《夏の読書にオススメの本》


7月。富良野は美しいラベンダーの絨毯で埋め尽くされます。


北海道の富良野は言わずと知れた

ラベンダーの産地です。


その富良野にラベンダーを根づかせたのが、

この本の著者、「ファーム富田」の

故富田忠雄さん。


実のならないラベンダーを

栽培し始めたころ、

周りからは随分と冷ややかな目で

見られたようです。


それでも何年もの時を経て

富田さんの想いは

ラベンダー色の世界を

北海道にもたらしました。


信念を貫くと、

ヒトはこんなにも凄いことができるのか、

という希望に満ちた一冊です。


ラベンダーのことを知るだけでなく

人生を問う一冊です。


『わたしのラベンダー物語』

 著者 富田 忠雄

 出版 新潮文庫


ライブでお伝え出来なかった良くいただく

トピックを取り上げ、こちらに投稿させていただきます。


少しでも皆さまの参考になれば幸いです。


* * * * * * *


《猫への精油の安全性》


「猫にアロマテラピーは大丈夫なのですか?」というご質問を良くいただきます。


インターネット上では、

「猫は肝臓で精油の代謝機能を持たないので、身体への塗布・芳香での使用ともに避けた方が良いという記事も多く見かけます。


特にティートリーオイルに関しては、

以前猫が塗布により亡くなったという論文が、一部引用されているのを目にします。


この論文の出典は、こちらです↓


『Australian tea tree( Melaleuca altelnifolia)oil poisoning in three purebred cats』

(Bischoff k, Guale F 1998,

Journal of Veterinary Diagnostic Investigation 10:208-210)


この原文を要約すると、下記のようなことが書かれています。

(※私の要約のため、拙い部分がある事をお許しください)


「3匹の猫(ノミのトラブルで毛を刈っている)がノミのトラブルで皮膚を損傷し、飼い主がティートリー精油の原液を60ml(1匹辺り約20ml)塗布、その後、体温低下や脱水症状、運動失調などの症状が現れ、病院で洗浄や脱水症状に対する処置が行われた。


2匹は48時間以内に回復し、

その後、何も症状は見られなかった。


残り1匹の猫は治療3日目に自己体温調節がみられたが、その夜に亡くなっているのがみつかった。

しかし死因は不明である。


3匹の猫の尿からは、ティートリーオイルの成分として含まれるテルピネン-4-olが、ガスクロマトグラフィー分析によって検出された。


テルピネンの代謝は、ほとんど肝臓の

グルシン抱合とグルクロン酸抱合とによって行われる。しかし猫はグルクロン抱合が乏しい。」



この論文はイギリスのアロマセラピスト、ロバート・ティスランド氏のブログ「Cats and Essential Oil Safety」

(猫と精油の安全性)にも引用されています。


ティスランド氏の見解は以下の通りです。


「きちんと換気をし、少量の精油を限られた時間、ディフューザー使用は可能である。

しかし何時間もの使用は注意が必要である」


又このようなことも述べています。

「マートルという猫を飼っていて、刺し傷による感染を起こした際にティートリーオイルを一滴傷の穴に垂らし、その後2日この処置を繰り返した。彼女はその後完治した」



又、米国のアロマテラピーの協会NAHA(The National Assosiation for Holistic Aromatherapy)のHPにはこのように書かれています。


「精油の動物への使用はおそらく下記のような安全な使用を含む


・吸入

・芳香拡散(魚の水槽や鳥籠の近くや

 場所での使用は避ける)

・局所(スポットでの塗布,マッサージ

 セラピー,沐浴) 」



他団体、組織にも同様のいくつかの文献が見られました。


使用についての賛否両論を検討し、

ここからは私の見解です。


精油の猫への使用は、まだ推測による

リサーチが多く、はっきりとしたことが明らかにされておりません。


ティートリー塗布に於ける、3匹の猫に見られた症状については、1匹辺り20mlもの過剰な量の原液塗布にも要因があるかと思います。

(通常人間の場合、日本では精油は1%希釈に薄める→10mlのベース基材に0.1mlの精油の割合)


加えて、毛が刈られていたことで吸収はより高まったと考えられます。


私自身は猫を飼ったことがありません。

しかし猫を飼っている友人は多くいます。

アロマテラピーのディフューザー使用によって、(断続的使用)猫たちが体調に異常をきたしたという報告は、今まで聞いたことがありません。


皮膚への塗布は、代謝のことも懸念されるので避け、芳香拡散(アロマディフューザーなど)によって精油を時々換気しながら少量使用することは問題ないように思います。

(目安:6畳の部屋で5滴程度まで)


尚、犬は肝臓の代謝機能が猫と異なり、アロマテラピーの使用も、もう少しおおらかであるとも言われています。

犬への使用に関しても、猫同様に断続的な芳香拡散での使用であれば、問題はないのではないかと考えております。


鳥、あるいはラットやウサギなどの齧歯類は身体がより小さいため、動物のいる部屋での使用は避け、違う部屋で香りを使用することは可能なのではないでしょうか。


1番大切なのは、飼い主の皆さまと大切な家族である動物たちが健康で幸せであることです。


この投稿は、使用を推奨しているわけではありません。

愛する動物と共に生活していらっしゃる皆さまが、アロマテラピーのご使用を

考える上で、何か検討材料になっていただけたら嬉しく思います。


お久しぶりです!!

気づけばブログが2ヶ月もご無沙汰になって

おりました💦 

インスタ中心になっておりごめんなさい。


先日初のインスタライブを

輸入毛糸で大人気のamuhibiさんと

開催させていただきました。


amuhibiのオーナー梅本さんは

ガリンペイロ のロゴマークの生みの親でも

あり、amuhibiさんのオリジナルアロマ商品の開発でも携わらせていただきました。


電波が悪くて聞きづらい状況でしたので、

こちらにご質問への回答をまとめました🙏

良かったら参考にされてください。

↓↓


Q.フランス式とイギリス式のアロマテラピーの違いは何ですか?


A.日本ではフランス式はよりメディカルな

ものとして、身体の症状改善に使用されると捉えられています。


イギリス式はホリスティック(全体的)に身体を

捉え、不調が起こった際に環境や精神的な

ものも含め身体を見つめます。

(リラクセーションとして捉えているという考えもあります)


Q.消臭に役立つ精油はありますか?


A.ティートリーやペパーミント、ユーカリ、レモンなど抗菌作用を持つ精油を

ティッシュに1滴垂らし、ゴミ箱の底に敷いて

おくと嫌な臭いがしません。


夏場留守にする時に、ゴミに上記の精油を1-2滴垂らしておくのもオススメです。

(夏場ベランダで3日ゴミを放置して実験済みです)


Q.眠気や暑さ対策には?


A.ペパーミントを1滴垂らした細いリボンを

扇風機につけておくとメントールの爽やかな香りが広がり、眠気や暑さを払ってくれます。


長時間の運転には、クーラーに上記同様に

リボンをつけておくと爽やかです。


※リボンが絡まないようにご注意ください


Q.お掃除には?


A.バケツの水に上記精油を1-2滴垂らしてよくかき混ぜ、雑巾をつけて絞ってお掃除に。


Q.オススメのアロマの本は?


A.『アロマテラピーの教科書』

/和田 文緒著/新星出版社 1,650円

よく網羅されています。

字がもう少し大きいと嬉しいなぁ。


Q.シャワーには?


A.床に精油を1-2滴垂らして熱いシャワーを

浴びるとアロマミストのようで心地よいです。


朝のススメ→

ペパーミント&グレープフルーツやレモン


夜のオススメ→

ラベンダー&オレンジやベルガモット


※柑橘精油に含まれるリモネンは、プラスチックを溶かす作用があるので、プラスチックの床の場合、直ぐにお湯で流してください。


明日からの日々の生活に取り入れてみてくださいね。


《もりのひかり》


深い碧緑の森のなか

ひかりの雫が降り注ぐ


樹々のささやきは

金色のプリズムをまとい

細かなひかりの振動となって

大地をおおう

.

言葉で例えるならそんな音。


インスタグラムで繋がったある方から

また縁の輪っかは繋がって、

moonbirdさんに出会いました。


タイからの縁がさらに重なり、

実はとても近い

共通の知人がいることがわかりました。


たった今手にしたmoonbirdさんが

送ってくださったご自身制作のCD、

「もりのひかり」。


この音楽を聴いていると

今日一日の体験が

ひかりと共に

細胞に静かに伝わっていくような

不思議な感覚になりました。


まだお会いしたことのないお二人。

お目にかかれる日を心待ちにしています。


このご縁に心から感謝します。



《GWの営業について》

今日からゴールデンウィーク。

福岡は雨がシトシト。

雨の日は、ベランダの植物の緑が一層鮮やかです。


ガリンペイロ はGW中も

お休みなしで営業しております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【施術・カウンセリング】


*アロマトリートメント

*フラワーエッセンスカウンセリング

※メニューはHP→右上3本線→

   our shop & services よりご確認いただけます



《オーガニック精油・

       ヒーリンググッズ》


*精油・アロマ製品

*ヒーリングストーン・オラクルカード 

 など


 →今のご自分に合うものを、

  しっかりヒアリングさせていただ 

  きながら選びます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


普段、なかなかお時間のない方

この機会に是非どうぞ♫


じっくりとお話しを伺い、

ゆっくりと過ごしていただくため

お一人様だけの空間、予約制とさせて

いただいております。


ご来店ご希望の方は

お気軽にお電話、又はメールをください。


営業時間:11-19時

092-707-3019

info@garimpeiro-de-aromas.com

《フラワーエッセンス》



本日はフラワーエッセンスの
カウンセリングでした。

フラワーエッセンスは、1930年代に
イギリスのバッチ博士によって体系化された
セラピーです。

それぞれのエッセンスは
固有のエネルギーを持ち、
自分に必要なエッセンスを摂取することで、
心身の調和をとると考えられています。

私はカナダのパシフィックというブランドの
エッセンスでのカウンセリングを行っています。

創始者のサビーナ・ペティット氏は
中医学のドクターでもあり、
彼女のエッセンスは陰陽五行論を
取り入れています。

カウンセリングでは、先ず
ご自身に今必要な「ゴール」を探して
ゆきます。

私はこのカウンセリングを「宝探し」と
呼んでいます。

この宝探しの主人公はご相談者の皆さまです。
宝探しの過程は、
今までの人生を振り返ることでもあります。

ご自身の手で、忘れていた宝を
一つ一つ拾っていっていただくような
道のりです。

このときには
カウンセリングの基礎となる傾聴技法によって、語られたお話やお気持ちを整理し、
深めてゆきます。

答えは必ずご自身の中にあります。

最終的には100本ほどの
ボトルからご自分の「ゴール」に
合うものを選択し、ブレンドします。

セッションでは、いつもその方が一生懸命に
生きて来られた人生を、
共に歩むような経験をさせていただきます。

その中で、ご自身が気づかれていなかった
発見があります。

「話すことは放つこと」。

以前ある友人が私にそう語ってくれました。

ご自身が放った言葉を耳で聞き、
脳が再度認識することはとても大切なことだと感じます。

頭の中で考えているときにはループのように
旋回し、絡んでしまうこともあります。

口にすると絡んでいたループは
少しずつ解けてゆきます。

こういった過程を経てエッセンスを使っていただくと、ご自身の中で、変化は生まれやすくなると経験から感じます。

変化、というよりもともとご自身の中に存在するものに気付きやすくなると言ったほうが
良いかもしれません。

人生にはその方だけの使命と美しさがあります。
その使命こそが「宝」であると思います。

迷い、悩む事も沢山あります。
が、それと同じだけの喜びと豊かさも
必ずあります。

それが23年間、
私が皆さまと関わらせていただいた中で
教えていただいた答えです。

《4月、そして花粉症》

今日から4月!
2月は逃げる、3月は去る、とは
よく言ったモノ。

お正月から、一気に桜の季節になったような
早さです。

今日から新天地でスタートという方も
多いのではないでしょうか?

・・・

さて、今年は花粉が多いようですね。

今まで幸運なことに花粉症で悩んだことは
ありませんでした。
が、先日くしゃみがよく出ると思って
いたら、ある日鼻水が止まらなくなって
しまいました。

とうとう来たか、と取り出したのが
この三種の神器。




ティートリー
ペパーミント
ユーカリ・ラディアータ 

この3つの精油には
1.8シネオールという成分が含まれています。

去痰・抗ウィルス作用があり、
アロマテラピーの世界では
この時期によく登場する精油です。

早速マスクにブレンドしたものを1滴。
アロマポットと、拭き掃除にも
この3つ。

-翌日-

あれだけ滝のように(笑)
流れていた鼻水がピタリと止まった!

それ以来くしゃみは時々出ても
鼻水とはさらばです。

これで爽快に4月をスタートできそうです。



《アジアン マルシェ》


本日は明日のよくねる寝具店さんでの
「キッチンハーブリース🌿」講座に向け、
最後の仕入れ。

写真は福岡市の高砂にある「アジアン マルシェ」さん。お店の顔のおふたりです。

アジアンマルシェさんでは美味しいタイ料理がいただけ、新鮮なアジアの珍しい野菜や
食材も販売されています。

こちらのお店は福岡県小郡市に、
独自農園をお持ちです。
そちらから毎日新鮮な、採れたて野菜が届きます。

店頭に並ぶ野菜やハーブはみな生命力に溢れ、見ているだけでアジアの豊かな土壌を
彷彿とさせるエネルギーに満ち溢れています。

明日・明後日の講座では、
そんな生命の息吹を感じるペパーミントも
登場します。



タイの色んな話しをしていたら、
共通のタイ人の友人がいてビックリ!
お店では、ミャンマー支援の
カードやバッチも取り扱いされていました。

なかなか報道されませんが、ミャンマー国内の状況は更に深刻化しています。


20年ほど前に訪れたミャンマーの人々のやさしさは、忘れることができません。

綺麗なミャンマー伝統刺繍のカードも、
ペパーミントと一緒にいただきました。

アジアンマルシェさん、
新鮮なペパーミントをありがとうございました。

今度は、ゆっくり食事にお邪魔させてください!


《啓蟄》

今日は啓蟄(けいちつ)。

土の中の生物も、動き始めるとき。


ベランダのカランコエも

温かい日差しを浴びて

色づき始めています。


まるで、

今からどんな花を咲かせようかと

太陽と話しているよう。


今年に入りこの2か月、

「2022年の香りセット」の制作・発送と

明け方まで作業の日々でした。


本日で、現在の発送ご予約分は

全てお届けできました。

(ご予約は引き続き承ります)


お待ち頂いている皆さまに、

無事お届けできて少しホッとしています。


「この香りと共に元気に歩みます!」と、

沢山の嬉しい感想もいただき、

ありがとうございました。


何かのきっかけや、

そっと背を押す一助になれたら

嬉しく思います。


色んなことが起こりますが、

全ての場所に春が来ますように。


《熊本 八代ワークショップ》


本日は熊本、八代にあるこだわり雑貨の

お店、KoKIN’さんでの2回目のワークショップでした。


ワークショップを終え、

熊本に向かう列車に乗ったところです。


本日は午前・午後、

前回ご参加くださった皆さまと、

初めてお会いする皆さまとの

活気ある2時間を過ごすことが

出来ました。


ふわふわクリーム、

今日お話ししたポイントに気をつけて

いただくと

天使の羽のようにふわりと仕上がります。

難しくないので、

またご自宅でも作ってみてください。


精油は少しづつ、

今後もその時のトピックに合ったものを

ご紹介していきます。

ゆっくりしっかり世界を広げていってください。


八代の皆さん、

オーナーさんもご参加の皆さまも、

いつも誠実で温かいお人柄を感じます。


次回は春先辺りを検討中です。

それまでご質問など

いつでも遠慮なくどうぞ♫


今回は日奈久温泉にも足を伸ばし、

久しぶりに旅行気分も味わいました。


充実の2日間をありがとうございました!