アトリエのえいご&アートです。

 

「寒いですね。」

セルマ先生も、かなり日本語ができるようになりました。

日本の冬はいかがですか、と聞いたら、

「寒い。でもテヘランも雪は降ります。」

とのことです。

 

 

さて、今週は、とっても楽しいファミリーのレッスンをしました。

ご紹介しますね!

 

 

みんなの家族は何人?

セルマ先生が家族の分のパーツを用意してくれました。

 

 

弟くんがおうちでトイストーリーごっこをしているところ。

 

 

 

赤ちゃんはBABY,お母さんはMOTHER。

何をしているところかな?

「お母さんはお料理をしているの」

 

 

みんなの大好きな家族の絵ができました。

見ているこちらまであったかーい気持ちになる絵です。



 

 

 

 



 今しか描けない家族の日常,

数年後には宝物になりますよ。

 

 

 

アトリエノビです。


ここのところのお天気で、雪も氷もすっかり溶けましたね。


授業の前に、最近嬉しかったことナンバー1を生徒さん順番に言ってもらうことがあります。

先週、最も多かったのが「雪遊び」、次いで「つららを取った」など。私は今でも小学生と変わらない感性のつもりでいましたが、やはり自然現象へのピュアな眼差しは、子どもにはかなわないですね。

確かに、つらら多かったよね。



先週は雪と寒波の最中でしたが、アトリエの中も、「ピカソってどうやるの?」という寒波に見舞われていました。


今回は難解なピカソの絵について、企画部の私からご紹介したいと思います。




先週まで、この展覧会がやっていました、東京で。

行きたかったけど(セルマ先生は正月に行ったらしい)、今回は見送り。

 



パウル・クレー  (中国の磁器)


今からおよそ100年前の画家たちの作品をコレクションした展覧会。


カメラの登場により、それまでの絵画の常識が変わった時代です。見たものそのまま描くことから離れ、固有色にとらわれず、形にとらわれず、表現する方法を大胆に模索しました。


ピカソはその中でも、圧倒的な作品数と変化に富んだ絵画で有名な画家です。

  




若い頃のピカソの自画像。






40代のころには、このような絵を描くようになりました。




奥さんが何人も変わって、その度に絵画の手法も変わる、プライベートも変化に富んだ人物だったようです。




一つの画面の中に、いくつかの方向からを見たものを構成して、なおかつ個人的な感情も同居させて、写真よりもずっとリアルな表現を求めていた、のかもしれません。





見たものをそのまま上手に(見えるように)描こう、という方向は、私たちもいつもやっていること。


たまにはピカソみたいに、


常識にとらわれず

人の目を気にせず

評価から離れ

自由でいたいと思わない?


「いやいや、それがいちばん難しいんですよ。」


「納得できないんです」


高学年ほど、受け入れ難いものがあるようです。



〜ラファエロのように描けるようになるまで、4年かかった。子どものように描けるには一生かかった、

(パブロ・ピカソ)


たしかに。


まずは、子どもの心に戻って、

雪やつららにときめく、ところから?


目指せ、子どものころ!























新年を迎えて、その2。



小学生かるた作りに寄せて   鈴木アリコ(由子)




あるけ 歩け


活きてる今を


生きるんだ




うーん、漢字使い分けてる。

先日の「かるた作り」で、小学生と一緒に作ったアリコ先生の五七五です。

見るたび、励まされます。

現在、教室のホワイトボードに貼ってあります。