで…
これは秋刀魚用お皿。飛び出た2つのパーツに秋刀魚の骨を乗せる…というユニークな作品。
収納しづらいと奥様からは不評でしたが😅

私たち訪問中にも次々とお客様がいらして、にぎやかでした。
永井さんちのあと、近くの型染工房たかださんへも行って来ました。
染色について教えてくださり、ギャラリーでは素敵な作品を見ることが出来ます。

ART SANPOは11月30日まで。会場によって開催日が異なります。
ちなみに永井さんちは35番みかんのはっぱ、水曜日と日曜日にオープンしています。

興味ある方、ぜひ行って来てください!楽しかったですよ😆

テーマ:
7月に茅ヶ崎から、富士山がよく見える熱海の方へ引っ越された八木道子さん。45年住んだ家から、ネコ20匹とのお引越しをすごく心配していましたが、たくさんのお友達が手伝ってくれて無事お引越しができたそうです。

おうちが変わり、環境も変わった八木道子さんですがネコちゃんたちとの生活は相変わらずのよう…😅そんな八木さんの1年ぶりの作品展を開催中です。

今回も2019年カレンダーの原画を中心にたくさんの作品が会場に並んでいます。

八木さんの新居のベランダから見える富士山の絵(水彩)

DMの絵(水彩)

今年(2018年)のカレンダーの絵とは少しイメージが変わってナチュラル感があるおおらかな感じに…毎日自然を感じているせい?

もちろんカレンダーもありますよ!(1部¥1000税込)

そのほか、ワイヤーアートや

小さなネコや犬のオブジェ

今にも目覚めて動き出しそうな子猫の、バルサ材で作った小物入れにもなる置物。

Hatsumiさんの作ったお洋服に八木さんが絵を描いたコラボワンピ


ワイヤー+ビーズブローチ、額縁ブローチ

いつも大人気のトートバッグ。新柄です!

今にも飛び出して来そうなネコたちが描かれた油絵もあります。

手描きのポストカードもご用意しています

まだまたかわいい作品がいっぱいです。ぜひ癒されに来てくださいね。
八木さんの作品展は10月29日月曜日17時までです。
八木さん在廊予定は
10/26 11〜14時、10/29 11〜17時までです。

最後に八木さんからのご挨拶…

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス