こんにちは。




風芳しく、新緑萌える伊勢へ行ってきました。


画像 pintarest



天照大神様をお祭りしている内宮と
豊受大神様をお祭りしている下宮、
今回は、明和町にある斎宮博物館ヘ行ってきました。


ところで『斎宮』って、ご存知でしょうか?
13世紀には廃れてしまいましたが、斎宮のその歴史は古く
第10代崇神天皇の時代に始まったと言われています。
(諸説あり。)

斎宮とは時の天皇の斎王として、卜占で選出され都より遠く離れ、
巫女として捧げなければならない人生を送った女性たちが居住した場所のことです。


わたしとしては斎王として任を任された人生は憐れに見えてしまうけどきっと尊厳と誇りや
愉しみをもって任にあたった斎王もいたと思います。


画像 pintarest


斎王という役割は、崇神天皇の御代に始まったそうですが
現在の伊勢市に天照大神大神をお祭りしたのは
垂仁天皇の娘で、景行天皇の妹の倭姫命がお祀りしたのが斎宮の始まりです。




この本を3日前に購入し、ちょっとずつ読み進めていて
今年は諏訪湖のタケミナカタノミコトが激暑‼️って
GWに諏訪湖に行きたいなって家族に伝えてて諏訪湖の美術館とか行こうかな
思ってたら思ってただけで、何だかんだで【伊勢】になり
内宮、おかげ横丁、下宮を廻り、時間があったので
明和町にある斎宮博物館を提案してみたら、すんなり行けました☺️

斎王というもの自体がマニアックだし伊勢市から約小一時間かかる
明和町には斎宮博物館以外、観光スポットないし反対されるかな?
されたらまた、誰か募っていこう🎵と考えていたのでラッキーでした♪


わたしのオタクゴコロが満たされました。
(自慢)








今更ながら、スノウ。
スノウって普通でもかわいくなるじゃん?

ドブスって(笑っ)
ショーゲキ!