あなたの「好き!」のど真ん中で人生をデザインする方法

あなたの「好き!」のど真ん中で人生をデザインする方法

インスピレーション力®を磨くLDM(ライフ・デザイン・メソッド®)を使って、あなたの「好き!」のど真ん中の見つけ方、活かし方、人生をデザインする方法をお伝えします。


テーマ:

良きパートナー、子供に恵まれ

仕事も充実してるはずなのに

突然、虚無感が襲ってくる。

 

「今は幸せなんだけど

幸せに向かってる感覚がない」

 

っていうおかしな感覚。

 

 これ、どういうことだと思う?

★あなたの可能性も、ありのままのあなた


これね、

・自分はホントは何がしたいのか?
・自分の可能性は何か?

が、見えてないんだ。

 

自分の可能性を伸ばそうとしてないんだ。

 

自分の可能性だって、

ありのままの、あなただ。

 

そのあなたの声に耳を傾けていないので

「幸せに向かっている感覚」

が麻痺してきて

「虚無感」

が襲ってくるんだ。

 

種をもってるんだけど、

撒いてないか、

撒いてるんだけど

水をやってない状態だね。

 

欲しかった炊飯器を買ったけど

まだ使ってない状態だね。

 

狙っていた男をゲットしたんだけど

デートしてない状態だね。
 

★だから、ホントは何をしたいのか、そこを、見つければいい。

 

ただ、これを頭で考えて

見つけようと思っても

うまくはいかない。

 

その頭で考えて行動した結果が

今だからね。

 

 

さて、自営業の伊藤そらさんも

そんな一人だった。

 

母からの「辛い」という世界に

巻き込まれ翻弄され

 

子供ができて、落ち着いてはいるけど、

幸せなんだけど

「何?この突然襲ってくる、空虚な感じ」

という言葉にならない虚無感に襲われていた。


「幸せに向かってる感覚が欲しい」

 

と言ってた。

 

それを解決するために

彼女はLDMトータルセッションを受講した。

 

もちろん、虚無感がなくなり、

何をホントにしたいのか?

自分の可能性は何なのか?

しっかりつかんでもらった。

 

その彼女が先日プログラム終了後、

感想をくれたので、紹介するね。



★クライアントさんの感想です

 

「西村さんの事は、堀内さん(LDM協会代表)の

発信で知って、そのうちに、

(同じLDMファシリテーターの)かおりさん、

藤井さんにやってもらいました。

おもしろいな、と思って西村さんのブログ、

京子さん主催の西村さんのセミナーを受けて、

やってみようと思いました。

 

私自身、助けが欲しかったのです。

自分でまとめきれない感覚を咀嚼できると
思ったし、日頃感じる虚無感を、

どうしていいかわからなかった。

幸せになれる感じがしなかったから

受けようと思いました。

 

西村さんのセッションは

安心感があり、そのままの私で

行けそうな感じが良かったです。

自分でやるのと違って、

西村さんに誘導していただくと、

体感が全然違う。

自分で誘導しようと思うと

霧(潜在意識)の中へ入っていけない。

霧の手前で止まってしまいます。

 

でも、西村さんにやってもらうと

いつの間にか、す~っと、

霧の中に入っていける。

それに、どんな質問しても、

返事をもらえるのがすごい!

また、セッションを受けてから

虚無感にチューニングしてたのが

虚無感に合わなくなりました。

軽くなったっていうか、楽になった。

 

ネガティブに出会った時に
リピートしてたのが、気にならなくなった。

母との電話で、不安感、ざわつきがあると、
一日中悶々としてたけど、

数時間で忘れるようになりました。

 

また、ずっと思っていた疑問がなくなり

やっと、方向性を見て、わかって歩ける。

 

私のミッションの

「人をリラックスさせる」

のが、納得感あります。

また、誰かに巻き込まれたときの抜け方

「舞台を降りる」

と言う感覚がわかったのも

よかったです!

 

自分に力がある、

ということを思い出す感じで受けてた感じです。

 

頭で考えている人、頭で物事を進めがちな人で

行き止まりになっている人は、おススメです。

 

 

西村さん、
7回のセッションありがとうございました。

私の曖昧な表現から、ここまでセッションを

進めていただけて感謝しかありません。

手を合わせて拝みたいくらいです^^」

 

そらさん、こちらこそ、

ありがとうございました。


さて、こんな声をもらえるセッションの

秘密を体感したい方は是非、

インスピレーション力®を一日で体感できる

【インスピレーション力®開発講座1日体験セミナー】

に参加してくれ。



実はね、セッションそのものにクライアントを獲得し、

リピートしてもらえる秘密が隠されているんだ。

出し惜しみなく伝えるし、

エッセンスをバンバン体感してもらいまっせ。
 

日時:7月8日(日) 12時半~16時半

場所:東京、新宿駅付近のセミナールーム

定員:8名➡残席4名

価格:3,000円

特典:悩みのボトルネック(真因)を見つける
    3つの質問をプレゼント

 


お申込みフォームはこちらから➡

https://ssl.form-mailer.jp/fms/36fba2c5552500

 

ブログからのお申込みはこちらから➡ https://ameblo.jp/artnahibi/entry-12378492508.html

 


テーマ:


あるクライアントさんの愚痴を聞いていた。
仕事の在り方をある事、無いこと

友人に批判されたらしい。

 

しかも、回りまわって耳に入った。

批判されるって、きついよな。



特にそれまで好感を持って

つきあってた人から

しかも影に回って言われるのって。

さらに、それが当たってたりすると

心折れまくるよね。

 

人格まで否定された気分になり
逆に怒りの業火でそやつを

燃やしてしまいたい衝動に

なるかもしれんな。

 

「なんでお前に

言われなきゃいけないんだ!」

 

「私が何をしたっていうのよ。」

 

「そんなに私がダメなわけ?」

 

「そこまでいうあなたって、何様!」

 

「友達って思ってたのに、ひどい!

 

あんたなんか、〇ンカスよ!」

 

と、今度は反撃の狼煙を上げ始める。


ほら貝吹き鳴らして、

錦の旗持って、

鶴翼の陣で、

殲滅しちゃる勢いだ。



んでもって、

相手の弱みを重箱の隅の隅

までつっついて、

漆剥げても、

穴がいても

穴開いたらテーブルにも空けちゃれ!

と、

いやもう

「てめえの分子は、ま四角で

揺れてねえに違いない。

顔四角いもんな」

 って言ってやりたくなるね。


 

あれほど、好意を寄せてたのに

こちらから攻撃、批判など

一切した覚えはないのに、

なんだ?この仕打ちは!

 

しかも、影口って最悪じゃん。

 

素粒子レベルで、

デスっちゃりたくなるよね。

 

 

言っても言っても

言い尽くせないほどの怒り、

悔しさが湧いてくる。

 

もう、脳内批判合戦状態。

批判のラリー
批判の殴り合い

批判という剣や槍の果し合い
を脳内でやっちまう。


消耗するわな・・

 

だって、

誰も時計係やってくれないし、

ポイントもつけてくれないし、

血を出して死んでくれんので

ヘトヘトになるまでやっちゃうもんね。

 

 

なんかもう、
批判することが目的になってる。

 

じゃあ、なんで批判してたの?

って話。
 

批判されたから

やり返したのはなぜ?

 

幼児に

「お姉ちゃん、バーカ!」

て言われても傷つかないのに

せいぜい

「おだまり!クソガキ!」

で、終わるのに

なんで、エンドレス批判をしてしまうの?

 

なぜ?

自分がだめだって、認めたくないからじゃないか?
だから、批判されたら

その自分を守ろうと批判してバリヤを張るんじゃないか?

 

ダメな所にフォーカスを当てられると

全てダメなんだと思ってしまいそうになることを

避けるために批判してるんじゃないか?

まるで、あなたの顔って、唇厚いわね

って言われて、美しい目も、鼻筋が通っていることも

すべて否定されてると思ってしまうように。

 

ってことはそれって
 

自分がダメじゃないってこと知ってるからだよね!



自分はダメじゃないってことを

知っているから

そこを認めて欲しい、

そこを伝えたいと

本当は思ってるんだよね!

だったら、批判する奴はほっといて、

脳内批判ラリーなんぞしてる場合じゃない。

 

あなたが魅せたいことを
思いっきり、表現しようや!。


あなた自身が、

あなたは素晴らしいことをすでに知ってるんだから。

それを、どんどん出していこう!
批判のエネルギーを魅力を出すエネルギーに使おう!

 

そこから、あなたの人生を創り出そう!
 

 


 

 


テーマ:




★超一流選手が積み上げている習慣

今更ですが
大谷選手、大活躍ですね~。
漫画の主人公のような人が
出てくるんだ、
彼の目指している先って、
どこなんだろう?
どんな考え方をしているんだろう?
などなど、興味津々で大谷ウォッチングを
ついしてしまう今日この頃です。


ところで、日本球界でも
ソフトバンクの内川選手が
2000本安打を達成したね。

特に彼のファンでもないのだが、
彼について書かれていたこの記事に
注目した。

【名古屋ですし店へ行ったときのこと。当時の仁志氏は何度も「考えて打席に立て」と助言していたが、内川は理解できず、「考えるってどういうことですか?」と質問した。

 仁志氏は「考えるということは、打席が終わったあとに、成功したときも、失敗したときも、どうしてそういう結果になったのか、すべての理由が説明できないといけない」とアドバイス。これをきっかけに発想を転換した内川は、翌08年に右打者としての最高打率・378で首位打者を獲得。打撃スタイルを確立させた。(出典 夕刊フジ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000005-ykf-spo



仁志氏のセリフ

「成功したときも、失敗したときも、どうしてそういう結果になったのか、すべての理由が説明できないといけない」
これ、超大事。

心や魂を扱う仕事をしているあなた、
これ、できているだろうか?

 

★再現できることは、自分のものになったということ


説明できないってことは

まだまだわかってないってことだ。


再現性がないってことなんだ。

 

セッション後

クライアントさんが思った通りの

成果を上げた。


それはなぜなのか・・

 

なぜ、クライアントは行動できたのか?



初めて、お客様と契約できた。


なぜ、契約できたのか?



行動できなかったとするなら

なぜ、行動できなかったのか?


お客様が

契約できなかったとするなら

 

なぜ、できなかったのか?

 

 

この構造を説明できることが
大事なんだ。


 

説明できることが
再現性に繋がるからね。
 

そして、再現できるってことは

自分のものになったということなんだ。

イメージしたことを
現実にすることができる準備が
できたってことなんだ。


★説明できない時、やってしまうこと


先日、こんなことを
あるクライアントから聞かされた。

「ある方のセッションを受けて
やればいいってことは
気づいたんだけど
どうしても、できなかったんです。

 

止まっちゃったんです。

そしたら、その方から

『まだわからないの?』

と、言われてとても傷つきました。」

確かにできないのは、
クライアントに原因がある。

でも、それがなぜなのか?
原因を特定し、気づいてもらい

希望を見せるのは
コーチの仕事だ。
 

「まだわからないの?

言ったよね?」

 

これクライアントをバカにしているよね。
てか、バカにしているな。

 

言って、改善できるくらいなら

とっくに世界は平和になってるぜ。

 

こういうクライアントのせいにする

輩はプロをやめた方がいい。

(もちろん、この一言で

クライアントが望む未来へ向けて
歩き出すという確信があって
結果が伴うならOKだ)

★クライアントの夢を想定以上に叶えるために

逆に、出来ない原因を
クライアントにきちんと説明できると
信頼感が生まれ、
クライアントも再び行動しようと

するだろう。

だれだって、希望に向かって

歩きたいからね。
 

また、説明できないことが

起こった場合
それをテーマとして

持ち続けることができるか?

この姿勢が
クオリティを上げるし、
あなた自身

そして

クラアイントの夢を

叶える力になっていくんだ。

 

なぜ、うまくいったのか?

なぜ、うまくいかなかったのか?

徹底的に追求して、

クライアントの夢を

想定以上に叶えるサポートをしようぜ。




さて、コーチ、セラピスト、カウンセラーなど
対人支援職を目指している方、

またはすでに始めているんだけど、

停滞している方、

そんな方に向けての

セミナーをやることにした。

7月8日日曜日東京でやるんで、

スケジュール開けて待っていてくれ。

詳細は、近いうちに!



 

 


テーマ:



 

 

誰かの活躍を目の当たりにすると、

誰かが、しかも、近しい人が8桁稼いだ!

ってことを耳にすると、ますますね。

 

こんなことをしていていいのだろうか?

本当に成果が出るのだろうか?

もっとスムーズにいく、

いい方法があるのではないだろうか?

 

 

そんな焦りや、不安を持つことがあるんじゃない?

結果もなかなかでない時は特にね。

 

 

そうすると

これをやってれば、安心、

これさえ持ってれば、安心
という、安心を探し始めるんだよね。

 

 

そうなると、

目に見えるもの、

感じるもの、

そして、特に刺激の強いものに

惹かれてしまう。

 

さわやかな笑顔の広告に
力強いワードに

こっちの水の方が甘いんじゃないか?

と引き寄せられてしまうよね。

すぐに成果を出したいもんね。

 

「もしかしたら、このやり方は

自分に合ってないんじゃないか?

だから成果が出ないんじゃないか?

でもこの人の言ってることは

すごくわかる!

成果出している人も多そうだし。

すぐに結果が出そうだし。

こっちにしようかな♡」

と浮気を始める。

 

それが細い木であろうと

それが藁だろうと

それが髪の毛一本だろうと

素敵なアイドルが持ってれば

見た目に惑わされ、

それが手に入れる理由になるように

保障になるように

浮気を始める。

 

保障を求めて三千里をさ迷う

旅の始まりだ。

 

 

これって、自分の感覚を信じられなくなってるんだよね!

 

 

内側の自分の感覚って、

すごく希薄じゃん。

 

いつも、いつもワクワクと

感じているわけではないからね。

 

 

一方、目から耳から入ってくる

刺激ってそれに比べれば強力だし、

感じやすいからね。

どうしても、

そっちが正しいんじゃないか?って、

疑心暗鬼になってくる。

 

感じている方が、

正解なんじゃないか?

そっちを信じるべきなんじゃないか?

私が信じている夢って、

なんか幻?気の迷い?

そんなもののために、

人生を捧げるなんて、私馬鹿じゃん。

実現するかどうかもわからんし・・

 

この情報によれば、

○○さんによれば、

誰でも、8桁稼げるらしい

地道が一番かもしれないけど、

今すぐ、脚光を浴びたい!

そんなやり方が、お金払うだけで

手に入るのなら、払っちゃう!

 

 

って、まあこういう流れで

講座を受けても

結果あまりうまくいかない。

うん、過去俺も痛い目に合ったっす”(-“”-)”

 

だって、焦っている時というのは、

自分を信じられなくなっているからね。

 

判断するための、

判断材料そのものがすでに、

碌なもんじゃない。

 

その上、自分の感覚ではなく、

派手なコピーに乗せられて

判断してるんで、

まさに夏の虫状態。

 

涎たらしながら

火の中にまっしぐらだぜ。

 

 

実は、俺もこんな焦りの中に

ずっといたことがあった。

 

昔、アートワークを学んでた時、

結構焦ってたんだ。

人生うまくいくコツが欲しくて

答えを求めて、求めて、求めてた。

答えを求めて、

三千里くらいさまよった。

さまよってることにさえ、

気づいてなかったけど年当時は。

確実にゴールに向かってるって、

思ってた。

 

ケンシロウなら、

「お前はもう死んでる」

と言っただろうね。

それなのに、

この道を向かっていれば、

大天使ガブリエルが

「よくやった!」

とハグしてくれると思ってた。
 

 

 

ガブリエルの

お気に入りの衣の切れ端を

プレゼントだといって

くれるんだと思ってた。

 

「やったー!

ガブリエルの衣の切れ端を

手に入れたぜ!

一生安泰だぜ!

いいだろうお前ら!

お前らも俺になれ!」

っていうそんな、

信じられない奇跡の成功と

幸せがくると思って、

焦ってワークやってたんだ。

 

 

その時あるワークをやった時

普段優しい先生から

 

「西村さんは、真剣に自分に向き合ってない!」

 

と厳し~い鉄槌がくだったんだ。


ガーンだよ、ガーン!
当たってたからね。

先生に焦って描いた絵を

一発で見破られた。

 

この日の課題の意味が

よくわからなかったんだ。

だから、何を描いていいか

サッパリわからなかった。

それで軽く脳が

フリーズしたまま描いちゃった。

 

もう観念しましたね。

その時の正直な気持ちを

素直に先生に言った。

もう、半べそかきながらね。

 

 

「わからないことがあると、

焦ってしまうんです。

焦って、やろうとするもんで

浅くなるんですが

どうしていいかわからないんです。

そうすると、今回もそうですが、

いつもガーンと

しっぺ返しが来るんです。

これ、どうしたらいいでしょう」

 

 

 

すると、先生の厳しい表情が、

ふいに優しくなってこう言ったんだ。

 

「朝起きたら、まずフォルメン(形を描くアートワーク)をして整える。

昼は、今に没頭する。

夜は、一日を振り返って、

感謝して眠りなさい」

 

むっちゃ、シンプル。

 

つまり、周りに振り回されるのではなく、

振り回されても、その自分に気づけるように

自分の感覚を信じられるように

いつも心を平らかにするように

ということなんだ。

 

一言で言うと、

 

「あなたでいなさい」

 

ということだ。

 

先生の言葉をメモしながら、

力が抜けていったね。

焦ってた自分が

洗い流されていった。

 

「俺はこれだけのことをやってきた、

だから、それをやっていない

お前たちより上なんだ」

って虚勢をはってた自分が、

 

さらに

「でも、わからないし、

できないことがある。

 

お前たちにできて、

俺にできないこともある。

 

いや、そんなことはない。

 

俺は、お前らより上なんだ。

できるはずだ。わかるはずだ。

わからない俺はいない。

できない俺もいない」

 

と言い聞かせて、できない、

わからない自分を

誤魔化し、焦っていた自分が

す~っと消えていったんだ。

 

できなくても、わからなくても

それでいいと

思えるようになったんだ。

 

その自分で一瞬一瞬を

生きていけばいいという

フラットな感覚になった。

 

何焦ってたんだろう?

とキツネにつままれた気分だった。

 

自分に向き合わなくなると、

焦ってくる。

自分を見失っているからね。

 

そして、外に答えを求め始める。

益々焦る。

自分を信頼してないんだけど

そこに気づけないから、

ますます外に答えを求める。

 

外に答えなんてないのにね。

 

ありもしないものを、

間違った場所で探してるんだ。

こりゃ、ツライわな。

何地獄だw


トランキーロ あっせんなよ。

 

まずは落ち着け。

そして

自分の感覚を

信頼することから始めよう。
 

保障が欲しい?

それ、また罠にはまってるからw

 

自分の感覚こそが、俺たちの人生を保障してくれるんだぜ。

 

 

★5月度無料体験スカイプセッション日程

 

その悩みのボトルネックを明らかにします!

 

【限定4名】残1名

 

【日時】

 

5月29日(火)20:00~22:00

 

申し込みフォームhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/debead88525099

 


テーマ:


★罪悪感との付き合い方


清廉潔白ど真ん中な人もいるのだろうけど、

ニュース見ていると、政治家って、

清濁併せ吞む胆力がないと

できんのだろうなと思ってしまうこの頃である。

学生時代、清濁併せ吞むことに

あこがれてたんだ。

 

けど、あれだね、自分から逃げるための

濁呑みだったんで、

単なる卑怯で矮小な奴に

なってしまってね。

 

洗濯したら、Tシャツがこれ、パンツ?

ってくらい縮んだ奴になってたね。
 

その後の罪悪感ったらなかったなw

 

 

 

で、今日は、その罪悪感についてだ。

 

 

いわゆるネガティブな感情って

悪者みたいに言われることもあるが、
要は使い方だ。

 

これを間違えると、とても人生辛くなる。

 

ど真ん中から、

思いっきりそれちゃうからね。

 

だから、感じたときに、

どう向き合うかが大切なんだ。

 


★罪悪感を感じた時にやるべきこと

この罪悪感とは

「やっちまったぜ。悪かったな~」

と責任を感じる時に起こる自分を責める感情だ。


そういうのは、感じた後で、

二度と同じミスをしないように

改善していけばいい。
 

相手がいるなら、謝罪は忘れずにな。
 

そうして、ど真ん中な

本来の自分の感覚に戻せばいい。

 

それだけっすな。

 

★罪悪感をいつまでも感じてしまう構造

 

ところが、いつまでも

罪悪感を感じて自分を

責め続けてしまうことがある。

 

自分を守るため(傷つきたくないから)

できなかった自分を足りない自分を、

ありのままの本来の自分を

見ないようにしてしまうんだ。
 

罪悪感があるから、だめなんだ。

ってことにしてしまうんだ。

 

前へ進めない理由を

全部罪悪感があるせいにしてしまう。

 

任された仕事ができないのも、

 

人間関係でいつもトラブルに

巻き込まれるのも

 

作った料理がまずいのも

 

郵便ポストが赤いのも
全部、

この罪悪感のせいにしてしまうんだ。

 

 

 

足りない、できてない自分を

ダイレクトにみると、耐えられないから。
 

もし見ると最悪、自分を責め続け

自殺をしてしまうんじゃないかって

恐怖がある。

 

ホントは、大丈夫なのにね。
 

 


夜、2階の部屋にいると

カーテンを閉めた窓を

コツコツ叩く音がする。
 

恐怖で、震えてカーテンを開けて

音の正体を見れないようなもんだ。
 

本当は、物干し竿に掛けてある

タコ足が風に吹かれて

当たっただけなのにね。
 

そうして

「昨夜は怖くて

勉強できませんでした」

と言い訳をする中2と同じになる感じだな。

 


昔、こんな方がいた。


「私の胸の奥に

黒い塊が子供のころからずっとあるんです」

 

黒い塊は罪悪感だったが、

なぜ罪悪感をいつも抱えているのか
自分でもわからなかった。

やがて、封印していた過去がでてきた。

 

彼女の幼い頃お母さんと、

おばあちゃんが

自分の事で、よくケンカをしていたそうだ。

 

それを自分のせいだと思い込んで

「生まれてきてはいけない子だったんだ」

という罪悪感をまとい

大人になったんだ。

そして、自分に嫌なことが起こるたびに、

「罪悪感があるから、

こんなことが起こるんだ」

ということにした。

そうすることで、

必要以上に傷つくことはない。

 

【生まれてきてはいけない自分】

と向き合わなくてもいい。

(もちろん、これは思い込みだ)

 

だから

【生まれてきてはいけない自分】

ダイレクトに感じないようにするために、

罪悪感という感情を抱えるんだ。

罪悪感を絶望を感じないための

バリヤにしちゃうんだ。

 

そうなると、罪悪感が常にあって、

常に漠然と自分を責めてしまう。

 

そして、できないことがあると、

この罪悪感のせいにする。

 

「この罪悪感があるから、

私はダメなんだ。できないんだ」

と思う。

 

でも、なぜ罪悪感を感じるのかまでは

考えない。
絶望を感じたくないからね。


 

もちろん、自分を守るために、

一時的に罪悪感を避難場所にするのもいい。

そのことを自覚していれば、

自力でど真ん中の自分に戻ることもできる。

 

元気な時に、罪悪感の奥に或る

ど真ん中な自分を見ていけばいい。

 

だが、無自覚だと、

いつまでも罪悪感の殻に閉じこもる。

安全だと思っているからね。

 

★罪悪感を抱えてしまったら

 

さて、ではどうするか?

 

この時、罪悪感を外す、浄化する、ケアする

という意識を持つと、失敗することが多い。

というか、不可能だ。

 

そもそも、私たちの感情に罪悪感が

備わっているのは、

本来の自分を生きるためだ。

 

それを失くすことはできない。

(麻痺させることはできるけど)


もし失くなったら、

大都会の信号機を全部失くして

さあ、安全に走りなさい

って状態になる。

 

罪悪感そのものが悪いわけではなく、

もちろん、それを感じている

我々自身が悪いわけではない。

 

罪悪感は、

本来の自分からのメッセージなんだ。

 

だったら、

罪悪感を感じ、味わい、そこから来る

メッセージを受け取るんだ。


その手順は、以下に書いた。
 

また、何もメッセージをくれないときもある。
 

そんな時はどうすればいいのかも含めて、
もう少し丁寧に、下記に手順を

まとめておいたので、

もしあなたが罪悪感を感じたときは、

試してみるといい。

 


★罪悪感から抜け出す5ステップ


その手順は、以下の通り。

1.罪悪感を味わう


この時、五感を使って、しっかりと味わう。

見えるもの、聞こえてくるもの、臭い、

味、身体に感じるもの、

そして、この時の感情すべてを

体全体で味わう。

 

 

2.メッセージをもらう。

 

十分感じたら、

罪悪感からメッセージをもらう。
或いは、罪悪感を感じる相手から

メッセージをもらう。

この時、本当の自分を

誤魔化している罪悪感の場合、

愚痴などのネガティブワードしか

出てこない場合がある。

それはメッセージというより、

溜めていた感情の言語化なんだが、
その時は、それで構わない。

全部吐き出すんだ。
 

また、まったくメッセージを

くれない場合もある。

そんな時は、

「なぜくれないの?」

と尋ねてみる。

それでもくれない場合は、

「見たくないの?」

と尋ねてみる。

それでも、なお何も返事がないときは、

罪悪感を暖かく抱きしめる。
罪悪感から声が、メッセージが

聞こえるまで、やさしく抱きしめる。

 

もちろん、疲れたら、やめていい。

時間がかかる場合があるから。

 

また元気な時に1からやり直せばいい。

 

 

4.メッセージをくれた感覚に、感謝。

 

メッセージや、声が出つくしたら、

その感覚にありがとうと感謝しよう。

もらったら、感謝することは大事だ。
この心根が、実は鍵なんだ。
ただ、感謝が全く湧きあがらない場合は、

もう一度1からだ。

そのメッセージはあなたが

頭で作った可能性がある。

 

 

5.もう一度罪悪感を感じた場面を思い出す。
この時、罪悪感度が、20%未満だとOKだ。.
でも、ごまかしの罪悪感の場合、

結構何層にもごまかしがあるんでね。

20%未満にならないことが多い。

そん時は、もう一度1へ戻るんだ。

あとは、繰り返すのみ。
やるほどに、軽くなってくるから大丈夫!
あとは、もらったメッセージに従ってGO!だ。
 

実際、この手順であるクライアントさんは

「罪悪感って、自分を守る蛹だったんだ」

ってことに気づいて、

本来の自分の感覚を取り戻した。


★罪悪感を 観ていくコツ

コツ?
丁寧にやっていくのがコツだね。
焦らず、日数をかけて少しずつだ。

 


まあ、ボチボチやってみてくれ。み

 

*ただし、これ大人用ね。

子供には難しいのでやらないようにね。

 

 

 

そもそも、ど真ん中という

本来の自分の感覚を知っていれば、

自分を見ることも楽になる。
 

**************************


★あなたはなぜ、止まっているのか?そのボトルネックを見つける、5月度無料スカイプセッション

 

【限定4名】➡残席2名

 

【日時】

・5月24日(水)20:00~22:00
・5月29日(火) 20:00~22:00 

 

申し込みフォーム➡https://ssl.form-mailer.jp/fms/debead88525099

 

 


顔は、見せなくていいし、

服も気にしなくてもいいのが、

スカイプセッションのいいところ。

 

あ、俺、ナンシー・マイヤーみたいに

透視能力とか、

そんなのないから、

そこは安心してくれ(#^.^#)

 

セッションの流れとしては、

最初は、軽く自己紹介ね。

 

次に、ざっくばらんに悩みとか、

こうしたいという願いや夢を話してもらう。

ここは、まとめようとしなくていいっす。

もう~井戸端会議みたいなノリでいいんで( ^^)

 

それを、俺が整理するから。

そうして、2~3質問をして、

ボトルネックを

特定していくという流れ。

 

で、最後にプチワークをして終了。

LDMではどうやって、

解決していくか?ということを

プチっと体験してもらいやす。

 

そんなわけで、

何をまず最初にすればいいか?

意識すればいいか?

を明確にしたい方、

スタートダッシュをしたい方

ピン!と来たら、

すぐお申し込みくださいね。

 

 

もちろん、リピートも大歓迎。

ご縁のある方とご一緒できることを

楽しみにしています!
 

お申込みフォーム➡https://ssl.form-mailer.jp/fms/debead88525099

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス