“瞑想”アロマ「サンダルウッド」 | 戦う男をアロマで癒す専門家【MR AROMA】の星野知子のブログ

戦う男をアロマで癒す専門家【MR AROMA】の星野知子のブログ

亡くなった主人のようにストレスから突然死したり、病気になる男性を日本中からなくしたい!

アロマはもう女性だけのものではありません。
男性もアロマでストレスをうまくコントロールしましょう。
ひとりでも多くの男性にアロマの効能を知っていただきたいです。


テーマ:
こんにちは!

「男のストレスをアロマで癒す専門家」
アンスリールの星野知子です。

今日は
【香りの歴史】によく登場した

「サンダルウッド」の

ご説明をしますね。





写真出典

お線香の香りとして
馴染みのある
白檀(びゃくだん)のことなので
匂ったことがある方も
多いと思います。

オリエンタルな香りで
懐かしいような
ウッディで甘い香りですよね。

サンダルウッドは
学名Santalum album
ビャクダン科の半寄生の
熱帯性常緑樹です。

半寄生とは
発芽後1年は自生するのですが

その後
吸盤で他の植物の根に寄生する
植物のことです。

幼樹の頃はイネ科やアオイ科
成長するにつれて寄生性も高まり

タケ類やヤシ類などへと移り
宿主となる植物は
140種以上数えられています。

周りに植物がないと生育しないので
栽培は大変困難で
精油を採取できるようになるのに
40年かかるそう。

ですので
入手が大変難しくなっています。

現在は
インド政府によって
伐採制限・輸出規制が掛けられています。

5月頃
黄色や紫色などの小さな花を咲かせます。

心材(木の中心部分)は
濃い色をしており
香りも豊か。

辺材(木の廻りの部分)になるほど
白っぽく
香りも薄くなります。

インドでは
古くは
サンスクリット語でチャンダナとよばれ

仏典『観仏三昧海経』では
牛頭山(西ガーツ山脈のマラヤ山
(摩羅耶山 秣刺耶山)とされる)
に生える牛頭栴檀(せんだん)
(ゴーシールシャ・チャンダナ
gośīrṣa-candana)として有名でした。

栽培もされ
紀元前5世紀頃には
すでに高貴な香木として
使われていました。

英語のsandalwood(サンダルウッド)も
この「チャンダナ」が
語源になっています。

主な産地ははインド、インドネシア、
オーストラリアなど
太平洋諸島に広く分布します。

しかし、ニュージーランド、ハワイ
フィジーなどのサンダルウッドは
香りが弱く
香木としての利用は少ないです。

インドのマイソール地方産の白檀が
最も高品質とされ
「老山白檀といわれています。

サンダルウッドは
アジアの文化と深い関わりがあり

木材は家具や建材に使用されたり
仏教やヒンドゥー教の寺院で
焚かれていました。

死者を来世に運ぶ香りといわれ
宗教儀式にも使われています。

白檀は沈香と違って
熱を加えることをしなくても
十分に香ります。

沈香とは?→コチラ

日本でも
仏教の伝来とともに伝わり

仏像、数珠等の仏具や
扇子の骨に使ったり
匂い袋にいれたり
お線香の原料として使われています。

また、香木として
「香道」にはかかせないです。

香道とは?→コチラ

心への作用

蒸留してとりだした
精油のサンダルウッドは

緊張と不安を和らげ
深いリラックスへと
導いてくれる香りです。

頭痛や不眠症など
神経系の興奮状態に効果的です。

ラベンダーでも
なかなか寝付けないような時に

ディープな眠りを
誘う香りといわれてます。

まさに
「瞑想」をしてる時のような
状態になる
香りなのです。


世俗的な不安
執着心を
解き放ってくれ

あくせくした気持ちだけ
空回りしてる時や

未来を思い悩んだり
どうしても
頭で
考えすぎてしまう時に

「今、この瞬間」
に意識を向け
自分の内面と向き合わせてくれます。

迷いや恐れ、不安などの
マイナスの感情を浄化してくれます。

しかし
重度のうつ状態の方は
単品で使うと

かえって気持ちが乱れて
より落ち込むことがあるそうです。

使用するなら

花や柑橘系とのブレンドが
お薦めです。

体への作用

主成分サンタロールは
心臓のはたらきを高め

血流やリンパ液を促す作用
殺菌作用、利尿作用などがあると
いわれています。

解熱作用があるので
皮膚に塗布すると
涼しさを感じます。

膀胱炎といった泌尿器系の感染症に
有効といわれています。

呼吸器系のトラブル
痰、喉の傷み、咳にも効果があるようです。

特に
風邪やウイルス性の咳だけでなく

“緊張やストレスからくる”
止まらない咳
などに

ベンゾイン、フランキンセンスなどとの
ブレンドがお薦めです。

腹部、肩甲骨、デコルテなどに
塗布してみてください。

皮膚への塗布の仕方→コチラ

また、水分を調整するので
むくみやセルライトにも効果的です。

性的強壮作用や
催淫作用(性欲を増進)があるので

EDなど性的なお悩みにも
効果があるそうです。

寺院で焚かれたり
お葬式でお線香として
焚かれたりする木材には
この作用はないのでしょうか?

瞑想をしながら
下半身が元気になってしまったら
困りますよね?

精油は
相反する効果を持つ成分で
構成されていることが多いですが
(例:鎮静と覚醒)

不思議です。

肌には
皮脂分泌のバランスを調整するので
オイリー肌、乾燥肌の両方に有効です。

皮膚を柔らかくし
乾燥からの痒みにも有効です。

鎮静させる効果があるので
炎症、肌荒れにも効果的です。

 
主な薬理作用
抗うつ、抗真菌、抗菌、消炎、抗感染、収れん、去痰、利尿、止血、鎮静、鎮咳、心臓強壮、駆風、リンパうっ滞除去、性的強壮、強壮、血液浄化、解熱、消毒、抗痙攣、催淫、尿路不全回復
肌への効能
乾燥肌・老化肌への保湿、皮膚軟化、組織再生

ブランドにもよりますが
10ミリリットルで
4200円~7000円
くらいです。

【サンダルウッドの使用上の注意】
香りが強く、つくと数日残るので
衣類につけないように注意してください。

奥様が妊娠初期の場合は使用を
避けてください。

重度のうつ状態の方には
単品での使用は避けてください。

参照
参照
参照

※アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承下さい。

★不安とストレスに悩まない7つの習慣
★アロマで女子力アップ
★男性向けアロマでストレスマネジメント
★女人禁制デキる男のアロマ活用講座

などセミナーのご依頼は

E-mail:mail@un-sourire.info(コピペしてくださいね)

サロンホームページ:
http://www.un-sourire.info/
セミナー講師ホームページ:
http://www.aromadedekiruotoko.com/
MR AROMAホームページ : 
http://www.mr-aroma.jp
フェイスブックページ:
https://www.facebook.com/tomoko.hoshino.332

男のストレスをアロマで癒す専門家 星野知子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります