ゴッホ展 札幌 京都 東京


絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日はプレミアムフライデーらしいですね。
出勤時に街を歩いていると、レストランの前に看板が出ていたので気がつきました。
定着しないままここまでやってきましたが、今後どうなるのかな〜と心配しています^^;

ところで、間もなく大型の大巡回展が開催されますよ!
【ゴッホ展】が始まります!!

またゴッホ展か・・・とお思いのあなた。
今回のゴッホ展はなんと、ファン・ゴッホ美術館との共同企画開催なのです!
日本での巡回展が終われば、本国オランダでも開催されるという
本気の共同企画なのです。

それではまずは概要紹介から。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

公式サイト:http://gogh-japan.jp

【札幌展】
会期:2017年8月26日(土)〜10月15日(日)
会場:北海道立近代美術館 http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/knb/

【東京展】
会期:2017年10月24日(火)~2018年1月8日(月・祝)
会場:東京都美術館 http://www.tobikan.jp/

【京都展】
会期:2018年1月20日(土)〜3月4日(日)
会場:京都国立近代美術館 http://www.momak.go.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この美術展、企画に6年の年月を費やしたそうです。
日本側とオランダ側で、6年も前から企画したゴッホ展。
それだけでも期待が高まります!

このゴッホ展は、ゴッホのジャポニズムをテーマに作品が展示されます。
ゴッホは日本の浮世絵の影響を受け、それを作品に取り入れました。
ここではその浮世絵の影響を受けた作品をご紹介します。
もちろん、今回のゴッホ展で展示される作品ですよ!


タラスコンの乗合馬車 ゴッホ

フィンセント・ファン・ゴッホタラスコンの乗合馬車
所蔵:ヘンリー&ローズ・パールマン財団
制作年:1888年

本作は、フランス南部にあるタラスコンという街の馬車を描いた作品です。
ゴッホはこの作品に”浮世絵”の技術を取り入れました。
影を描かなかったり、平面的な色合いで描いたりという点が浮世絵から影響を受けた箇所です。


ゴッホの部屋 ゴッホの寝室
フィンセント・ファン・ゴッホゴッホの寝室
所蔵:ファン・ゴッホ美術館
制作年:1888年
原画サイズ:90x72cm

この作品も浮世絵の影響を強く受けて描かれた作品です。
影を描かずベタっとした平面的な構図で描かれています。


2作品を見ていただきましたがいかがでしょうか。
ゴッホがいかに浮世絵の影響を受けたかがわかる作品です。

1点注意点がございます。
【タラスコンの乗合馬車】の作品は、札幌展と東京展のみの展示となります。
京都展では展示されませんので、ご覧になられたい方は是非、札幌か東京の開催時にお越し下さいね!


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan0717/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan0717/

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
AD
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
毎日暑いですが、いかがお過ごしでしょうか。

今日は、現在大阪で開催中の『バベルの塔』展についてご紹介です。
まずは概要から。


ーーーーーーーーーーーーーーー
ボイマンス美術館所蔵 
ブリューゲル「バベルの塔」展


会期:2017年7月18日-10月15日
会場:国立国際美術館(大阪)
公式サイト:http://babel2017.jp
ーーーーーーーーーーーーーーー

これまで東京にて開催されていた本展。
東京会場でも、24年振りの来日である「バベルの塔」をこの目で観ようと
多くの人が来場されました。

この夏、場所を大阪に移して開催です!
大阪近辺在住の方は、夏休みというベストシーズンに開催されてラッキーですよね。
お子様も観て大迫力の作品なので、夏休みに合わせて是非ご来場下さい!


ここで少し先に作者であるブリューゲルについて説明しておきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ピーテル・ブリューゲル(Pieter Bruegel)
1525年-1530年頃生

16世紀、今のオランダにあたる場所にブラバント公国がありました。
そこの出身画家であるブリューゲル。
ブリューゲルは、自身の息子も同姓同名のピーテル・ブリューゲルという名の為、
ブリューゲル(父)というような表記をされることが多いです。

このブリューゲルの代表作である「バベルの塔」
バベルの塔は、ブリューゲルの代表作です。
その他にも約40作品ほどが残されています。

初期の頃の作品は、その当時の祭りの様子や市民の生活の様子等を描いた作品を多く残していました。
中期になると、このバベルの塔のように旧訳聖書に書かれている内容を描いた作品が増えてきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここで豆知識!
実はブリューゲルは「バベルの塔」を描いた作品を2点描き残しています。
今回のバベルの塔展で展示されるボイマンス美術館(オランダ)所蔵作品と、オーストリア・ウィーンにある美術史美術館蔵の作品です。

出来れば2作品を見比べてみて下さい。
パッと見は似ていますが、色合いやタッチが違う事が分かります。

バベルの塔は一体、何を描いた塔なのかご存知でしょうか?
諸説ありますが、旧約聖書「創世記」に描かれている塔で、人類が集まってこの
巨大な塔を作ったとされています。
それが最終的には神によって乱され、人が散り散りになってしまったと言い伝えられています。

実際にこの作品を観てみると、ものすごく細かなところまで描き込まれていて、
何時間観ていても時間が足りない程、細部まで描き込まれているということです。

ここで作品画像をご紹介しますので、一度観てみて下さい。↓↓


■ボイマンス美術館所蔵「バベルの塔」
バベルの塔 ボイマンス美術館

http://meiga.shop-pro.jp/?pid=117186819


■美術史美術館所蔵「バベルの塔」
バベルの塔 美術史美術館

http://meiga.shop-pro.jp/?pid=7337820


画像をご覧頂いてもお分かり頂けると思いますが、本当に細かいところまで描き込まれていますよね。
それが実際この目で観てみると、驚くほど精密に描かれていることがわかります。
是非、一度この機会にその目で実際に作品をご覧になってみて下さい!
一日中観ていても飽きないと思いますよ!


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan0717/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan0717/

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
AD
絵画 カタログ


絵画ファンの皆さま、こんにちは!
いつも当店をご利用頂きありがとうございます。

ところで、今日は「アート名画館のカタログ」完成のお知らせです虹

当店はインターネット上だけの店舗でこれまで9年間営業して参りました。
その中で、やはり紙媒体でのカタログが欲しい!というご要望を頂く事もありました。

その為、紙のカタログをこの度準備致しました。
オススメの画家、オススメの作品ばかりを集めましたので、
「どの画家が人気か分からない〜、どの作品を飾れば良いのか分からない〜」
という方にはもってこい!

社長さんにカタログを見せて選んで頂くにも最適です!

ということで、ご希望の方がいらっしゃいましたら
ぜひアート名画館までご連絡下さいませ。
meigakan@legare-japan.com

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan0717/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan0717/

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
AD