2日間に渡り、職場体験の中学生が来ました。


えりさんと中学生の会話が面白かった。


㊥「描いてて飽きるときありませんか?」


えり「あります。そのときは別の仕事をします。

つまんないなあ。ていうのが絵で伝わってしまうから。」


㊥「どうしたら絵で食べていけますか?」


えり「いいプロデューサーと出会うことです。絵を描くのは得意でも、売るのとか、アピールするのは苦手です。」


㊥「大学に行った方がいいですか?」


えり「中学校、高校と、自分は周りとちがくて悩んでた。でも、絵が描きたい!て大学に行ったら、

絵が描きたいやつがたくさんいて、色んな美術の勉強もできて、何より自分と同じ変な子がたくさんいて楽しかった!!よ。」


その話を聞いてね、

ああ、なるほど。

私、結構脇役だけど重要じゃん。

て思った(笑)


そうだよね、

水戸黄門だって、

主人公のじーやんは変わってもさ、


はちべえとお銀と弥七ととびざるは、

ずっと変わらなかったもんね。

て、こないだ読んだ本に繋がった。


これ面白かったからおすすめ本 ↓