いけばなアートフラワー作家 寺井宏華 本物そっくり造花専門店 Akanbi(あーかんび)のデザイナー&講師:和風アレンジメント・人工植物

いけばなアートフラワー作家 寺井宏華 本物そっくり造花専門店 Akanbi(あーかんび)のデザイナー&講師:和風アレンジメント・人工植物

本物そっくりの高品質な造花(アートフラワー)で作る、いけばな、和風花、オフィス・ホテル・ビル・飲食店・病院等に飾る花、ウェディングブーケ、受付の花、人工観葉植物、アート盆栽、花器をご紹介中。都心のお洒落で小さなスタジオにて東京アートフラワースクールを開講。

華道家・いけばなアートフラワー作家の寺井宏華です。

「アートフラワー」は、主にポリエステルやポリエチレン製で、生花そっくりに模した人工の花「造花」です。
昨今では、製造技術が発達し、そのクオリティは激的に向上。生花とみまごう美しさを再現しています。ご自宅はもちろん、オフィスやホテル、クリニック、サロン、飲食店の玄関や受付、生花持ち込み禁止の病院に入院する患者様への御見舞、お取引先の開業や移転祝い、ウェディングブーケや贈り物など、その用途は多岐に渡ります。

花の手入れが困難、忙しくて世話をする余裕がない、そんな方々にも毎日の暮らしの中で気軽に花を楽しんでもらいたい。そんな想いで、上質なアートフラワー専門店「Akanbi(あーかんび)」を2003年にオンラインショップとしてオープン、現在はリードデザイナーとして、お洒落なアートフラワーを、デザイン・制作(監修)し、全国へお届けしています。

アートフラワーは、生花のように枯れないため、ずっと形に残る空間のインテリアになります。
ビジュアルの美しさはもとより、空間演出や癒し、モチベーションアップなど、お客様がアートフラワーに求める役割を具体的に考えながら制作することを心がけています。

そして特にクオリティにこだわり、「本物そっくり5段階」という当店独自の評価基準を設け、デザイン上どうしても一部使いたい時のみ3以上の素材を使用することがありますが、基本的には4以上の設定で高品質な材料を厳選し、ホツレ止めなど手作業による細やかな仕上げをおこなっています。

一つ一つ丁寧に、特にオーダーメイドのアレンジメントは、求めていたイメージとの相違がないよう制作途中の画像をご確認いただきながら制作していますので、お気軽にお問い合わせください。建築・設計・インテリア関連会社からのご相談・外注もお受けしています。お問合せフォーム→

*アートフラワーの実物をご覧になりたい場合は、東京赤坂のショールームのご見学が可能です(要予約)。お気軽にお問い合わせください。

また、東京アートフラワーを開講しています。都心のお洒落で小さなスタジオにて、スタイリッシュでグレードの高いアートフラワーのアレンジメントが学べます(体験レッスンあり)。
東京アートフラワースクールWebサイト→

いけばなアートフラワー作家の寺井宏華(てらいこうか)です。

 


 

 


<はじめましての方へ>
本物そっくりアートフラワー(造花)専門店 Akanbi(あーかんび)の、メンテナンスフリーでずっと枯れずに美しい姿のままの花「アートフラワー」をご紹介しながら、ここでは日記混じりなブログを書いています。

Akanbiアートフラワーの特徴はコチラ >>


 

 TODAY'S
 
ブーケアレンジメント

 


日も寒い一日でしたが、春らしいアレンジメントをご紹介します(全てアートフラワー「造花」です)。



 


ピンク&グリーンのアンスリウムをメインに、バラやスイセンなどを
ボリューム満点に束ねました。
 



優しい色に仕上がりました。




花瓶の水は人工なので、

水替えやお手入れは要らず、ずっと綺麗なまま飾れます。




暖かい季節はまだまだ先ですが、
アートフラワーを飾って室内では春気分をお楽しみください♪

 

 

 

コチラもブーケアレンジメント

 

 

 

 

日も読みに来てくださってありがとうございました!
良い日曜日をお迎えください♪また来週(^_-)
 

 

 

いけばなアートフラワー作家の寺井宏華(てらいこうか)です。

 


 

 


<はじめましての方へ>
本物そっくりアートフラワー(造花)専門店 Akanbi(あーかんび)の、メンテナンスフリーでずっと枯れずに美しい姿のままの花「アートフラワー」をご紹介しながら、ここでは日記混じりなブログを書いています。

Akanbiアートフラワーの特徴はコチラ >>


んにちは。


今週水曜日、 1月25日(水)から

第10回 陶美展が日本橋髙島屋にて開催されています。

 

 


画像は陶美展 FBページより拝借しました。
FBページはコチラ>>


一部の和風アレンジメントのコラボをさせてもらっている陶芸家「樋口邦春」(2021年の大賞受賞者)作品も展示されています。



人間国宝を含む作家さんたちの作品約120点が勢揃いする陶芸の祭典です。

特に陶芸がお好きな方はどうかお見逃しなく(^_-)


 

 TODAY'S
 
陶芸家コラボアレンジメント

 


日の投稿は樋口邦春作品とのコラボアレンジメントのご紹介です(全てアートフラワー「造花」)。



松・椿・梅 × 陶芸作家 樋口邦春作 青白磁花入>>



こちらは某企業様CEOによる

今年のステークホルダー向け新年ご挨拶動画の装飾にも

ご利用いただく際に作ったイメージ画像です。




「実物はイメージ画像よりリアルで驚いた!」

とのお声を、ご担当者様より納品後に頂戴しました。

 


花材によって差がありますが、

こちらはかなりリアル度が高いと思います。







社内番組の装飾にもご利用いただけるとのことで、

空間に彩りを添えられれば何よりも嬉しいです!





設置シミュレーション画像>>
 



「第10回 陶美展」
会期 2023年1月25日(水)→1月30日(月)
会場 日本橋髙島屋S.C. 6階 美術画廊
東京都中央区日本橋2-4-1
高島屋案内ページ>>


日も読みに来てくださってありがとうございました(^^)

よい週末をお迎えください♪
 

 

 

いけばなアートフラワー作家の寺井宏華(てらいこうか)です。

  

 

 


<はじめましての方へ>
本物そっくりアートフラワー(造花)専門店 Akanbi(あーかんび)の、メンテナンスフリーでずっと枯れずに美しい姿のままの花「アートフラワー」をご紹介しながら、ここでは日記混じりなブログを書いています。

Akanbiアートフラワーの特徴はコチラ >>


んばんは。
寒い日が続いてますね。


今日は大事な納品&打合せで名古屋へ行き、
きしめんを食べて温まりました。
 


 

 

「名古屋は意外と寒いということを

あまり知られていないのだよ。」

と名古屋の人曰わく。


東京も明日は雪が舞う予報。
みなさまどうぞご自愛ください。
 

 TODAY'S
 
フォトフレームアレンジメント

 


日の投稿はフォトフレームのアレンジメント(全てアートフラワー「造花」)。



 


先日ご紹介した白が好評で

ピンクをリクエストいただきました。



ホワイトローズ フォトフレーム>>



今回もフォトフレームには短いしっぽがはえた私の息子の写真です。




もう一人、しっぽが生えた息子はこちらで

さっき撮影しました🐶

こちらは長いしっぽ。
 

 


里親としてお迎えしたこところは1歳だったのですが、15年経った今は

犬年齢では76歳でいつのまにや年齢を超られてしまいました。
 

 
日も読みに来てくださってありがとうございました(^^)