~アルテミス~「日々の記憶☆美の欠片」

$  ARTemis~アルテミス~「色のキモチ☆自分の気持ち」


星の数ほどあるブログの中からご訪問いただきありがとうございます。

$●ARTemis~アルテミス~「色のキモチ☆自分の気持ち」●


「笑顔の連鎖プロジェクト」ご参加ありがとうございました!


「笑顔の連鎖プロジェクト」はアーティストRibekaとセラピスト山田良美が
ハートを満たすアートの力と笑顔のエネルギーを
多くの方に伝えてゆくためのプロジェクトです。
参加方法&プロジェクト趣旨はこちらを読んでくださいね。
下
http://ameblo.jp/artlove2/entry-10835823015.html
参加してくださっている皆さまのリンク集
ヒマワリリンク集1
チューリップ黄リンク集2

2017年1月現在、このプロジェクトは終了いたしております。
たくさんの方のご参加ありがとうございました。
この場をお借りして心より御礼申し上げます。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
  • 08May
    • 令和の再会が続く…

      令和になってから頻繁に「お久しぶりです」で始まるメールや再会の約束が多くなっています。感覚的な繋がりから、現実的な繋がりへと移行しているというか・・・そういうタイミングなのでしょうか。ながらく休眠していたブログもそろそろ再開しようと思い立ったのもそんなタイミングだったからということにしておきましょう。ぼつぼつ書いていきます。

  • 21Aug
    • 『個展「地図にない町」への道のり』

      ひさしぶりのブログ更新は「個展のご案内」をメインに個展への道のり(個展開催までの裏話?)をつづっていきます。個展初日は9月14日・・・あと三週間と少しです。搬入は9月12日・・・2日減るだけでもうすぐ感が迫ってきますね。作品は「あと少し」「あと息」というものが山積しております。絵具が乾くまでの時間を使って並行創作をしているので完成するまで、作品数が決定いたしません。ものすごく小さな作品も含めて50点くらいにはしたいと思っているのですがこれは希望的観測でもあります。なんといっても、今回のメインは「地図にない町」という作品。小品ではありますが、個展構築イメージの出発点になっている作品です。この作品を見ていただくことが今回の個展のミッション。この作品から派生していった作品たちが相乗効果をもたらし豊かな彩りとして成り立つような場をつくりあげたいと思っています。<つづく>

  • 29Jan
    • 「創造の源」

      「色彩は創造の源。線は創造の伴侶。形は創造の破壊神である・・・。」なんてとんでもないことを思った今宵。苦情は受け付けません。画像は初めて日本画の材料に触れたときにできた何かおおらかに楽しんでいる感じですよね。今は少し考えすぎになっているかもしれません。

  • 17Jan
    • 「再開の時」

      1年以上も更新していなかったブログをふと、再開したい気持ちになりました。記事を整理して、お引越しの発想はことごとく崩れたということになりますね。思い付きがどんなに素晴らしいと思えても継続させなければ結果は見えてきません。それをわかっていても私にとって「思い付き」は大事な相棒なんですけどね。ということで、しばらくはここで私自身の「普通」を私目線でつづっていこうと思います。巷の噂では私が思っている「普通」って割と皆さんにとっては「!」だったりするらしいです。ということで、すこしだけお楽しみに

  • 19Nov
    • +*+読書の秋には+*+

      読みだしたら止まらなくなる。そんな本と出会うとうれしくなる。読書の秋には「物語」が似合う。今年は、「鹿の王」に感動して上橋菜穂子作品を読破中。今宵もベッドサイドで「獣の奏者」が待機している。

  • 23Oct
    • +*+年月とツミアゲテキタ、何か+*+

      アメブロの更新は久しぶり。久しぶりすぎて、どうやって記事を書くのかを忘れていたくらい(笑)最近絵を描くより、写真を撮ったり文字を書くことに気持ちが傾いています。この過程があって、また絵を描きたくなるのでしょうね。「年月とツミアゲテキタ、何かを形にして見えるようにする」今はそれを忘れずに、青という色と、その優しさと厳しさと共に進んでいくつもりです。硬くて、ごめんね^_-☆

  • 08May
    • +*+好きなものは好きだ!+*+

      「あっ、この人は自分自身のことが大好きなんだな。」と感じる瞬間。それは私にとって「あなたが大好きです」と告白するタイミング。 自分自身を愛せる人に、私は自然と惹かれます。それは、何を隠そう「私が自分自身のことが大好き」だから。どんなに否定しても、自分自身への愛情は隠せないもの。どうぜそうなら「大好き」をアピールすればいい。 誰かに嫌いな面をぐちゃぐちゃもてあそんでみせるのは、実は好きをみつけてほしいから。そんなめんどくさいことしなくてもさ、大好きなものは大好き。それでいいよね。

  • 05May
    • +*+超 越+*+

      この場所のこの時間から超えてゆくあとかたも残さず。

  • 04May
    • +*+何が知りたい?+*+

      WSと個展やグループ展のお知らせをのぞいてほとんどブログを書かなくなっている私ですが…毎日ブログを書いていた時は、ネタを探すのに一生懸命でとにかく毎日書くということが仕事みたいなものでした。曜日ごとにテーマを決めていたこともありましたね。FBを始めてからは、そちらにぐぐっとはまってしまい今にいたります。しかしながら、昨日過去記事がかなり読まれているということに気づき少しだけ気持ちをいれかえたところです。過去記事を読んでくださった方はいったい「何が知りたかった」のか…「前途多幸」というキーワードで検索してくださっている方も目立っています。そういうことなの?私が書いてきた記事にそんなヒントがあるの?継続して書くという約束は簡単にはできませんが、もしかしたら、少し哲学的な話を書いてみようかな…と心がゆらいでいます。「絵を描く日常」が「文章を書く日常」と共存する。私にとっても素晴らしい世界に違いないのです。しばらくはまったり更新になるかもしれませんが再出発してみます。

  • 22Apr
    • +*+私と青の物語+*+

      「私と青の物語」青が苦手だった。固くて四角く、頑固なイメージ。お近づきにはなれない関係だと思っていた。青という色は非常に好感度が高い色だといわれている。その青が苦手だった私は、実は「みんなと同じ」も苦手だった。青は私にとって、ルール通りにやっていれば、認められるものだと腕組みをして立っている先生のような色でもあった。カラーセラピーの勉強をしてゆく過程で、色からのメッセージを受け取ること、そして伝えることに夢中になると、青という色がどうして私から遠くにあるのかが、おぼろげながらわかってきた。そして、私は決めた。 「青という色を克服するために青を使った絵を描いてみよう」と。青にふれる機会がふえるとともに、私はあることに気付いた。青という色には様々な色を包み込んでしまう気配がある。青を使いながら、隣に緑を感じ、その裏に赤が潜んでいることを認める。いつしか青の包容力に私自身もすっぽりと包まれていた。「青はすべての色のゆりかごである」今、私はそう感じながら青との距離感を楽しめるようになった。青をベースにした作品に思いのままに色を足すことを楽しめるようになった。今回の個展タイトル「Blue+Yellow」には意味がある。Blueは出発点。そして自分自身を表すYellow を加えることによって、自己信頼を深めるという表明。さらには、この2色を足してできる緑という色への伏線でもある。緑からさらに進むとどんな色が私に近づいてくるのか・・・それを予感させてくれる作品も生まれ始めた。私の作品の特徴は「色」にある。と言われることが多くなってきた。それはきっと、カラーセラピストとしての活動から得た何かがふわりと表出してしまうからなのかもしれない。 今はふわり程度にとどめておこう。いつか奥の手として王手をかけるタイミングがくるかもしれないから・・・。+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*Yoshimi Yamada Blue + Yellow -青からの私-2015.4.14⇒4.26 11:30~17:30 14日15:00open・26日17:00close・20日(月)休廊ぎゃらりーあーとぺーじ 唯心(地下鉄東西線東山駅①番出口より徒歩2分・京都市美術館より徒歩3分)*在廊日4月14日15:00~17:30 4月24日12:00~17:30 4月25日11:30~17:30 4月26日11:30~17:00 (諸事情により在廊時間が変更になる場合もありますので、ご了承ください)

  • 17Apr
    • +*+個展始まりました♪+*+

      はじめての地方開催の個展。作家活動を始めた初期のころからの作品たちも掘り起こしてご覧いただくことにしました。個展のサブタイトル『青からの私』をかんじていただけるように、作品を絞り込みます。さらに『これから』の展開が透けて見えるような導線も意識して…。ふらりとお立ち寄りいただければ幸いです。゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆Yoshimi YamadaBlue + Yellow -青からの私-2015.4.14⇒4.26 11:30~17:3014日15:00open・26日17:00close・20日(月)休廊ぎゃらりーあーとぺーじ 唯心(地下鉄東西線東山駅①番出口より徒歩2分・京都市美術館より徒歩3分)*在廊日4月24日12:00~17:304月25日11:30~17:304月26日11:30~17:00 (諸事情により在廊時間が変更になる場合もありますので、ご了承ください)

  • 02Dec
    • 冬便り。

      今年最後の月。忙しないこともいっぱいあるけど楽しむ気持ちをわすれずに。

  • 31Oct
    • 『日刊やすらぎふぉと#300』

      『日刊やすらぎふぉと#300』ようやく目標としていた300回を達成できました。たくさんの方に見ていただきありがとうございました。また新しいシリーズを始めるかもしれませんし、始めないかもしれません(笑)シリーズ最後のふぉとは、向う季節へのアプローチ的なセレクトで。

  • 30Oct
    • 『日刊やすらぎふぉと#299』

      『日刊やすらぎふぉと#299』頑なに 孤独な色。*目標の#300まで、あと1回の更新となりました。最終更新は明日を予定しています。

  • 20Oct
  • 18Oct
  • 16Oct
  • 15Oct
  • 14Oct
  • 10Oct