京都府宇治市で音楽教室を主宰 磯部太美枝のブログ

京都府宇治市で音楽教室を主宰 磯部太美枝のブログ

アルペジオミュージックスクール&プロダクション
京都府宇治市小倉町西浦 
℡.0774-69-1839
http://arpeggiomusic.jp/

♪ピアノ、リトミック、ギター、ベース、ドラム、音大音高受験
♪Into the night 活動中。

教室の事や演奏活動の事など、自由に綴っています!


テーマ:

京都府宇治市で音楽教室&ピアノ教室

「アルペジオミュージックスクール」を主宰しております

磯部太美枝です。

 ♪♪♪♪♪

 ベーテン音楽コンクールのファイナルに向けて、小学3年生の生徒さんが、ショパンのマズルカへ長調Op.68-3に取り組んでいます。 

 本選でこの曲を演奏した時に、講評に「マズルカの曲を色々聴いてみてください」と書かれていましたので、小学生がマズルカを楽しめる動画をご紹介します。

 

 マズルカは舞曲ですので、まずは踊りの動画を探してみました。
 色々ありますが、バレー「コッペリア」の中のマズルカはとても素敵です。3拍めにアクセントがくるステップもよくわかります。

 

 

 ショパンのマズルカは60曲近くあるので、動画もたくさんありました。演奏の動画があるものの中から、小学生が楽しめそうなものを選んでみました。

 

 まずは、マズルカの中でも特に有名なOp.7-1変ロ長調です。
 演奏はポーランドのピアニスト、クシシュトフ・クションジェク、2015年開催の第17回ショパンコンクールのセミ・ファイナリストだそうです。 とてもオシャレな演奏です。

 

 

 次もポーランドのピアニスト、クリスチャン・ツィメルマンのマズルカOp.63-3嬰ハ短調です。
 ツィメルマンは1975年の第9回ショパン国際コンクールの優勝者(当時18歳)、私はレコードでよく演奏を聴いていて、コンサートにも行きました。

 いつくか動画かアップされていましたが、ペトロフピアノのこの演奏が気に入りました。

 

 余談ですが、フィギアスケートの羽生結弦のショートプログラムのショパンバラード1番の演奏はツィメルマンのもののようです。

 

 

 そして、やはりアルゲリッチはマズルカOp.24 No.2ハ長調の演奏も素晴らしいです。
 又コンチェルトのアンコールでさらっと演奏しているのが、何ともカッコいいです!

 

 

 このマズルカOp.50-3嬰ハ短調は私のお気に入りのマズルカです。

 ポリフォニーの部分もあり、3拍子もマズルカのほかにワルツあり、ハーモニーも豊かで転調もあざやか、内容の濃いマズルカです。
 たくさんの動画がありましたが、若い時のキーシンの演奏を選んでみました。

 キーシンはロシア出身のピアニストで2歳でピアノを初め、10歳でデビュー、11歳で初リサイタルを開き、コンクール入賞歴はほとんどないが、国際的に活躍しているスゴいピアニストです。

 

 

 最後に生徒さんが取り組んでいるマズルカOp.68-3の演奏を探してみました。
 この曲は日本ではあまり有名ではないように思いますが、フランク先生の話ではヨーロッパの初歩の名曲集には必ず載っていて、よく演奏されているそうです。
 演奏はアレクセイ・ゴルラッチ1988年生まれ現在30歳、ウクライナ・キエフ生まれのピアニストです。

 

 

 今回はここまでにしたいと思います。

 マズルカに取り組んだ事をきっかけに、ぜひ興味を持って聴いてみてほしいです!

 

♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 アルペジオミュージックスクールでは、ピアノ、ギター、ドラム、ベース、各コース生徒募集中です。
 丁寧な個人レッスンで上達が早い!

 詳細はアルペジオミュージックスクール

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス